2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ど~して。。ww | トップページ | BRM130埼玉200アタック小田原城 その2 »

2011年1月31日 (月)

BRM130埼玉200アタック小田原城 その1

スタート・ゴールは埼玉だが、うちのご近所、しかも一部は私のいつもの宮ヶ瀬コースを通るとくりゃこれはもう、見た瞬間にエントリーをポチっとするしかないscissors

入間-小田原を走る往路復路がほぼ同じの折り返しコースで200km。

オダックス埼玉が主催なのに申し訳ないが、埼玉部分は未知の場所。 

だが、神奈川部分は折り返しの石垣山一夜城以外はだいたい知っている場所。あきる野周辺はまさにハセツネ詣でで車で何度も通った道。

前回の初ブルベの時、地図をしっかり把握せずに走るなんてどういうこと? と、ガツンと身に沁みて反省したので、今回はキューシート片手に舐めるようにルートを確認して予習。

車でスタート地点まで移動する時も、途中からからスタート地点までだけど、コース通りに走ってみて実地確認。

スタート地点のすぐそばにご近所の某アウトドアショップの入間店があった♪

もちろん偵察♪偵察♪♪  

ワンフロアなのでご近所の方が若干売り場面積広い? 品ぞろえはほぼ同じだけど、レイアウトが違うと感じが違うよなぁ~。

型落ちでセール中のフリースブランケットを思わず購入(笑)

河原の車中泊は寒いからさぁ~(汗)

----------

早くから起きてたのに、ついつい余裕ぶっこいてしまって、あんなに早くから現場にいたというのに、ブリーフィングが始まる時間になっても出走準備が完了していないってどいうこと??

いや、自転車の用意はできてたんだけど、自分の用意がまだちょっと…。

おまけに慌てて行ったもんだからブリーフィングにキューシート忘れて行くし。

まだ受付が終わってない人を待ってるんなら、キューシート持って反射ベスト着る時間くらいあったのに。。

スタートにすっかり出遅れ、車検を受けて出る頃には7:00スタートの人はもうほとんど残っておらず…。

まぁ、今回は地図がほぼ頭に入っているので人の後ろについて行かなくても大丈夫だと思うケド。。

少々遅れてスタート。

今回も快晴sun  しかし、むちゃくちゃ寒いっsnow  顔が凍るっ!!

順調に神奈川県内に進入。

ここから先は………とは思うが、自転車で通ったことがなくてあやふやな新小倉橋の側道を意識しすぎて、ひとつ前で曲がろうとしたり、側道ではなくその外側の通路に上がってしまったり。。  そのたびに後続を巻き添え。 あぁごめんなさいっ。

宮ヶ瀬まで来ればこっちのもの。  …とは言っても土山峠はゆっくりにしか下りられないが。。

PC1はいつも前を走っているコンビニ♪ (帰りのPC3もココ)

20110130_1

この後、いつものくせでそのまままっすぐ家に帰っちゃったらどうしようかと…(笑)

ネタとしてはおいしいが、ホントに帰っちゃったらブルベDNFになってしまうので、心して尾崎の交差点を右折する。

かえって知っていると思っている場所ほど間違えるようで、Y字交差点で右へ行くところを左に行きかけたり、プチ間違えはあったけど、順調に小田原に着いた。

やはり土地勘があるコースって楽ぅ~happy01

今回は一度も自分のいる位置確認のためにGPSを見なかったし、キューシートを出すこともなかった。

さて、ブリーフィングでも「激坂ですっ」 と断言された石垣山一夜城へ。

見上げた瞬間 降りて押したくなりました。。

白くて丸いポツポツ道キライっ!!

でも周りの自転車は登ってます。

そう、他の自転車が登れる坂が登れないハズがない。(無茶苦茶な論理)

白くて丸いポツポツ道が延々と続く。 途中アスファルトになるとちょっと緩くなるものの登りには違いなし。

基本的に登りは嫌いじゃないけれど、ここまで長い激坂は初めてかも。

途中で何度も 降りておしたろか と思いつつも、ここで降りたら負けだと思うと降りるわけにはいかない。

心の中で かよわい私 と スパルタンな私 がせめぎ合う。

か 「もういいよ、こんなの登れないよ。 降りて押そ~よ」

ス 「何を言うとんのじゃわれ! これを登らんでどうするんや!!」

スパルタンな声の方がデカイ。

ス 「これは身の危険を感じる(=失速して転倒)坂か?」

か 「いやまぁ 登ってる人は登ってるけどぉ。。」

ス 「なら登れるんやろ」(あっさり言いきる)

スパルタンが勝ったけど、キツイもんはキツイ。 かなりキツイ。。

明けない夜はない、終わらない坂はない  念仏のように唱えながら山頂をめざす。

はぁぁぁ~、やっと着いたっ♪

なんとか足をつかずに登り切ったよ。 根性?(笑)

20110130_3

写真は駐車場ばかり大きく映っているが、海がとっても美しい。

20110130_2

スタッフの方からいただいたみかんがんまっ♪

あまりにのどが渇いたのでボトルに残っていた水を全部飲んでしまった。

ボトルを空にしたのは初めてだ。 あとで補充しておかなければ。。

はぁぁ~、ヤレヤレ。 やっと半分来たよ。

« ど~して。。ww | トップページ | BRM130埼玉200アタック小田原城 その2 »

コメント

>心の中で『かよわい私』と『スパルタンな私』がせめぎ合う。

けーこさん、嘘はいけません、嘘は。
けーこさんの中に『かよわい私』は存在しません(きっぱり

>11月のキロさん


んにゅ? なんか言いました?

アタック小田原城完走おめでとうございます。
日曜日はちょっと肌寒かったですけれど天気良くて眺めも気持ち良かったでしょうねえ。
山あいを走るコースなのでまだ寒そうだし、そもそも坂を避けたかったので参加は見送りましたが。
それにしても
> 基本的に登りは嫌いじゃないけれど
これだよなあ…。
根本的に心の強さの違いですね、きっとw

それでもぼちぼち目標にしている『みやじまトラ』向けに登坂ライドもトレーニングしなけりゃなあとか思ってみたり。
ご一緒できる時には坂で置いて行かれない程度の脚にしておければ良いなあ…。
ま、努力目標ですwww

>とり。さん

とり。さんもアタック霞ヶ浦お疲れ様でした。
山あいでなくても、寒い日でしたね~。


「登りは嫌いじゃない」と「早く登れる」は別物ですからっ!!

亀が這うより遅く登っても、「登れた」ことになるのだし。。

登り以上に私は下りで置き去りにされないように努力しなくちゃぁ。。

あっ、見慣れたコンビニだ。ところで。。。

誤 『かよわい私』と『スパルタンな私』

正 『マゾな私』『サドな私』

おあとがよろしいようで。。。テケテンテン

>うんちく一番さん

でしょ?(笑)>見慣れたコンビニ

SとMかぁ。。。 む~ん。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ど~して。。ww | トップページ | BRM130埼玉200アタック小田原城 その2 »