2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM723静岡600軽井沢 1 | トップページ | BRM723静岡600軽井沢 3 »

2011年7月26日 (火)

BRM723静岡600軽井沢 2

最初はなんとか集団にくっついて走っていたが、山間部に入る頃には千切られいつもの一人旅。


さすがにもう一人旅でも困らないのだが、マイペースになるとスピードが落ちてゆっくりになる。先が長いからゆっくりでいいのだけど、安心して寄り道する余裕が欲しいのでもう少し速く走れるといいなぁ。

PC1を過ぎると山を登った~り下った~りが始まる。 今回は一応ルートラボの高低差表を見たので、ピーク3つだと思って登っていたけど、今見たらピークは4つ?(^^ゞ




そんなに眠くなかったつもりだけど、フラフラと走っていたようで後ろから「フラフラしてたら危ないよ~」っと声をかけられる。

どうもフラフラし始めるとセンターラインに寄って行くようだ。気を付けよう。。

今回は『気がついたらセンターラインを越えて反対車線のガードレールが目の前にあった』ってことはなかったので、まだましだが。。。



平谷峠が一番キツかったかなぁ~。

20110723_02

山越えが終わると、飯田のあたりから伊那にかけて両側に山が見え、気持ちのいい長野の田舎道が続く。

20110723_03

20110723_04

20110723_05

20110723_06

20110723_07

前日から台風一過の晴天で、カラリと気持ちよく晴れているのだが、日差しが強いので熱中症がちょっと心配。 

背中のポッケに日焼け止めが入っていたのに足に塗り忘れたので、ふくらはぎが赤くなってきた。 最初に塗り忘れたから、もういっか。。 …と思ったのが後々失敗の元。

日焼けで真っ赤になって、水ぶくれができた。 そのうち脱皮が始まる?




その後、諏訪湖の北の和田峠を通って上田に抜ける。

見たような地名が続くので神奈川300直江津で通ったコースと被るのかと思いながら走っていたけれど、帰ってから調べたら一部かすっただけで、同じ道は通っていなかった。


あの時天気悪くてガスっててホントはこんな景色↓が

20110723_08

見えたんじゃないかと思ったけど、微妙にルートは違うのね。



浅間サンライン(K79・K80)を通って軽井沢へ。

いやぁ~、あの道なんですかっ??

直線の急降下のあとすぐ直線の急登×3だか4だか。。

折り返しの軽井沢まであと少しなのに、もう心折れそう。。。orz.



すっかり疲れ果て、自分でルートを引いた時、折り返しのローソンまでちょっと距離があるなぁ と思ったのをすっかり忘れて、このあたり? と思った場所にPCがないので焦ってうろうろ。。



GPSの画面上でQシートのポイントとPCはフラグの色を変えてあるのに、QシートのポイントをPCと勘違いしていた。。 疲れてくるとあり得ない勘違いをする(笑)

つづく

« BRM723静岡600軽井沢 1 | トップページ | BRM723静岡600軽井沢 3 »

コメント

けーこさん

相変わらず頑張りに拍手。お疲れ様でした。

飯田のことを書いてくれてありがとう。自分の田舎です。
伊那にも親戚がいっぱい。
18歳から他国暮らしで、田舎の事情には疎くなりましたが、
山並みだけは子供の時と変わらないですね。
写真ありがとう。

平谷峠はきつかったですよねえ。
同じところの画像残ってます、さすがにきつく感じたところは記録しておきたくなりますもんねw

今回、仕事がバタついていたお陰でルートの予習をする暇がほとんどなくて辛うじてgpxファイルをEdgeに放り込めただけだったので、そりゃ軽井沢に行くんだから峠の一つや二つは覚悟していましたけれどあんなに峠だらけだとは思いませんでしたcoldsweats01
サンラインの直登りは"こんなん心折れるがなぁ!!"と、わたしも声出してわめいてましたshock

>akiさん

おぉ~、このあたりご出身でしたか。 いい所ですね。 お山がいっぱい見えて羨ましい♪
あまりに素敵な景色に走りながらどーしても1枚撮りたくて。 で、あっち向いてパチ。こっち向いてパチ。

ブログ掲載用も1枚にしぼれずついいろいろ(笑)

>とり。さん

ルートラボの地図やQシートポイントの写真まで用意してくれているAJ静岡親切ですよね~。
予習するには至れり尽くせりですが、予習する時間はなかなかn…(笑)

見てもしょうがないので高低差は細かくはチェックしないのですが、
それでも今回は峠いくつ? って一応数えました。

目の前がぐわぁ~んと下がって向こうにまた同じ目の高さに登る坂がある しかも延々と繰り返し…。
浅間サンラインほどいやらしい道に遭遇することもなかなかないですよねぇ。。

私が暑さで苦労したPC2からPC3も、ダメージ受けたまま登ってつらかった和田峠もさくっと書かれてて、
圧倒的な走力の違いを感じました。

けーこさん、すごいなー。

>chicorynさん

いえいえ走力はたいしたことないのですよ~。
長い直登は嫌いですが、ゆっくりで遅いですが、基本的に登るのは嫌いではないので
(予定外は心折れそうになりますが)タラタラと登っていくのは苦にならないのです。

それよりも、下りがダメダメです~。
スピードが出るのが怖くて、ブレーキ握りしめて減速減速。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517716/52319330

この記事へのトラックバック一覧です: BRM723静岡600軽井沢 2:

» BRM723静岡600km軽井沢-2/3 [日記超。-改・弐-]
AJ静岡発表のコース図 【PC3⇒PC4(327.9km)】 ホームセンターでFDの調整をしたり道の駅に立ち寄ったりしたのでなんのかんのと小一時間程浪費しつつも約90分のマージンを確保してPC3に到着。 後半、疲...... [続きを読む]

« BRM723静岡600軽井沢 1 | トップページ | BRM723静岡600軽井沢 3 »