2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

エスプレッソーダ

20120730

まんま炭酸入りの甘いコーヒー ですた。。

2012年7月29日 (日)

私の知らない宮ヶ瀬周辺

日頃、『宮ヶ瀬は庭だ!!』 と豪語しているが、実は宮ヶ瀬周辺で(通行可な道で)通ったことのない道がある。

20120729

特に行きたい場所がない時、ふらっと出かける先は宮ヶ瀬なのだが、いつも通るルートはだいたい決まっていて、手持ち時間によって通常バージョンや短縮バージョンがあったりする。



たまにしか通らないが、R412の関交差点を通るたびに、「宮ヶ瀬こっち」の青い標識が気になる。 何度も目にしていながら通ったことないなぁ と思っていたので、“ぶーちゃん”とお友達作戦最終日?の本日行ってみることに。



朝の涼しいうちに…などと思っているうちに時間はすぎて、すでに昼前。 なんでこんな暑い時の暑い時間に出かけるかなぁ。。



いつもの宮ヶ瀬コース、R412に一旦降りて、丹沢あんぱんで曲がらずその先の関交差点へ。

串川沿いのその道は思ったより平坦。 え?登るとこないの??

のどかな田舎道な感じで、こんなに暑くなかったら気持ちいいだろうに。。


のんびり走っているうちに鳥屋の郵便局を過ぎ、以後は勝手知ったる道へ。



なんか宮ヶ瀬って登るイメージがあるけれど、関で左折してから、ここまで登りらしい登りはなかったなぁ と思っていたら思い出した。

そーいえば、ここ過ぎた後に登るんだった(笑)




あまりに暑かったので写真を撮る意欲なく、本日は写真なし(^^ゞ

2012年7月22日 (日)

お山方面へ

この週末に坂道の走り心地とサドルとお尻の相性を試しに“ぶーちゃん”でちょっとまとまった山方面を走っておきたかった。


いつもの宮ヶ瀬50kmちょいはまとまった山方面ぢゃないのか? と問われると困るケド(笑)


宮ヶ瀬から牧馬峠登って、K35走って雛鶴峠越えて都留まで行って、道坂峠から道志みちで帰ってくるのはどうだろう と思っていたのだが…。


昨日は雨予報だったので、やめたら自宅近所では雨降らず。 ちっ。

その雨予報も降雨量1%だったんだけどね…(^^ゞ



今日こそは!! と思っていたのに、外を見たら霧雨降ってるし、路面濡れてるし…。



早朝から出るのはやめてしばしうだうだ。 でも天気予報にはcloudマークしかないから霧雨が止んで路面が乾き始めた所で出かけちゃえっ。



家を出て10km行かないうちに路面も濡れるほどのミストシャワーに突入mist



しまった。。。 個人的には雨の中は走らない主義なのに。。 あ、でも適当に涼しいし、天然の掛け水だと思えばいいのか。


なんか雨の中を走ることに対する感覚がすでにおかしいかもしれない。



そーいえば、Di2は大雨の中で走っても大丈夫なのだろうか?


想定が『大雨の中を走る』になってるあたり、なんか間違ってる気もするが。。




土山峠手前でミストシャワーから抜け出せたようで、以後は降られることなし。



宮ヶ瀬から牧馬峠に登り

20120722_01

嫌いな○ポツ道を下り、K35方面へ。



途中で山のはちみつ に立ち寄る。

20120722_02

味見用のはちみつを掛けて

20120722_03

さくらのソフトクリームとたい焼きを頂く♪

20120722_04_3

前に立ち寄った時に、「以前山のはちみつの支店が近所にあって…」と話したのをお店の女性が覚えていてくれていて、「今日もおひとりで?」と(笑)


えぇ、いつもソロですから(^^ゞ




今日は道端のあちらこちらで、お持ち帰りしたいくらい立派なユリが咲いているのを見かける。 ユリってこんな時期だっけ。

20120722_06

この季節、ネムノキの花がキレイ。

20120722_05_3



雛鶴トンネルを抜けると

20120722_07

日曜日で今日はリニア関係の工事トラックがいないので、都留までの下りが走りやすい。 薄日まで差してきて気持ちいぃ~♪

20120722_08



ブルベのPCにもなってるコンビニで休憩。

ゆずめんたいこ って?

20120722_09_2

うん。確かにゆず味(笑)



その後道坂峠へ。

20120722_10_2

相変わらず長くて腰が痛いけど、道坂峠は嫌いじゃない。


でも夜は真っ暗だろうなぁ。。



トレラン帰りに交通機関がないからって、真っ暗な道坂峠を道志から都留の駅まで走って帰った人もいるけれど。。

   >ね、たーこさんっ(笑)



トンネル下ったら勝手知ったる道志みち。

20120722_11

道志みちまで戻ってくるとホッとする。



宮ヶ瀬付近まで戻ってくると、地面は濡れてないけどまたミスト状態。結局今日は一日中ミストな宮ヶ瀬だったのかしら。。



本日の走行距離:135.39km



思ったほど走れてないか。。 

時間があったら山伏峠越えて山中湖回ってくればよかったかも。 ってまるでどこぞのブルベコースになっちゃう(笑)

2012年7月21日 (土)

雨降るんじゃなかったのか??

くるくる変わる週間天気予報。 土曜日はsunマークだったよね?


どーして前日になってrainマーク?


朝から1日乗ろうと思ってた予定をやめました。


だって、わざわざ雨の中、ロードなちゃりで走りたくないも~ん(笑)




                     …でも自宅近辺では雨降らず。。 むぅぅ。




出かけないなら、前からやろうと思ってたことが……全然できません。


つい四角い箱の前に座ってしまったから(^^ゞ




でも神隠しに遭った化粧ポーチが発見されましたflair   


あともう一つ神隠しになってる電卓が発見されるといいな。。 でもあれは会社だからなぁ。。







--------


20120721

ブツを切らないようにビニールにピーっとカッター入れてしまうのはすでに職業病?(笑)


自分のなのに。。

2012年7月15日 (日)

衝撃の事実とその後のドタバタ -つづきー

さて、何に乗る?


ロードはロードで間違いないところだが、素材はカーボンはやめてクロモリにしたらどうか? とはちょっと考えたが…。


あの細っそりでシュッとしたクロモリのシンプルさは美しいと思うが、なんせ2009年モデルのKUOTAのカルマに一目惚れした私(“うちの子”購入後の話で、自分が乗るかどうかはもちろん別。)。 

細っそりクロモリは自分が今乗りたい自転車とはちょっと違うよなぁ。もし、愛人としてもう一台持つなら欲しいと思うケド。 いや、愛人なら派手な方いいのか。。。ん?




カーボンバイクを持ち上げた時の 『んわっ♪(軽っ♪♪)』な幸せ感は捨てがたく、再び性懲りもなくカーボンに。 んで、やっぱりまたオルベアかな(笑)




オルベアは今シーズンから“うちの子”のオニキスはなくなってしまい、まんま後継機種はオルカ・ブロンズという名前になっているらしい。

今までのオルカはオルカ・ゴールド になり、間にオルカ・シルバーというのもできていて、 カーボン素材の違いで名前が違うのだが、ゴールドとシルバーはフレームの形状が一緒だが、ブロンズは少々違うらしい。 真偽は定かではないが、元がオニキスだから形状が違うとかなんとか…。


憧れの「いつかはオルカ♪」だったけど、ポテポテこける私にはよりデリケートなゴールドやシルバーは不向きなようなので、きっと今後もご縁はなさそうだ。





さて、発注はしたものの、さしあたり間近に迫ったブルベ400はどうしよう。。。

『割れている』とは言っても、パッキリ割れているわけではなく、触ると確かにほんの少しウニウニ感はあるが、ホントに割れているのかなぁ?? な感じなので、しばらくは様子を見ながらそのまま乗ることにする。


途中で問題箇所のチェックをしつつ、いよいよ走行不能になったらDNFして帰ってくるつもりで、そのままBRM623西東京400富士大回りに出て完走。 “うちの子”のブルベはこれで走り納めのつもりだったのに、納車が遅れて結局BRM707青葉200松姫もそのまま走ってるし…。



終わってから考えてみれば『走行中に何かあっても文句言いません』の同意書は出しているものの、実際に事故でも起これば主催者他多方面にご迷惑をかける場合もあるわけで、思慮のないことだったとちょっと反省。



実際のところ、鳥坂600往路の富士見峠でコケてからトータル1000km近く走ったことになるわけだが、今のところ、素人目には正直言ってキズがより深刻になった感じがあまりなく、急いで買い替えなくてもまだしばらく乗れたのではないか? と疑問さえ出てくる。

でもまぁ、『割れている』と言われている以上いつまでもそのまま乗り続けるわけにもいくまい。



で、今度は納車がいつになるのかが問題なわけだが…。

「○○頃には来ると思う」 と言われた日を過ぎて、「延びて○○には…」も過ぎ、間に合うのか? っていうか、8月には間に合うとしても、多少は乗って慣れておかないと困るなぁ と少々焦り気味。



後から『やっぱり○○にしておけば…』と思うのは嫌なので、どさくさにまぎれてコンポは電動アルテグラに。 もちろん予算との差額分は自分で返します。



今度はコンパクトクランクになるので、最近楽しくなかった登りがちぃっと楽しくなるといいなぁ。。



完成車だった“うちの子”には元々コンパクトクランクがついていたのだが、初沖縄でいろいろあり(^^ゞ、お借りしたノーマルクランクが使い勝手よかったので途中からノーマルに変えた。 前のコンパクト経験は半年くらいなので、登りの違いはいかほどのものになるのかちょっと楽しみ。




-------




そんなこんながありまして、本日納車♪

20120715_1

んで、そのままシェイクダウン。

もちろん行き先はいつもの宮ヶ瀬コース。

20120715_2

乗り心地は“うちの子”の後継だけあってほとんど違和感はないが、

さすが電動eye 今までの『さて、うんしょっ』な一呼吸はなく、ボタンを押したら シュタッ とシフトチェンジ。早っ。
でもギアがいまいちどこに入っているんだかよくわかんないけど…。


コンパクトクランクになった恩恵はどうだろう? うーん。 確かに足は回しやすくなったかも? 今後も要チェック。

サイコンをお店に預けたまま出かけたので、ケイデンスその他数値としてはよくわからないけど。。



“うちの子”はママチャリから一足飛びのロードだったので、『恐れ入りますが、乗らせて頂きます』な感じから始まったが、今回は最初からお友達感覚で。

早くうちの子になってもらわなくちゃ。

名前? “うちの子2号”かなぁ と思っていたけど、白いオルカブロンズなので“白ぶーちゃん”でどうだろう(^^ゞ




それにしても…。

これでもかっ くらいのオルベアのロゴとマークのベタベタ具合には笑える。

20120715_3  

20120715_4_2  

20120715_5_3

20120715_6_4

2012年7月14日 (土)

衝撃の事実とその後のドタバタ

直接話した人もいるし、少々時間がたってしまったので今更『衝撃』っていうタイトルも大げさな気がするが、判明した直後はかなり凹むほどの『衝撃』だったので、ここはあえてそのままのタイトルにさせていただく。


話はBRM526青葉600鳥坂峠までさかのぼる。


実は…。

レポでもちょっと触れたが、往路の富士見峠の信号待ちで自転車倒して縁石にぶつけ、シートステーに嫌なキズがついた。

20120714_brm526600 帰宅後撮影

キズ発見後、鳥坂峠の激坂直登を登りながら、カーボンは割れるらしいし、最近はずいぶん少なくなったとはいえ、しょっちゅうポテポテこける私にカーボンフレームは向かないのかなぁ。 クロモリならどうなのだろう? などとつらつら考えていた。



フロントディレーラーのシフターの調子が悪いので、数日後いつものお店に乗っていったのだが、



キズを見るなり店長ひとこと。




「けーこちゃん、残念だけど、コレ割れてるよ」
 と。。。



えぇぇ~、まさかとは思っていたケド。。 それってもう乗れないってこと?

今“うちの子”を失ったら、もう買えないよぉぉ(泣)



実は、沖縄にも3回通ったし今年の夏は北海道に行こうと思っていた。

飛行機も宿も全部押さえてあるのにキャンセル? 行っている間の諸々もいろいろ根回ししたというのに…。

その前にSRのかかったBRM400もあるんだけど…。



問題箇所を指で押すと、言われてみれば確かにウニウニ感があるような気がするが、気がする程度。今すぐバリンッと割れる感じではない。

即乗れない状態ではないようだが、「これで北海道に行くのは絶対ダメ」 と店長からもキツクダメ出しが出る。

カーボン素材は炭素繊維を接着剤で固めた物なので、ヒビが入るとそこからだんだんに割れていくそうだ。




修理はできないの?

店長曰く、見栄え無視して外からガチガチに固めて修理することはできるけど、それをすることによって剛性のバランス?が変わるし(その違いが私にわかるのかはなはだ疑問だが…。)、そもそも中が割れているので(問題ない場合と比較して)そんなに長くは持たないこと。 最近お店で同じ修理をした人は8万かかった。 それだけ費用を掛けるなら新しく買った方がいいのではないかと。




“うちの子”と同じグレードでなくてもいいから何か自転車を買う?

でも、私の性格を考えると、間に合わせに急いで買ったら、やっぱり気に入らなくてまた買い直すことになる気配濃厚。




いっそフレームの素材を変える?

店長お勧めのクロモリのフレームに、今“うちの子”についてる使えるパーツを組み合わせると15万くらい? フロントのシフターは替えなくちゃいけないし、結局細々したものを合わせるともっと予算上がるよね?

なら“うちの子”と同等なものを買えるまでお金貯めた方がいいんでは?




ん~、やっぱり北海道はキャンセルか? そもそも乗るものないのに行けないし(苦笑)



でも飛行機も宿も予約全部取れてるのになぁ。 もったいない。。



っていうか、そもそもお金ないのに、新しく買えないから行けないぢゃんっ。



あ~、でも北海道に行く分の費用を合わせたら、なんでもいいなら夏の間に買えるかも?



でも、たとえ店長お勧めクロモリでも、なんか間に合わせに買ったようで、やっぱり後からもっと考えればよかった。 とか思うのかも…。



やっぱりできれば“うちの子”で北海道に行きたいよなぁ。



無理矢理修理する?



でもなぁ、修理費用がバカ高いんなら、もうちょっと足せばそれなりの自転車買えるよなぁ。。







思考はぐるぐる無限ループ。 考えすぎて気持ち悪くなってきた。。




2日ほどぐるぐる思考でさんざん考えた挙句、

この夏の北海道は取りやめ(この時点では早割航空券の購入期間前なのでエントリー費以外実害なし)、自転車もすぐには買わない。

しばらく乗るものがなくて禁断症状が出るかもしれないけど、“うちの子”と同程度が買えるくらいになるまでしばらくお金を貯めてから納得いくものを買う。

と決めた。




夫に電話で、「(かくかくしかじかで)北海道行くのやめようと思うんだけど…」 と話したところ、


「買ったらいいやん」 と一言。


「えぇぇ~、だってお金ないよぉ~。」


「ボーナスでも貯金でも使えばいいやん。」と。


「えぇぇぇ~、 だってボーナスは使い道ほぼ決まっているし、その貯金は手ぇつけちゃまずいでしょ(困惑)」


「普段から『貯金は使うためにある』って言ってるの自分やん」


「そりゃまぁそーだけど…。(んでもそんなこと言ってたのって何年も昔の金回りの悪くない頃の話では?)  じゃ、お言葉に甘えて自転車は新しく買うけど、北海道はやめとくわ」 


「北海道も行ったらええやん。 行きたいと思う時に行っとかな行かれへんで」という太っ腹な夫に背中を押されて蹴られて、結局『新車購入&北海道に行く』ということに相成った。





持つべきものは理解のあるよくできた旦那様♪ 感謝!!





そんなわけで自転車を新しく購入することになったのだが…。




  つづく

2012年7月 8日 (日)

キタタンの応援にたどり着けず…orz

今年で14回目の『北丹沢12時間山岳耐久レース』。

前日ブルベなので、今年も応援に行こうかどうしようかと思っていたが、前日に笑うサルさんに会った頃までは、早朝からはムリだけど、ゴール近くなら出没可能かなぁ と思っていた。

昨日の最後でどぉぉっと疲れたので、今日はふとんLOVEで過ごしたいところだが、起き上がって動き出してみると、意外に動けるのは200kmのダメージの少なさか。



とはいえ、ダラダラ。



車で行っても停める所に困りそうなので、“うちの子”で行くつもりだったのだが、ダラダラしているうちにすっかり遅くなってしまった。



このままでは、速いたーこさんやまきさんの通過に間に合わないかも?



そうだ!! 宮ヶ瀬に車を停めてそこから“うちの子”で行けばいいやflair




毎度お馴染みの応援衣装(笑)をリュックに詰め、鳥居原園地に車を停め(でも17時クローズだから、16時すぎには帰らなきゃ。それまでに知り合いみんな通るかな?)、“うちの子”を引っ張り出して、青根に向かう。




この下りを下ったら道志みち♪ を下り始めると、いきなりパーン!!と(-_-;)





え? 何?? パンク???

なんか踏んだ????



よくよく見ると、タイヤのゴムくずがあり、後輪のタイヤのサイドが切れているが、特に何か刺さっているとかではないようだ。

とってもはずしにくいタイヤをやっとはずしてチューブ交換。

はぁヤレヤレ で走りだして、数十メートルでまたパーン!!と(-_-;)




またぁ????

パッチはあるけど、今日はチューブ1本しか持ってきてないのに…。




今頃遅いが、そこで初めてさっきのタイヤのゴムくずの意味することを理解する。

どうやらブレーキシューがリムではなくタイヤに擦れてしまっているようだ。


そーいえば、昨日の夜、ホイールをはめ直す時、なんかちゃんとハマっていないような気がしてたんだけど…。

でもまっすぐ入っているし、何度やっても同じなので、きっと気のせいだと思っていたのだが。。



なぜちゃんと奥までハマらないのかわからないので、パッチでパンク修理した所で同じことを繰り返すに違いない。

今日は応援に行くな! ということか?


そのままではどうしようもないので、出走中のみんなの健闘と無事なゴールを祈りつつ、車まで3kmほどの道を“うちの子”を押して戻る。


車に再び“うちの子”を乗せ、だいぶ戻った所で、そのまま車で応援に行って停める所を探すって手もあったかなぁ と思うが後の祭り。






そのまま車でいつもの店に乗りつける(笑)




「店長ぉぉ~!!」












なんでホイールがちゃんと入らないのかっていうと…。




















………タケノコの向きが逆だったのよん orz

BRM707青葉200松姫

2012brm707200

松姫峠は走ってみたいのだけど、このコースのうたい文句に

『概ね15km圏内ぐらいにお住まいの(自走でスタート地点へ来る)ブルベ初心者の方を主なターゲットにしています。』

とあり、多摩川まで遠い相模川沿線の住人なので、ちょっと遠慮していた。 が、〆切り間近になってもまだ受付可だったのでエントリーしてみた。



スタート地点まで35km? 



天気予報はくるくる変わり雨予報に。。 スタート前にビショビショになるの嫌だなぁ。 料金固定のコインパーキングを見つけて車載で行く? でももしDNFすることになったら道志みちからそのまま帰った方がいいから、やっぱり自走??



暗いうちに出かけ、帰りも暗い予定なので、200kmなのに400・600の装備だったりする(笑)





2時起き、3時自宅発。

地面は濡れているが降ってない♪ っと思ったら早くも海老名で降り始めた。座間でレインウェアを着こみ…。

夜が明けてスタート近くなってくると雨はしだいに止んできた。 でも今にも降りそうな空模様。 サイコンによるとスタート地点まで32kmだった。





ガード下で受付

20120707_1

エントリーリストには他にも女性の名前があったのに、今回も私ひとり?(^^ゞ




ご近所の通りすがりのおっさんおにーさんかと思ったら、お見送りのジョージさん発見eye

実際ご近所のおにーさんだそうですが…(笑)



スタートする頃にはまた雨が降り出した。 仕舞ったレインウェアをいつ出そうかと思いつつ、不案内な都内を抜けるまでは必死に前を走る参加者を追っかける。

あきる野でR411に出て、やっと現在地の地図が頭の中に浮かぶようになる。

PC1奥多摩古里のセブンを過ぎてしばらくすると奥多摩湖

20120707_2


PC1と次のPC2道の駅たばやまの間が30kmほどなので、近いのかと思ったら、ところがどっこい 「そんなの聞いてないよぉ~」な登りを登る登る(-_-;)


途中でガードレールの上のサル発見eye


道の駅たばやまの売店は10時からなので、その前に着いたら… の心配なんて私には必要なっしんぐ(笑)

もしもうっかり着いちゃったら…のためにPC1で背中に突っ込んできたクリームパンと売店で買った豆乳をいただく。

20120707_3

kojikenさんの所で見かけたタバスキーがかわいかったのでつい…(笑)

20120707_4


PC2を過ぎたら本格的に?山岳ブルベが始まる。



いきなりのローラーすべり台坂…… 

20120707_5

すみません。登りたくない坂は押して登ります(^^ゞ えぇいいんです。ムリすることありません。
 



今川峠を登って降りたら、松姫峠。
 



以前こっち方面に来た時に、ホントは松姫峠に行ってみたかったけど、時間の関係と地図で見たぐねぐね具合で分岐で(知らずに)鶴峠を登って帰った。



前回すごい急坂に見えた松姫峠への登りもローラーすべり台坂に比べたらたいしたことないと思える(笑)


よく考えたら道がぐねぐねしているってことは、長いけど傾斜はきつくないってことよね?



松姫峠、上の方が雲の中。 時々ザーッと降ってくるし…  ん~、でも雲の中抜ければ降ってない気もするしなぁ。。

20120707_6


パラパラ降ってるし下りだから…とレインウェアを来てみるが、下界に降りるとレインウェアいらず。



暑いのでレインを脱いでいると横の草むらに葉っぱに斑入りのどくだみ発見eye

20120707_7




大月から都留のPC3までは太陽が出て暑くなってきたし、なんかダラダラしんどく進まない。



道坂峠に向けてリスタートした時にはPCクローズまで30分切っていたような。。


道坂は相変わらずダラダラ長く、腰が痛い。

登りは嫌いではなかったのだが、ゆっくりしか登れない自分に嫌気がさしてきて、最近登りが全然楽しくない。

20120707_8

やっと道坂トンネル。ここを下れば勝手知ったる道志みち♪



でもまたフロントのシフターの調子が悪くなってきた。 インナーには落ちるけど、なかなかアウターに上がらず。 逆よりはいいケド。。



ブルベ中、PCクローズ間際に飛び込んでも、その後のPCでは結構時間に余裕ができてきたりすることが多いのだが、今回はPC3以降、途中でパンク一発アウトになりそうなくらいギリギリカッチンな感じ。





PC4は青野原のセブン。

買い物していたら、翌日の北丹沢12時間耐久レース出場の笑うサルさんとバッタリ♪

パラダイス企画のエントリー状況など教えてもらい、行けたら応援に…などと話す。

実際この時間頃は翌日応援に行こうと思っていたのだが…。

その後の雨の尾根幹+帰宅コースですっかり疲れ果てる。 うぅ行けたらぁ~。






都内は雨との情報でPC4を出る時にはレインウェアを着こみ、雨装備でリスタート。

毎度のことながら、道志みちから宮ヶ瀬方面に曲がって帰ってしまいたい衝動に駆られる(笑) でもここで帰ったら完走できないし(-_-;)


雨が降ってくると、アイウェアが曇るし水滴がいっぱいついて、キューシートもGPSも見づらい。その上暗くなってくると、もうすっかりお手上げ┐( ̄ヘ ̄)┌


信号待ちで止まるたびにキューシートの2つくらい先までのポイントを覚えて交差点を見逃さないように目を皿のようにして尾根幹へ…(~_~;)





やっとゴールのセブン多摩落合6丁目店に到着。





レシートの時間が所要時間になるので、先にレジに並んで…と思っていたのに、ついいつもの習慣で先にトイレに行ってるし(笑)



さて、ゴールはしたものの、ゴール受付は10kmほど先の稲城の天然温泉『季乃彩』。

お家からますます遠くなるのが切ない。。。

まぁ今回は多摩川のスタート地点から15km圏内想定の所へ参加しているわけだから仕方ないか。



尾根幹も連光寺もあちこちの自転車乗りのブログで見かける名前だけど、どこがどーなのかこっちに来ない相模川より西の住人にはサッパリわからず。。。


道端で止まって位置確認していたら、「合ってますよ~」と後ろから来た参加者に声をかけられ、そのままゴール受付まで引いていただく。



ゴール受付をして、さて帰ろうか。 ということで、「鶴川街道に出るならこっちから…」とオギさんとTESTUさんに引いてってもらう。



自分で調べたルートだと、ひと山越えて?住宅地を突っ切る最短コース(ったく手段を選ばないからぁ)だったのだけど、平らなわかりやすいコースで引いていただいたので助かる。



今回何度もPCでご一緒したし、オギさんとTETSUさんにはいろいろ気にかけて頂いて、お世話になりました。ありがとうございました。




22時ジャストに帰宅。

最後の尾根幹で自分の位置がわからないまま降られまくった雨とゴール受付から帰る道中ですっかり疲れ果て。。。

それにしても今回は後半余裕のない200だったなぁと振り返る。



VCR青葉のスタッフのみなさま、ありがとうございました。




-------
帰ったら、自分のことよりまず雨でドロドロの“うちの子”を風呂に…。
…って湯船に入れるわけではないが、風呂場でジャバジャバ洗って拭いて、やっと自分の風呂。

すべてが終わる頃にはとっくに日付が変わってた。


------
サドルバッグの中身を出したら、水が…。 

防水のオルトリーブなのにpout

って思ったら、シートポストで擦れて穴が。。。

20120707_9

2012年7月 4日 (水)

デブリンギ

20120704

エリンギなんですけど…。      太すぎっ(^^ゞ

テルマエ・ロマエ

やっと観に行ってきました。

阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開…みなさん濃すぎてローマ人の中にいても何の違和感もないのがおかしすぎるhappy02

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »