2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM526青葉600鳥坂峠 その1 | トップページ | BRM526青葉600鳥坂峠 その3 »

2012年5月30日 (水)

BRM526青葉600鳥坂峠 その2

暗闇にぬ~っと浮かび上がるうっしーだるまに出会ったら、いよいよ野辺山だ。

20120526_05

夜じゃなく、昼間にお会いしたいもんだけどね(^^ゞ


ちょうど日付が変わった頃、PC3の清里のセブンに到着。


いつ来るか不定期にバラバラと到着する参加者をここで出迎えてくれるスタッフさんにはホント頭が下がります。



ノロノロと買い物して出てきたら、もうスタッフさんの姿がなかったので、100mほど先の仮眠所ロッジこすもすの場所はわかるのでそのまま向かう。

20120526_06

中に入ってみると、静かに寝静まっていて誰の姿もない。



あ、どこの部屋だか聞いてくるの忘れたよ(^_^;)



去年は「女性は階段登って右、荷物は部屋に入っていて、先に一人入ってますから」ってPCでスタッフさんんからアナウンスがあったっけ。

その先に着いてた女性がまきさんで、スタートから元気な女性がいるなぁ とは思っていたけど、仮眠所の寝ぼけ眼がまきさんとの出会いだったなぁ。


あの時も女性参加者は少なかったけど、清里までたどり着いた女性は2人で、結局時間内にゴールしたのはまきさんだけだったって聞いたんだっけ などと思い出しながら、階段を登って一応右方向に行ってみたけど、あれ~? 違うみたい。。 (そりゃそうだ。去年と一緒のわけがない。)




早く寝たい気持ちと行けばわかるだろうという安易な気持ちでロッジまで来てしまったが、ちゃんと聞いてから来ればよかった。  ドロップバッグどこだろう?





何度も階段を上ったり下りたり、あっち行ったりこっち行ったり…。






あぁ、こんな所で貴重な寝る時間をムダにしていてはもったいない。。。






もう一度PCに行って聞いて来ようと、電池交換にはずしたフロントライトをつかんで外に出たところで、ブルベカードにスタッフの連絡先が書いてあるのを思い出したflair




電話してみたところ…。





えぇぇぇ~!?!? 今年は男女一緒なんですか~??





去年が別々だったからすっかりそのつもりだったので、聞いた時は驚いたが、よくよく考えてみると、今回女性は私一人だし、ここがキャパいっぱいの宿泊者がいる山小屋だと思えば、男女分けていられないのもわからないでもない。

着いたのが遅いので、ここまで来るかどうかもわからないたった一人のために部屋を空けておくわけにもいかないだろうし、男女一緒と言われても理解できる。



ただ、お世話かけているスタッフさんには申し訳ないが、PCで「部屋は男女一緒なこと」と「ドロップバッグがどこにあるのか」、「使っていい部屋はどこか」をちゃんとアナウンスして欲しかった。





ウロウロしている間に貴重な寝る時間をすっかりロスしてしまった。。。




男性の間に入って寝てもいいのだが、あんまり時間もないし、自分の荷物だけ引っ張り出して廊下の暗がりに横になる。



10分くらい横になってみたが、人の出入りなど気になって全然眠れないので、そのまま出発することにする。




暗闇の中を下って韮崎へ。


通過チェックのセブンに寄って、R20を諏訪湖方面へ。




そのうち夜が明けてきた。




夜が明けてくると、眠くて時々フラッとくる。

早朝で交通量が少ないとはいえ、時々横を大型トラックも通るので、フラッとしていては危ない。


眠くなるたびに、道端に適当な所を見つけて、ちょっとうずくまってみたり、ちょっと横になってみたり…。

20120526_07

そんなこんなで富士見峠を越えて、やっと諏訪湖へ。




っと、諏訪湖のPCクローズ何時だっけ? 間に合うのかな??


去年はこの諏訪湖への往復がムダだよなぁ と思いながらもここまで来てPCに5分遅れでDNFしたんだった。



あと10km。 あれ? やべ?? PCクローズの7:04までもうあんまり時間がないっ(汗)



ここまで来て、また諏訪でDNFするのは嫌だぁ~Y(>_<、)Y

ここから渾身の力を込めてペダルを踏んで踏んで踏みまくる。(そんなに踏んでも速くはないのが哀しいが。。)




あと5km!! 間に合うのか??





あと1km!!! むぅぅ~、ビミョ~(~_~;)





あと数百メートルのはずっ!! PCのセブンどこっ??






あ~!! セブンの看板見っけ!!!  あぅぅ~、時間がないっ!!!






PCのセブンに飛び込んだのがクローズの7:04オンタイム。




あ゛~、 今から何かつかんでレジに並んでも、刻印される時間はクローズの時間を過ぎちゃうぅ。




諏訪でDNF? またぁ~??



スタート時間もゆるいし、計測チップをつけて走っているほど厳密ではないのだからこの程度はありかもしれないが、自分の中では納得できないからここはやっぱりDNFかなぁ。



今回は鳥坂なんか行かないで、R20から相模湖で曲がって帰っちゃお。



参加者より早く帰れるんなら、ゴールまで行って、ドロップバッグ受け取って来ようかな?



でもゴールまで行くより途中から帰った方が近いから送ってもらった方がいいか? あらかじめ宅配便の着払い伝票を入れておくように指示されているんだし。。




残念ではあるけれど、正直、ここで終わりにできる とちょっとホッとしていたのも事実。





一瞬のうちにいろんな思いが駆け巡り、自転車を置いた時には、すでに帰る気満々。




PCにはまだ休憩中の参加者が残っていて、

「ギリギリで間に合わなかった~(^^ゞ」って言うと、

その場い居合わせたみなさまから口々に

「まだ30分以上あるよ」 と。









へ? なんですとっ???












よくよくキューシートを見るとPCクローズの時間は7:40。。

 


今回、キューシートのラミネートを買い間違えてひとつ大きいサイズになったので、右側の備考欄の端の方がGPSに隠れてよく見えなかったのだ。


すでに帰る気満々だったのに、ブルベ続行の現実に引き戻された精神的ダメージは計り知れないほど大きく、諏訪湖の水底よりはるかに深い。。orz





身も心もボロボロヘロヘロな状態でヨロヨロと倒れ込むようにコンビニ店内へ消えるのであった…。










つづく

« BRM526青葉600鳥坂峠 その1 | トップページ | BRM526青葉600鳥坂峠 その3 »

コメント

PC1に続いてここでもタイムスタンプが一緒だったので
”相変わらずグロスのペースがおんなじだなあ…。”と実に感慨深かったです。
時間を勘違いして猛烈に突進してきた辺りもwww

ロッヂでろくに仮眠を取れなかったのはきついですよね。
けーこさんがドロップバッグを引っ張り出した時、ドロップバッグのすぐ脇に寝ていたのは誰あろうわたしでした(笑

(蛇足)あ、いや、けーこさんがバッグを引っ張り出したのを記憶しているわけではないのですけれどね。

そうだ、そうだ、去年は仮眠所で寝ぼけ眼で会ったんだよね。あれが『出会い』

去年は男女分けてくれたけれど、一昨年は男女一緒の雑魚寝。しかもお風呂も男女別とはいえ
参加者の女性は私一人だったもんで、「両方開放しているから気をつけてね~」とK氏。
気をつけるってったって・・・。それでもソワソワしながらもお風呂に入り、男だらけの部屋で爆睡していたらしい(しかもモゴモゴ寝言言って)
んで、去年はせめてお風呂には「女性入浴中」みたいな紙貼れる様にしてとお願いしたら部屋まで分けてくれました。
去年は3~4人いたもんねぇ。

一睡もできなかったのは辛かったね。
私も去年は眠れなかったので、後が眠たくて辛かった。

いつもあのPCは仮眠後でクローズまで30分を切るんだよね。ちょっと冷や汗。
それにしても時間を間違えて、嬉しいやらがっかりやらのけーこさんったら!!

あ~一緒に共有したかったな~

あの二人は人に気を使わないというか、わかっていそうでわかっていなかったり^^;
以後、私の主催するブルベに参加して下さい。
特別に便宜を図ります。・・・雨雲サービスとか?(笑

諏訪湖のPCは笑えました(笑
けーこさんらしいミスですね。
しかもその気になってるし(笑

でも間に合ってよかった。

諏訪湖のPCに勢いよく駆け込んできたので、けーこさん元気だなぁと思っていましたw

仮眠所でちゃんと寝れなかったのは残念でしたね…
とり。さんの隣で寝ていたのは自分です、たぶん。

けーこさん、ナイス・ファイトですっ!!
体育会魂の真骨頂を見ました。

富士見町の写真はR20の歩道橋ですね。
中央本線が国道に寄り添っているあたりでしょう。懐かしい。
ここは峠だけれど長野と山梨の県境ではなく、県境はもっと甲府よりの平らなところだったはず。
長野(信濃)や山梨(甲斐)の県境(国境)はちょっと変わったところにある気がします。
信玄・謙信の勢力が巨大だったことに由来するのだろうか?

>とり。さん

グロスでほぼ同じでも走行スピードは全然違いますケド(笑)
あ、とり。さんだぁ~♪ と思っても付いていけませんからっ(^^ゞ

あそこで寝てたんですね。
ドロップバッグ引っ張り出した時周りを見てないから気付かず(~_~;)

>まきさん

去年は恵まれてたんですね(笑)
まきさんが寝そうで寝れないでウトウトしそうなとこに入ってったから起しちゃったでしょ。 ごめんね。

途中で眠くなって道端でちょっと休んだけど、諏訪のPC前ではホントに焦りました。
あんなに必死で走ったのに、時間間違えてたなんて…。

終わりにして帰る気満々だったのに、現実に引き戻されたダメージ大きかったっす(笑)

>信ちゃん

去年清里のPCで細やかにアナウンスくれたの信ちゃんでしたね。
バラバラと不定期に入ってくる参加者にいちいち説明するのはたいへんでしょうけど、
参加者にとってはその1回を聞いたか聞かないかで、その後の路頭に迷い方が違いますから(笑)

雨雲はサービスではなくてデフォルトでしょ?(^^ゞ
暑い日のおしめり程度ならいいのだけれど、きっとそういうわけにはいかないに違いないし。。

今週末はお天気悪そうですねぇ(^^ゞ 参加者お気の毒に。。

>ジョージさん

スタート場所までご案内ありがとうございました♪

ジョージさんもあそこで寝てたのですね。
全然気付かず。。

諏訪湖のPC、あそこで気力は全部使い果たしました。
もう帰る気満々だったのに…(笑)

>星のおじ様

さすがおじ様県境までお詳しい(^^ゞ

棒道でしたっけ? 信玄の道がありましたよね。
どこからどこまでだか私にはよくわかってないですが…。
走ってみないと頭に入らないもんで。。

なんか、絶妙なおもしろエピソードをくりひろげてるね。
さすがベテランさんです(なんの?)。
んでも、ランニングの世界とは違って睡眠は命に関わる問題みたいだし。
寝る時間をロスしちゃうのは辛いね〜。
私は先週は、仮眠茄子で突っ走って、最後の山で身の危険を感じたよcatface
あ。こっちのエイドの仮眠テントは男女別々だったflair
贅沢だったわ〜wobbly

>たーこさん

車輪のついてるもんは意識が飛んでもそのまま勝手に進んじゃうから危ないデス。

ランの世界でも寝ながら走ったら危ないでしょ(^^ゞ

ハセツネで眠さのあまりトレイル踏み外した時、後続の方が慌てて飛んできてくれました。
ポテっとこけただけだけど、あの滑落事故の翌年だったので後ろの方はビビったみたい。
その後ももう山ん中あちこちで寝まくり…。

今もやってることあまり変わりなかったりして。。。(-_-;)

信玄棒道ですか。
武田信玄が拓いた甲斐から川中島まで最短で結ぶ棒のように真っ直ぐな軍用道で、上中下3本あったとかなかったとか諸説ある・・・と聞いています。
一番知られているのはJR甲斐小泉駅から八ヶ岳高原道路までのハイキングコースになっているところではないかと。(ちなみにおじ様は行ったことあります)

>星のおじ様

どこらへんにあって、どこからどこまでなんだかよく知らないのですが、『棒道』っていう信玄の軍用道路があるんだよ~ って聞かされたことがあります。
その方々はこれからハイキングの下見に行くので… と自転車持って来られてましたが。。

おじ様は行かれたことがあるのですね。 さすがヘンな道マニアっ!!(笑)

ハイキングに行っただけですっ!!

>星のおじ様

誰と? とは聞きませんが、
ヘンな道マニアなおじ様はヘンな道ハイキングもお好きなのですね。
いっそ『東海自然歩道』を高尾から箕面まで歩き通してみるっていかがでしょ?

突然ですが…、なんとなく、なんだか、やっと、たどり着きました(笑)。

鳥坂600、最終ゴールはブービーで、
北軽井沢への登りを皮切りに、精進湖、山中湖と
けーこさんに3回も勢い良く抜かれたものです。
おつかれさまでした♪
(まきさんの写真の右端に映っているオレンジのジャージ)

(実はまきさんのブログからたどり着きました。
まきさんとは、ちゃんとご挨拶したことが無いのですが、
今年の箱根駅伝先導大会でニアミスしてました。
お見送りの話を聞きながら、まきさんじゃないかなって思ってました。)

それぞれいろんな事をたっくさん考えながら、思いながら、
600㎞の道のりを走っているのですねぇ~
下諏訪のPCの話は笑えました、何のためのリベンジだったかなって?!(笑)
でも、後半の衰えない走りには脱帽ものでーす。

また、どこかでご一緒した時は、よろしくお願いします。
(ドングリンコも、この間ジョージさん一緒に行ったばかりでしたw)


>オギさん

オギさんもお疲れ様でした。
途中何度も前後してるしお話もしましたよね。 
オギさんもほとんど寝てなかったでしょ。 しんどかったですねぇ。

諏訪湖のPCは、ダメならダメで仕方ないけど、ダメでももうリベンジしないっ!!と思いながら飛びこみました。
まだ30分も時間があったなんて、精神的ダメージ大きすぎます(笑)

またとこかでお会いした時には、どうぞよろしくお願いします♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM526青葉600鳥坂峠 その1 | トップページ | BRM526青葉600鳥坂峠 その3 »