2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

「竜馬がゆく」

101031

全8巻やっと読み終えましたscissors

…って、いったいどんだけかかっとんのや?

母が高知の人なので、小さい頃は毎年のように桂浜に立つ竜馬像を見上げてました。

名前はもちろん知ってますが、海援隊って何? っつーか、そもそも何した人??

幕末ものでちょこっと出てくる竜馬は、寺田屋で急を知らせるために風呂から飛び出してくるおりょうさんと暗殺されるシーンばかりで、有名でファンも多いけど、どんな人なのやら、何をした人なのやらサッパリわからず、一度じっくり読んでみたかったのです。

で、いつから読み始めたんだっけ??

途中までは勢いよく読み進んだものの、なんせ途中で中断されると後が続かない性分ゆえ、6巻から7巻までに数カ月、そこから先もまた数カ月…。

気付けば、某国営放送大河ドラマもほぼ終わりかけてますが…(笑)

ドラマも小説も史実を元にしたフィクションだと思ってますが、どんな人で何をしたのかだいたいわかったような。。

今なら桂浜の竜馬像を見上げる目も違うかも?

…と思う頃には高知に行く機会はなかったりします。 残念。。

2010年10月28日 (木)

来たっ♪

昨日届きました。

今シーズン一番の楽しみ♪

101027

今年は何も起こりませんように。。

只今体力造成中?

気付いたら寝ている日々が続くうちに記事が古くなって闇に消えてしまいそうなので、書きかけだけでも仕上げてup↓

寝る子は育つ?

草津で紅葉狩り♪

「草津で紅葉狩りヒルクライムするけど行く?」というお誘いに「行くっ♪」と答えたのはいいけれど…。

名前だけは知ってるけれど、草津ってどうやって行くの???

今回は車で行くことにして、ルートを調べる。 関越ってどっから乗ればいいんだっけ?

そんなこんなで当日、行楽?渋滞で集合時間に遅刻しつつも、みんな遅刻でほぼ同じような時間に集合場所で無事合流。

101023_01

「草津は只今紅葉見ごろ♪」というが、「紅葉」より「黄葉」って感じかな?

日差しに色づいた葉っぱが映えて美しい♪

パラ企チャリ部?(笑)

101023_02

お天気良くて景色サイコーup

101023_03

登りの途中「駐停車禁止」の看板に 「なんでかな?」 と見ると 腐ったたまご臭の煙が立ち上る場所。 

思わず吸いこんでしまったようで、さっき食べたアンパンと腐ったたまご臭がこみ上げ、止まったら吐く~sweat02 と心の中で叫びながら、せっせと登る。

白根山は白い(笑)

101023_04

ツールド草津のヒルクライムレースのコースはここまでらしいけど、今日はその先の渋峠まで。

101023_05

ふーん。ここが国道最高地点らしい。

で、渋峠に着いて驚いた。

101023_07

ここって志賀高原なのねcoldsweats02

学生時代、確かリフト乗り継いで横手山まで来たよね~。

周囲どこ行っても?スキー場のある関東と違って、大阪から(飛行機使わずに)行くまともに滑れる場所というと志賀高原。

大型バスで連れて来られて、帰るだけなので、地理がよくわかんないもんね~(笑)

101023_06

で、ここって群馬と長野の県境だそうで…。

101023_08

ちょっと笑えます。

101023_09

ほえるちゃんのシャチ号と兄弟写真♪

101023_10

モデルチェンジしているので、見た目違うけど…。

「自転車乗ろうと思うんだけど、クロスバイクなんてどうかな?」と聞いた私に

「中途半端なもんはやめた方がいいですよ」と言ったほえるちゃん。

ママチャリから突然カーボンロードっていうのは飛躍のしすぎだと思うけど、

まさか同じオルベアオニキスに乗ることになるとは思わなかったcoldsweats01

いや、行った自転車屋の店長がオルベア好きで。。

草津よいとこ一度はおいで♪

101023_11

せっかくだから温泉にも入ってみたい。

帰り、ほえるちゃんを送り届けてから、どうしても高速に乗せたがるナビを無視しまくって、出てきたのは懐かしの場所(笑)

あまりの変わりようにどこだかいまいちわかんなかったので、今度明るい時にゆっくりウロウロしてみよう。

メパさん師匠のMさん、Iさん、メパさん、ほえるちゃん楽しい一日をどうもありがと~♪

2010年10月24日 (日)

今日は鍋割山の鍋焼きうどん

2010年10月23日 (土)

こんなとこにいます

こんなとこにいます
こんなとこにいます
こんなとこにいます

紅葉♪

2010年10月20日 (水)

ツール・ド・ちば2010 2日目

101009_map_5 

地図は大会HPから借用

10月10日(日)

2日目は房総半島を南下する110km

コース紹介は「丘陵地帯アップダウンと海岸沿いを楽しむコース」とあるが…。。

前夜から宿では参加者はみんな天気予報を見てやきもき。 

夜になって降りが激しくなってくると、「このまま全部今のうちに降り切ってくれ~」と願う。

ケータイで雨雲レーダーを見る限りではかなりムリな願いだが。。。

んで、翌朝。

天気予報は「大雨警報」出てますが。。。。。 おまけに朝から雷が鳴ってますが。。。。。

この状態で2日目実施するのか?  いや、きっとするんだろうけど。。

上はウインドブレーカー、さすがにレインの足は履いたけど、すでに前日からの雨で靴はビショビショなので、シューズカバーは出さなかった。 寒い季節ではないし、標高も低い場所なので、この格好でもたぶん大丈夫。

会場に着いてみると、いきなりドドーンと大型バスが目に飛び込んできた。

101010_01_2

も、もしかしたら……??

私の会いたかったあの方は、会社の自転車部員を引き連れて、大型バスで乗り付けるって言ってたよなぁ。。 ホントにバスでやって来た?(笑)

バスの中に人は何人もいるのだが、降りてくる様子がないので、とりあえず先に自分の荷物をトラックに預けに行く。

荷物預けに並んでいる間もチラチラとバスの方を見ていると、それらしい小柄な女性がバスの周りで仲間の自転車を手伝ったりチョコチョコと動き回っている。

んがっ 私が荷物を預けてバスの近くに行ってみると、それらしい女性はどこかへ行ってしまったようで見当たらず、しばしバスの傍に佇む。。。

・・・・・・・しばし。。。

雨の中、いつまでも突っ立っていても仕方ないので、スタートの列に並びに行くが、やっぱりあきらめきれない。

たぶん今捕まえなければ、今回はきっと会えないに違いない。。

列に自転車を並べたまま、再度大型バスの方へ。

あ、赤いちっちゃな(失礼)かわいい自転車♪ もしかして…?  横っ腹に書いてあるロゴマークを確認していると、持ち主が現れた。

「もしかしてkayoさんですか??」heart02

(●^o^●)やっとkayoさんに会えたよ♪ 今回の目的達成!!(…ってなんか違うか。。)

ご挨拶して、達成感に包まれながらスタート待ちの列に戻る。

101010_02

今日も20km/hの列に並んだが、昨日に比べて25km/hに並ぶ人が多くないか?

ドシャ降りの中スタート。

道端に大きな水たまりがあちこちにあるが、昨日に比べて信号が少ないので、走りやすい。 みなさん神経質なくらいマンホールのふたを避けるが、今日私の前を走っている人は多少のマンホールも水たまりもお構いなしに進む。

いや、まぁ いいんだけど、水たまり、中に穴ぼこ開いててもわかんないから突っ込まない方がいいよねぇ。。

最初のエイドを過ぎるとコースは海岸線を離れる。

どっから登りになるんだろうなぁ? と思いつつ、市街地を抜け、大多喜小学校のエイドへ。

どうやらこの先が登りらしい。 ゆるやかに登った~り下った~り。

雨でブレーキの効きが悪い。 渡るつもりの交差点で直前に信号が変わったら、急には止まれず車の停止線の白線からかなり前にはみ出すし…。

養老渓谷方面へ曲がった所が結構な坂。

ガコッ

えっ?何??

   「ヤベェと思ったら、即ビンディングをはずして自転車から降りる」 

                    さすがに何度もコケた学習効果があったようだ。

降りて確認してみると、チェーンがはずれていた。

いきなりの急登で慌ててギアを変えようとしたせいで、チェーンがはずれたらしい。

チェーンがはずれるなんて去年の沖縄以来?

スプロケットとタイヤの間にチェーンを落とした時は、どうやって直すんだっけ。。?

ごそごそしていると、追い抜き際に「大丈夫?」と声をかけてくれた指導員さんが戻ってきて、ちゃちゃちゃっと直してくれた。

おぉっ さすがに手際いい♪ ありがとうございます。

その後も雨の中のアップダウンが続く。 うぉぉん、前すらろくに見えないのに、景色どころじゃないやいっbearing

お昼場所の内裏山県民の森への下りが、今回私にとっての最難関だったようだ。

急な下りでブレーキが全く効かず。

おまけにグリーチングっていうの? 道路の金属の網々。 あれが数十メートルごとに道路を横切っていて…(実際の幅はわからないが私には数十メートル間隔に感じられた)

滑りそうで嫌なので、グリーチングの上ではブレーキを緩め…、で、またスピードが出るので必死でブレーキを握り、またグレーチングでブレーキ緩めてスピードが出て…

と、長い下りの間延々続く地獄のループ。。

ぎゃぁあああああ~!!! ○×♭△♯~!!!

い゛やぁああああ~!!!  下りは嫌いぃぃいい~~!!!

もう心の中で(時には口に出して)絶叫しながら下る。

ブレーキが全く効かず、県民の森2つ手前の右コーナーを曲がり切れず、向かいの登り傾斜に突っ込む。

横の建物に入るための登りスロープなのだが、私が突っ込んだ後ろから自転車が何台も付いてきた。

わぁぁああ、 ごめんなさいっ、付いて来ないでっ。 ここはコースじゃありませんっ!!

当然お昼もドシャ降りの中。

101010_05

テントの下の空いた席を捜してお弁当。

101010_03_2

101010_04

今日のお弁当もんまそ~♪

ふと見ると、すぐそばでフタと中身の同じような写真を撮ってる人がいる(笑)

「ブログですか?」と声をかけると、さっき追い抜き際に声をかけたゼッケン№「0001」さんだった。

大会直前に一部の人たちの間で「ツルちばゼッケン№争奪戦」なるものがあることを知った。

№は先着順なので、エントリー開始と同時にいかに早くポチるかが勝負らしい。

「0001」は3日間フル参加の中の№1です。 すげ~。

ちなみに土日月(祝)3日間参加の№は4ケタ左端が0から始まる。 土日2日間は1。 日月2日間は2。 土曜のみが3。 日曜のみが5。 月曜のみが6。

お弁当食べてトイレに行ったらさっさと出発。

次の出発は25km/hグループだったけど、構わず混じる。

平らな所では普通に30km/h越えで走るグループ。ちょっと気を抜いてチンタラ走るとすぐ前との間隔が開く。私にはこっちの方が走りがいがあっていいかも~。

コースはまた海岸線を走る。

あぁ、天気が良かったらなぁ~。。

名前だけは知ってる鴨川シーワールド。

外の植え込みをにわとりが歩いていたのはなぜ?? 私の見間違い…ではないと思うケド。

途中ローズマリーがずーっと道路脇に植えられていたり…。 ローズマリーの花って初めて見たかも? この季節に咲くんだね~。

2日目ゴール、道の駅「ちくら・潮風王国」に到着。 

はぁヤレヤレ。 思ったより早く着いた。

どうやら雨も上がった様子。

101010_06

完走ところてん(画像なし)を頂いて、完走証もらって…。

101010_09

荷物を受け取って帰る頃には日が差してきた。 けっ。

----------

千倉駅へは途中までさっき走ってきたコースを逆行するので、ゴールに向かう人たちとすれ違う。 ゴールまであとちょっと。ガンバレ~。

「千倉駅入り口」の標識から、駅は思っていたより遠かった。

ゴールはもっと遅いと思っていたので、15時以降の電車しか調べてなかったけど、ちょうど14時台の電車が出た直後くらいだと思われる時間に駅到着。

輪行準備して、外のトイレで着替えて、ホームで待ってたら、すっかり日が差してきた。

電車は1時間に1本。次の電車は館山行き。 館山できっと乗り継ぎの電車があるだろう…と思っていたら、新宿行きの特急が待っていた。 

この特急、ケータイの乗り継ぎ検索にはひっかからなかったけどなぁ~。 ま、いいや。ラッキ~♪

特急料金不要で京都や神戸に行ける阪急沿線で育ったので、大学生になるまで『特急料金』の存在を知らなかった。 

最近は特急ロマンスカー全席指定(自由席はなかったよね?)のオバQ沿線で暮らしているもんで、JR特急には自由席があるなんて、頭の片隅にもなかった。

特急列車に飛び乗ったはいいものの、できれば椅子の後ろに自転車を置ける端っこの席がいいのだけど…。

車掌さんが通りかかるのを待って、

「端の席が(の指定が)欲しいのですが…」と声をかけると、

「自由席もありますよ。 まずは座って下さい。座らないと特急券が出せません。」と言われてしまう。

をを、そーか、JRには自由席なるもんがあったっけなぁ。。(とてもその昔旅行関係の仕事をしていたとは思えん私)

新宿まで直通は嬉しいが、それでも2時間以上。。 途中、車窓から見える内房の海がキラキラしている。 3日目走る人たちはいいなぁ~(羨)

----------

警報も出る大雨の中を走ってビショビショずぶ濡れの2日間。

雨の日の予行演習?(笑) 貴重な体験となりました。

個人では大雨ん中は絶対走らないだろうなぁ。。

いやぁ~、それなりにおもしろかったかも(笑)  でも雨の激下りは嫌。

ブレーキってあんなに効かないもんなんだなぁ と実感。

大会関係者のみなさま、指導員のみなさま、あの天気で安全にはかなり気を使われただろうと思います。 おかげで無事に走り切ることができました。どうもありがとうございました。

2010年10月15日 (金)

ツール・ド・ちば2010 1日目

房総半島太平洋沿いをを3日かけて行ったり来たりするツール・ド・ちば

101009chiba_map_2

地図は大会HPより借用

2010.10.09(土)

1日目はスタートの蓮沼海浜公園から銚子まで行って戻ってくる119km。

直前までの天気予報では土曜日は、cloudマークに小さくrainだったんじゃなかったか?

朝起きたら雨予報。 でも昼ごろから雨じゃなかったか?

朝ご飯前からポツリポツリ…?

降りそうだけど、大丈夫な気もする。。 が、昼からは確実に降るらしい。

上はウインドブレーカーに下は一応サイクル用のレインパンツを履いてスタート会場に向かう。

ちゃんと確認していなかったので、つい昨日の前夜祭会場方面に走ってしまったが、スタート会場は逆方向だった。 ガ~ン。。。

周りを走る自転車について行って、スタートの蓮沼海浜公園に到着。

101009_01

周りを見回してもウインドブレーカーくらいは着ていても、上下レインの人はほとんどいない。 うーん。まだ降ってないしなぁ。暑いかなぁ。。

荷物を預ける前に、物陰?でレインの下を脱いで仕舞ってしまった。

シューズカバーも持っていたけれど、まだ降ってないしなぁ と出さず。

各自の申告により、25km/h、20km/h、15km/h のコースに分かれ、その中でも50人ずつくらいのグループに分かれ、それぞれのグループに指導員がついて走る。

実際、それぞれのスピードは最後に均したらそのスピードなるように走っているので、平地ではもっと速い。

一応20km/hの列に並ぶ。

101009_02

スタートしたとたん雨が降り始めた。 うっそぉ~、降るにはまだ早すぎる。。。

強くなったり、やんだりする雨の中、前の自転車について走る。

ホントはマイペースな私。正直言うと、ぞろぞろくっついて走るのは苦手なんだよなぁ。。

ハンドサインも手を離すとコケそうで出せないし…。

降りしきる雨の中を走るのは初めて。 日程が決まっているイベントならでは?

だいたい、ふだんなら雨が降ってたら、自転車で出かけたりしないし。

サイクリングなので、交通ルールを守って車の横を走るのだが、千葉県警の全面的協力があるので、あちこちの交差点で警察官が交通整理をしてくれていて心強い。

ほぼフラットな道なので走りやすいが、路面状態は多少荒れているので、雨で濡れてこともあって気を使う。

途中、白線横にあった溝にタイヤがはまってハンドルが制御不能になり、道端に植えられていたキレイな花を踏んでしまった。 ごめんっ。  あぁ、コケるかと思った。。(汗)

最初の休憩場所の小学校に到着。

101009_03

グループごとに出発時間が伝えられるのだが、基本、休憩は短めの私。 グループが揃うの待ってる間に身体が冷えてきた。  うぅ~ん。集団行動は苦手だなぁ。。

校庭は砂なので、クリートの靴で歩いてもカツカツ音がしないが、砂が詰まったようで、このあと、ビンディングからものぉぉぉっすごく外れにくくなる。

あらかじめ止まりそうになる前に渾身の力を込めてかかとをひねるひねる。ひねって引き剥がす感じ。 おかげで膝が痛い。

そうこうするうちに銚子あたりに着いたようだ。 ぷーんと干物のにおいがする。

雨で犬吠埼の灯台も寒々しい。

101009_04

天気が良ければなぁ。。

101009_05

ちゃんと海が表示される地図って素敵♪(先日修理に出すまで、不具合で海も陸と同じ色だった。)自分がどこにいるかよくわかるってスバラシイ。

銚子を回ったら、折り返してスタート地点方向へ。  

次の休憩場所でお昼。

食事テントはぎうぎうだけど、空いてる席見つけて、ごはんごはん♪

101009_06 101009_07_3

お弁当、手が込んでておいしかった。 量はもうちょっとあっても嬉しいかも。

あっという間にお弁当を食べ終わり、トイレも済ませたが、グループの出発時間までまだまだ。 雨の中、このまま待ってたら身体が冷えるし…。

ここまで最初のグループについてきたけど、準備できた人から別のグループで出てもいいようなので、出発待ちの列に並ぶ。最初はPグループで始まり、ここでHグループに乗り換える。

101009_08

スタート待ちの間、雨の中、おはやしやまといの応援に励まされる。

1日目のコース紹介に「銚子から旭までの景色が気持ちいいフラットなコース」とあるが、降ってくる雨で視界は遮られて景色見てる場合じゃないし、海は茶色く濁って波がビシバシ打ち付けている。

スタートの蓮沼海浜公園のエイドに寄ったら、その先は1日目ゴールの白子まであと少し。

ゴールまであと少しの所で、雨が一段と強くなる。

サングラスの隙間からビシバシ雨が当たるので、目がちゃんと開けられませんが…。

あぁ、ひさしが欲しい。

信号待ちで止まるたびにサングラスが曇る。  鼻息が荒いのか?(汗)

スイミングゴーグルのくもり止め塗ってくればよかったかなぁ??

やっと1日目ゴールの国民宿舎「白子荘」到着

101009_09

設置中のツルちば看板の前で1枚♪

101009_10

完走トマトがんまい♪

101009_11

ホントに平均速度20km/hだぁ(笑)

預けた荷物を受け取ったら本日の宿へ。

1番いいのはそのまま白子荘泊なのだが、申し込んだ時にはすでにいっぱいで、別の民宿を案内されたのだが、2日前になって大会1日目の宿泊場所が変わったと連絡があった。 

最初の案内ではゴール地点から5kmくらい離れた民宿だったのが、数100m程度の場所にある民宿に変更になったらしい。

近いのはいいのだが、右も左もわからん場所で、地図見てもそこがどこだかわからんが。。

宿の廊下にはずらーっと自転車が並ぶ。

(私を含め)みなさん濡れた自分を拭くより先にまず自転車を拭き清める(笑)

部屋は4人部屋。 夜はやっぱり自転車談義に花が咲く。

2010年10月13日 (水)

あ、違ってた。

白○麟が好き。

今年はこんなパッケージなんだと思ったら…。

101011

あはは、白○麟じゃなかった。。

プシュっとしてから気付いたよ。

2010年10月11日 (月)

ツール・ド・ちば 2010   前日

世間では3連休最終日の本日。 昨日までの天気がウソのような晴天sun

えぇ、ワタクシお仕事です。 しかも本日は2時間残業で、せっかく干した布団が不憫。。

朝はお出かけの、帰りは家路を急ぐ自転車をたくさん見かけました。 あぁ、羨ますぃぃ~。

昨日・一昨日と雨の中 100kmちょい/日 走っておきながら、まだ走りに行きたいらしいです私(笑)

----------

それは夏のある日のこと。

ツール・ド・ちば、興味はあるけどどうしようかなぁ~、このままではエントリー大貧民確定だしなぁ と、迷っていたものの、つい、ポチっとしてしまいました。

最近ブログを覗いているあるお方にお会いしたくて(笑)

迷っているうちに、3日間コースはすでにキャンセル待ち。

祝月は仕事なので、2日間参加で ま、いいか。

今まではこの日程、ハセツネに出ていたり、走るのやめてからは応援に行ったり…。

今までもこの祝月は休んでたのですがcoldsweats01 

----------

金曜日、当初は仕事が終わってから出かけるつもりだったけど、帰宅ラッシュの都内を自転車ぶら下げて抜けるのはあまりにもヒンシュクかと思い、仕事休んで午前中に出発。

前夜深夜に(どーしてもっと早くからやっとかないかなぁ?)、練習をしたので、駅前で割とすんなり輪行準備完了。

ねずみの国とお勤め人時代の空港と品川区民時代の子供の幼稚園のおいも掘り畑が千葉にあったくらいで、 あまり足を踏み入れたことのない千葉県。

ちゃんとたどり着けるのか?

初日会場最寄りの総武本線・松尾駅着。 電車の乗車時間だけで3時間以上。。(東京から大阪に着いちゃうね)  遠い。。。

101008_1

駅前で自転車組み立てて、出発。 路面状態悪し。 道路の白線の内側のアスファルトがずーっと先まで盛り上がってますが。。。夜走るんじゃなくて良かった。怖ぇぇ~。

先に前泊の宿に寄って荷物を置いて受付会場へ。

101008_2

なんだか会場が閑散としています。。。 

エントリー時に申し込まなかった前夜祭、当日受付の時でもいい って聞いたので、申し込んでみたのですが…。

前夜祭まで時間があるので周辺をぶらぶら。。

101008_3

夕日の海がキレイです。 とても次の日雨が降るとは思えません。

いざ前夜祭の開催時間になってみると、スーツ姿や、大会ジャージの関係者ばかり。

うっわぁ~、居づらい。めちゃくちゃ居づらい。。

参加者も少しいますが、顔見知りがいるわけでもなし、この状態耐えられません。

開催間際にごめんなさいして速攻で会場を後にします。

宿に着いたら、他の参加者もちらほら到着。 私の部屋な3人部屋。 他に2人部屋の女性もいて、みんなソロで来ているので、食堂でお茶しながらいろいろ話がはずみます。

今から思えば、ここでしっかりメアドでも交換しておけばよかった。。

翌日スタートしたら、その後会えた方もありますが、あとで…と思っているうちに、それっきり。 残念。。

2010年10月10日 (日)

晴れてきた(-_-#)

今夜奥多摩は星が見えるかな?
ハセツネ参加のみなさまのご健闘お祈りしております。

ゴール

さて、帰ろっと(^-^)v

2日目

今日も雨です。
警報出てましたがぁ〜

2010年10月 9日 (土)

雨雨雨

 
お昼食べました♪
強かったり小雨だったりするけど雨です(;O;)

並んでます

お天気がねぇぇ(~_~;)

ツールドちば

これから並びます
 

2010年10月 8日 (金)

退散っ(汗)

前夜祭、スーツのおエライさんや、大会ジャージの関係者ばかりで、もう居辛くて、居辛くて…。

始まる寸前に逃げ帰りました。

もっと参加者が参加するのかと思ったのに、違うのね。

海♪

今はこんなにお天気なのに、明日雨予報だったと思うけど…。
晴れるといいな。

会場入り

明るいうちに着いて正解かも。
駅からの道、路肩が盛り上がってる所が多くて、暗かったら怖い思いをしそう。
申し込んでなかった前夜祭出ることにしました。
 
ちらほらと受付してる人はいるけれど、なんか閑散としてるなぁ(^^;

2010年10月 7日 (木)

エントリー貧乏(笑)

夏に全く乗れなかった反動でしょうか、秋のロングライドにポチポチしまくり…。

明日から前日入りで房総半島へ。

複数のエントリー費用もバカになりませんが、今回は宿泊費も必要。

…と思ったら、関係書類を入れた封筒から宿泊費の払込票発見♪

そっか、事前に払ってたのかぁ~。  なんだか得した気分(笑)

事前に現金で払っているから予定外に予想外に貧乏なのだけれど。。。

2010年10月 5日 (火)

箱根に行ってみよ~♪

…と思ったけれど。。

本日も強制無給休暇。 年間で18日って、ほぼ1ヶ月分の給料がカットされるわけで、喜んでるわけにもいかないのですが…。

でも自分の予定以外の休みは、せっかくなので、楽しく使わねば(^v^)

微妙だった週間天気予報も一応sunマークがついてきた。 でもcloudメインらしい。

いっそrainならいさぎよく家でおとなしくしているものを。。。

ん~、箱根に行ってもこれじゃぁ富士山見えないだろうしなぁ。。

うだうだ考えているうちに出かけるのがすっかり遅くなるのはいつものお約束。

スタートが11時前じゃぁなぁ。。小田原まで行って帰ってくるかなぁ。。。?

行き先を決めかねたまま、久しぶりにR129を南へ。

左折専用レーンとか、信号がやっと青になったと思ったら、前のトラック信号渡っていきなりハザード出して停車するし…。

やっぱR129怖いわ。。 信号ごとにひっかかるし…。

R1に当たったところで西へ。

平塚から小田原あたりまでのR1って道幅も広いし、走りやすぅ~い♪

小田原に着いて午後1時前。

さてどうしたもんかなぁ? 小田原までロードなちゃりで来たのも初めてである。

行ってい行けないことはないビミョ~な時間。。

コンビニでパンかじりながら考えるが、宿題を残すのは嫌なので、そのままR1を箱根方面へ。

結局箱根へ行くんやん(笑)

私にとっての箱根のイメージは芦ノ湖・桃源台。 今頃なら仙石原のススキも見れるかなぁ?

当初予定では芦ノ湖の周りでうろうろするつもりだったのだが、時間が時間なので、芦ノ湖にデンついたら速攻で帰ることになるだろう。

R1を登る。 果てしなく?(笑)登る。

のぼる~のぼるぅ~よ、のぼりぃ~は続くぅ~♪(中島みゆきの「時代」でどうぞ)

おかしな歌詞が頭の中をリフレイン。

GPSの地図が全然進まないので、電波を受信できてないのかと真剣に疑う。

考えてみたら、道がつづら折りで距離としては進んでなかったってことかも。

とにかく、えっちらおっちら登る登る。 やっぱり途中で降りるなんてもっての外だと思っているらしい(笑)

101005_1

R1の最高地点ですってよ。

やっとこさ芦ノ湖畔に到着。時間は2時半まわってますが。。。

101005_2

元箱根の遊覧船乗り場で写真を撮ってコーラ休憩をしたら速攻で帰る。

このままR1を西に進んだら、さかながんまい県にお住まいのジンジャー嫌々奥様の職場に突撃再訪問ができるなぁ と思うけれど、それはまたの機会に。

101005_3

空はすっかり秋の空♪

帰りはもしものために輪行袋を持って行ってたけど、できれば自走で帰りたい。

緊急事態は仕方ないが、自宅から自転車で出て、そのまま自転車で帰ってくることに結構こだわりがあったりする。

登りは時間がかかった箱根の登りも下るのはあっという間。

箱根湯本から電車1本で帰れるのにね(笑)

日が短くなると帰りは暗い。。

本日の走行距離、115.07kmなり。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »