2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM130埼玉200アタック小田原城 その1 | トップページ | 丹沢あんぱん »

2011年2月 2日 (水)

BRM130埼玉200アタック小田原城 その2

あやうく石垣山一夜城で討ち死にするところだったが、無事登り切ることができた。

だが、激登りの復路は激下りが待っているわけで…。。

ぎゃぁぁぁぁああああ~!!!

ある意味、私にとっては激登りより試練。。。。。

下りキライっ 大キライっ!!(泣)

あぁぁ、ブレーキを押さえる腕が攣るぅぅ~。。

あまりの激下りにはさすがに身の危険(=この場合は制御不能でどこかに激突)を感じる。

下ハンドルは苦手なので、下りでもいつもはレバーを上から握るばかりだが、うだうだ言ってないでここは下ハンドルを持たないとたいへんなことになるに違いない。。

下ハンドルを握ってブレーキレバーを引いて………、をを、なんと楽なことか。。。

目の前には青い海と小田原の街並み、遠くに半島 素晴らしい景色が広がっているのだが、シャッターチャンスを逃してしまったのが残念だ。

R135まで降りてきた所で、目の前を反射ベストの一団が通り過ぎて行く。

反射ベストは皆兄弟だが、はて? …で、思い出した。AJ神奈川のBRM129豊川-鎌倉400 って30日に鎌倉に着くんじゃなかったっけ。。

コンビニにも寄りたいが、前の一団がまっすぐ走り去るか見届けたくて後ろから付いて行く。

そのうち後ろにぞろぞろくっついているのに気付いた前の一団から

「我々はこのまま鎌倉まで行くんで間違って着いて来ないで下さいね~」と声がかかる。

やっぱり鎌倉へ行く400kmの人たちか。 ご親切に恐れ入ります。

国府新宿でお別れして埼玉組は入間を目指す。

途中、吾妻橋近くのコンビニに寄って、水の補充とおにぎり補給。

コンビニの外でおにぎりをパクついているのを見て、店人さんから声をかけられる。

店 「ツーリングですか? どちらまで?」

け 「入間まで」

店 「イルマ???」

け 「埼玉の入間です。 入間からスタートして小田原まで行ってまた入間まで200km走るんで」

店 「・・・・・」

店員さんの目つきがすでに頭のおかしな人を見る目つきに変わっていたことは言うまでもない。。

心の中で 「それでも200kmが一番短いんですけどねぇ~」と呟いてみる。

PC3に着いた時にはすでにおにぎりは棚に一つも残っていなかった。

さっき別のコンビニで食べておいて正解だったよ。

店員のおにいちゃんに嫌な顔をされながらも、小銭をチャリチャリ出して肉まんでレシートゲット。

いつもの宮ヶ瀬を登るが、いつも走っているだけに足が結構お疲れ気味なのがわかる。あといくつ坂を登るんだっけ?

宮ヶ瀬でトンネルをいくつも抜けるので尾灯を点けたままになっていたのだが、八王子あたりでエイリアンも点灯。 前もチカチカ。 しばらくしてGENTOS閃も点灯。

旧満地トンネルを抜ける所でヘッドライトも点灯。

ヘッドライトを使わないうちにゴールできればいいな と思っていたけれど、無理かぁ。。

背中のポケットからヘッドライトを取りだし…。 うぅぅん。次回こそはヘッドライトをヘルメットに固定する方法を考えないとなぁ。。

(一応考えてあるのだが、固定するバンドを前回も今回も忘れてきた)

結局帰りはほとんど一人旅状態のままゴールへ。

ゴール到着時間を記入して驚く。11時間31分 って。。。

PC3を出た時点では、もう1時間ほど早く着く予定だったのだが…。

空白の時間?(笑)  いや、そんなもんかも。。

今回、コースの一部としていつもの場所も走れたし、楽しかったけど、小田原の激坂には参りました。

坂は嫌いじゃないけれど、しばらくはおなかいっぱいです。。

オダックス埼玉のスタッフのみなさま、ありがとうございました。

……しかし、何が嬉しくて家の近所を通り越してあっち行ったりこっち行ったりしているのやらcoldsweats01

« BRM130埼玉200アタック小田原城 その1 | トップページ | 丹沢あんぱん »

コメント

疲れ様でした。
なんだかんだといって、激坂アリのコースで所要時間に2時間もマージンがあるのがさすがです。
それにしても
> 坂は嫌いじゃないけれど、しばらくはおなかいっぱいです。。
けーこさんにこんな事を言わしめるのが山岳パートありブルベなのですね…。

時期が良ければ下りは得意(って言うか好き)な方ですが、今の時期の下りは怖いなあ。

そういえばライトもどうしようか思案中なんだよなあ。
基本、街周辺しか想定していないから猫目のちっさいのを二台しか付けていないし。
霞ヶ浦でも閃を装着していた人を見かけたけれど、実際使っている状態は見ていないしなあ。

完走おめでとうございます。
ブルベの中に一夜城の激坂があるなんてキツイですねー
いやいや、お疲れ様でした。
ちょうど当日、国府津から痛がりながらR1号を走っているとき、
BRM130埼玉200の皆さんが走られていて、国府新宿まで、
(ルール違反にならないように)併走させていただきました。
しかし、皆さんタフですね~

>とり。さん

ぜひ下り方を伝授………と言いたいところですが、スキーも同じでそもそも下りのスピードが怖いのが原因だからなぁ。。

閃より明るいのもいろいろあるようですが、高価な(笑)リチウム電池じゃなくて単4仕様(私はエネル○プじゃなくてエボ○タ派)で、
それなりに明るくて、何より短いところがいいな と思ってます。

本気で夜間に走るなら閃1本では足りませんが…(笑)


今後必要になるWライトのために実は閃355Bをもう1本用意してありまして…。 で、どうやって取り付けようか、短いバーを足してそこに着ければいいのだろうかと、ずーっと考えていたのですが、わざわざバーを買わなくてもハンドルの下につければいいと昨日思いつきました。
ハンドルの下ならハンドル握るのにあまり邪魔にならなそうだし…。


付いてるのは小さなサドルバッグとボトルゲージくらいのスッキリした自転車が好きですが、いろいろ装備がごちゃごちゃ付いてくるのは致し方ないところでしょうかねぇ(笑)

>snipersumさん

一夜城、地図を見ただけで結構な坂だろうなぁ とは思ってましたが、実際に目の当たりにしてビビりましたeye

日曜日は神奈川400やら埼玉200やら反射ベストを着たおかしな人たちがいっぱいR1を走っていたことでしょう(笑)


それにしても、その時はまさか骨折しているとは思ってなかったとしても、よくぞ痛い指でパンク修理して走って帰られましたよね。
snipersumさんこそタフなお方でしょ~。

けーこさん〜。づいぶん遠くまで行ってしまった気がしまする〜smile
次はライトを完備して300?400?
楽しみにしていますぅ

>kayoさん

今回はご近所通るので近い……ってその「遠い」じゃないか。。(笑)
ブルベは自転車乗り始める前からの目標なので、解禁?になったとたんにバシバシと予定を入れてしまいました。
でも次はしばらく間が空くのですが…。

kayoさんこそ次は? まだまだシーズンは続くのに200ひとつで終わらせちゃぁもったいないですよんcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM130埼玉200アタック小田原城 その1 | トップページ | 丹沢あんぱん »