2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM604千葉600km茂木(611実施) 1 | トップページ | 6月の陶芸作品 »

2011年6月13日 (月)

BRM604千葉600km茂木(611実施) 2

キューシートを見やすいように加工するのだが、直前に変更があったりして、変更部分だけ移植すると見落としがありそうで怖いのでそのたびに作り直す。 

何度も作り直すのが面倒で、vol.3に手をつけずにいたらそれが最終だったようでギリギリまで放置したおかげで、前日の夜にバタバタ用意する羽目になってしまった。

青葉600の時、直前に書かれた備考を見落とし、うっかり正丸トンネルを通る羽目になったことがいまだトラウマかも(笑)

キューシート、曲がるポイントが交差点名入りの国道・県道ならわかりやすくあらかじめルートの見当がつくが「市道・右折」で「備考欄が“○○の看板”」とかだと土地勘のない者には行ってみないとわからず困る。

逆方向から、ここへ行くからたぶんこの道通るので曲がるのはここ? って感じ。


今回「市道・左 ファミマ手前を左折」のポイントで段ボールに矢印書いて立っててくれた方がいて驚く。 曲がるのはそこだと思って走ってるけど、なんか嬉しい。

でもこれって規定に反しないのだろうか?(^^ゞ


PC3つくばからPC4茂木の間に峠が3つもあったのには参った。

今回もルートラボでルート引いてGPSに曲がるポイントを落とし込むだけで手いっぱいで高低差のチェックなんてしないまま、峠2つは認識していたけれど、「なんか峠って書いてあるなぁ」 と漠然と思ってただけだから(-_-;)

それよりも、「笠間の駅前通るんだぁ♪」 って思ってた印象の方が強くて(笑) (なのに写真なし)

PC4の茂木が19時頃だからその頃暗くなったかな?


どこだよここ? と思いつつ、キューシートとGPSを頼りに走る。

月が出ていたり、ちょこっと星が見えたり、時々パラっときたり、街灯もない真っ暗な山ん中走ったり…。


途中のPCで話した男性参加者に「PC7の裏に健康ランドがあるらしい」と教えてもらったが、とてもそんなとこまで持たないのでPCか途中の道端で行き倒れそう。


たぶんPC6だったと思うけど、コンビニの出入り口横でエマージェンシーシートを頭からかぶって転がっている参加者あり。

うむぅ、たいへん失礼だが、まるで●体のように見えますが…。


休憩ついでにちょっとうずくまって目を閉じてみるが、PCのコンビニって人の出入りも多く、車のドア音やエンジン音でとても寝ていられない。

うっかり寝込まないように多少の出入りはあった方がいいのだが…。


コンビニの壁に立てかけた“うちの子”の横をゴキが走りまわっているし(それくらいでは驚かないが)、蚊に刺されるし、ハンドルにクモの巣張られるし、走ってる最中もヘッドライトめがけて虫が飛んでくるし、これからの季節は虫天国らしい。


成田あたりで夜が明けた。

20110611_04

朝焼けって雨降るんじゃなかったっけ?(-_-;)

今回のコース中の「芝山はにわ道」っていうのが気になっていた。

夜通ると見れないな。 なんて思っていたが、なんのこたぁない、すでに外はすっかり明るくなっている。

確かに道にはにわが立っているけれど…。

20110611_05

20110611_06

忘れた頃にポツン、ポツン……と。 しかも同じのばっかり? 5種類くらいしかないのかな? 期待が大きすぎてちょっと残念。

はにわ道はそのまま海へ。


って、その道、ツルちばで松尾駅から蓮沼海浜公園方面に向かった道そのまんま。

そーいえば、あの時、「はにわ道って面白そ~♪」って思ったのを思い出した。まさかそこを走ることになるとはねぇ。


海に出たらしばらくはツルちばでも走った道。 あの時は大雨の中でビショビショだったっけ。

PC7に着いた。 確かにすぐ近くに健康ランドが見える。 PCクローズまで3時間ほどあるが、今から行ってもなぁ。

いざ寝に行くと、寝るまでと再スタートするまでにモタモタしてしまうので、それはよくないのかもしれないが、眠くなった時にそこで行き倒れるのが向いているようだ。

短い時間に深くガッツリ眠るのは得意。

もちろん心と時間に余裕があれば、ちゃんとした所で寝る方がいいとは思っているのだが…。

つづく

« BRM604千葉600km茂木(611実施) 1 | トップページ | 6月の陶芸作品 »

コメント

400はともかく、600は仮眠が大きなファクターですよね、この間の宇都宮で痛感しました。

何度か経験を重ねればもう少し余裕ができるかなあ。
コンビニの隅っこで転がっている参加者を見かけるとわかっていても一瞬焦ります。
そういえば宇都宮のとき前方の道端に人影が見えて"ああ、あそこで休憩しているのか…。"と思い、こちらを見ているようだったので手を振って挨拶しようかと思ったらホームレスのおっちゃんだったのを思い出しましたcoldsweats01

>とり。さん

何しろ経験構築中ですからね。お互いに(笑)

ご一緒した青葉300、DNFした静岡400で私にとっては『睡魔が最大の敵』だと悟りました。
前日だけではなく、事前にいかに寝だめしておくか が只今の課題です。

事故らないためにも、『眠くなったらその場で寝る』が一番の対処法かも。
えぇ、もちろん山の中でも道端で行き倒れる覚悟ありです(笑)
見かけてギョッとする方ごめんなさいです(^^ゞ

経験を積めばもうちょっとスマートな方法が身につくのかなぁ。。

眠いのに走るって、なんか超Mな感じ・・・

茨城・栃木あたりはさすがに地図で「怪しそうな道」と想像するだけで知らない道ですが、霞ヶ浦あたりからなんとなくどういうところかわかってしまう(つまりクルマで走ったことがある)自分がちょっと怖い気がします。

>星のおじ様

さすがアヤシイ道にはお詳しい(笑)
レースじゃないけど制限時間はあるので、時間内に走るには眠気との戦いなのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM604千葉600km茂木(611実施) 1 | トップページ | 6月の陶芸作品 »