2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« まだまだ通勤ルート模索中 | トップページ | 奥多摩釜めしと柳沢峠のわらび餅 »

2013年5月18日 (土)

Fleche 2013 “お城めぐり隊” その3

後は見直して誤字脱字がなければupするだけ… で、書きあげた『フレッシュレポ その3』をうっかり消してしまって。。 

日を改めたので、ここで一気に仕上げてしまいましょう。ったらそうしましょう。



…と書いてからも何日過ぎたことか。。。(-_-;)


------


4月27日(土)~28日(日)


名古屋城のしゃちほこがライトアップされて輝くぅ(笑)

20130427_15

予定では明るいうちに通過しているはずなのだが…(-_-;)



小牧城は離れた場所からは見えたのだが、近づきすぎて写真が撮れず。離れてみたけどうまく撮れず。。



犬山城

20130427_16

コース上から眺めるが、お城の周りでやたら急な坂を上ったり下ったりしたような記憶が。。


犬山城の横を流れる長良川を渡ったらすぐPC4のコンビニ。 すでに予定より2時間ほど遅れていますが…。。



岐阜城に着いた頃にはすでにライトアップの時間は終わっていて、暗闇を見上げながら「あのへんに岐阜城があるはず」と心の眼で見る(^^ゞ


岐阜城前のPC5のコンビニにはT編集長のお友達がお出迎えに来て下さっていたのだが、すっかりお待たせしてしまって申し訳ない。



墨俣一夜城や大垣城は心の眼で見たことにして、関ヶ原へ。

すでに時間帯は深夜。


関ヶ原のPC6には落ち武者が…(^_^;)

20130427_17

20130427_18

コンビニの裏には関ヶ原合戦決戦地の史跡があり、合戦ののぼりが夜風にたなびいて…。

写真撮ったらなんか写りそうなので自粛。。



中山道を通って米原・琵琶湖へ。

ちょっとバラけたりしているうちに、先頭の方々は目の前を鹿が横切ったとか…。こえぇぇ~。


自分でも不思議なのだが、このあたり全く眠気を感じず、とっても元気な私(^^ゞ


そのうち琵琶湖に突き当たる。

真っ暗でよくわからないが、うっすらと湖面が見える。

琵琶湖を見ると「あぁ、帰ってきたなぁ~」とホッとする。 えぇ関西人ですから(笑)



彦根城は暗闇に薄ぼんやりと見えたけど、当然ながらそんな時間にはひこにゃんもおらず。



メンバーの眠さもピークなので、次のPC7のファミレスまでまだあるが、手前のファミレスで休憩・おやすみタイム。



しばらく休んでまた走りだしたけど、結局PC7のファミレスでもちょっとだけ仮眠タイム。



元々PC7はファミレスで、しばらく仮眠の予定だったけど、店員さんに「ここは寝る所ではありません。寝ないでください」 って言われるし(みんな寝てて知らなかったかも)、早々に退散。



近江商人の街並みを走り…。  薄暗がりの中、ゆっくり眺めているような余裕はすでになし。

淡々と進むが、さっきまでの元気はどこへやら夜が明けてきたら眠くなってきたぁ~!!



ふ~らふ~らしつつ…(汗)



後ろにいたとり。さんに「ハンドルに力入りすぎ!!」と指摘される。

ハンドルから手を離すとフラつくので特に右手ではハンドサインが出せないのもそのせいのようで、自分でもハンドルに乗りすぎかなぁ? となんとなく思ってはいたのだが、指摘されて腑に落ちる というか、改めて納得。

普段はソロなので気がつかないし自分ではわからないが、こんな指摘はありがたい。


千切れたらそのままなかなか追いつけない。チーム完走のためにがんばらなくては…とは思うが、全然ペースが上がらず遅れ気味。


ここで私が足を引っ張らなければ他のメンバーだけで完走を狙えるのでは?


いよいよ「『ここで捨ててって』宣言」をするが、「とりあえず次のPCまで行こう」と流される。



大津のPC8のコンビニに到着。 ここで朝6時半すぎくらい。 予定ではこの時間というか7時には27.5km先の宇治のPC9にいて、最後の2時間で25km以上走ってゴールを目指さなければならないのだが…。(PC9からゴール渡月橋まで28.2km)



「ここでDNFするから私を捨ててゴールを目指して!」 とお願いするが、(チーム中3人が時間内に完走すればチーム完走が認められる。)残り55kmを疲れ切った状態で、しかも最後の京都市内の交通事情など考えると時間内ゴールは難しいだろうということになり、残念ながらここでチームDNFすることに。。(T_T)



私が足を引っ張らなければもっと先に進めただろうし、時間の余裕もあって仮眠も取れただろうと思うと本当に申し訳ない。


コースはほぼ平らで走りやすかったのに(コースディレクターのT編集長に感謝!!)、最初に風に負けたまま負けを取り返せなかったのが尾を引いてしまった。



なんとも申し訳なくフクザツな気持。 …でも申し訳ないが楽しかった思いの方が強かったりするから困る。。。



DNFを決めたとたん、「じゃ、カップラーメン食べていい?」 と次々とコンビニに戻って行く姿がおかしい。




さて、チームはDNFしたが、ゴールの渡月橋には行きたいよねぇ と。


まだ元気なとり。さんは自走で渡月橋へ。

20130428_1


残りのメンバーは近くの瀬田駅から輪行で渡月橋へ。

みんな輪行袋を持っているのには驚いたが、輪行袋を持っている自分に私自身が一番驚いたかも(笑)


基本輪行袋は持たない主義だし、輪行袋が2つあれば(この時はまだ1つしか持っていなかった)スタート前に前泊荷物と一緒に自宅に送って、ゴールに他の荷物と一緒に2つ目の輪行袋を送っていたに違いない。

輪行だとあっという間に嵐山駅着。

とり。さんと合流を待つ間にPIPIさんと色違いのsuewバッグを撮影。

20130428_2



とり。さんと合流して渡月橋で記念撮影。

20130428_3



記念撮影をしたら、ナイスプレイスの花園会館へ。

オダックス近畿のスタッフさんにおみやげを渡そうとして…あははな失敗もあり。。(恥)

ゴール受付けに座るmiumiuさんに再会。 いつのまにスタッフ??



お風呂でサッパリしてから宴会

20130428_4

20130428_5



miumiuさんから阿舎利餅と黒七味を頂く。 わざわざありがとー♪

20130428_7



宴会お開き後、花園駅からそのまま神奈川の自宅へ。

大阪の実家には京都まで来てることは言ってないのでコッソリ帰ることに(^_^;)



みなさん帰りの予約を早めて帰ったけど、京都駅まで自走で来るPIPIさんを待っていたら、結局予約した新幹線に乗ることに(^^ゞ


たこ飯駅弁のたこは昨日からのガムの噛みすぎで噛めませ~ん(;へ:)

20130428_6


新横浜までPIPIさんとずーっとなんやかんやと話していて、PIPIさんの睡眠を邪魔してしまったかも。。



こうして楽しくもあり苦くもあった今年のFlecheは終了。



しんどさもトラブルも分かち合い、楽しさは人数分だけ倍増するFlecheは楽しい。 ただ、ゴールの感動と達成感を分かち合えなかったのは残念だけど。。



オダックス近畿のスタッフのみなさま

たいへんお世話になりました。 チームごと、全員に頂いた名前入りの記念品には感動しました♪  いろいろありがとうございました。

20130428_8_2



“お城めぐり隊”のみなさま

本当にお世話かけました。 残念な思いもあるけれど、それにも増して楽しい思いいっぱいの今年のFlecheでした。

厚かましい希望を言わせてもらえるのなら、もう一度このチームでFlecheをご一緒できるといいな。 えぇそれまでに風にも坂にも負けない足を鍛えておきますからっ。

本当にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いします(^.^)





おしまい

« まだまだ通勤ルート模索中 | トップページ | 奥多摩釜めしと柳沢峠のわらび餅 »

コメント

お疲れ様でした。
まだ元気っていうかムダに元気だったようなわたしですw

あの日は酔っ払っていて話したかどうか記憶が曖昧なので
内容がダブることを覚悟で補足。
体幹をもう少し鍛えて骨盤をもう少し起こせれば多分ハンドルにムダに力が入ることも無くなると思うのです。
下り坂が苦手というのも速度に対しての恐怖心とハンドルに力が入り過ぎてしまっているために生じるアンダー気味の挙動が原因ではないかと。
体力的には充分なのだとは思いますし、鍛えるというより劣化させないようにって感じで(笑)

>とり。さん

下りが苦手なのはスピードが出るのが怖いわけで、
それはスキーでも一緒でちょっとスピードが出ると速攻で山方向向いてスピード落としてましたから。。

体幹を鍛えたいのは前々からのなのですが、改めて課題だな(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ通勤ルート模索中 | トップページ | 奥多摩釜めしと柳沢峠のわらび餅 »