2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« BRM621西東京600諏訪湖 その1 | トップページ | 潜入!! 圏央道 厚木PA »

2014年6月29日 (日)

BRM621西東京600諏訪湖 その2

富士見峠を下ったらそのまま諏訪湖のイメージだったけど、下ったら茅野で諏訪湖までまだもうちょっとあるのね。



眠くて眠くて。。 でも雨が降っているのでどこででも寝るわけにいかず。


民家の大きなガレージの軒先をお借りして、シャッターにもたれてしばし目を閉じる。
10分程度でリスタート。諏訪湖を回ってPC4。


828さんとNさんが有人で通過チェック。 ここでマージン1時間半。途中眠くてペースが上がらなかったし、ちょっと寝てたし。。
おしゃべりしたりで長めの休憩。


リスタートしてすぐやっぱり眠くて、どこかの軒下でちょっとおやすみさい休憩。 軒下から出ている足先が濡れるけど、いいやちょっとくらい。。


しばらくしてリスタートするけど、結構な降りになってきたような。。

再び富士見峠を越える。 下っても降っていることに変わりはないし、富士見峠を下った先もずっと下り基調なので、冷えないように途中のドライブイン?前でレインウェアの下とシューズカバーを着用。 今回腰みのは忘れずに仕舞う(笑)


シューズカバーを履く時、クリートに引っかかったのを無理やりはずそうとして、勢い余って手を地面で擦って指から血が出たけど、絆創膏を貼る気も起らないようなそんな心理状態。


途中のバス停でも2回ほどおやすみ休憩をしたりしつつ、夜が明けたのはどのへんだっただろう? 雨はましになったものの時々パラパラ状態。



PC5山梨六郷ではマージン1時間。それもリスタートする時にはもっと減って45分くらいになるのだけれど。。



途中で眠くてずいぶんマージンを食いつぶしているけれど、先のコースを考えると少しでも貯金を増やさなければ。。

…とは思うものの、PC5を出てから下部温泉までの間に名前はないけど強烈な登りが。。(;へ:)



それでも本栖みちに合流するあたりから下り基調に。
アップダウンの多い富士川沿いだが、南下する分には一応下り基調なはず?



芝川のPC6でマージン1時間半くらい。 むぅ、がんばりが今ひとつ足らんのぉ。。

ただ、ここで何人もの参加者に会えたことは嬉しい。 さっきはほとんどいなかったからなぁ。


今回いつになくマージンを気にしているのは、ここからの登りが懸案事項だから。



「本栖みちを登らされるよりいいですよねぇ~♪」なんて言っていたし、そうホントにそう思っていたのだよ。PC6を出るまでは。


芝川のPCの裏から出て、踏切を越えたらキツイ登り。樹海を突っ切るK71に行くのと途中まで同じルートで登って行く。
途中から田貫湖・朝霧高原の方へ。
登っても登ってもどこまでも続く登り。結構斜度あり。 集落を縫うように登り続ける。



神奈川600をDNFしているので、これを落としたら後がないのだが、時間内にゴールできる気がしなくなってきた。今からエントリーできる600ってあったっけ? とかいろいろ考え始める。 
なんかもうブルベで走るのが嫌になってきたり。。


田貫湖を過ぎたあたりから時々見覚えのあるような景色が。。(^_^;) ボーイスカウトの日本ジャンボリーの場外プログラムでこの辺に来たっけな。 

いつだっけ? って調べたら2010年8月の話。まさかその後何年もたって自転車で通るとは思っていないし、どこにどんな坂があったとか全く記憶にないけれど。



やっとR139に合流。 でもまだ本栖の交差点まで10kmもある~(;へ:)



本栖から向こうは見当がつくのだが、ここから本栖までってどうなってたっけ??
 …どうやらまだまだ登るらしい。。(-_-;) 間に合うのか?

道の駅?んなもん寄ってる場合じゃないっ!! 山中湖の最終PCまで40kmちょい。間に合うのかなぁ びみょ~。。。どーにかこーにか本栖の交差点到着。



あのうんざりする本栖みちを登らなくてヨカッタ♪ なんて喜んでいたけれど、とんでもない。

波高島より川下の芝川から本栖まで登ってくるわけだから、本栖みち以上に登らなくてはならないということにここに至って初めて気がついた。 

本栖みちなら先がわかる分、あとどれくらい って見当がつくけれど、こっちはさっぱり見当がつかず。より辛い。 だからと言って本栖みちを登るのも嫌。



本栖から精進湖まで登るイメージだったけど、ちょっと下がってから登るらしい。 精進湖までじゃなくて西湖まで登る。 西湖から河口湖まで下り。


山中湖のPC7にさえ間に合えば後はなんとかなりそうなので、本栖以降、なりふり構わず踏んで踏んで踏み倒す。(回す…ではないのがなんともだけど。。)


河口湖から山中湖への登りはやっぱりいつものように眠くてキケンだったけど、それでもなんとかマージン1時間弱で山中湖のPCに到着。


ここまでくれば、後は多少ペースを落としてもゴールに間にあう …はず?


山伏峠を登って道志みち。 何か所か登る所があるけれど概ね下り基調なので助かる。



青野原のあたりで薄日が差してきた。レインウェアを脱いで軽快に走り去るぶるさんを見習って、レインウェアを仕舞って腰みのを引っ張り出す。


青山から登って串川橋。
串川橋から先、最近は一時期の酷い渋滞がなくなって、以前のように交通量少なめな道に戻ったようだ。


圏央道工事で道筋がちょっと変わっていて、串川橋から相模川方向に自転車で走るのは久しぶりなので、間違えたか? と一瞬とまどうが見なれた宮原の交差点を見て一安心。


でも今回は宮原で曲がらず直進。 旧小倉橋から川沿いの道を行く。


これが曲者で結構なアップダウンがあるのはよく知っているところ。 
でも日曜の夕方なので工事のトラックがいないのはずなのでよしとしよう。(最近はすっと圏央道工事でトラックが多いの)



実は昭和橋手前で、道路の段差にタイヤを取られてコケそうになった。
慌ててハンドル切って立て直したけれど、大きく右に切ったので、道路に大きくはみ出したΣ( ̄ロ ̄lll)
すぐ後ろに車がいなくて本当にヨカッタと思ったのが今回一番のヒヤリ(-_-;)



昭和橋からは、まんまいつもケルビムに行く道なので、どれだけ登らされるのかはよく知っていて半分無意識に登れるレベルかも(^_^;)


38時間46分だったかな? 1時間ちょっと残して、どーにかこーにか、ゴール着\(^o^)/


とりあえず、これで今年もSR確保♪

20140621_15


着くなりコースディレクターの828さんには「もう来年は出ないっ!!」って叫んだけど。。
 …すぐしんどかったことは忘れてしまうので、このコースにSRを懸けて走るのでなければまた出てもいいかな? とか思ってみたり。。


ゴールでみなさん口をそろえて、
「冷川峠、富士見峠、山伏峠 名前のついている有名な『峠』はたいしたことがないけれど、七里岩ラインや下部温泉手前や朝霧高原に行く途中の名もない峠がたいへん」とおっしゃる。 ホント同感っ(~_~;)



亀太郎の旦那さんがお出迎えに来て下さっていて、道向こうのモスバーガーへ。

ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい、嬉しい♪   でも、ずいぶんお待たせしたようで申し訳ないです。
しばしお話して帰る頃には顔見知りはほとんど帰った後?




さっき来た道を戻って帰るのが一番しんどかったかな?



昭和橋からは川沿いに。


眠気でフラッとしても大丈夫なように座架依橋からはなんちゃってサイクリングロード?(歩道)を走る。


れ? 暗いからよくわからないけれど、ずいぶん様子が違ってる。

植え込み?があったはずだけど、道幅が広がっていて、植え込み?だった所はまだ舗装されていないような。。? 

河川敷も前の木や草がボーボーだったはずなのに、刈り取られているような。。? 暗いからよくわからないけれど。。




家に着いて、玄関に上がったものの、自転車のお世話をしなくちゃなぁ と思いながら、そのまま行き倒れ。



いつも帰ったら手洗いうがいをするより前にまず自転車のお世話。

フレーム拭いて、タイヤ拭いて、タイヤの空気をちょっと抜いて、チェーンに油差して、チェーン位置をインナートップにしておくだけだけど。。

ご近所でお散歩した後もまずは自転車のお世話から。 手洗いうがいはそのあとなで、当然飲み食いもそのあと。 帰ってすぐやらないとそのまま放置してしまうので、ある意味自分に義務づけたお帰りの儀式のようなもの。


今回は雨の中を走ったから、その前にお風呂場に持ち込んでジャブジャブしなくちゃ。。

  …なので、タイヤはずして風呂場に持ち込む気力がないまま、その場で行き倒れ。


確か鳥坂600から帰った後も玄関で行き倒れてなかったか? あの時はくつを履いたまま転がっていたので、くつを脱いでいるだけ、今回はゆるかったのかも。。



窓が開いていたので寒くて2時すぎに目覚める。
ブルベ中でもないのに、なぜに行き倒れ? しかも家で。。



自転車のお世話をして、洗濯物を洗って、自分自身の洗濯?をしたらすでに外は明るい(-_-;)


翌日(すでに当日?)は仕事なので、やっと布団にもぐりこんで1時間半くらい? あぁ、家にいるのにお布団が果てしなく遠いことよ。。


AJ西東京のみなさま 途中でお相手をして下さったみなさま ありがとうございました(*^_^*)
600は魅力的なコースが多いけど、楽な600はない。いやぁ~、今回はホントにしんどかった。






おしまい

------


今回お見かけした女性参加者はみなさんパートナーが一緒。そしてみなさん速いっw(°o°;)w
お気楽にソロでフラフラ走っているのは私くらいかな? ということに改めて軽く驚きを感じてみたり。。。
別に今更驚くことではないけれど(^_^;)

人と走るのはどちらかというと苦手。 超マイペースなので好きな所で停まって写真を撮ったり飲み食いしたり、フリーダムだから。。

何より私に合わせてペースを落として走ってもらうことに申し訳なく思うし、私もお気楽好き放題に走りたいから。
なので程よいペースで走っている方の後ろに離れ気味につかせてもらうことはあるけれど、わざとタイミングをずらしたり、知り合いと一緒になっても先に行ってもらったり…。
短い距離をグルメなどでご一緒する時は目的が違うので 申し訳なく思いつつも甘えてしまうのだけど、長距離のブルベになると各自の認定も懸るから話は違う。

覚悟を決めてずーっと一緒で頑張れるのはFlecheくらいかな? あれは同一行動が大前提だから、最初からそのつもりだし、FlecheにはFlecheの楽しみがあるので楽しい。 ご一緒して下さるメンバーにはご迷惑をおかけするけれど。。



PBPなどで海外に行くと女性一人でフラフラ走っていると 「あそこの国はどうなってるんだ?」と非難されるとか小耳にはさんでいるので、ちょっと気になる~。

« BRM621西東京600諏訪湖 その1 | トップページ | 潜入!! 圏央道 厚木PA »

コメント

>「本栖みちを登らされるよりいいですよねぇ~♪」
もうちょっと前の方の人たち(私も含めて)は「身延道嫌過ぎるから本栖道を上らせてくれ~!」と訴えておりました。
「距離が足りなくなる!」と笑ってましたが次回は塩尻峠折り返しの本栖道コースになったりして。

芝川から延々登り、辛そうです。
一体何キロ登りが続くんでしょうか?
昔ブルベで真っ暗な中、芝川から上井手まで登りましたが、それだけでも大変だったのに。
お天気も悪い中、お疲れ様でした。
北海道でも持ち前のガッツある走りを見せてくださいね。
けーこさんが頑張ってるから私も頑張れるって気になるかなぁと(笑)
PBPは5000人ぐらい参加するみたいだし、女性だってソロで参加している人は、いっぱいいるんじゃないかなぁと。PCに行けば日本人にも必ず会えると思うし、そう心配しなくてもいいのでは?

>チャーハンさん

>「身延道嫌過ぎるから本栖道を上らせてくれ~!」
それはコースを知る昨秋のトライアル出走の方々でしょうか?(笑)

>塩尻峠折り返しの本栖道コースになったりして
なんか普通のコースになっちゃぁおもしろくない気もします。。

しんどかったことを忘れ始めましたので、きっと来年も走っているに違いない。。
でもあのコースにSRを懸けるのは嫌ですが。。

>ユメさん

芝川からの登りはキツイですねぇ。
朝霧高原の道の駅のあたりに出るまで30km以上よくわかんない所を登った気がします。
1回走ってしまえば、あぁあそこを登るんだ(登りたくないの方かも。。) って思えるんですが。。

今更走り方は変えられないので、きっとこのまんまじゃないかなぁ と思うけど、PBPの心配はぜ~んぜんしてませんよ~(^_^;)

お疲れ様でした。
まだたった一週間とちょっとしか経っていないのにかなり記憶が薄れ始めていて
グルメな記憶しか残っていないという危険な兆候を感じています。
富士川沿いの凶悪さは経験済みでしたが芝川から先のコースの事前確認が甘くて田貫湖経由の朝霧高原までのルートがあんなにきついものだとは思わなかったですw

グルベ班的には二つの麺類、内船駅前の『こばやし』での焼きそばと
田貫湖近くのルート沿いにある『一閑人』での日本そばが
どちらもお店の営業開始時刻前の通過になってしまって堪能できなかったことが心残りです。
それにしても朝霧高原の道の駅までが長かった・・・と、肉丼とソフトクリームで落ち着いたのに
そこから更に登りが続いていたのはメンタルに大きなダメージでした。
宮原から先の相模川沿いもきつかったし。
やっぱり下調べ不十分すぎ(^^;

>とり。さん

とり。さんならよっぽど大きくミスコースでもしない限り、グルメしまくっても時間内ゴール可能でしょ(笑)

芝川から朝霧高原でR139に出るまで、この先どこまで登ればいいの? の見通しが立たないことがしんどかったですね~。

小倉橋から高田橋までのアップダウンって初めてですか??
個人的にフラフラと走っている時にブルベちっくでコースにいいなぁ と思ったら、しっかり神奈川系のクラブではコースになっていることを後に知るのでした(^_^;)

ゴール目前でお疲れピークの時にあのアップダウンはしんどいのです(-_-;)

ほんとお疲れさまでした!!
いやぁー、ほんと見上げたもんです。フィニッシュへの思い?根性?執念?気合い?。
私も大抵ソロですが、628磐梯山のざざぶり真っ暗猪苗代に危険を感じ、途中DNF。。(^_^;)))
馴れたひとり旅でしたが、川のような路面をずっと見てたらすっかりやる気も失せてしまい。。
ま、足も伴なってない。って、話も。。(^^;
「ただいまの儀式」さすがです。自分なんかタイヤを拭いて、充電池を抜いて充電。あとはポールにひっかけて、汚れ物を洗濯機に。くらい。
インナーロー、タイヤの減圧。知ってはいますが行動に移したことはあったか??(^-^;
で、風呂入って、ぷしゅっ♪ですからねぇ。(笑)
そそ、たまに足の合う?ランドネさんを前方に見つけるとなぜかペースがあがるのはなぜなんでしょ?それまでヘロヘロだったのに。不思議なもんです。
コメント、えら長くてスミマセン。。。m(__)m

完走おめでとうございました!
こちらは眠りの精がご降臨になり、さらに雨が追い打ちをかけ、さらにミスコースを重ねてDNFとなってしまいました。。。ちょっと気力が足りなかったのかも。。3時間しか寝られなかったことは今までもよくあったのですが、今回は富士見峠の坂で眠くて眠くて。
そもそも朝遅刻をしてしまうし。
残る600kmで参加できそうなのは3本、リベンジしなくては。

>黒スコさん

キケンだと思ったらいさぎよく棄権する大人の判断は大切ですよね(^_^;)

磐梯山お疲れ様でした。
私も以前はDNFしてもコース通り走って帰る派だったのですが、最近は便利なブツがフロントバッグに入っているのでつい。。。

あ、帰って先にプシュっとやったら絶対自転車のお世話ができないので、
お帰りの儀式のノルマを課しているわけです(笑)

>たまけんさん

ありがとうございます。
たまけんさんもお疲れ様でした。

寝不足ブルベはツライですよね。
寝だめはできないことがわかったので、事前1週間くらいは睡眠フルチャージにしておかなければ… と思う今日このごろです。

あ、なのに今日もこんな時間。。。マズイ。。(-_-;)
思うけどなかなか実践できません。。 まぁ今夜はちょっとうたた寝(行き倒れ?)してたから ということで。。

400だとほぼ1日で終わるのに、そこに+200の600はやっぱりしんどいです。
600を4本でSR申請する方ってホントに。。。
残る600で頑張って下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM621西東京600諏訪湖 その1 | トップページ | 潜入!! 圏央道 厚木PA »

twitter

無料ブログはココログ