2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その3 | トップページ | BRM607埼玉400日光&ビーフ その2 »

2014年6月12日 (木)

BRM607埼玉400日光&ビーフ その1

オダックス埼玉のブルベはアタック小田原城には毎年参戦していたものの、あれは半分地元みたいなもんなので、ほぼ初めての埼玉のコースと言ってもいいかも。 初めておぐらさんのとこに参加できました♪



見ず知らずの土地で見ず知らずのコースだというのに、前週は神奈川の興津600なので、そちら優先で、興津600が終わるまで準備は全く手つかず。



いざルートラボでコースを引こうにも、スタート直後は名無し信号の細かい右左折が多くてよくわからない。あまりにも時間がないので、今回だけはネットの海からどなたかが引いてくれたルートラボのコースを拾ってきて、ガーミンの地図に流し込んだ。その後、キューシートのポイントをポチポチ打っていく作業はいつも通り。


梅雨入りしてあいにくの雨予報。 前に買ってあった泥除けをつけようとして……。 あれぇ?どうすんだっけ?? 
しばし悩むも、前夜にすることじゃないな と思い、泥除けなしで後ろの人ごめんなさい ということにして、さっさと寝る。


家を出る時から結構な雨。後で知ったけど、この時うちの近辺は警報出てたんじゃなかったかな?


東名高速から首都高、今回やっとうちの古いナビでは案内してくれない大橋JCTを通る。
大きな立体駐車場のらせんスロープを思わせる大橋JCTを下ると長い長い山手トンネル。
ここで火災や事故が起こったらどうなるのかな? 渋滞ん時はどうしてるんだろう?? いらぬ心配をしながら埼玉へ。


スタートの出羽公園に着いたのは6時頃? 雨はほとんどなし。 降ってないうちに準備してしまおう と取りつけるもの取りつけて、空気を入れて、そのままズボっと車の中へ。
長距離を移動する時は安定が悪いのでひっくり返して前輪をはずすが、停めておくだけなら自転車をそのまま入れておくことが可能だと最近知った(^_^;) 横に自転車を入れて寝られる遠征車は便利♪


8時スタートなので受け付けが始まるのは7時。 それまで車の中でゴロゴロ。

雨だねぇ。。

20140607_01

すーさんに見つけてもらってご挨拶。 今回の参加者に顔見知りはほとんどいな… って、あーっ!! さとう隊長? あぁ、だから雨なのか。。ぼそっ。



ブリーフィングも人が少ない。 雨だからねぇ。。



雨で曇ったり見え辛かったりするのがストレスなので、今回はアイウェアはレインウェアの胸ポケットにしまう。 そして結局そのまま最後まで出すことがなかった。



出走サインをもらってスタート。



ルートラボを引こうとして、よくわからなかった所も先行者を追いかけて走るうちに大通り。

狙ってついて行ったわけじゃないけど、最初のうちはすーさんの後ろをくっついて走る形に。すーさんも後ろにいるか時々気にして下さっているようで申し訳ないような。。



野田駅のあたりでやたら醤油臭がすると思ったら、そうか、あの醤油会社の工場があるのか!(^_^;)



走り始めてから気がついたのだが、そーいえば600の翌週にブルベを入れない って決めてたマイルールは?? 

ブルベ初年度茂木600の翌週の直江津300で道端で寝転倒やらいろいろやらかして、私の中では橋(の横)から落ちる事件に次ぐ大事件の戒めとして、600の翌週はお休みを固く決めていたというのに。。

まぁ前週は結局300ちょいしか走れてないし、初年度の頃よりは経験も積んだので、走り込み具合によってはそろそろこのルールは撤廃でもいいのかもな。



今回のコース、PC1がいきなり104km先になる。 どこか途中で休憩しないとさすがに一気に走るのは無理。



道の駅思川にピットイン。 トイレに行っている間にすーさんもやってきたので一緒にうどん休憩。



しょうが肉うどんを注文したら、こんなすごいのが来ちゃったよ(^_^;)

20140607_02

食べて出たら、黒スコットさんがお見送りに来てくれてたよw(゚o゚)w

20140607_03 撮影:黒スコさん

予定があってのDNSだそうだけど、黒スコさんも走ればよかったのにぃぃ~。



それにしても、鹿沼のPC1まで遠いなぁ。。



PC1の手前でさわやかに挨拶して追い抜いていくオレンジの影が。。


え? って思っていたら、「今のクロサワさんだよ」 とすーさんが教えてくれた。


さすが速いなぁ。。 1時間後にスタートしているはずなのに、PC1に着く前に捕まってしまったよ(-_-;)



PC1をから日光へ。登り基調。雨止まず。

キューシートに『峠越え』って記載があったから覚悟はしてたさ。

20140607_04 デジカメのレンズが水滴で。。orz

でも明確な峠だけじゃなく、山道のアップダウンがいくつも。。 げろげろ~。


ひんひん泣きながら、人生初日光。

20140607_05JR日光駅


今もそうなのかは知らないが、関西の小学校の修学旅行の定番といえば伊勢志摩だったが、関東のそれは日光らしい。


うちの子たちの修学旅行も当然のように日光。「修学旅行のおみやげに買った木刀は学校に着くまで預かります」なんてお達しをもらってきたものだ。 

今回のコースでは日光の駅前は通るものの、修学旅行で行くような所は通らないけれど。。


東武線の日光駅の方? 名前を呼ばれて振り向くとすーさんが帰る所だった。 今回あまり体調がよくなくて、翌日用事があるので日光までで帰るかも って言ってたからなぁ。。 



すーさんに見送ってもらって駅前を通過。


日光駅前から今度は大田原方面へ向かう。PCは4kmほど先。


PC1こそ100kmオーバーだったものの、後は概ね4、50km程度でPCが設定されている。


大田原のPC3まではなだらかに下り基調だったかな? でも依然雨は降り続く。





つづく

« BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その3 | トップページ | BRM607埼玉400日光&ビーフ その2 »

コメント

さすがに道の駅思川でジェラートをって雰囲気ではなかったですよねw

あの名無しの峠、一部では『日光峠』と呼ばれているようです。
わたし自身は勝手に小来川峠と「呼んでますがw

それにしても北関東と日光牛が同日開催で良かった。
日程ずれていたらわたしも日光牛にエントリーしてしまうところでしたし
北関東でさえしんどかったのにアップダウンが厳しい豪雨ライドとか修行以外のなにものでもないwww

> そーいえば600の翌週にブルベを入れない って決めてたマイルールは?? 
> そろそろこのルールは撤廃でもいいのかもな。

それでこそアスリート・・・じゃなくて体育会!!

>とり。さん

ビショビショだし、トイレ行ってそのままうどん屋さんに吸い込まれたので、
道の駅内を探索できませんでした。 ジェラートもあったのですねφ(..)メモメモ

やっぱりあれが『日光峠』ってやつでしたか。。 でも峠より先の山道アップダウンの方がしんどかったよ~な。

日光牛はそんなに厳しいコースなんですね。
アップダウンが厳しいというより、ほぼ25時間滝行修行ステージ以外のなにものでもでもなかったですが。。

>星のおじ様

だから体育会ちゃいます ってば(笑)


…でも、走行中は 「食べたいもの」 より 「食べなくてはいけないもの」 を考える思考はそれっぽいですよねぇ。

えぇ、もちろん「食べたいもの」もしっかり食べてますけど(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その3 | トップページ | BRM607埼玉400日光&ビーフ その2 »