2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« BRM607埼玉400日光&ビーフ その1 | トップページ | 開成町のあじさい祭ポタ »

2014年6月12日 (木)

BRM607埼玉400日光&ビーフ その2

大田原のPC3で、コースの半分弱終了。 ここから一旦常陸大宮に行ってから帰る方向で。 



PCで一緒になったさとう隊長からこの後のコースのレクチャーを受ける。



PC4まではゆるい丘があって、PC4のあと、ビーフラインは間に集落を挟んで前半後半に分かれているけどこっちからは下り基調だから楽勝 と。



ライト点灯はPC3の前だったか後だったか。。そんな時間。



PC3を出ていざ走り出してみると、ゆるい丘? どれが?? なんか登りがいくつもある気がするんですが。。。



常陸大宮のPC4。


さぁ、今回のタイトル名でもあるビーフラインはこの先だ(^_^;)

広域農道らしいアップダウンが始まる。 

近くを走っていたさとう隊長に「どこが下りなんですかっ??」って叫んだら


下り基調だから…」って返ってきたよ。




登りでチェーン落ち1回。 ビーフラインは明るい時間に通ったら、もっと気持ちいい道なんだろうか? 暗いからよくわかんない。


那珂川の大桂大橋を越えた所で、再びビーフラインの表示があり、再び暗い道が前方に続く。


えぇぇ? 集落って聞いてきたのは途中にあった小さな集落のことじゃなくて、街の間違いでは??


あぁもう、牛が嫌いになりそうだ。。
ビーフラインって結局どこからどこまでなんだろう? と下調べ不十分を露呈。 笠間までかな? それを過ぎたらその先は道祖神峠だよ。。


曲がる所を見落としてミスコース。 すぐ気がついて戻ったからよかったけど、コースアウトをチェックするのは完全にGPS頼り。



たびたび睡魔に襲われるが、雨なので今回はさすがに道端のどこででも寝るわけにもいかず。。 途中、椅子がいっぱいあるバス停を見つけて椅子に座って15分。一瞬意識が飛ぶくらいで寝てないけどそれでも少しまし。


道祖神峠は以前茂木600に出た時に通ったことがあるが、やたらとしんどかった覚えがある。実際には登って下って20kmくらいだろうか? 




今回は雨降ってるし、ガスってるし、ソロだし、時間も時間なので、何やら見てはいけないものが見えてしまったとしても不思議ない気がするが、怖いとかいうより何より、とにかくここを越えないと帰れないのだから、何としてでも越えて行くしかあるまい。



へぇこら登って、やっとピーク到着。 あとは下れば今回の懸念箇所は終了。 …なはず?



街まで下って、眠いのでバス停横のベンチで寝ようと思ったら、横に屋根ありドアつきベッド?つき、自転車持ち込みで室内管理可の『待合室』という名の豪華物件を発見♪♪



とりあえずタイマーセットは15分にしてベッド?(木のベンチともいう?)に横になる。 が、途中で近くの自販機のガタンっていう音で目が覚めてしまった。 とりあえず15分いっぱいはごろごろして過ごす。せっかくの豪華ホテルなのに利用時間が短いのは残念だが、先を急ぐことにする。



巡回中? パトカーが停まっていて、おまわりさんがレジでいろいろ事情を聞いている風だったのはかすみがうらのPC5だったかな?


自転車が何台も夜中に走っているけど何? って話なんだろうか?



PC5を出る頃には空が白み始め、常総市のPC6に向かう途中で夜が明けた。



眠くてペース上がらず。。 今回も睡魔に負けてしまうのか?


眠さの管理は初年度から変わらず最大の課題。 どうしたらうまくコントロールできるのだろう?

ブルベの前週は寝だめ週間にして早く寝て寝だめしようと思ったこともある。 が、私のベストな睡眠時間は6時間くらいらしく、9時に寝たら3時、10時に寝たら4時にに起きてしまうのだ。 そのままそんな時間から起きていたら結局毎日眠さが取れなくて寝だめ週間失敗。

寝不足気味でも眠気を封じ込むスイッチが入ればいいのだが。。



眠気封じスイッチ、ボクのははどこにあるんだろ~?(^_^;) ♪ とでも歌ってみるか。



今にも降り出しそうな雲を見た瞬間、降る前に!! という強い思いだったり、要は気合の問題なのだと思うが。。


時計を見るとまだ時間はあるものの、あまりにちんたら走っている場合ではない時間。


真っ暗な道祖神峠を越えてきたというのに、こんな所でタイムオーバーになるわけにはいかない   …と思ったら、そこで眠気封じのスイッチが入ったようだ。やった(*^^)v



途中でかなりの土砂降り。 今回、強弱はあるものの、結局最初から最後まで雨に降られっぱなし。



土砂降りの中、ふと我に帰る。 



今まで雨が降っても気にせず走ってきたが、雨ならDNSでもいいんではないだろうか? と。 



雨の中でも走ることに問題はないが、フレームは炭なので錆の心配はないものの、パーツは錆びるものもあるよなぁ。 ついているものひとつひとつ決して安いものではないので水没させて買い直すのは馬鹿らしい気がするし。



途中、道路の低い所が川になっていたりで、あふれる川の中を走行するようでどこが路肩だかわからなくなった一昨年の北海道パラダイスウィーク最終日の降りっぷりを彷彿とさせる。 

あの時の降りの方が酷かったけど、あの時は雨が降っていない時間帯もあったよなぁ。。 今回のように最初から最後まで降っているのは初めてかも。



PC6を出てしばらく行ったら、往路と同じコースを走ってゴールに向かうだけ。


眠気を封じ込めても、車が来ないような場所では時々瞬間的に意識が飛ぶので、土手から落ちそうになったり…。

20140608_01

行きに撮りそびれた醤油工場

20140608_02



江戸川?

20140608_03

水量増し増しで普段は水のない所に生えていると思われる木が、水の中からブロッコリーのように突き出していてシュール。





そして24時間55分でやっとゴール着♪

20140608_04 写真提供:クロサワさん




ゴール受付で出走者リストを見たら、DNSの嵐だった。そりゃそうだよなぁ ある意味正しい選択ではないかと思うけど(^_^;)



無事ゴールに帰って来れました。オダックス埼玉のスタッフのみなさま ありがとうございました(*^_^*)



ブルベは距離が長いので普通どこかで雨が止むタイミングがあるのに、こんなに最初から最後まで降られたのは初めてかも。



途中のPCで、どなたかが、 滝行と今回と浴びた水の量とでは浴びる量が多いのはどっちだろう? なんて話しているのを聞いたが、 先週は灼熱地獄で今週は滝行かぁ。。 ブルベはホントに身体に悪いお遊びだ。



車で思いっきり寝てから帰宅。 バスタオルを持って行っていくるらいなのに、なんで着替えを持って行かなかったのかなぁ。。 ビショ濡れだけど、着替えられないので、車に常備のフリースの膝かけ毛布を巻いて冷えないように。。



なので今回も風邪引かず(*^^)v



帰ったら、まずドロドロの“ぶーちん”をお風呂へ。 すでにチェーンに錆が浮いている。洗って拭いて、油を差そうとしたら、後輪からチャプチャプ音。



秋にホイールを変えてから1回もパンクしていないので、初めてタイヤをはずす。



前のホイールの時のパンク修理の苦労は何だったのかと思うくらい、すんなりタイヤの嵌め外しができて嬉しい。 これなら出先でパンクしても苦労しなくて済みそうだ。


自転車につけているものを次々外す。 バッグ類も洗って干す。


携帯ポンプは口にラップを巻いていたが、そんなもんでは足りず、本体からジョバジョバと水が滴り落ちる。水を抜いて、干して、復活…するかな?


GPSもライトも電池を抜いて、蓋を開けて乾かす。
ライトのガラスの内側に水滴がいっぱいついているΣ( ̄ロ ̄lll) 

20140608_05

最初はスイッチもおバカになっていたのだが、何度か触っているうちにスイッチは変えられるようになった。

防水じゃなかったのか?? とは思うが、雨に降られっぱなしで中に水が入ってしまったらしい。


これが猫目ならメーカーに分解掃除?に出せるかもしれないが、DOSUNはどーしたもんかなぁ。。


ドライヤーで乾かそうとしてみるが、ガラス内側の水滴は取れず。 今は使えてもそのうち電源が入らなくなりそうで、やはり買い替えなくてはならないのだろうか?



GPSのラミネートフィルムも表面がモロモロしてきた。

20140608_06

ラミネートフィルムをポチったのだが、間違えて2か所に発注をかけてしまったよ。。



あぁいらぬ出費。。 やはり雨ブルベの代償は少なくないらしい(-_-;)



--------


追記
レインウェア着用の時は腰みの(サイクルスカートとかいう名前も。。)は外そう。 トイレのたびにレインウェアの中にしまうのがめんどくさいし、ビショビショで重い(-_-;)


追記2
夜以降、寝床を捜してキョロキョロしていたのだが、誰も寝ている人を見かけなかった。
雨の中なので、さすがに私も道端では寝られないなぁ とは思ったが、 ここならいい寝床では? と思う場所にも全く自転車や参加者を見かけることはなく、ファミレスやコンビニにも停まっている自転車を見かけることがなかった。
みなさん寝床のクオリティーが高いのね。
…というか、私が遅すぎて、誰か寝た人がいても撤収後だったのかも。。(^^ゞ



追記3
フロントライトは結局買い換えることに。。 
販売会社にメーカーに送って分解掃除してもらえないか問い合わせてみたところ、結露だから使用しないで放置しておけばそのうち乾いて問題なくなる って回答をもらったんだけど、どう見ても結露っていうより、水入ってるんじゃね?な状態。
次のブルベには間に合わないので、試しにそのままDOSUN使ってみるけど、北海道1200に使うのはさすがに不安なので。。
あぁ、お財布が痛い(;へ:)
2014.6.15

« BRM607埼玉400日光&ビーフ その1 | トップページ | 開成町のあじさい祭ポタ »

コメント

言葉にならないけど、えーと・・、尊敬してます、可愛い妹様。
                       by 逃げた男

雨の中あれほど厳しいコースの完走お疲れ様でした。
コースの大半は走ったことがあるのでかなりイメージしやすいのですが
やはりあの豪雨の中を走るのはかなり遠慮したいなあ。

まあ、あの雨の中であのコースをDNSせずにスタートしようってのは
やはり筋金入りな方々だよなあ、と
コース自体はゆるふわだった北関東参加者は愚考する次第ですw

きっついけど同じ距離でも達成感は倍増! オトク!

>KOMAさん

もうお兄さまったらぁ~(笑)
DNSせずに走れば楽しかったのにぃぃ~。

>とり。さん

日光牛ってそんなに厳しいコースなんですか?
っていう先入観も何もなく、ただ「日光行ってみた~い♪」っていうノリで出走したので

深夜に雨でガスっている道祖神峠をソロで越えるのだけは うへぇ~ って思ったものの
(道祖神峠を通ることだけは気づいていたけれど、何時になるかとかは実は何も考えてなかった)
ずーっと雨が降っているだけで、走行中はトラブルもなく、出生者も少ないのでソロでお気楽に走っていました。

先入観もなく、余計なことは何も考えていなかったからよかったのかもしれません(^_^;)

北関東はゆるふわだったのですか?
それでも雨の中を走ってるとり。さんも十分筋金入りだと思われます~!!

>さとう隊長

完走お疲れ様でした。

PC3から4はゆるい丘ひとつ越えるイメージ通りじゃなかったし、ビーフラインの途中は集落じゃなくて街だったし、
今度からさとうさんの言うことは200%に拡大して解釈することにします(-_-;)

ご一緒するのは嬉しいのですが、雨雲・雪雲・嵐は連れてこないで下さいね。

けーこさん、お疲れ様でした!今回初めてけーこさんの走りを拝見して興味を覚えましたが、最後までご一緒できず、誠に残念でした。これからも、「雨ならDNSでもいいんでは」などと常識人みたいなこと言わずにマイペースで走って頂きたいと思います。

>すーさん

すーさんもお疲れ様でした(^^ゞ
どんな興味なんでしょうか??? とても気になるので、今度お会いした時に教えて下さい。

いたって常識人の はず? ですが。。
なんだかんだ言っても、雨でもきっと走るんでしょうけど、いろいろ水没させるとお財布が痛いですよねぇぇ(;へ:)

遠路はるばるの遠征ブルベ、お疲れさまでした!!
それも「やまぬ雨」。
メインのビーフライン。しつこいんですよね~、あそこ。。
時分はブルベ初参戦の三年前?「押し」ましたさ。野犬が出ると言う噂のビーフライン。それも漆黒の時あい&ソロで。。
結果、誰にも逢いませんでしたがね。(笑)
しかし、強い!!心も身体も。
軟派な自分は、見習わなければと思うことしかり。。(^-^;


>黒スコットさん

果てしなく続く牛、 知っていればそんなもんと覚悟できるのですが、
もう終わった? と思っている所へ再び暗闇に浮かぶ「ビーフライン」の文字は、げぇぇって思いましたよ(^_^;)

ビーフラインだったか道祖神峠だったかでワンコに追いかけられた ってどなたか言ってたような。。

暗くても坂でもそこがコースなら越えていくしかないのですが、
ソロだと超マイペースで走れるので、お気楽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM607埼玉400日光&ビーフ その1 | トップページ | 開成町のあじさい祭ポタ »

twitter

無料ブログはココログ