2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« グランフォンド八ヶ岳 前日 | トップページ | グランフォンド八ヶ岳  帰り道 »

2010年9月28日 (火)

グランフォンド八ヶ岳 当日

前日のトークショーでも朝の寒さ対策グッズの話があったが、前回出た人のブログで、朝の下りが寒い とにかく寒い というのは見ていた。

さすがに冬用のジャケットは持ってこなかったけど、ウインドブレーカーはもちろん、パンツはいつもの7分丈とロングとロング冬用 と グローブも指切りから指あり、冬用、ついでに一昨日物欲大魔神が降臨した(…降臨しなくても近々買うつもりはあったけど)レイン用のグローブまで、持ってる全種類持ってきた。

いやぁ~、荷物が多くてたいへん。 車でよかった。

日中は日があれば暑いに違いない。 朝はウィンドブレーカーを着て、ジャージ上は半袖でアームカバーは冬用で…。

朝会場に行く前はパンツは冬用を履いていたのだが、やっぱり日中の登りは暑いだろうということで、ただのロング丈に。 このロング丈、長さはロングでもクールマックス素材だから寒いんだけどなぁ。。

グローブは冬用。  これで正解だったけど、日中標高の低い所では冬用グローブは暑かった。 指切りと両方持ってもよかったかもしれないけど、後半日陰で下る所ではやっぱり冬用でよかったかも。

スタート時、周りを見回してもみなさんロング。 肌を露出している人はほとんどいない。

101026_01

スタートは10人ずつのウェーブスタート。

いきなり延々の下り。 下りが苦手は私はとにかくマイペースにゆっくり。 後ろから来た人がどんどん抜いて行く。

去年と少しコースが変わったようだけど、前半が下り基調なのは同じ。

すぐ下の美し森が標高1542mだそうだから、スタート・ゴールとなる会場は標高1600mくらいなのかなぁ?

またここを登るのかと思うとちょっとゲッソリする下り。 冬用グローブでもなんだか手がうまく動きませんが…?

コースはあっちへぐりぐりこっちへぐりぐり、一番南は須玉ICあたりまで下る。

101026_02

朝から快晴でお山もくっきり♪

101026_03

遠くに富士山もちょっこり頭を出し、稲穂の金色とコスモスのピンクが空の青さに映える。

もう絶景♪

ちょっと行ってはエイド、ちょっと行ってはエイド。  120kmのコースにエイド9ヵ所は多すぎるくらい?

水とバナナ・チョコ とか おいしいオレンジがあったり、

そばと新鮮なレタス とか、 

101026_04

おいものパイとりんご  りんごがめちゃうま、パイがもう絶品♪delicious

101026_05

キャラメル味のパンがめちゃうま♪ とうもろこしもおいしぃ~♪

101026_06

そんなエイドステーションを堪能させてもらい、要所要所の交通整理といい、地元の人たちの温かいサポートがとても嬉しい。

キャラメルパンがおいしかった「おいしい学校」のエイドステーションを過ぎるといよいよ本格的な登りが始まるらしい。 そのうち目の前に、思わず見上げてしまう長い直登が現れた。

直感で一瞬「降りて歩こう」と思ったが、いやいや、ママチャリじゃあるまいし、(降りて歩いている人もいるけれど)登ってる人もいるんだから、登れないはずがない(笑)

見上げると気持ちが萎えるので、少し先に落ちてる落ち葉まで、そこまで着いたらまた少し先の落ち葉まで… と、なるべく上を見ないようにして登る。

山と一緒で一歩一歩登っていればいつかはピークに着くはず ……だが、最初に見上げた上の方のあたりに着いてもまだまだ結構な傾斜が続く。

途中であきらめて押し始める人もちらほら。

ここまで登ったのに今更降りて押せるかっ!! 意地でも降りるなガンバレ私っ!!(笑)

そうこうしているうちに多少傾斜が緩くなり、やっとピークにたどり着く。

目の前に八ヶ岳がバーンと見え、何よりのご褒美♪

この登りがコース最大の難所だったようだ。

たどり着いた次のエイドは丘の公園内だったか。  その場で握って出してもらったおにぎりがおいしかった♪

コースの残りがまだ30kmちょっと。丘の公園からまっすぐ登ればゴールだったと思うので、まだどこかをぐりぐり走るらしい。 あぁ、なんてMなコースsweat02

そう、コースはその後しばらく下る。 このあたり、何か所か道路脇に標高表示板が立っていて、下がった分だけ登るのかと思うと、あぁため息。。

ををっ この先ってもしかしたら?  そう、目の前に橋が現れた!!

車で須玉ICからR141で清里に向かう時、途中で視界に飛び込んでくる左手の天空にかかる橋。 すごいなぁ 高いなぁ と思ってた。 八ヶ岳大橋という名前も今回初めて知ったが、その上を通るのかぁぁ!!!(感激)

確かに絶景だけど、高いとこ苦手なので、ちょと怖い。。

その後、さっきほどでははいけれど、ゲロゲロな登りが2か所くらいあったように思う。 最後のゴール手前も結構キツイ。

ゴールのほんの数百メートル手前でポツリポツリと降って来た。

ホント山の天気って変わりやすい?

無事ゴール到着。

101026_07

はぁ、ヤレヤレ。 エイドと写真を撮る以外は足つかずに走り切ったど~。

登りは嫌いじゃないけど、さすがにおなかいっぱいデス。

120kmとはいえ、走り応えありすぎるコースでした。

エイドも至れり尽くせりで充実していたけど、欲を言えば、最後に完走証の紙1枚くらいあるともっと嬉しかったのですが…。

選手把握のためらしいけど、あの計測チップは何の意味があるのだろう??

何はともあれ、楽しんで走り切ることができました。

関係者のみなさま、スタッフのみなさま、たいへんお世話になり、ありがとうごさいました。

« グランフォンド八ヶ岳 前日 | トップページ | グランフォンド八ヶ岳  帰り道 »

コメント

これって実は。
スポエンかなんかのイベント情報メールにあって
エントリーしようかどうしようか迷ったやつだったりします。
知人の結婚式がこのイベント直前の日程だったので、
チャリ積んで出席して軽井沢からの帰路で一泊すれば良いかなあとか色々考えていたのですが
今回は同乗者がいて、なおかつさっさと帰らなきゃならないヤボ用が発生しちゃったのでエントリー断念したのですけれど
こんなに楽しいなら参加したかったなあ。。。
景色も良いし距離も手頃だし。

こんにちは。
グランフォンドの参加者で、「グランフォンド八ヶ岳」ワード検索でお邪魔しました。

計測チップによって、タイムと順位(参考)が出ますよ。後日、フィニッシュ写真付きの完走証がダウンロードできる仕組みです。
まだ完走証の準備はできていないようですが、たしか1週間くらいでできるはず。昨年も参加したので、タイムを比較するのが楽しみです。

>とり。さん

ピナレロオーナーのとり。さんもしかしたら参加? とちょっと期待していたのですが…(笑)

距離よりも後半の傾斜がハンパなかったですが、楽しいコースでしたよ~。なによりもこれでもかってくらいに設置されているエイドが充実してました。

来年はぜひご一緒しましょ♪

>はるなさん

はじめまして。ご来訪嬉しいです♪ 
完走証は後日写真つきでダウンロードなんですね。情報ありがとうございます。

しかし、やってくれるなぁ。
なんだかますますこのイベントのファンになりそうです(笑)

> 意地でも降りるなガンバレ私っ!!

さすが体育会っ!!!

>星のおじ様

せっかく途中まで登ったのに、降りて押すのが悔しくて、意地で登ってみました。

MIUMIUです。グランフォンド走ってきたんですか?
私には夢のグランフォンドなので、ソンケイです。
私の走りっぷりはブログでわかりますよね。
そんな感じで、よろしくです。

>MIUMIUさん

とりあえず走り切ってますが、ゆっくりですよ~(笑)
そもそも下りも飛ばせないし。。

お会いできるのを楽しみにしています♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グランフォンド八ヶ岳 前日 | トップページ | グランフォンド八ヶ岳  帰り道 »