2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

BRM518西東京300km富士 その2

ゴールまで書いて保存しようとしたら、記事が長すぎて、消えたぁ~(T△T)


-----


えっと、芝川まで書いたっけ?



芝川からは登り基調。

里山の水の入った田んぼのを眺めながら

20130518_06_2

剣が峰方向からの富士山

20130518_07_2



上出井からK71。富士一周200の時は北から来たけど、南からもしんどいK71(泣)


富士ミルクランドに寄り道

20130518_08_2

ジェラートはミルクといちごのダブルをいただく。 めちゃんまぁ♪♪

20130518_09_2



西からの富士山

20130518_10_2



展望台からは眼下に本栖湖、雪の残る南アルプスが見え、絶景♪

20130518_11_2



ひばりヶ丘で右折するとやっとお馴染みのR139。



北から見る富士山

20130518_12_2

 


富士吉田まで行ったら富士見パイパス南を左折して都留へ。 ここを通るのは初めて。



都留のPC3はお馴染みのセブン。



その後K35を西から東へ。 いつも東から西なのでちょっと新鮮。




今回左ひざの痛みで右足だけで走るいつもよりゆっくりペースのチャーハンさんと途中から前後しながら走ってきたけれど、雛鶴峠をノロノロ登っている間にすっかり追いつけなくなってしまった。




工事中で片側通行の雛鶴トンネルを抜け、K517で右折して、K76で右折して、緑深くてディープな藤野の山ん中を登ったり、登ったり、下ったり、登ったり、くねくねくねくね。。。

20130518_13_2



サイレントリバー(キャンプ場)もこの道沿いだったねぇ。(写真撮り損ねた。)



緑の中に突然現れる道志ダム

20130518_14_2


道志ダムと青根キャンプ場・いやしの湯があまりにも近くてビックリ。




キューシートの「ヘアピンカーブをまっすぐ」はめちゃくちゃよく知る場所(笑)

この時期、懐かしのコース表示(^^ゞ

20130518_15_2

この夏も熱い闘いが繰り広げられることだろう。



道志みちに出てしばらくすると後ろから「お疲れ様~」とイーチョさんが現れる。


あれ? ブリーフィングの時いた???

  …と思っている間にイーチョさんは青野原のコンビニに消えて行った。




青山から串川橋で新小倉橋は定番コース。


新小倉橋を渡ってまっすぐでK508に右折の方がスムーズだろうになぜに向原に行ってからK508に右折?



このあたりで再びイーチョさん登場。


ちょっと千切れている間に見失ったようで、いくら走っても姿が見えず、やっぱり速いなぁ と思っていたら、ゴールで聞いたらイーチョさんは出ていなかったそうで。。。 どうやらR東京の600に出ていたらしい。  違うブルベなのに出会う素敵な偶然(^^ゞ




ゴールまであと数百メートルの所でポツリ。



今回雨予報だったのがいい方向にズレたようで、南からも西からも北からも富士山がクッキリハッキリ見え、芝川では青空だったし、『今年は晴れ女!!』と豪語するmicronさんのおかげかしら?(*^_^*)



ゴールではスタッフさんに混じってたまけんさんの出張みやげのくまもんクッキーを頂き、しばしまったりして、本格的に降る前に帰る。



帰りも途中までポツリポツリ… でも結局降らなかったケド。。




帰りも圏央道の横を

20130518_16

気のせいか以前より側道の交通量は減ったような… 気のせい?



自転車を壊すこともなく明るいうちにお家に無事に帰り着く。





今回も楽しく走れました。

AJ西東京のみなさま、ありがとうございました。






おしまい

2013年5月25日 (土)

BRM518西東京300km富士 その1

またupが遅くなってしまったぁぁあ~(-_-;)


------

20130518

このコース、今までは夜スタートのブルベはちょっと…と敬遠していたのだが、400や600では夜中も平気で走っているくせに今更何を言う?(笑)


22時スタートだから昼間にゆっくり寝たかったのに、午後はPTAの役員会。 今回のは懸案事項もあり出ない訳には…。


なので朝はゆっくり寝るはずが、工事の音(只今マンションが大規模改修工事ちう)がうるさくて寝られず。



シャワーも浴びてゆっくりごはんも食べて、20時…に出るはずが、ちょっと遅れて町田に向けて出発。

相模川沿いに走るが、横の圏央道に車が走っているのが不思議な感じ(^^ゞ そーいえばこの区間が開通してから走るのはじめてかも。




スタート受付けする前にコンビニに寄ったらチャーハンさんがやってきた。スタート前によくここでご一緒しますね(笑)




近くの公園でIさんのブリーフィング

20130518_01


コースはまずは江ノ島へ。

途中から10数台連なるトレインに乗って、いまいち不案内な区間も順調に。 夜スタートだとスタート直後はテールランプが連なっていてキレイ。(…でも走りながらカメラ持てないので写真は撮れないのよぉぉ)



江ノ島クイズポイントに群がる参加者

20130518_02

こんなとこにトイレあったのね。知らなかった。。 でもこの時間、女子トイレには紙がないっ!! もし来年また来るならティッシュ持ってこなくちゃ。



ここでトレインは解消した?ので、お馴染みの道を小田原まで。

新宿で右に曲がるとすぐPC1のコンビニ。



さて出ようか と思っている所へmicronさんご夫妻がやって来た。 追いつかれたらDNF?(笑)


走り始めて気がついた。 じぇっ キューシートをひっくり返すの忘れてた!!

PC1でやらなければならないのにすっかり忘れてた!!!(-_-;)



あともう一つやらなければならないことがあったと思うんだけど…。 なんだっけ??



小田原から北に走ると開成通って山北に行くのかぁ と通ったことがないので新鮮に感じつつ、そろそろ田んぼに水が入ってゲコちゃんがうるさくなってきたなぁ と思いながら走っていると…。



あ、もうひとつのやらなければならないことを思い出した!! PC1でライトの電池を入れ替えようと思っていたのに忘れていたよ。



街灯の下でごそごそとライトの電池を入れ替えていたら、お巡りさんに呼び止められる。

「同じような格好した自転車がいっぱい走っているけど何やってるんですか?」

「サイクリングですっ!! レースじゃありませんからっ!!!」


レースじゃない というのを聞いて安心?したのかお巡りさんは行ったけど、びっくりしたぁ(^_^;)



R246を渡ってK74。安戸からは真っ暗な道 …と思っていたからそれほど真っ暗にも感じなかったけど、前方の暗闇に光る目がふたつ。。

ライトに照らされたシルエットはたぬポンっ(^^ゞ  まぁシカやクマが出たって不思議ないわけで、たぬポンならかわいい方か。



真っ暗な小山町を抜け、御殿場に入ったあたりで夜が明けた。

裾野から沼津へ。

下土狩の駅前で振り返ったら富士山♪

20130518_17

沼津から富士川への松林が長くてだるい。 お腹すいてきたのに左側にはコンビニないし~(泣)


右手の富士山を眺めつつ、「コンビニ牛丼コンビニ牛丼…」と唱えながら、シャッターチャンス♪

20130518_03

やっと見つけたコンビニで休憩したら(ほんとにねぇ、お腹すいてない時には牛丼屋もコンビニもあるのに、お腹すいてくるとどうして見当たらないのか。。)

富士川を渡って

20130518_04


芝川のPC2へ

20130518_05

芝川って400や600じゃないとご縁がない所だと思っていたけど、300でも通るのね。








つづく

え?

目の前にはあやしげなブツでも運んでいそうな銀色のトラック

Cimg7366

んがっ、 矢印部分をよく見ると…

Cimg7368




牛乳ってそんなトラックで運ぶんですか??

奥多摩釜めしと柳沢峠のわらび餅

どんぐりんこに行ってわらび餅のつもりだったけど、どんぐりんこは週末のイベント準備のためお休みなので、んでは久しぶりに奥多摩の釜めしにしようかと。


今回は車。運転手つき(^.^)


途中、ブルベなどで通った道をあちこち通る。 「あ、ここも通った。 あそこも通った。」などと騒いでいると、「あっちこっちおしっこかけまくって、犬と一緒やな」と言われる。 

くぅ、 否定できん。。



奥多摩の釜めしに行くのは10年ぶりくらいじゃないだろうか。 まだお店あるのかしら? などと一瞬失礼なことを思ったがちゃんと営業中。

20130524_01

眼下には多摩川

20130524_02

しばらくするとサービス盆が運ばれてくる。

20130524_03

左からぶどう糖で漬け込んだ梅、じゃがいも、温泉卵

じゃがいもがホクホクでめちゃうま♪


釜めしと水炊き

20130524_04

形に見えないものまで含めると150種類ほどの食材が使われているらしく、体によい食事で幸せな気分。


食材いっぱいな釜めし

20130524_05

漬物も種類いっぱい♪

20130524_06

きのこの素揚げにハマる

20130524_07


食材説明のイラスト

20130524_08

おなかいっぱい♪ 満足してお店を出ようとすると出口でネコが幸せそうにごろごろ

20130524_09


どんぐりんこの横を通り奥多摩経由でR411をまーっすぐ。



車だとあっという間に着いちゃうな。

今日は柚子のわらび餅

20130524_10


柳沢峠からは富士山が見えた♪

20130524_11

ちょっと霞んでいるが…。

20130524_12


その後、大菩薩峠方面を通ってみたり…。

車だと楽ちんねぇ(^.^)



で、夕方には忘れずに今年の分ね。

20130524_13

2013年5月18日 (土)

Fleche 2013 “お城めぐり隊” その3

後は見直して誤字脱字がなければupするだけ… で、書きあげた『フレッシュレポ その3』をうっかり消してしまって。。 

日を改めたので、ここで一気に仕上げてしまいましょう。ったらそうしましょう。



…と書いてからも何日過ぎたことか。。。(-_-;)


------


4月27日(土)~28日(日)


名古屋城のしゃちほこがライトアップされて輝くぅ(笑)

20130427_15

予定では明るいうちに通過しているはずなのだが…(-_-;)



小牧城は離れた場所からは見えたのだが、近づきすぎて写真が撮れず。離れてみたけどうまく撮れず。。



犬山城

20130427_16

コース上から眺めるが、お城の周りでやたら急な坂を上ったり下ったりしたような記憶が。。


犬山城の横を流れる長良川を渡ったらすぐPC4のコンビニ。 すでに予定より2時間ほど遅れていますが…。。



岐阜城に着いた頃にはすでにライトアップの時間は終わっていて、暗闇を見上げながら「あのへんに岐阜城があるはず」と心の眼で見る(^^ゞ


岐阜城前のPC5のコンビニにはT編集長のお友達がお出迎えに来て下さっていたのだが、すっかりお待たせしてしまって申し訳ない。



墨俣一夜城や大垣城は心の眼で見たことにして、関ヶ原へ。

すでに時間帯は深夜。


関ヶ原のPC6には落ち武者が…(^_^;)

20130427_17

20130427_18

コンビニの裏には関ヶ原合戦決戦地の史跡があり、合戦ののぼりが夜風にたなびいて…。

写真撮ったらなんか写りそうなので自粛。。



中山道を通って米原・琵琶湖へ。

ちょっとバラけたりしているうちに、先頭の方々は目の前を鹿が横切ったとか…。こえぇぇ~。


自分でも不思議なのだが、このあたり全く眠気を感じず、とっても元気な私(^^ゞ


そのうち琵琶湖に突き当たる。

真っ暗でよくわからないが、うっすらと湖面が見える。

琵琶湖を見ると「あぁ、帰ってきたなぁ~」とホッとする。 えぇ関西人ですから(笑)



彦根城は暗闇に薄ぼんやりと見えたけど、当然ながらそんな時間にはひこにゃんもおらず。



メンバーの眠さもピークなので、次のPC7のファミレスまでまだあるが、手前のファミレスで休憩・おやすみタイム。



しばらく休んでまた走りだしたけど、結局PC7のファミレスでもちょっとだけ仮眠タイム。



元々PC7はファミレスで、しばらく仮眠の予定だったけど、店員さんに「ここは寝る所ではありません。寝ないでください」 って言われるし(みんな寝てて知らなかったかも)、早々に退散。



近江商人の街並みを走り…。  薄暗がりの中、ゆっくり眺めているような余裕はすでになし。

淡々と進むが、さっきまでの元気はどこへやら夜が明けてきたら眠くなってきたぁ~!!



ふ~らふ~らしつつ…(汗)



後ろにいたとり。さんに「ハンドルに力入りすぎ!!」と指摘される。

ハンドルから手を離すとフラつくので特に右手ではハンドサインが出せないのもそのせいのようで、自分でもハンドルに乗りすぎかなぁ? となんとなく思ってはいたのだが、指摘されて腑に落ちる というか、改めて納得。

普段はソロなので気がつかないし自分ではわからないが、こんな指摘はありがたい。


千切れたらそのままなかなか追いつけない。チーム完走のためにがんばらなくては…とは思うが、全然ペースが上がらず遅れ気味。


ここで私が足を引っ張らなければ他のメンバーだけで完走を狙えるのでは?


いよいよ「『ここで捨ててって』宣言」をするが、「とりあえず次のPCまで行こう」と流される。



大津のPC8のコンビニに到着。 ここで朝6時半すぎくらい。 予定ではこの時間というか7時には27.5km先の宇治のPC9にいて、最後の2時間で25km以上走ってゴールを目指さなければならないのだが…。(PC9からゴール渡月橋まで28.2km)



「ここでDNFするから私を捨ててゴールを目指して!」 とお願いするが、(チーム中3人が時間内に完走すればチーム完走が認められる。)残り55kmを疲れ切った状態で、しかも最後の京都市内の交通事情など考えると時間内ゴールは難しいだろうということになり、残念ながらここでチームDNFすることに。。(T_T)



私が足を引っ張らなければもっと先に進めただろうし、時間の余裕もあって仮眠も取れただろうと思うと本当に申し訳ない。


コースはほぼ平らで走りやすかったのに(コースディレクターのT編集長に感謝!!)、最初に風に負けたまま負けを取り返せなかったのが尾を引いてしまった。



なんとも申し訳なくフクザツな気持。 …でも申し訳ないが楽しかった思いの方が強かったりするから困る。。。



DNFを決めたとたん、「じゃ、カップラーメン食べていい?」 と次々とコンビニに戻って行く姿がおかしい。




さて、チームはDNFしたが、ゴールの渡月橋には行きたいよねぇ と。


まだ元気なとり。さんは自走で渡月橋へ。

20130428_1


残りのメンバーは近くの瀬田駅から輪行で渡月橋へ。

みんな輪行袋を持っているのには驚いたが、輪行袋を持っている自分に私自身が一番驚いたかも(笑)


基本輪行袋は持たない主義だし、輪行袋が2つあれば(この時はまだ1つしか持っていなかった)スタート前に前泊荷物と一緒に自宅に送って、ゴールに他の荷物と一緒に2つ目の輪行袋を送っていたに違いない。

輪行だとあっという間に嵐山駅着。

とり。さんと合流を待つ間にPIPIさんと色違いのsuewバッグを撮影。

20130428_2



とり。さんと合流して渡月橋で記念撮影。

20130428_3



記念撮影をしたら、ナイスプレイスの花園会館へ。

オダックス近畿のスタッフさんにおみやげを渡そうとして…あははな失敗もあり。。(恥)

ゴール受付けに座るmiumiuさんに再会。 いつのまにスタッフ??



お風呂でサッパリしてから宴会

20130428_4

20130428_5



miumiuさんから阿舎利餅と黒七味を頂く。 わざわざありがとー♪

20130428_7



宴会お開き後、花園駅からそのまま神奈川の自宅へ。

大阪の実家には京都まで来てることは言ってないのでコッソリ帰ることに(^_^;)



みなさん帰りの予約を早めて帰ったけど、京都駅まで自走で来るPIPIさんを待っていたら、結局予約した新幹線に乗ることに(^^ゞ


たこ飯駅弁のたこは昨日からのガムの噛みすぎで噛めませ~ん(;へ:)

20130428_6


新横浜までPIPIさんとずーっとなんやかんやと話していて、PIPIさんの睡眠を邪魔してしまったかも。。



こうして楽しくもあり苦くもあった今年のFlecheは終了。



しんどさもトラブルも分かち合い、楽しさは人数分だけ倍増するFlecheは楽しい。 ただ、ゴールの感動と達成感を分かち合えなかったのは残念だけど。。



オダックス近畿のスタッフのみなさま

たいへんお世話になりました。 チームごと、全員に頂いた名前入りの記念品には感動しました♪  いろいろありがとうございました。

20130428_8_2



“お城めぐり隊”のみなさま

本当にお世話かけました。 残念な思いもあるけれど、それにも増して楽しい思いいっぱいの今年のFlecheでした。

厚かましい希望を言わせてもらえるのなら、もう一度このチームでFlecheをご一緒できるといいな。 えぇそれまでに風にも坂にも負けない足を鍛えておきますからっ。

本当にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いします(^.^)





おしまい

2013年5月17日 (金)

まだまだ通勤ルート模索中

パート先が引っ越して早くも2週間。


通勤ルートもほぼ固まった …つもりだったが、たびたびの信号ストップがなぁ。。


幹線道路沿いをやめて、裏道裏道裏街道




上の舗装路から下の舗装路へ通路ができているけれど、ジャリジャリよぉぉ。

20130517_1

川沿いをを行く

20130517_2

20130517_3

来週はもっと信号のないルートを捜してみよう。

2013年5月12日 (日)

♪善波山には狸がおってさ♪

…なんでだろうねぇ。 善波トンネルに向けてせっせと登っていると 


『♪ぜんば山にはタヌキがおってさっ そこで猟師がてっぽで打ってさっ ♪』


ってフレーズが毎回毎回頭の中をぐるぐる回る。。  


元歌なんだっけ?  で、今日やっと思い出した。 そうだ! あんたがたどこさ だ!!


20130512_01


表から登ったら裏に下る。


しばらく来ないうちに表尾根登り口の富士見山荘がなくなって更地になっていたのに驚いた。 利用したことはなかったけどれどなんか淋しい。


表尾根の上に雲があるせいで山の上は曇ってたけど、下っているうちに雲の下から抜けたのか太陽が降り注ぐと景色も見栄えする。


野生の藤が花盛り

20130512_02

裏ヤビツは緑いっぱいマイナスイオンパラダイス♪

20130512_03

20130512_04



お昼はとっくに過ぎたけど、もうすぐ家に着くけれど、前から気になってたお店に寄り道。



お店の前のオブジェ、前々から勝手にラピュタの巨人兵みたいだな と(^^ゞ

20130512_06

カモミール

20130512_07


自転車に乗るよりもずっとずっと前、引っ越してきた直後くらいからお店の前の道にはたいへんご縁があり…。 このお店の前は何度通ったことか。

でも中に入るのは初めて。 入口もお花いっぱいでログハウス風の中もいい感じ♪



たけのこの和風ピザをいただく。

20130512_08

飲み物はジンジャーエールよりノンアルコールビールにすればよかったな …と食べながら思う。。



停める場所に悩んだからって、そんな所に"ぶーちゃん"をくくりつけんでも…(-_-;)

20130512_09

2013年5月11日 (土)

買っちゃった(^^ゞ

輪行袋は持って走らない主義だが、後輪を外さなくていいタイプの輪行袋が欲しいなぁ と思っていた。


でも後輪を外さない輪行袋って携帯するには大きくて邪魔なイメージがあったのだが、コンパクトなのを見つけて思わずポチっと(^^ゞ



前輪をはずして袋をズボッと被せて、

20130511_1

前輪は専用袋に突っ込んでおしまい。

20130511_2

うたい文句は 「慣れれば30秒ほどで完成できまると思います。」 だそうで(^^ゞ



「パンダーニの輪行袋はNGに近いよ 」とどなたかに言われたのだが、

サドルに被せる袋も輪行袋と一体なので露出部分はない。


軽量コンパクトで背中のポッケにも収まるサイズ。

20130511_4_2

141g。 大きさ比較のためスマホを置いたが、最近のスマホは大きいのでマッチ箱も。


オーストリッチのL100はボトルサイズだけど

20130511_3

エンド金具やらチェーンカバーやらも入っているのでボトルよりデブサイズで、503g。

最近ボトル以外のボトルケージにはツール缶が入っているので持ち運ぶには何かと不便。



軽いパンダーニだが、ショルダーストラップは?


んなもんないないっ!!


じゃ、どうやって運ぶの??


トップチューブを持って運びます(^^ゞ




むぅぅ、あくまでもゴミ袋輪行と感覚は同じ。




緊急用にいいかもしれない。


が、コンパクトとはいえどもどこに入れよう。 

軽いから緊急用ポケッタブルリュックやウィンブレ、非常食と一緒にフロントバッグ??





結局輪行袋を持たずに走っているかも~(-_-;)

Fleche 2013 “お城めぐり隊” その2

4月27日(土)~28日(日)


朝、窓を開けると眼下に掛川城

20130427_01


自転車の部屋での組み立てはダメとのことだったので、朝ごはんを食べてからホテルの玄関横でせっせと組み立てる。 

20130427_02

ホントは前日のうちに組み立てて不具合ないか確かめて、装着品を取りつけておきたいのだけれど…。



当日到着組を掛川駅で出迎えて、帰りの新幹線の予約をして、スタートの駅北口へ。

輪行袋が飛ばされそうな風にちょっと憂鬱。 風止まないかなぁ。。

20130427_03


ブルベカードを無事にメンバーに渡したらお仕事終わりだわっ(違っ)

20130427_04


スタート準備が整ったら、スタートの北口ローソンでレシートを手に入れて、いきなりコースアウトして掛川城へ。 (ほんの数百メートルだけど。。)



掛川城

20130427_05

記念撮影をしたらコースに戻って、いざ京都へ!!



スタートしてすぐコースはAJ静岡の発着場所に使われる袋井の親水公園の横を通る。 久しぶりぃ~。 というか、去年は1回も来なかったな。 一昨年は3回も通ったのに(^^ゞ



袋井駅を過ぎて…。


後ろから声が掛かる。


「けーこさん、サドルバッグ擦ってるよ!!」 


え? なんですと!?



見ると今回でびうのsuewさんのサドルバッグがタイヤに擦れて穴が…(T△T)

20130427_06 撮影はPC1に着いてからね。

サドルとタイヤのクリアランスは大丈夫だったはずなのに。。 何でも入るからっていっぱい入れ過ぎた??

サドルバッグの中で重いモノである輪行袋をとりあえず背中のリュックに移す。



しばらく走って短い登り。

フロントをインナーに落としたら、なんかカチャンカチャンとスポークに当たる音がする。

何か巻き込んだ?? でもアウターにすると音はしない。 


???


登り切った所で信号にひっかかったついでにリアタイヤを見るがなんか巻き込んだわけでもないような…。


信号が青に変わって、さぁ走りだそうとすると…。



チェーンが落ちたぁぁっ!!



慌てて降りて直そうとするが…。 あれ?

チェーンが前も後ろも落ちていて、後ろはスポークとの間ににガッツリ食いこんでますが。。


男性陣総出でガガガっと外してくれて、T編集長が「ディレーラー曲がってるよ」とちょいちょいと直してくれて、以後問題なく。。



私ひとりだとガッツリ食いこんだチェーンと格闘して30分とか1時間とかかかりそうなところ助かりました。 チームっていいね。



「サドルも緩んでるよ」と言われ、適当に締めたものの、サドルが低くて走りにくい。。。

そーいえば、さっきサドルが動くなぁおかしいなぁ と思ってたんだけど(汗)



先頭を牽き始めた機関車トリマスには速くて全然ついていけませ~ん(;へ:)


それにしても風が強すぎるぅぅ~。 もう全然進みませんが。。

あまりの苦戦ぶりに見かねたPIPIさんが何度も風除けに斜め前に入ってくれる。 すみませぬ。。



あまりのダメっぷりに『ここで捨ててって』宣言をした方がいいんでは? と心の片隅にチラリと浮かんだが、まだ序盤、この時点では捨ててってくれないだろうし、そんなことを思ったことを後で笑い話にできると思っていたのだが。。



PC1のセブンイレブン浜松イーストタウン店に予定より20分遅れで到着。

クリームパンをかじりながら、ちゃかちゃかとサドル位置を直す。 シートポストのORBEAマークの5mmほど下だったかな? なんかシートポストに擦りキズがついてるけど、こんなとこにキズなんてあったっけ?

20130427_07

しばらくして気がついた!! そのキズってもしかして、お尻でムリムリっとサドルを下げてできたキズでは??


ってことは、緩んだサドルをお尻で下げたからサドルバッグが擦れたんでは? やっぱり所定の位置ならクリアランス的には問題ないのかも。


それでも再度擦るのが怖いのでT編集長からお借りしたバンドで縛って、サドルバッグの口もできるだけ縛り上げてると、まるで…。

20130427_08

しゃちほこっ??(笑)

Photo



浜松城

20130427_09

あまりにも強い向かい風にやられながらも浜名湖の畔を通り、本坂峠を登り、旧東海道の松並木を楽しみ…

20130427_10



岡崎城へ

お城の前の藤が花盛り

20130427_11


岡崎城

20130427_12


岡崎のPC3を過ぎるあたりからやっと風がおさまってきた。



暗くなる頃名古屋入り。 土地勘のあるmarkun先導で名古屋を走る。

道幅は広いけど路肩駐車の車が多くて走りにくい。

20130427_13_2

味噌煮込みの山本屋総本店に行ってみるが、混んでいたのですぐ近くの宮崎名物きっちょううどんへ。 なぜに名古屋で宮崎うどんを食しているのだろう?(^_^;)

20130427_14






つづく

2013年5月 9日 (木)

なんかの嫌がらせですか?(泣)

通勤帰り、緩やかな坂を登り切ったあたりで…。

突然前カゴの防犯ネットがはすれて前輪に巻き込んだΣ( ̄ロ ̄lll)

20130508_1

はずしてみたらこーんなの

20130508_2


スピードが出てなかったからよかったけれど。。

ネットのゴムがだいぶ伸びてきて、そろそろ買い替えかな とは思っていたところ。さすが100均!!

2013年5月 7日 (火)

Fleche 2013 “お城めぐり隊” その1

とても楽しみにしていたイベントが終わって脱力。 

楽しかった気持ち と たいへん申し訳ない気持ち と とても面目ない気持ち と それでもやっぱりとってもとっても楽しかった気持ち と ごめんなさいごめんなさいな気持ち とその他諸々気持ちの整理がつかなくてなかなかフレッシュレポがまとめられず…。


気付けば1週間が過ぎてしまいました。

記憶が薄れる前にまとめとかなくちゃね。



--------



Fleshe(フレッシュ)とはブルベの一種で、3~5人で走る組むチーム走。 ナイスプレイスと呼ばれる集合地点を目指して各チームで決めたコースを24時間で360km以上走ります。


「2013年のフレッシュはどうするの?」とmarkunからメールをもらったのは去年の12月だっただろうか。 去年のチームは今年はチームとしては出ないようなので、markunと顔見知りに声をかけ始める。



…で、フタを開けてみると、 markun、PIPIさん、とり。さん、T編集長、なぁ~んだみんな私の知ってる方ばっかりぢゃんっ。


  でもみなさん速い方ばかりなので、大丈夫なのだろうか? と一抹の不安が。。



2013年のフレッシュはオダックス近畿主催でナイスプレイスは京都。



コースディレクターはT編集長。チーム名そのまんまな“お城めぐり隊”は掛川からお城めぐりをしながら京都を目指します。  



ルートは手直し手直しでなんとver.7まで作って頂きました。 T編集長、お世話掛けました。



--------



4月26日(金)


27日(土)の掛川9:00スタートなので当日来る人もいるが、私は前泊のため一足先に掛川入り。


最寄駅から輪行しようとして…。

あれ? ショルダーストラップのバックルが片方ない。


ホントはこれ↓と同じバックルがもう一方にもあるはずが…。

20130426_2

仕方ないのでストラップの端でぎゅうぎゅう縛る。  平たい紐?ではロープ結びがよくわからん。

20130426_1

なくなったと思っていたバックルは翌日輪行袋の底から見つかりまして…(^^;



新幹線の車窓から富士山。

20130426_3

静岡側から見る富士山ってシュッとして素敵♪



掛川に着いて宿まで数分。部屋の窓を開けると掛川城が見えた♪♪

20130426_4



再び駅周辺でうろうろ。

夕食に駅隣接?のそば屋だか居酒屋だかよくわからん店でまぐろの漬け丼セットをいただく。

20130426_6



ケータイに縛られるのが嫌でアカウントだけ取って永らく放置していたTwitterだが情報収集もあり最近使い始めた。他のメンバーの動向も伝わってくるので何かと便利。




「え? 明日掛川駅に着いたら帰りの新幹線予約するの? 私も行くぅぅ~!!」






つづく

どんぐりんこのあとは…。

5月5日(日)

パート先の引っ越しでGWも休日出勤の要請があり、GW後半唯一のお休み。

朝一でどんぐりんこに行って、奥多摩湖から都民の森に登って甲武トンネルから上野原に抜けて帰ろうかな。 時間が早かったら牧馬峠を北から登って帰ってもいいな。 でもあの14%の坂登れるかしら??

などと思いながらマンションの玄関出た所で気がついた。



じぇじぇっ Di2のバッテリーを充電したまま忘れてきたよΣ( ̄ロ ̄lll)



まぁ玄関先だからいいようなものの、 車載輪行で出かけた先で家にバッテリー忘れてきたことに気付く!! などということをいつかやらかしてしまうのではないかととても心配。



まずは相模川高田橋の鯉のぼりを眺める♪

20130505_01

ここんとこ毎年見に来てるなぁ(笑)

20130505_02



いつもの旧満地トンネルを通り

20130505_03



どんぐりんこのテラス

20130505_04

開店時間のの10:30ちょい前に着いたけど、まだ開いてなかったので、開店を待ちかまえる(笑)


開店早々から次々とお客さんがやってくる。 GWは混むので朝一を狙って正解!(^^)!


お刺身セットがあるならお刺身ぃ~♪ でもそれだけでは奥多摩に着いた頃おなかすいちゃうのでエビピザも頼む。 

どんだけ食うねん(-_-;)

20130505_05

んまんま♪ しあわせ(^v^)


今日の箸袋はてんとう虫

20130505_06


刺身のツマも飾り?のパセリもキレイサッパリごちそうさまでした♪

20130505_07



奥多摩湖と野生の藤

20130505_08

人様の庭先でキレイにお手入れされた藤も素敵だけど、この季節、山方面あちこちで見かける野生の藤も好き。



当初はここで曲がるつもりだったのだけど…。

20130505_09

つい… (^_^;)

この道まーっすぐ行ったらあそこ(どこ?)に行くんだよねぇ。。


奥多摩方面に行く時に利用するR411(青梅街道)は甲府まで続いていることを最近知った。 途中まではブルベで走ったことがあるけれど、その先に柳沢峠があるらしい。


お昼12時すぎに奥多摩周辺にいて時間たっぷり、しかもおなかも補給十分な状態なんてそうそうないと思われるので、そのままR411をまっすぐ行くことにする。



道の駅たばやま。 前来た時はバイクラックなんてあったかなぁ?

20130505_10

GPSの地図はあるが、走るつもりでちゃんと調べてきたわけではないので地図だけ見てもどこがピークなんだか全然わからん。 柳沢峠ってど~こ~??



こっち方面に来ることにしたのは、実は峠ではなく…(^^ゞ

20130505_11

PIPIさんに教えてもらった名水わらび餅に魅かれて。。(*^_^*)

20130505_13

お持ち帰りに白糖・黒糖のセットを注文。

が、大きすぎてモンベルのフロントバッグに入らないっ!!

そんな時のためのポケッタブルリュック♪

20130505_19


注文した後に小さいのもあるのに気づく。 これならフロントバッグに入ったかも。

20130505_14




え? お持ち帰りだけじゃなくて、ここで食べられるの?

20130505_12_3

んでは、いただいて帰りましょ♪

代金は売店で払って横の茶店へ。

20130505_15

この流れが多摩川の源流なの?

20130505_16

よもぎのわらび餅。 お茶と一緒にいただきます。

20130505_18

わらび餅ぷるっぷる♪

20130505_17

わらび餅を堪能したら、ボトルに名水を詰めて

20130505_20



もちろん柳沢峠へ

20130505_21


峠の茶屋で和風ソフトをいただく。

20130505_22


さて、ここまで来ちゃったけど、どうやって帰ろう?? (あぁ無計画極まりない)

同じ道を戻るのもなんなので、そのまま南に下ることにする。


とてもきれいな道路で道幅広く見通しもよく、あの方とか(笑)下りスキーな方ならたまらん道だろうな。 わたしゃ下り苦手だけどさっ。


豪快にどんどん高度が下がり、 いやぁ~下ってきちゃったよ。。



ホントに盆地だねぇ(^^ゞ

20130505_23

周りには桃やぶどうの畑がいっぱい

20130505_24




さて、ホントにどうやって帰ろう??

とりあえずまーっすぐ下って行ったらR20に出そうだから、なんとかなるだろう。



そんなこんなでようやくR20にぶつかったけど、あれ?なんか車少なくね?

R20は混んでるイメージなんだけど、GW中の夕方なんだけど、思ったほど車がいない。

どこかから道志みちに抜けて帰ろうかと思ったけれど、これならR20をそのまま走ってても行けそうじゃね?



こんなに車が少なそうなことはない気がして、それならば笹子トンネルを通ってみたいなぁ と。

トンネルは嫌いだが、笹子トンネルってどんなかな? 

20130505_25

道幅も狭いし路肩もほとんどないし、あわや正丸トンネルの悪夢再来? って思ったけれど、センターラインの上にポールはないので対向車がいなければ適当に抜かしてもらえて怖い思いをすることもなく…。 車が少なくてトラックもほとんどいないこんな機会じゃなかったら走りたくないけど。。



笹子餅ゲット♪

20130505_26


車が少ないと思っていたけど、大月ICからはどーっと車が吐き出され…。 上野原など街中を抜ける所であちこち渋滞の横をのそのそ進み、相模湖からR412へ。



R412に入るとホッとする(笑) きっとこの辺からがホームなんだろう。 だから道志みちも宮ヶ瀬も庭なの?(^^ゞ



予定外な場所まで行ってしまったので、すっかり遅くなり帰宅は21時半を過ぎ、サイコンの走行距離は221kmですってよ。 ブルベでもないのにぃ。。。



笹子餅

20130505_29


名水わらび餅

20130505_27 大きさ比較pasmo(^^ゞ

中はこんなの

20130505_28

竹の皮?を編んで作られた箱に入っていて素敵♪



もちろんわらび餅んまんま~♪♪

2013年5月 5日 (日)

通勤ルート模索中

今日は下から行ってみる。

小川?を渡り

20130504_1

大山を眺めながら

20130504_2

ほぼ平らなルートを経て

最後に激坂(-_-;)

20130504_3

ロードなチャリならいざ知らず、ギアなしママチャリにはかなり厳しい。。



駐輪場にはどなたかのロードバイクがフェンスにくくりつけられていた。

20130504_4

うーん。。。 社屋の奥の建物内の駐輪場だから関係者しか入らないし盗難の可能性も低いだろう。 だからといって"ぶーちゃん"を通勤号にする気はないけど。。



帰りはまん中の道を

20130504_5

旧道なので歩道狭いし走りにくい。

やっぱり初日のコースが一番かなぁ。。 

2013年5月 3日 (金)

パート先が移転しました。

世間はGWだというのに。。。 

パート先の引っ越しに伴いGWはお仕事です。 前半の出勤要請は断ったけど、後半は…。


こんなにいいお天気だというのに。。(;へ:)

20130503_1_2

今までは南へ5kmだったのが、今度から北へ6km?。。

若干登り。 ロードなチャリでは坂とも思えないような傾斜がママチャリには坂です坂。

屋上駐車場からの眺めがサイコー♪

20130503_2

20130503_3

まぁ、私はママチャリなので、1F駐輪なので屋上にはご縁がないのですが。。


車通勤の人の車に同乗して1Fまで。

20130503_4

絶景だけど、怖いよっ。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »