2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« デブリンギ | トップページ | キタタンの応援にたどり着けず…orz »

2012年7月 8日 (日)

BRM707青葉200松姫

2012brm707200

松姫峠は走ってみたいのだけど、このコースのうたい文句に

『概ね15km圏内ぐらいにお住まいの(自走でスタート地点へ来る)ブルベ初心者の方を主なターゲットにしています。』

とあり、多摩川まで遠い相模川沿線の住人なので、ちょっと遠慮していた。 が、〆切り間近になってもまだ受付可だったのでエントリーしてみた。



スタート地点まで35km? 



天気予報はくるくる変わり雨予報に。。 スタート前にビショビショになるの嫌だなぁ。 料金固定のコインパーキングを見つけて車載で行く? でももしDNFすることになったら道志みちからそのまま帰った方がいいから、やっぱり自走??



暗いうちに出かけ、帰りも暗い予定なので、200kmなのに400・600の装備だったりする(笑)





2時起き、3時自宅発。

地面は濡れているが降ってない♪ っと思ったら早くも海老名で降り始めた。座間でレインウェアを着こみ…。

夜が明けてスタート近くなってくると雨はしだいに止んできた。 でも今にも降りそうな空模様。 サイコンによるとスタート地点まで32kmだった。





ガード下で受付

20120707_1

エントリーリストには他にも女性の名前があったのに、今回も私ひとり?(^^ゞ




ご近所の通りすがりのおっさんおにーさんかと思ったら、お見送りのジョージさん発見eye

実際ご近所のおにーさんだそうですが…(笑)



スタートする頃にはまた雨が降り出した。 仕舞ったレインウェアをいつ出そうかと思いつつ、不案内な都内を抜けるまでは必死に前を走る参加者を追っかける。

あきる野でR411に出て、やっと現在地の地図が頭の中に浮かぶようになる。

PC1奥多摩古里のセブンを過ぎてしばらくすると奥多摩湖

20120707_2


PC1と次のPC2道の駅たばやまの間が30kmほどなので、近いのかと思ったら、ところがどっこい 「そんなの聞いてないよぉ~」な登りを登る登る(-_-;)


途中でガードレールの上のサル発見eye


道の駅たばやまの売店は10時からなので、その前に着いたら… の心配なんて私には必要なっしんぐ(笑)

もしもうっかり着いちゃったら…のためにPC1で背中に突っ込んできたクリームパンと売店で買った豆乳をいただく。

20120707_3

kojikenさんの所で見かけたタバスキーがかわいかったのでつい…(笑)

20120707_4


PC2を過ぎたら本格的に?山岳ブルベが始まる。



いきなりのローラーすべり台坂…… 

20120707_5

すみません。登りたくない坂は押して登ります(^^ゞ えぇいいんです。ムリすることありません。
 



今川峠を登って降りたら、松姫峠。
 



以前こっち方面に来た時に、ホントは松姫峠に行ってみたかったけど、時間の関係と地図で見たぐねぐね具合で分岐で(知らずに)鶴峠を登って帰った。



前回すごい急坂に見えた松姫峠への登りもローラーすべり台坂に比べたらたいしたことないと思える(笑)


よく考えたら道がぐねぐねしているってことは、長いけど傾斜はきつくないってことよね?



松姫峠、上の方が雲の中。 時々ザーッと降ってくるし…  ん~、でも雲の中抜ければ降ってない気もするしなぁ。。

20120707_6


パラパラ降ってるし下りだから…とレインウェアを来てみるが、下界に降りるとレインウェアいらず。



暑いのでレインを脱いでいると横の草むらに葉っぱに斑入りのどくだみ発見eye

20120707_7




大月から都留のPC3までは太陽が出て暑くなってきたし、なんかダラダラしんどく進まない。



道坂峠に向けてリスタートした時にはPCクローズまで30分切っていたような。。


道坂は相変わらずダラダラ長く、腰が痛い。

登りは嫌いではなかったのだが、ゆっくりしか登れない自分に嫌気がさしてきて、最近登りが全然楽しくない。

20120707_8

やっと道坂トンネル。ここを下れば勝手知ったる道志みち♪



でもまたフロントのシフターの調子が悪くなってきた。 インナーには落ちるけど、なかなかアウターに上がらず。 逆よりはいいケド。。



ブルベ中、PCクローズ間際に飛び込んでも、その後のPCでは結構時間に余裕ができてきたりすることが多いのだが、今回はPC3以降、途中でパンク一発アウトになりそうなくらいギリギリカッチンな感じ。





PC4は青野原のセブン。

買い物していたら、翌日の北丹沢12時間耐久レース出場の笑うサルさんとバッタリ♪

パラダイス企画のエントリー状況など教えてもらい、行けたら応援に…などと話す。

実際この時間頃は翌日応援に行こうと思っていたのだが…。

その後の雨の尾根幹+帰宅コースですっかり疲れ果てる。 うぅ行けたらぁ~。






都内は雨との情報でPC4を出る時にはレインウェアを着こみ、雨装備でリスタート。

毎度のことながら、道志みちから宮ヶ瀬方面に曲がって帰ってしまいたい衝動に駆られる(笑) でもここで帰ったら完走できないし(-_-;)


雨が降ってくると、アイウェアが曇るし水滴がいっぱいついて、キューシートもGPSも見づらい。その上暗くなってくると、もうすっかりお手上げ┐( ̄ヘ ̄)┌


信号待ちで止まるたびにキューシートの2つくらい先までのポイントを覚えて交差点を見逃さないように目を皿のようにして尾根幹へ…(~_~;)





やっとゴールのセブン多摩落合6丁目店に到着。





レシートの時間が所要時間になるので、先にレジに並んで…と思っていたのに、ついいつもの習慣で先にトイレに行ってるし(笑)



さて、ゴールはしたものの、ゴール受付は10kmほど先の稲城の天然温泉『季乃彩』。

お家からますます遠くなるのが切ない。。。

まぁ今回は多摩川のスタート地点から15km圏内想定の所へ参加しているわけだから仕方ないか。



尾根幹も連光寺もあちこちの自転車乗りのブログで見かける名前だけど、どこがどーなのかこっちに来ない相模川より西の住人にはサッパリわからず。。。


道端で止まって位置確認していたら、「合ってますよ~」と後ろから来た参加者に声をかけられ、そのままゴール受付まで引いていただく。



ゴール受付をして、さて帰ろうか。 ということで、「鶴川街道に出るならこっちから…」とオギさんとTESTUさんに引いてってもらう。



自分で調べたルートだと、ひと山越えて?住宅地を突っ切る最短コース(ったく手段を選ばないからぁ)だったのだけど、平らなわかりやすいコースで引いていただいたので助かる。



今回何度もPCでご一緒したし、オギさんとTETSUさんにはいろいろ気にかけて頂いて、お世話になりました。ありがとうございました。




22時ジャストに帰宅。

最後の尾根幹で自分の位置がわからないまま降られまくった雨とゴール受付から帰る道中ですっかり疲れ果て。。。

それにしても今回は後半余裕のない200だったなぁと振り返る。



VCR青葉のスタッフのみなさま、ありがとうございました。




-------
帰ったら、自分のことよりまず雨でドロドロの“うちの子”を風呂に…。
…って湯船に入れるわけではないが、風呂場でジャバジャバ洗って拭いて、やっと自分の風呂。

すべてが終わる頃にはとっくに日付が変わってた。


------
サドルバッグの中身を出したら、水が…。 

防水のオルトリーブなのにpout

って思ったら、シートポストで擦れて穴が。。。

20120707_9

« デブリンギ | トップページ | キタタンの応援にたどり着けず…orz »

コメント

お疲れ様でした。
宇都宮600を入れていなければまさに15km圏内ドンピシャ位だったので行きたかったのですが
近いうち普通にプライベートで走ればいいということに今更気が付きました(笑
丹波山までは足を伸ばしたことが無いので今度是非行ってみよう。
コース設定したPIKA氏が”初心者向けとは言っても素人向けではなく、しっかり獲得標高のある走りごたえのあるコースにした。”的に解説していましたが、その言葉通りだったようですね。
それにしてもどんなに頑張っても自分の脇をスイスイ抜けて行く人が多くて登り坂ではいつも凹みます。

お疲れさまでした。
スタート直後は4番手後ろくらいを追走していましたが、
頑張っても市街地、信号で追いついてしまう状況で、
全体がまったりのんびりトレインでしたが、
日野界隈を過ぎてから何人か抜け出していった時に
すかさず付いていったけーこさんを見たときは、
ああやっぱり流石だなって思いました。

各PC、松姫の頂上などなど、ほんの数分遅れでしっかり現れて、
ミスコースもしないでホント自立していて凄いなぁって感心しています。
実は最後は遠回りをさせてしまったのではないかと心配してました。
また、是非、よろしくお願いします。

雨も楽しかったですね^^?

実は私のオルトリーブも穴が開いてます^^;
テント修理用の当て布?を、布用のボンドで貼り付けて直しました。
修理後3年ほど経つでしょうか?
まだ大丈夫ですね^^
その3年でどの程度雨の中を走ったかは、ご想像にお任せいたします(笑

松姫、お疲れ様でした~
ありゃま、サドルバッグ穴が空いちゃったんですか。私も同じオルトリブですが、言われてみれば確かに同じ場所にこすれた痕跡があります(^^; 時間の問題かもしれません・・・
それにしてもローラーすべり台の激坂には苦労しましたね。私は激坂は苦手なので難儀しました(-_-;)

改めて感じましたが、けーこさんの様に600を走られる方は終始安定してますね。
私の走り方は波があるので、色々と勉強になることばかりでした。
また、どこかのブルベでお会い出来たらなと思います。ありがとうございました!

>とり。さん

とり。さまも去年の宿題完了おめでと~ございます♪
そっか、とり。さんは15km圏内なんだ。。うちから多摩川はやっぱり遠いです(-_-;)
距離感壊れてからは、30kmほどなんてたいした距離ではないはずですが、
都会方向には信号がいっぱいあるから時間が読めず。

明らかな峠は覚悟していますが、富士川沿いの稲子のあたりのような
『聞いてないよぉ~(-_-;)』 な登りは疲れます。

なんかねぇ、最近登りが楽しくなくって。。。(=_=)

>オギさん

いろいろ気にかけて下さってありがとうございます。
最後は山?越えて「こっちかなぁ?」と迷いながら住宅地を抜けるつもりだったので
平らなルートで鶴川街道まで導いて下さってありがとうございました。

速い人たちが抜き始めた時、思わずついて出ちゃったものの
そうそう付いて行けるはずもなく、あ~ここはまだ道わかんないんだった。。。 ってちょっと後悔してました(笑)

私ちょこちょこ道間違えてますよ(^^ゞ
たいてい間違った瞬間に気付くのですが、今回も2,3回後ろの人を巻き添えにしてしまいました。

雨…でも個人で出かける時には避けるでしょ?(笑)
雨もブルベのお楽しみのひとつ とは思ってますが、GPSやキューシートが確認し辛いのが困ります。

>信ちゃん

テント修理用の布かぁ。。 常に雨雲携行の信ちゃんが3年も使えてるってことは大丈夫そうですね。
実は去年オルトリーブ初使用のブルベですっ転んでいきなり穴を開けてます。
水回り補修用?のテープを貼ってごまかしてますが…(^^ゞ

>TETSUさん

いろいろお世話になりました。
オルトリーブだけじゃなく、よく見たらいつも使いのサドルバッグにも同じ場所に擦れて穴が開いてました(汗)

前は激坂でも、人が登ってるもん登れないはずがないっ!! って登ってましたが、
ムリして登んなくてもいいや って最近ヘタレ気味です。

TETSUさん速いから400でも600でも問題なく大丈夫そうですね。
またどこかでお会いしたらどうぞよろしく♪

雨の中、お疲れ様でした。
それにしても変態の人しかコメントしてないようです(私を除く)。

>PIPIさん

PIPIさんとお会いできるかと思ってたんですが…(^^ゞ
あんなお天気だったから出走はエントリーの半分くらいだったようですね。

追伸:
『変態の人』:当然PIPIさん含む でしょ?

お疲れ様でした。やっぱりブルベってその時の体調次第で、疲労と距離はあまり比例関係には無いようですね。
(私の直近の経験では→楽だった600km、つらかった400km)

オルトリーブのサドルバッグ>
穴が空いても塞いで使いたくなるマスターピースですよね(もし買い直しても、そんなに高価じゃないし)。しかし、穴は空くんですね、シートポストとの擦れ、なんて想像すらしてませんでした。貴重な参考情報だと思います。

>markun

しんどさは距離というよりコースと天候次第でしょうか。 
その上、知ってる場所かそうでないかでお天気が大きく影響します(笑)

サドルバッグの開閉口近くの側面にに初使用の時転んで穴を開けましたが、
補修してあるし、奥が濡れてるのって何?? と最初は謎でした。
シートボストと擦れる部分って結構穴の開く場所なんでしょうかねぇ。
最近雨に降られていなかったので、穴が空いてるなんて気付きませんでした
…っていうか、今回オルトリーブに付け替えた時に気付かなかったから今まで穴開いてなかったのかも?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デブリンギ | トップページ | キタタンの応援にたどり着けず…orz »