2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« これからのシーズンは海方面? | トップページ | ちょっと横浜まで »

2010年11月21日 (日)

ツール・ド・おきなわ2010 その2

11月13日(土)

目覚ましは4時半にセット。

外はまだ暗いけど、雨は降ってない様子。

さて顔でも洗って…。

   …って、ユニットバス、中から鍵がかかっててドアが開きませんが。。。

あぁぁ、やっちまったよ。。

なんで閉じ込んじゃうかなぁ。。

そのままで済まそうかと思ったけれど、このままではトイレも行けない。 それは困る。

早朝から申し訳ないが、フロントに電話を掛けて助けを呼ぶ。

やって来たのは警備のおじさん。 手に持っているのはなんと10円玉っ?eye

えぇぇ~っ それで開くのなら、自分でできるぢゃんっcoldsweats01

無事トイレも使えるようになった所で、出発準備。

ホテルの朝食は7時からなので(14日は4時半~なのに。。)、朝食はキャンセルして昨夜買ってきたパンをかじる。

今年は荷物預けとスタート地点が違うので、先に荷物を預けて、大会会場のメカニックブースに行って空気を入れて……って、メカニックさんが2人前後一度に入れてくれたので、ありがたや~。

あ、前日の受付ん時にメカニックブースに寄って去年たいへんたいへんお世話になった自転車屋さんに「去年はお世話になりました。今年も来ました♪」って挨拶してきた。

スタート地点に着いたのは6時半前。 まだちょっと薄暗い。

なんと一番前ですが…。 それはちょっとあんまりなので、5mほど後ろに下がる。

101113_1

スタート前には、すっかり明るくなってきた。 後ろはこんなにいっぱい。

101113_2

7時スタート。

途中で追い抜きざまに捜していたゼッケン№を見つけたnotes

今シーズン、ツールドのとで雨を降らせ、ツールドちばで大雨警報を出し、淡路島でも雨に降られた雨女(ごめんっ)MIUMIUさん発見♪

ちばの時は会えなかったけど、やっとご挨拶できました。 って追い抜きながらですが…(笑)

かろうじて青い海が見られる所もあるけれど、晴れていればねぇぇ~down

101113_3

北部のヤンバルの森の中にはこんな↓標識がeye

101113_4

ヤンバルクイナ、飛びだすかぁ~?

お昼場所到着。

101113_5

今年もカレーとトン汁を頂く。 トン汁の豚肉んまっ♪

101113_6

午前中は降ってもパラパラ程度だった雨がだんだんひどくなってきた。

雨走行はちばで嫌ってほど経験したので今更なんだが、雨がちべたい。。

沖縄より千葉の雨の方が温かかった。。

午後は結構なアップダウンが続くのだが、困ったことが…。

そう、ホワイトアウト!!

登りでスピードが落ちるとサングラスが曇って視界が真っ白shock

吐く息を細長く吹いてみても効果があるわけもなく。。

指先でサングラスの内側こすってみるけれど、視界悪し。

道の左の白線だけは越えないように気をつけないと溝に落ちる。。 そりは勘弁っsweat02

途中の休憩場所。 雨粒が横殴りに降っているのが見える。

101113_7

101113_8

「ここでこのまま回収車に乗りたい」なんて言ってる人もいるが、

んなとこで、いつまでも待ってられるか!!  …とドシャ降りの中再び走り始める。

ちょっと小雨になったり、ドシャ降りだったり…。

もうどうにでもしてっ。

そろそろ最後のエイドステーションだよなぁ? と思っていると、後ろから「この先にエイドステーションありますかねぇ?」と声を掛けられる。

「もうちょっとだと思いますよ」 と返すが、今回はエイドステーション以外の休憩場所は案内がないので、止まる人がなく、去年は休憩所だった所をいっぱい素通りしてきたような。

最後の登りを下って、R58に出た所で、「こっち~」っていう誘導はあるものの、1日目のゴールはずいぶん先なので、本当にそのまま走ってていいのか不安になるようで、

前の自転車のスピードた落ちたので、抜きにかかったら、追い抜き際に「こっちでいいんですよね?」と聞かれたり…。

実際、私も去年、R58に出てから前後に誰もいなくなって、ホントにそのまま走ってていいのか心配になったしなぁ。。

1日目のゴール喜瀬ビーチパレスに16:35頃到着。

101113_9

ホテルの玄関先でサータアンダギーを揚げてくれていたのが嬉しい♪

部屋はエキストラベッド2台入れて4人部屋。

部屋に着いたらさっさとシャワー使わないと後がつかえちゃう。

…と大慌てでシャワーを浴びる。 身体がすっかり冷えていたのでやっと人心地。

が、待てども待てども他の方が到着しませんが。。。

18時すぎ、誰も来ないし、おなかもすいたし、ごはんを食べに1階に降りてみる。

ちょうど到着したMIUMIUさんと会えて、一緒に食べることにして、一旦部屋に戻ったらちょうど他の3人がバラバラと到着。

2人はお仲間。もう1人の方もそれぞれ自分のチームと一緒だそうで、ソロ参加は私だけかぁ。。

夕食会場、1階じゃなくて、10階だそうで…。。 あはは。間違いっ(汗)

でも下に降りたおかげでMIUMIUさんに会えたし。。

一緒にバイキングを食べながら、しゃべり倒し、楽しい時間を過ごせました。

101113_10

一人でごはん食べることに抵抗はないけれど、誰かと一緒も楽しい♪

« これからのシーズンは海方面? | トップページ | ちょっと横浜まで »

コメント

ヤンバルクイナの標識・・・実に沖縄らしい標識ですね。
そーですかー、雨女が二人揃ったんじゃテルテル坊主も効き目がないでしょうねぇ。

なぜ、ユニットバスの扉が開かないのか判らない・・・

それにしても、お金がかかっていそうで。。。

>トンサン

北海道ならクマの標識なのかなぁ?(笑)
昔行ったけど、道路はちょっとレンタカーで走っただけなので、覚えてないです。

>うんちく一番さん

なぜ扉が開かないのか私にも判らない・・・

あ、書いてる意味がわからないってことかな?
本文ちょっと修正しました。

不親切な小人さんの仕業だと思われます。


沖縄は去年からの一番のお楽しみのイベントでしたから。
でもお財布が果てしなく淋しくなるので、来年能登とダブルはキツイなぁ。。。とgawk

ユニットバスとかトイレの握り玉についている鍵って閉じたときの勢いでロックされてしまうこと多いですからねえ。
コインがあれば外から捻って…って普通の人はそんな知識無いこと多いだろうし。
飲食店辺りでバイトしていたりするとお店によっては解錠機会に出くわすかもって感じですかね。

大雨対策で水泳用ゴーグルってのはどうだろうとちょっと真剣に考えてみたり。
UVカット性能があれば案外快適…かなあ?
角度によっては視界が遮られたりしそうだけど。

こんばんは
土砂降りの中、お疲れ様でした。
ご無事に完走されたことに敬意です!
つるちばといい、今回の沖縄といい、雨続きで大変でしたねー
雨もまた良き思い出になりますよ!
次なるイベントはどちらへ??

中に入ったまま扉が開かなくなり、電話で助けも呼べないので仕方なく腕力にモノ言わせて扉をたたき割って出てきた・・・わけではないのですね。
けーこさんのハプニングにしては随分とささやかなこと。

その代わり、なのでしょうか。雨の神様のひとかたならぬご寵愛を受けているご様子。次のイベントでは暴風雨雷洪水波浪警報かな?

* *-------* *
異動前の小ネタ。
女性部下たちに「君らも大阪に来るか?」と言ったら「遠慮します」「なんでぶちょーなんかと一緒に」とか散々に言われた。シャクなので「一緒に大阪来たらお婿さん探してやる」と言ったら「ぐ…」「痛いところを…」「こ、心が動いた」と・・・「オトコぐらい自力で見つけます」言うやつおらんのか。情けなし、ウチのムスメども・・・
と思ってたら、既婚のE子が「私、大阪行こうかなぁ」って、オマエ家庭でなんかあったんか・・・
(こんな部下しか育たないのももしかして上司の責任?・・・涙)

>とり。さん

鍵が閉まってしまうことってよくあるんですか?
今度やったらHELP呼ぶ前に10円玉を握りしめてみます(笑)

スイミングゴーグルのくもり止めは効くのかなぁ? と千葉の時も思ったのに、対策をすっかり忘れ去ってました(汗)

千葉は沖縄と比べれば登りも少なかったし、そこそこのスピードで走れば曇らないので、雨予報だったのにうっかりしていたというか…。


とり。さんはトラのスイムで使ったゴーグルでそのままチャリも走ればいかがでしょうか?

>snipersumさん

なんか雨に祟られてますねぇ。
そのうちサポートなしに雨の中走る時のための練習だと思ってます(笑)

とりあえず、エントリーポチポチしたのは今のところ沖縄までです。

>星のおじ様

去年、この先10年分くらいのハプニング遭遇チケットを使い果たしたてしまったはずなので、今年はおだやかに過ぎるのです(笑)

この上司にしてこの部下あり…?

さすが星のおじ様
一筋縄ではいかない部下を大勢お持ちで。

>11月のキロさん

部下は上司に似る?(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これからのシーズンは海方面? | トップページ | ちょっと横浜まで »