2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

BRM622西東京400富士大回り その2

南アルプスのPC2から富士川まではつい3週間ほど前も走ったばかり(笑)

3週間前、500km以上走ってきた後の富士川沿いのアップダウンは辛かったが今回は200km後なので足の痛さも全然まし。(なんか話がおかしい?)



路面が濡れていたけど、雨には降られず。 速い人は降られたらしい。



富士川沿いを下っている途中からT編集長とご一緒する。

途中でまん丸な月が登る。 スーパームーンは翌日だっけ?

20130622_11_2

ブルベで何度も走っている富士川沿いのK9・K10。夜は暗いと聞いてはいたけれど、いつも昼間か夜が明けてからしか走ったことがなかったので、こんなに暗いとは思わなかった。


今回は途中で日が暮れたので、対向車がアップライトでやってくると、どこが路肩なんだか見えなくなるので怖い。 こんな所で側溝に落ちるとかシャレならん。



去年は明るいうちに着いた芝川のPC3。今年は真っ暗。 ここで貯金は1時間半。少ないけどこのくらあればなんとか?



下って富士川を渡ったら沼津から修善寺を経て中伊豆のPC4。 貯金は1時間50分。

休憩ついでにこの先の真っ暗な山道に備えて電池交換。

今回PCのたびにおいなりさんを食べていたような…。

20130622_12

ガッツリ何でも食べられる胃袋のはずなのに、最近ブルベ中は不調で小食に。。 ドリンク剤で胃がやられるからかなぁ。。



伊東に向けて下り始めた所で眠くて意識が飛びそ~。

 …ってことで、車のチェーンの着脱所?のような所でT編集長に見守られながら、ころっと(^_^;) 一瞬落ちたところで起き上がって走行続行。


伊東でマクドナルド休憩したり、途中のコンビニに寄ったりしつつ、R135を東へ東へ。




ドリンク剤の飲みすぎかなぁ。 なんか気持ち悪くなってきた。

いつもはリポD派。眠気覚ましにコンビニに寄るたびにリポDを投入するのだが、リポDにカフェイン錠剤まで飲んでいても眠いもんは眠い。 ちょっと違うもんが飲みたくてメガシャキ投入。

なんか効く気がして、コンビニ休憩のたびに時間を空けず立て続けにメガシャキを合計3本も投入したのがいけなかったようで…。

吐き気がして気持ち悪くて…。



真鶴近くだったかな?夜が明け始めた。

20130622_13

真鶴旧道で日が登る。

20130622_14

早川口を曲がったら『帰って来たぁ~♪』って思うのだが、どうにも気持ちが悪くて。。

途中で歩道に上がって休憩したり…。

眠さと気持ち悪さでフラフラなので、T編集長には先に行ってもらう。



やっとのことで茅ヶ崎のPC5。 ここで貯金は35分。 こんな状態で間にうのか??

でもDNFなんかしたら、またどこかで400(か600)走らなくちゃいけなくなるぅぅ。 ここは何としてでもゴール時間に間に合わせなくては。

気持ち悪いけど、何も食べないでは走れないので、こんな時のバナナ♪♪ バナナはするぅ~っと入るのが嬉しい。

途中の宿で仮眠バッチリなmicronさん夫妻がやってきた。 400なのに途中宿泊なんて余裕ぅ~♪




この先は何度か走ったことはあるのに、いまだ私には馴染みがない道。

去年この先でGPSが衛星拾わなくなったよなぁ。 で、その後一旦復活したけどその後の北海道で●んだっけ。。 あの時から調子悪かったんだな。 そーいえば去年のこのコースは"うちの子"の最後の走行だったっけ。 実はその時にはすでにシートステーにヒビが入っていたんだケド。。

などと他愛もないことを考えながら、淡々と走る。 だんだん日差しがキツくなってきて、気持ち悪さMAX。。



途中で何度も歩道に上がって植え込みや排水溝の上でえずくが何も吐くものがないから気持ち悪さなくならず。。 何も出ないくせにオエっとなる時の涙だけが出る。


毎度『眠さ』は最大の敵だけど、ドリンク剤の服用にはちょっと気を付けないといけないかな。




何度か途中のPCで一緒になった二人組とその後からmicronさん夫妻がやってきた。

micronさん夫妻が心配して何度も振り返って下さる後ろにくっついて、5人団子でゴール。




26時間30分 って。。。  ホント、途中でパンク一発でアウトだね。





でもまぁ、これで今年もSR確定(*^^)v
あとは走るの嫌になったら途中でDNFしてもいいもんね。 …しないけど。。






AJ西東京のみなさま、今回もお世話になりました。 苦しかったけどなんとかゴールにたどり着きました。 ありがとうございました。





途中からずーっとエスコートして下さったT編集長にはたいへんお世話になりました。 おかげさまで、単調な沼津までの道も全然距離を感じなかったし、真っ暗な山道も心強かったです。 ありがとうございました。

                …誰? 真っ暗な山道でも平気なくせに とか言わない!!

道端行き倒れを『生』でお見せしてしまいましたが。。。(^^ゞ 最後までご一緒できなかったのが残念。。




去年同時期同コースで行われた富士大回り400に出た時の記録を見たら22時間54分だってぇ~w(゚o゚)w

茅ヶ崎のPCもまだ暗かったし、ゴールに着いたの6時前だったんだなぁ と改めて驚く。


ブルベ終了時間前に余裕でお家に着いていたとは。。 どうりで今回ゴールしてからの帰り道が太陽ギラギラで辛いこと辛いこと。。 








おしまい

2013年6月26日 (水)

BRM622西東京400富士大回り その1

レポを全部書きあげて、さぁ公開 …ってとこで、文章が長すぎるとかなんとか で全部消えました。。。orz orz orz orz orz

ショック大きすぎ。。   でも仕上げないと先へ進めないし。。

記憶をたどりつつ。。


-----


去年とってもとっても楽しかった富士大回り400kmに今年もエントリー(^.^)

20130622


台風が来るとか雨だとかの天気予報だったはずなのに、台風どこ行った?? 『今年は晴れ女』のmicronさんのご加護かしら?(^^ゞ


夏至翌日なので家を出る頃はすっかり明るい。朝から雲がおもしろい。 鳳凰?

20130622_01


7時スタートの町田は私にとってはとってもありがたい。20kmは喜んで自走したい一番近いスタート地点。


きっちり1時間でいつも通り近くのコンビニに寄るが今回はここでチャーハンさんに会えず。後で聞いたら今回はとても早く着いたのだとか。 で、スタートで挨拶したっきりチャーハンさんには会えず。 無事に沼津のかき揚げ丼を堪能されたのだろうか?(^^ゞ

20130622_02

20130622_03

第3ウェーブだっけ?第4だっけ? 装備チェックも終わってスタートしようとしたら…


828さんニヤっと 「チェーン落ちてるよ」 と(-_-;)


その後も今回の前半は何度もチェーンがフロントの内側に落ちまくるのだが。。



串川橋もすぎないうちから足裏が痛くて痛くて…。 前回の神奈川600から3週間もたつというのにまだ右足の小指はしびれたままだし。。(;へ:)

あ~、もうシューズ買い替え時かな?   シューズのせいだけではないと思うが。。

シューズよりお高いインソールも作り直すと、お財布に厳しいなぁ。。 インソールだけ作り直すにはシューズがボロボロ過ぎるし。。 いや、ホントシューズボロボロ過ぎるんだってば。


いつもに増して遅かったのは足が靴の中で悲鳴を上げてたせいではないと思うけど(足が痛くて走れないのを実感するのはコース中盤)、大好きな道志みちなのに、まだ始まったばかりなのに、あまりにもダラダラ走り。



やっと道の駅どうし手前の元ヤマザキショップのチェックポイントにたどり着いた。

20130622_04

ずーっと一人旅だったので私が一番最後だと思っていたけど、まだ後ろに人がいてビックリ(^^ゞ


道の駅どうしで休憩。

20130622_05

ここで定番の道志ポークもトン汁もクレソンアイスも今回はパス。

すでに時間押し気味なので、さっと食べられてお腹にたまるおにぎりを所望。

20130622_06



山中湖からは富士山見えずorz

20130622_07


富士山の世界遺産登録人気で(この日に登録が決定しました。おめでとー!!)富士吉田からのR139は大型バスや車がいっぱいだそうなので、推奨の富士五湖をめぐる迂回コースを素直に走ってみる。


河口湖 …の写真は撮り忘れた!!


西湖

20130622_08


西湖から臨むちょこっと姿を現した富士山

20130622_09


精進湖はR139からちょろっと見えただけで写真なし。


本栖湖のお札ポイント。 ちょっとだけ富士山が一部見える(^_^;)

20130622_10


元のルートから4km長くなるらしいけど、迂回ルートの方が富士五湖巡れて楽しいい。 富士五湖を巡るようで実際には湖が見えないR139よりこっちがブルベの正式ルートになったらいいなぁ。



豪快に下れる下りスキーな方々にはたまらない本栖みちを下る。 私は下り苦手なのでトロトロ下る。それでもここを登り返さなくていいのは本当に嬉しい。



途中でスタッフさんたちやT編集長が停まっていた。

何事かと思ったら、T編集長のすぐ後ろで落車事故があったそうで、ケガされた方がちょうど搬送されたところだそうで。。



さらに下ると下からパトカーが次々と2台登ってきた。

おケガあまり酷くないといいのだけれど…。



下ったら長塩トンネル過ぎたとこで右折して、「そんなの聞いてないよぉ~!!」な坂を登らされるのは去年経験済みだから驚かない。




やっとPC1到着。 ここで貯金30分。 あぁもう遅すぎ~!!


R52を北上。単調で飽きるし、足(靴の中)が痛くて痛くて…。



途中で街路樹の柳の枝で顔をはたかれる。 ヘルメットとアイウェアがなかったら衝撃に驚いて落車していたかも。。



やっと南アルプスのPC2。 ここで折り返しだけどここまで151kmなので半分も終わってないんだけど。。



ここで貯金は40分ほど。  PC1でもPC2でもヘルメットかぶったままアイウェアつけたまま。 いつもPCでは必ずはずすのに、それだけ心に余裕がないということだろう。

いや、まじでギリギリな気がする。無事完走できるんかいな?





つづく

2013年6月14日 (金)

台所でダッチでパン焼く

ダッチオーブンの上火ヒーターを手に入れた。

20130613_01

立派なケースまでついているぅ~(^^ゞ

強力粉をこねこねして発酵させて丸めて、ダッチオーブンに入れて二次発酵させて…

20130613_02

上火ヒーターをセット

20130613_03


熱くなったダッチオーブンにコードが直接触れないようにハンドルがついているのがステキ♪

20130613_04


フタを取ろうとしたら普通の鍋つかみでは熱くて…。

まさか家の中でリフター使うとは思わなかったよ(笑)

20130613_05


ちょっと目を離したすきに上がコゲたけど…。

写真ではコゲコゲだけど、コゲてるとこ食べても苦くもなく問題なし? 中はふんわふんわ♪

20130613_06


上火ヒーターをひっくり返してみたらこんなの↓。

20130613_07


クリスマスは台所で鶏丸焼きだなψ(`∇´)ψ

2013年6月 9日 (日)

BRM601神奈川600興津クラシック その3

記憶にある諏訪湖向きに登る塩尻峠って夜ばっかりなんだよなぁ。


昼間に登ると傾斜がキツク感じるわぁ~(-_-;)

20130601_19

夜間は塩尻峠を越えると岡谷の街の明かりがとてもキレイなのだけど。。

諏訪湖

20130601_20

諏訪湖・富士見峠にはいい思い出がなくて、私とはあんまり相性良くないかも。 でもたびたびブルベで走るんだけどね(-_-;)


諏訪湖から富士見峠への登りで以前工事していたトンネルができていた。

20130601_21

元の道ってどうなってたんだっけ??


富士見峠

20130601_22


富士見峠を越えたら なんちゃら峠 って名前のついた大きな峠は終わり。


R20を円野郵便局前で曲がっていつものルート。 だけど鰍沢口駅の方を通るのは初めて… って思ったら去年のブルベで逆ルートから走ったことがあったな。(念のため確認したら次のブルベでも走るんだった)


途中のPC5が最後のPC。残りは約70km(-_-;)


どこらへんからだっただろうか?気付けば向かい風が強くなってきて、西側の空が暗い。

東の空

20130601_24

西の空

20130601_23

写真ではよくわからないが、明るい東の空に比べて西の空は今にも降りそうな雰囲気。



降りだしそうな空を見ると一気に眠気がぶっ飛ぶ。 降る前にできるだけ先に進まなくちゃぁ。



お馴染みの富士川沿いの道。 海に向かって走っているから下り基調なのだとは思うけど、嫌らしいアップダウンの連続。 いつもなら下りの勢いで登るのに途中で失速しても足が痛くて踏めません。


30時間以上狭い靴の中に閉じ込められている足が悲鳴を上げていて、その悲鳴がつい口にも。。 足が痛い足が痛い足が痛いぃ~(T△T)


途中で雨がパラパラ。 元々雨予報だったのにほぼゴール近くまでもっただけでもめっけもん。 でもパラパラしたのは富士川の山沿いだけで、海近くまで下ると雨が降りそうな気配も消える。



富士川橋まで下ったら、もう登るとこないよね?(^_^;)



ルートは由比の旧宿場町へ。

20130601_25

20130601_26

夕闇せまる中、ちょっとブレブレ。

宿場町の中にかわいらしい峠あり。

格子戸の写真撮ったかな? 撮った方がいいかな? とか考えていて、ちょっとした坂でシフトチェンジに失敗してチェーンがはずれた。


あっ!!

っと思ったけど、とっさに体が反応せず、禁断の右コケ。 右足をクッションにしたので"ぶーちゃん"にはダメージないはず?(^^ゞ


全身ギシギシですぐに起き上がれず、近くにいた女性が駆け寄って助け起こしてくれる。すみません。。 



宿場町を脱出してR1の側道からゴールの駿河健康ランドへなんとか無事到着。




ゴール受付けで風呂上がりでサッパリしたとり。さんと再会。 とり。さんが待ってた人の中では私が最後ですね(^_^;)



はぁ~、やっぱり600は長いや。 とりあえず無事にゴールできてよかった。 これをDNFしたらまた600のエントリーしなくちゃなんないとこだった。 今年は600はひとつでいいや。






AJ神奈川のスタッフのみなさま、今回もお世話になりました。どうもありがとうございました。





さて、ドロドロくさくさなので健康ランドのお風呂へ。

身体が動かなくて動作がのろい。



ぬるま湯風呂でチコリンさんとガールズトーク(笑)



途中のコンビニや高速のSAで休み休み。 自宅の駐車場に着いてからもそのまま寝てたら… 気がついたら外は薄明るくなってたよっ!!(^_^;)





おしまい

BRM601神奈川600興津クラシック その2

飯田のPC3からキューシートの次のポイントまで58.5km。


ずーっとR153を行くらしい。 GPSにルートを流し込めなかった頃は 「ホントにこの道で合ってるの??」 と道端に止まってGPSの地図をスクロールしたものだが、地図上にルートが示されているのってスバラシイ♪


道を間違えていないと確信できるのはありがたいが、そろそろ疲れて眠くなってくる頃で。。


それまでも何度も気がついたらセンターラインを跨いでいたり。。 それでも気がついたら反対車線のガードレールが目の前にあった!! なんてことは最近なくなったからよしとしよう(^^ゞ (いや、そーいう問題ではなくて。。)


フラフラし始めてアブナイと思ったら、即安全そうな道端に止まって休む。自転車を跨いだままハンドルに突っ伏してみたり。。 寝ないけどちょっと休憩。


再び走りだしても目はキョロキョロと休める場所を捜す。


どこぞに「寝るなら人目のある場所で」と書いたよーな気もする?ので、コンビニ休憩のついでに店の前で三角座りで丸くなってみる。


  …うーん。寝れない。。 横になりたいなぁ。。


屋根付きのバス停でベンチに横になってみる。


  …なんかなぁ。。 人目があるようなないような。。通りかかった人が入ってきても逆に人目につかないよなぁ。。



キョロキョロしているが、走りながらなので あっ! と思った時にはすでに通りすぎている。 今道路の反対側に駅舎があったよねぇ? ちっo(゚Д゚)っ



途中のファミレスやネットカフェの前にそれらしい自転車が停まっているのを見かける。

が、そんな時に限って眠気が遠のいているので通り過ぎてしまう。



3度目のコンビニでたぶん店員さんの視界に入らないと思われる場所で横になってみる。

  横になれると楽だよなぁ。。 でもすぐ出発。 


今回は涼しかったのであまり問題なかったが、そろそろ夜のコンビニは虫天国になってしまう。ゴキが走りまわっている横では寝られないなぁ。。



時間はすでに普通の人ならふとんの中にいるはずの深夜。

あまりにも眠い波がやってきたので、真っ暗な道でガードレールの内側に入り歩道?で横になってみる。 さすがにこんな時間のこんな場所を通る人もいないだろうしバス停よりいいかも。 


以前、あまりの眠さに霧の下り坂で道端に座り込んで寝ていたら、事故に遭ったと思ったドライバーさんが車から降りて来てくれて… なんてことがあり、道端で寝る時はライト類は極力消さなければ。

ちょっとだけまどろめたかな。



ちょびちょび寝で貯金を食いつぶしつつ塩尻駅を地下道でくぐりぬけてアルプスグリーンロードへ。


このあたりから夜が明けてだんだん明るくなってきた。


アルプスグリーンロードを走っていると前方から見覚えのあるフロントバッグが! とり。さんっ!!

ここでやっと会えたが、その差はすでに70~80kmってところだろうか(^^ゞ




手前の山の向こうに見えるのは北アルプスのどこだろう??

20130601_16_2


眠くて途中で休み休み。

一昨年の神奈川400の時は安曇野は真っ暗でゲコちゃんの声しか聞こえず、景色を楽しみにしていたのにガッカリだったので、今回は安曇野の景色を堪能♪

20130601_17_3


ブルベ中じゃなかったらちひろ美術館に寄りたいなぁ と思いつつ、その先のPC4へ。


PC4で折り返したら再び塩尻方面へ。


度重なるカフェイン錠とリポD摂取でお腹の調子がよろしくなくて、途中のコンビニでトイレ休憩。



で、気がついた!!

サドルバッグにつけていたネームプレートがないっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

今回はFlecheの合同打ち上げの時Gakuさんに頂いたネームプレートをつけて走っていたのだけれど…。 PC4ではついているのを見たので、ここまで20kmくらいの間のどこかで落としてきたらしい。 後ろから来る方が拾ってくれるといいんだけどなぁ。。。(切望)

誰かが拾ってきてくれることを期待しつつ、塩尻に入ったところで見かけた牛丼の看板のお店はどこじゃ? とキョロキョロ走行。 峠に入る前に牛丼でもしっかり食べておきたい。



すき屋の牛丼っ♪

20130601_18

心身ともに元気でないと大食いはできないので、普通の並で。 モノによっては受付けないのに、牛丼の甘さはすーっと入るから不思議だ(^_^;)



さて、腹ごしらえもしたし、峠に向けてリスタート。

と、準備をしながらふと店内に目をやると、店員さんが反射ベストを手にやってきて入口の目につく棚?の上に置いたΣ( ̄ロ ̄lll)


再び店内へ(^^ゞ


男子トイレにあったそうで、私がいる間には反射ベストさんは他にいなかったので、先に立ち寄ったどなたかの忘れものらしい。


ここまで取りに来るの嫌だよねぇ でもないと困るよねぇ ってことで、預かってゴールに届けることに。(途中で会えればいいのだけれど)



アームカバーといい反射ベストといい、今回の使命は忘れ物回収係らしい。





つづく

RANDONNEUR Vol.3

20130607

ブルベ専門誌も3号目になりましたね(^^ゞ

2013年6月 8日 (土)

BRM601神奈川600興津クラシック その1

近頃とんとレポupが遅くていけませぬ。。

-----

20130601

今回は静岡の興津スタート。


興津まで車で2時間くらいかなぁ? 余裕をもって午前2時に出て早く着いたら駐車場で寝てればいいか。


昼間聞いた時には 「清水ICで降りる」 って言ったくせに 「富士ICで降りろ」 とナビが言いやがりまして…。 ナビに導かれるままに興津の駿河健康ランドへ。 入口を通りすぎそうになって慌ててちょっとバックしたのはナイショ。 まぁ時間的にも後続車はなかったし。。


受付け開始まで1時間。 座席倒して横になるが眠れないのでごろごろ。 いつもまず自転車の準備をするのに、今回はなんだか自転車を外に出しっぱなしにしたくなくて受付けが済んでから準備しようと思っていたので、『準備まだ』の状態が落ち着かなくて…。


5時になるかならないうちにフィットネスルームに行って一番に受付けをしてもらう(^^ゞ


そそくさと車に戻って自転車の準備。忘れ物ないようにあれこれ取りつけ(笑)



ブリーフィングは再びフィットネスルームへ。


とり。さん参加のはずだけど、「駐車場に着いた」ってつぶやいてたはずだけど、ブリーフィングが始まる時間になっても名簿にチェックついてないし、もしや寝過ごしているのでは??

    …なわけもなく、間もなく登場。 よかった。ホッ(笑)

20130601_01

20130601_02


ブリーフィングが終わって駐車場の片隅に停めておいた"ぶーちゃん"を取にいったら、横の空のプランターにネコが寝ていてビックリ。

20130601_03




装備チェック後出走。

20130601_04


とり。さんは伊那のローメンを目指して暴走機関車と化して行ってしまったので、その後PCでは会えず。


最初はお団子。千切れたり繋がったりしながらほどよい列車に乗って清水市内を走りぬけ、そろそろいちごロードに曲がるよねぇと思いつつ、つい先頭について行ってしまって曲がり損ねる。 


すぐ気がついたけど、歩道で逆行して戻っても右折だし、ちょっと先の信号を渡って戻ってコース復帰すればいいかなぁ と思ったら、歩行者信号を押しても押しても信号が変わらず。。(;へ:) その間にも先ほど曲がり損ねた交差点を列車3つくらい通り過ぎて行く。



その後もたびたびどんくさ続きで、手間取りながら御前崎のPC1へ。



御前崎の海~♪

20130601_05

20130601_06


そうそう途中、焼津で静岡600かな? 反射ベストな方々とすれ違う。コースは違っても仲間仲間♪




御前崎から掛川通って天竜川へ




掛川駅へ下る途中、掛川城が見えた♪ 走りながら写真を撮れないのでしっかり目に焼き付ける(笑)



心の余裕がなくて掛川城には行かなかったけど、駅前ロータリーには入ってみる。

懐かしの掛川駅前。 “お城めぐり隊”の旅はここから始まった。 スタートのコンビニとみんなが輪行を解いていた植え込み。

20130601_07




天竜川にたどり着いてすぐにPC2

走りながらずーっとここで ポカリとおにぎり2コ と念じ続けてきたのに、棚にはすでにおにぎりが見当たらない。。orz


おいなりさんや巻きずし もないので、仕方なく 唐揚げ巻きずし?

20130601_08

…が、コレダメ。 暑さと疲れで受け付けられず。。。 唐揚げを残してすし飯だけを口にする。 こんな状況でなければ完食できると思うのだけど。。



でもガリガリくんは食べられる(笑)

20130601_09



天竜川をさかのぼるのって一昨年の恵那400の時だっけ? あの時は雨が降っていてお天気が良ければ天竜川沿いってキレイだろうなぁ って思ったのを覚えている。

まさに今回は望みが叶えられた感満載♪

20130601_10

気田川橋は素敵(^.^)

20130601_11

天竜川沿いには個性的な橋がいろいろ。

20130601_12

20130601_13


車も少なく気持ちいいコースなのだが、湿度が高くて水を飲めども飲めども汗になって出て行ってる感じがなくて気持ち悪いので、あちこちで道端の湧水をジャブジャブとアームカバーに掛けたり、Buffをビショビショにして被ってみたり…。 気化熱で涼しい。

20130601_14


ここ恵那400の時通ったかなぁ? となんとなく見たような所を通りつつ(実際一部被ってる)新野峠へ。


新野峠は一昨年の静岡600で通ったっけ? しんどかった記憶はあるのだが、登りながらGPSの地図を眺めているとピークまでのキツクなる核心部分は6~7kmくらい? そんなもんだっけ??

(一昨年のログを紐解いてみると、新野峠から先は別コースで新野峠よりその後の峠の方がしんどかったみたい)



新野峠のピークまであと少しの所で前方に何やら黒いものが。。

アームカバー? 誰かの落し物??


途中で止まったらクリートが拾えるか心配だけど、とりあえず止まって保護する。





新野峠

20130601_15

さぁ、下ったら飯田だ♪



   …って思っていたのだが。。



なんとか明りの残るうちに下ることができたなぁ と思ったけれど、下って下ったその先で、GPSに示されるピークマーク。。


前のetrexLegendではルートを流し込んでも7~8kmしか受けつけてくれなかったので、キューシートのポイントだけを入れていた。etrex30Jになってからもしばらくはキューシートのポイントだけだったが、最近ルートを流し込むようになったら、縮尺具合にもよるがGPSの画面上にピークマークが示されるようになった。



<例>こんなの。 ↑がピークで↓が鞍部?

20130601_27_2



新野峠は過ぎたのになぜにピークマーク??



それもひとつ過ぎたらまた先にピークマークが現れる。うっそぉ~!!



アップダウンというより、ひとつひとつ名前はなくても峠だよねっ!!(--〆)





もういくつ峠が現れたんだかわかりゃしない。。 ってくらい散々登って下ってを繰り返してやっと飯田の街へ。




途中のコンビニ休憩で走行スタッフさんと一緒になったので保護したアームカバーをお預けする。





飯田のPC2に着いたのは21時頃だろうか。 私にゃとてもローメンは目指せませぬ(-_-;)






つづく

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »