2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM526青葉600鳥坂峠 その2 | トップページ | 体育祭 »

2012年6月 1日 (金)

BRM526青葉600鳥坂峠 その3

もォやだ!





帰る気満々の所に突きつけられた現実に精神的ダメージは大きかったが、どうせ来た道を引き返さなければ帰れないのだから と気を取り直して、とりあえず次のPCを目指すことにする。



間に合うの?



諏訪湖をぐるーっと一周して

20120526_08

韮崎まで戻った後は交通量が増えてくる。 あぁ走りにくぅ~い。



蓬沢の交差点ででR20から離脱、鳥坂峠方面へ。



クローズまで1時間半ほど残してPC5着。

今回セブンばっかりだったPC初のファミマ。


同じコンビニばかりだと、並んでるもん同じなので飽きるのよね~。






ここで嫌なもの発見(-_-;)

左のシートステーに大きなキズが…。

そーいえば、今朝、富士見峠に登る往路で信号待ちで縁石に足を乗せ損ねて自転車倒したっけ?

一緒に転ばない時の方が自転車のダメージが大きい気がする。一緒に転ぶ時は私がクッションになっているのか?

実は昔こけた時に右のシートステーのロゴマークの上にも目立つキズがついているが、ロゴマークの上ってすごい嫌。 しかも今回はなんか嫌なキズのつきかただし…。

塗装がバリバリはげているのは哀しいが、フレーム大丈夫だろうか? ちょっと心配。

最近は少なくなったけど、よくこけるし、スピードを求めるより、ロングでトロトロ走っているのが好きだし、私にはカーボンフレームじゃない方がよかったのかなぁ。 







疲れもあって、塩やきそばがなかなか喉を通っていかない(^^ゞ




ここで追いつけた他の参加者の方々は次々と先に行ってしまったので、のんびりスタート。




さて、ここからが今回のブルベのタイトルの鳥坂峠。



去年、DNFした後、どんな所なのか見て見たくって来てみたから様子は知っているけれど、450km以上走った後にこれを登るってどうよ?



去年は軽いギアを封印したので、下からずーっと自転車を押して登ったけど、今回は軽いギアも使えるので、乗ったまま登れる。 嬉しいが、日差しギラギラで暑いんですけど。。。熱中症になりそうだ。。



昨日岩倉街道まで引いて下さった方が、「鳥坂峠の登り始めにいくつか公園があるので、空のペットボトル持ってって、水掛けながら登るといいですよ」と教えてくれた。



ペットボトルで掛けながらは登れないが、ここで頭からザブザブと水を被ってみる。

女が頭から水を被っていると、白い目で見られたり、引かれたりするけれど、ここは誰もいないからいいもんね~♪




途中の激坂区間はあまりにも嫌になって降りて押してみる。 がんばって足付きなしに登ったところで自己満足に他ならないな と思ったら、降りて押しても全然問題ないと思える。 もうさっきの諏訪湖のPCで心折れてるからなんでもOK(笑)



やっと新鳥坂トンネルに到着。

20120526_09

これを抜けたら、延々下って下って…。



で、また登る。。(-_-;)



精進ブルーラインからは多少交通量が増える。

最後の精進湖トンネル手前で、今回の通過チェッククイズの答えを確認したら、トンネルへ。 それなりに車が通るし狭いし長いし、トンネル怖いよぉぉ~(泣)


トンネルを抜けたら精進湖。ここからはお馴染みの道だが、次のPCに間に合うのか??




ちょっと雲がかかっているが、目の前には雄大な富士山がバーン!!

日に照らされて白い山肌がものすごくキレイなのだが、カメラを取り出して写真を撮ってる心の余裕がない。




次の山中湖のPCに間に合うの??




タイムアウトになっていないのに自分からやめたくないという意地だけがモチベーションの支え。




残り30分残して最後のPC山中湖のセブン着。

もうここまで来たら、時間内にゴールを目指すしかないでしょ。





勝手知ったる道志みちをひた走り…。


って、途中宮ヶ瀬方面に曲がって家に帰ってしまいたい衝動を抑えるのはたいへんだったけど(笑)


いつも道志みちから宮ヶ瀬方面に曲がるので、青山までの区間はほとんど走らない。 この区間、意外にアップダウンが多いことに気付いて閉口。


その上、青山で右折して串川橋までってこんなに何度も登ったっけ?




最近たびたび串川橋から小倉橋あたりを走っているので、別方面から来ると(知っているのに)勝手が違うのに面食らう。 その上、このあたりから暗くなってきたので、知っているはずの道も知らない所のようで…(^^ゞ




ブルベでは何度か通っているのだが、相模原方面はブルベの時しか通らないので、目を凝らして見ていないと交差点を見落としそうだ。 暗くなってきたので見づらい。





まだそんなに夜遅い時間ではないので、交通量もそこそこあって、走りにくぅ~い。




そんなこんなで、制限時間の40時間に1時間5分残してやっとゴール着。





あぁ~、しんどかったぁぁぁああ~!!!






これで去年の借りは返したよっ!!






ゴール受付をしてもらいに、道路ナナメ向かい?のデニーズへ。


「とり。さん、まだいるなら一緒に縛っといて(チェーンロックかけといて)いい?」と、一声かけといて、他の参加者の自転車にチェーンかけてるし…(滝汗)



タイヤの太さもサドルバッグも全然違うのに、どーしたら、見間違うのだろう???



その方が帰る時、「誰か間違ってませんか~?」と言われて、慌てて外に出て平謝り。




お見送りして、店内に戻ってきたら…。





あれ? みんなは?? 荷物は???





神隠しのように人も荷物もすべて消えたテーブルの前でボー然とていたら、「みなさん奥ですよ」 とお店の人に声をかけられるし…。




人間疲れてくると、いつもに輪をかけて行動がおかしくなるもんです。 えぇそうです。





まだ電車のある時間だったけど、乗り換えなしで帰れるけど、輪行袋に入れたり出したりするのがめんどーで、帰りも自走。




自宅までの道に坂なんてなかったと思ってたけど…。 行きは下りが多かったから気付かなかっただけで、実はアップダウンいっぱいがあるなんて思いもしなかったよ。。 600km走ってきた足には辛い。。




そんなこんなで日付が変わる前に無事帰宅。






はぁぁ~、しんどかった。。






参加者のみなさま、お疲れ様でした。 道中お世話になりましたm(__)m

お見送りに来てくれたまきさん、ありがとー!!

ヴェロクラブランドヌール青葉のスタッフのみなさま、ありがとうございました。




ゴールして早々、来年も出たいとおっしゃるとり。さんや、今年3年連続の完走を賭けて走ろうとしていたまきさん おかしぃしっ(^_^;)


おもしろいコースだと思うけど、私はもういいです。。。         おしまい

« BRM526青葉600鳥坂峠 その2 | トップページ | 体育祭 »

コメント

青葉600 完走おめでとうございます。  ★\(^ω^)/☆ 

600km走って往復も自走・・・うーん、人間の世界ではない。
けーこさんは、どこの星から来られたのでしょうか。

それにしても毎回たのしいハプニング。
楽しませてもらっています。

今年もまだ山中湖往復はできませんが、まだあきらめてはいません。

完走、長編UP共々お疲れさまでした。
山中湖でパンク祭りだった時に"ぼちぼちけーこさん追い付いて来るかなあ?"とか思っていたのですが、出発するまで到着しなかったので若干心配していました。
蓋を開いてみれば一時間以上のマージンを確保しての完走なのだからお見事w
お互いに無事完走出来たし良かったですよね。

来年鳥坂の再挑戦の前に秋の安曇野にエントリーしちゃいました。
獲得標高的には鳥坂とほぼおんなじなので早速今回の反省を活かせるのではなかろうかとwww

今年は居眠りなしですか?
強くなりましたね(笑

それより、まだ走りながらボトル抜けないのですか?
確か出来るようになったって喜んでるブログを見たような気がしましたが。

青山を右折してからの上り、私も大嫌いです。
実は私も梶野を右折して宮ケ瀬経由で帰るので、あそこはブルベでしか通りません。

まあ、いずれにしてもリベンジおめでとうございます^^
もう走らなくて済みますね。

お疲れ様でした。
去年のリベンジおめでとうございます(^^)

ゴール受付のデニーズではチェーンロックや神隠しという、けーこさんワールドを楽しませていただきました♪

完走おめでとうございます。

「私はもういいです。。。」
と言いつつ、ついつい行ってしまうのが体育会魂。

>トンサン

ありがとうございます。

もっともっとおかしな人がいっぱいいます。
私なんてかわいいもんです(^^ゞ

山中湖、がんばって下さいね~。

>とり。さん

最後のPCではとり。さんに会えなかったなぁ と私も思ってました。
まともに走ったらとり。さんには付いていけないから(^_^;)

パンク祭り続きで、処置も早くなったことでしょ~(笑)

>信ちゃん

昨年は眠さのあまり あれやこれや とたいへんだったので、
以後は眠さの管理に気をつけるようにしてます。
眠くなったら即道端で休む とか(笑)

気付いたら目の前に反対車線のガードレールがたびたびあったり、
トラックが向こうから来てたり、橋(の横)から落ちたり、
気付いたら道路の端で車の車輪と同じ高さに寝てたり… とかもう嫌です(T△T)

走りながらボトルは抜けるようになりましたが、余分のペットボトルまで持つスペースがないし、
フタ外せないので…(笑)

>ジョージさん

疲れてくると (疲れてなくても?) 日々不思議なことが起こるもんです(笑)
その程度ではネタにもならない日常らしいのですが…(^^ゞ

>星のおじ様

体育会ではないので、ホントにもういいです。
あの行って帰ってくるだけの諏訪湖が辛いです(;へ:)
しかも毎度制限時間と戦うなんて…。

お疲れ様でした。
それにしても可笑し過ぎる~っ!!
帰る気満々から、他の人のバイクにチェーンロックやら、戻ったらだれもいない席・・・
(これは私もありうるなぁ。近いことよくやっているし。)

それにしても鳥坂終わってのブルーライン、もう峠は終わった~と思っての道志みちの登り返し、
そして青山からの帰り道のアップダウン、どれをとってもイヂメか~と思う道のりですよね。
でもゴールしたら忘れちゃうのかな。
去年も今までで一番つらかった鳥坂だったのに、また走ろうと思っていたし。

走ったら走ったで後悔するんだろうけれど、ゴールしたらやっぱり嬉しいし。
苦しかった分嬉しくなるのよね~。

きっとけーこさんも来年になったら「野辺山の牛さんに会いにまた走ろ♪」なんて言っているにちまいないちまいない(笑)

>まきさん

すっかり帰る気満々だったから、罰ゲーム続行には凹みました。

道志みちのアップダウンはあそことここと…と思い浮かぶほど知ってるけれど、いつも走らない区間のアップダウンはは罰ゲームちっくです。

野辺山の牛さんにはまた会いに行きますよ♪ でもきっと別コースでね(^^ゞ

…とか言いながら、また来年鳥坂峠にエントリーしていたら笑うよなぁ。。

> …とか言いながら、また来年鳥坂峠にエントリーしていたら笑うよなぁ。。

ほら、やっぱり!
体育会魂(潜在魂?)がその気になりつつあるじゃないですか。
きっと誰も笑いませんので、来年もがんばってください。

>きっと誰も笑いませんので

そう、笑ったりしたら「超体育会系」の鉄拳が飛んでくるでしょうから!
あ、けーこさんの場合は「鬼の金棒」が飛んでくるのか?

いづれにしても我々ごく普通の一般人には、致命的ダメージが…

>星のおじ様

自分自身に対して笑う っていう意味でね。
来年もたぶん600は走りますが、どっかおかしい他の方々のように年に何度も600は走りたくないので
別コースがいいかなぁ と。
別コースにしたところで、楽な600はないのですが、きっと鳥坂600よりはましに違いない。。 ほんとか?

>11月のキロさん

金棒というより、『金属バット』 とかいう噂でしたね。 昔は。

心配しなくても、たぶん出ないから大丈夫ですって(笑)

完走おめでとうございます!
600kmもの距離を走るなんて、私には考えが及ばない距離だなぁー
けーこさんの体力と精神力には感服します!スゴイ!!
次回のブルベでもノートラブルで頑張ってくださいね!

P.S とある雑誌で秀麗な方を拝見しました(^^)v

>sumさん

ありがとうございます!
きっとsumさんならブルベ600を軽く走ってしまわれると思いますが…(^_^;)
私のは根性だけです(笑)

えへ、ご覧になりましたか(^^ゞ
発売日からしばらくは一部で幻の雑誌と噂されていましたが、
最近では本屋店頭で見かけられるようになりましたね。
昨日私も駅前の本屋で見かけました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM526青葉600鳥坂峠 その2 | トップページ | 体育祭 »