2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM518西東京300km富士 その2 | トップページ | RANDONNEUR Vol.3 »

2013年6月 8日 (土)

BRM601神奈川600興津クラシック その1

近頃とんとレポupが遅くていけませぬ。。

-----

20130601

今回は静岡の興津スタート。


興津まで車で2時間くらいかなぁ? 余裕をもって午前2時に出て早く着いたら駐車場で寝てればいいか。


昼間聞いた時には 「清水ICで降りる」 って言ったくせに 「富士ICで降りろ」 とナビが言いやがりまして…。 ナビに導かれるままに興津の駿河健康ランドへ。 入口を通りすぎそうになって慌ててちょっとバックしたのはナイショ。 まぁ時間的にも後続車はなかったし。。


受付け開始まで1時間。 座席倒して横になるが眠れないのでごろごろ。 いつもまず自転車の準備をするのに、今回はなんだか自転車を外に出しっぱなしにしたくなくて受付けが済んでから準備しようと思っていたので、『準備まだ』の状態が落ち着かなくて…。


5時になるかならないうちにフィットネスルームに行って一番に受付けをしてもらう(^^ゞ


そそくさと車に戻って自転車の準備。忘れ物ないようにあれこれ取りつけ(笑)



ブリーフィングは再びフィットネスルームへ。


とり。さん参加のはずだけど、「駐車場に着いた」ってつぶやいてたはずだけど、ブリーフィングが始まる時間になっても名簿にチェックついてないし、もしや寝過ごしているのでは??

    …なわけもなく、間もなく登場。 よかった。ホッ(笑)

20130601_01

20130601_02


ブリーフィングが終わって駐車場の片隅に停めておいた"ぶーちゃん"を取にいったら、横の空のプランターにネコが寝ていてビックリ。

20130601_03




装備チェック後出走。

20130601_04


とり。さんは伊那のローメンを目指して暴走機関車と化して行ってしまったので、その後PCでは会えず。


最初はお団子。千切れたり繋がったりしながらほどよい列車に乗って清水市内を走りぬけ、そろそろいちごロードに曲がるよねぇと思いつつ、つい先頭について行ってしまって曲がり損ねる。 


すぐ気がついたけど、歩道で逆行して戻っても右折だし、ちょっと先の信号を渡って戻ってコース復帰すればいいかなぁ と思ったら、歩行者信号を押しても押しても信号が変わらず。。(;へ:) その間にも先ほど曲がり損ねた交差点を列車3つくらい通り過ぎて行く。



その後もたびたびどんくさ続きで、手間取りながら御前崎のPC1へ。



御前崎の海~♪

20130601_05

20130601_06


そうそう途中、焼津で静岡600かな? 反射ベストな方々とすれ違う。コースは違っても仲間仲間♪




御前崎から掛川通って天竜川へ




掛川駅へ下る途中、掛川城が見えた♪ 走りながら写真を撮れないのでしっかり目に焼き付ける(笑)



心の余裕がなくて掛川城には行かなかったけど、駅前ロータリーには入ってみる。

懐かしの掛川駅前。 “お城めぐり隊”の旅はここから始まった。 スタートのコンビニとみんなが輪行を解いていた植え込み。

20130601_07




天竜川にたどり着いてすぐにPC2

走りながらずーっとここで ポカリとおにぎり2コ と念じ続けてきたのに、棚にはすでにおにぎりが見当たらない。。orz


おいなりさんや巻きずし もないので、仕方なく 唐揚げ巻きずし?

20130601_08

…が、コレダメ。 暑さと疲れで受け付けられず。。。 唐揚げを残してすし飯だけを口にする。 こんな状況でなければ完食できると思うのだけど。。



でもガリガリくんは食べられる(笑)

20130601_09



天竜川をさかのぼるのって一昨年の恵那400の時だっけ? あの時は雨が降っていてお天気が良ければ天竜川沿いってキレイだろうなぁ って思ったのを覚えている。

まさに今回は望みが叶えられた感満載♪

20130601_10

気田川橋は素敵(^.^)

20130601_11

天竜川沿いには個性的な橋がいろいろ。

20130601_12

20130601_13


車も少なく気持ちいいコースなのだが、湿度が高くて水を飲めども飲めども汗になって出て行ってる感じがなくて気持ち悪いので、あちこちで道端の湧水をジャブジャブとアームカバーに掛けたり、Buffをビショビショにして被ってみたり…。 気化熱で涼しい。

20130601_14


ここ恵那400の時通ったかなぁ? となんとなく見たような所を通りつつ(実際一部被ってる)新野峠へ。


新野峠は一昨年の静岡600で通ったっけ? しんどかった記憶はあるのだが、登りながらGPSの地図を眺めているとピークまでのキツクなる核心部分は6~7kmくらい? そんなもんだっけ??

(一昨年のログを紐解いてみると、新野峠から先は別コースで新野峠よりその後の峠の方がしんどかったみたい)



新野峠のピークまであと少しの所で前方に何やら黒いものが。。

アームカバー? 誰かの落し物??


途中で止まったらクリートが拾えるか心配だけど、とりあえず止まって保護する。





新野峠

20130601_15

さぁ、下ったら飯田だ♪



   …って思っていたのだが。。



なんとか明りの残るうちに下ることができたなぁ と思ったけれど、下って下ったその先で、GPSに示されるピークマーク。。


前のetrexLegendではルートを流し込んでも7~8kmしか受けつけてくれなかったので、キューシートのポイントだけを入れていた。etrex30Jになってからもしばらくはキューシートのポイントだけだったが、最近ルートを流し込むようになったら、縮尺具合にもよるがGPSの画面上にピークマークが示されるようになった。



<例>こんなの。 ↑がピークで↓が鞍部?

20130601_27_2



新野峠は過ぎたのになぜにピークマーク??



それもひとつ過ぎたらまた先にピークマークが現れる。うっそぉ~!!



アップダウンというより、ひとつひとつ名前はなくても峠だよねっ!!(--〆)





もういくつ峠が現れたんだかわかりゃしない。。 ってくらい散々登って下ってを繰り返してやっと飯田の街へ。




途中のコンビニ休憩で走行スタッフさんと一緒になったので保護したアームカバーをお預けする。





飯田のPC2に着いたのは21時頃だろうか。 私にゃとてもローメンは目指せませぬ(-_-;)






つづく

« BRM518西東京300km富士 その2 | トップページ | RANDONNEUR Vol.3 »

コメント

東京方面から興津なら普通清水ICまで行って戻るでしょう・・・
R151の長野愛知県境(新野峠)はそこだけ道も狭くクルマでも長い戦いだったような。
(ひたすら長い戦いならR152の方がそうですが。途中国道が途切れているし)

まぁしかし、けーこさんますます体育会でんなぁ。

>星のおじ様

てっきり清水ICで降りるもんだと思って走っていたんですけどね…(^_^;)
ナビを無視して富士ICで降りなかったら清水ICで案内したんでしょうけど、
富士ICで降りたおかげでゴール手前のコースもなんとなく確認できたしよしとします。

新野峠が狭かった印象はないのですが、車と自転車じゃ目線が違うからなぁ。。

今回暴走機関車だったわたしですw
通過した時間帯で感想はやっぱり変わって来るものだなあとしみじみ。
天竜川(船明ダム湖)沿いの道を走ってした時は
ひんやり涼しくて非常に気持ち良い感じでした。
あの道で蒸し暑くて水分不足とかしんどいだろうなあ(^_^;)

新野峠とその手前あたりは一昨年の静岡600とコース被りしていますよね
昨年走ったとき”デジャヴ!?”と思ったら、
単にスタート時刻の違いで雰囲気が全然違っていただけだったというオチがw

>とり。さん

天竜川沿いは木立の中で気持ちいいのだけど、じっとり蒸す感じもありまして…。
通った時間帯によっても全然違うのですね。
まぁ明るいうちに新野峠を下れたのはよかったのですが、その後の峠づくしを登ったり下ったりしているうちにとっぷり日も暮れて…(T△T)

天竜川といえば…、来年こそは恵那400の敵を取りに行かなくちゃかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM518西東京300km富士 その2 | トップページ | RANDONNEUR Vol.3 »