2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

BRM621西東京600諏訪湖 その2

富士見峠を下ったらそのまま諏訪湖のイメージだったけど、下ったら茅野で諏訪湖までまだもうちょっとあるのね。



眠くて眠くて。。 でも雨が降っているのでどこででも寝るわけにいかず。


民家の大きなガレージの軒先をお借りして、シャッターにもたれてしばし目を閉じる。
10分程度でリスタート。諏訪湖を回ってPC4。


828さんとNさんが有人で通過チェック。 ここでマージン1時間半。途中眠くてペースが上がらなかったし、ちょっと寝てたし。。
おしゃべりしたりで長めの休憩。


リスタートしてすぐやっぱり眠くて、どこかの軒下でちょっとおやすみさい休憩。 軒下から出ている足先が濡れるけど、いいやちょっとくらい。。


しばらくしてリスタートするけど、結構な降りになってきたような。。

再び富士見峠を越える。 下っても降っていることに変わりはないし、富士見峠を下った先もずっと下り基調なので、冷えないように途中のドライブイン?前でレインウェアの下とシューズカバーを着用。 今回腰みのは忘れずに仕舞う(笑)


シューズカバーを履く時、クリートに引っかかったのを無理やりはずそうとして、勢い余って手を地面で擦って指から血が出たけど、絆創膏を貼る気も起らないようなそんな心理状態。


途中のバス停でも2回ほどおやすみ休憩をしたりしつつ、夜が明けたのはどのへんだっただろう? 雨はましになったものの時々パラパラ状態。



PC5山梨六郷ではマージン1時間。それもリスタートする時にはもっと減って45分くらいになるのだけれど。。



途中で眠くてずいぶんマージンを食いつぶしているけれど、先のコースを考えると少しでも貯金を増やさなければ。。

…とは思うものの、PC5を出てから下部温泉までの間に名前はないけど強烈な登りが。。(;へ:)



それでも本栖みちに合流するあたりから下り基調に。
アップダウンの多い富士川沿いだが、南下する分には一応下り基調なはず?



芝川のPC6でマージン1時間半くらい。 むぅ、がんばりが今ひとつ足らんのぉ。。

ただ、ここで何人もの参加者に会えたことは嬉しい。 さっきはほとんどいなかったからなぁ。


今回いつになくマージンを気にしているのは、ここからの登りが懸案事項だから。



「本栖みちを登らされるよりいいですよねぇ~♪」なんて言っていたし、そうホントにそう思っていたのだよ。PC6を出るまでは。


芝川のPCの裏から出て、踏切を越えたらキツイ登り。樹海を突っ切るK71に行くのと途中まで同じルートで登って行く。
途中から田貫湖・朝霧高原の方へ。
登っても登ってもどこまでも続く登り。結構斜度あり。 集落を縫うように登り続ける。



神奈川600をDNFしているので、これを落としたら後がないのだが、時間内にゴールできる気がしなくなってきた。今からエントリーできる600ってあったっけ? とかいろいろ考え始める。 
なんかもうブルベで走るのが嫌になってきたり。。


田貫湖を過ぎたあたりから時々見覚えのあるような景色が。。(^_^;) ボーイスカウトの日本ジャンボリーの場外プログラムでこの辺に来たっけな。 

いつだっけ? って調べたら2010年8月の話。まさかその後何年もたって自転車で通るとは思っていないし、どこにどんな坂があったとか全く記憶にないけれど。



やっとR139に合流。 でもまだ本栖の交差点まで10kmもある~(;へ:)



本栖から向こうは見当がつくのだが、ここから本栖までってどうなってたっけ??
 …どうやらまだまだ登るらしい。。(-_-;) 間に合うのか?

道の駅?んなもん寄ってる場合じゃないっ!! 山中湖の最終PCまで40kmちょい。間に合うのかなぁ びみょ~。。。どーにかこーにか本栖の交差点到着。



あのうんざりする本栖みちを登らなくてヨカッタ♪ なんて喜んでいたけれど、とんでもない。

波高島より川下の芝川から本栖まで登ってくるわけだから、本栖みち以上に登らなくてはならないということにここに至って初めて気がついた。 

本栖みちなら先がわかる分、あとどれくらい って見当がつくけれど、こっちはさっぱり見当がつかず。より辛い。 だからと言って本栖みちを登るのも嫌。



本栖から精進湖まで登るイメージだったけど、ちょっと下がってから登るらしい。 精進湖までじゃなくて西湖まで登る。 西湖から河口湖まで下り。


山中湖のPC7にさえ間に合えば後はなんとかなりそうなので、本栖以降、なりふり構わず踏んで踏んで踏み倒す。(回す…ではないのがなんともだけど。。)


河口湖から山中湖への登りはやっぱりいつものように眠くてキケンだったけど、それでもなんとかマージン1時間弱で山中湖のPCに到着。


ここまでくれば、後は多少ペースを落としてもゴールに間にあう …はず?


山伏峠を登って道志みち。 何か所か登る所があるけれど概ね下り基調なので助かる。



青野原のあたりで薄日が差してきた。レインウェアを脱いで軽快に走り去るぶるさんを見習って、レインウェアを仕舞って腰みのを引っ張り出す。


青山から登って串川橋。
串川橋から先、最近は一時期の酷い渋滞がなくなって、以前のように交通量少なめな道に戻ったようだ。


圏央道工事で道筋がちょっと変わっていて、串川橋から相模川方向に自転車で走るのは久しぶりなので、間違えたか? と一瞬とまどうが見なれた宮原の交差点を見て一安心。


でも今回は宮原で曲がらず直進。 旧小倉橋から川沿いの道を行く。


これが曲者で結構なアップダウンがあるのはよく知っているところ。 
でも日曜の夕方なので工事のトラックがいないのはずなのでよしとしよう。(最近はすっと圏央道工事でトラックが多いの)



実は昭和橋手前で、道路の段差にタイヤを取られてコケそうになった。
慌ててハンドル切って立て直したけれど、大きく右に切ったので、道路に大きくはみ出したΣ( ̄ロ ̄lll)
すぐ後ろに車がいなくて本当にヨカッタと思ったのが今回一番のヒヤリ(-_-;)



昭和橋からは、まんまいつもケルビムに行く道なので、どれだけ登らされるのかはよく知っていて半分無意識に登れるレベルかも(^_^;)


38時間46分だったかな? 1時間ちょっと残して、どーにかこーにか、ゴール着\(^o^)/


とりあえず、これで今年もSR確保♪

20140621_15


着くなりコースディレクターの828さんには「もう来年は出ないっ!!」って叫んだけど。。
 …すぐしんどかったことは忘れてしまうので、このコースにSRを懸けて走るのでなければまた出てもいいかな? とか思ってみたり。。


ゴールでみなさん口をそろえて、
「冷川峠、富士見峠、山伏峠 名前のついている有名な『峠』はたいしたことがないけれど、七里岩ラインや下部温泉手前や朝霧高原に行く途中の名もない峠がたいへん」とおっしゃる。 ホント同感っ(~_~;)



亀太郎の旦那さんがお出迎えに来て下さっていて、道向こうのモスバーガーへ。

ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい、嬉しい♪   でも、ずいぶんお待たせしたようで申し訳ないです。
しばしお話して帰る頃には顔見知りはほとんど帰った後?




さっき来た道を戻って帰るのが一番しんどかったかな?



昭和橋からは川沿いに。


眠気でフラッとしても大丈夫なように座架依橋からはなんちゃってサイクリングロード?(歩道)を走る。


れ? 暗いからよくわからないけれど、ずいぶん様子が違ってる。

植え込み?があったはずだけど、道幅が広がっていて、植え込み?だった所はまだ舗装されていないような。。? 

河川敷も前の木や草がボーボーだったはずなのに、刈り取られているような。。? 暗いからよくわからないけれど。。




家に着いて、玄関に上がったものの、自転車のお世話をしなくちゃなぁ と思いながら、そのまま行き倒れ。



いつも帰ったら手洗いうがいをするより前にまず自転車のお世話。

フレーム拭いて、タイヤ拭いて、タイヤの空気をちょっと抜いて、チェーンに油差して、チェーン位置をインナートップにしておくだけだけど。。

ご近所でお散歩した後もまずは自転車のお世話から。 手洗いうがいはそのあとなで、当然飲み食いもそのあと。 帰ってすぐやらないとそのまま放置してしまうので、ある意味自分に義務づけたお帰りの儀式のようなもの。


今回は雨の中を走ったから、その前にお風呂場に持ち込んでジャブジャブしなくちゃ。。

  …なので、タイヤはずして風呂場に持ち込む気力がないまま、その場で行き倒れ。


確か鳥坂600から帰った後も玄関で行き倒れてなかったか? あの時はくつを履いたまま転がっていたので、くつを脱いでいるだけ、今回はゆるかったのかも。。



窓が開いていたので寒くて2時すぎに目覚める。
ブルベ中でもないのに、なぜに行き倒れ? しかも家で。。



自転車のお世話をして、洗濯物を洗って、自分自身の洗濯?をしたらすでに外は明るい(-_-;)


翌日(すでに当日?)は仕事なので、やっと布団にもぐりこんで1時間半くらい? あぁ、家にいるのにお布団が果てしなく遠いことよ。。


AJ西東京のみなさま 途中でお相手をして下さったみなさま ありがとうございました(*^_^*)
600は魅力的なコースが多いけど、楽な600はない。いやぁ~、今回はホントにしんどかった。






おしまい

------


今回お見かけした女性参加者はみなさんパートナーが一緒。そしてみなさん速いっw(°o°;)w
お気楽にソロでフラフラ走っているのは私くらいかな? ということに改めて軽く驚きを感じてみたり。。。
別に今更驚くことではないけれど(^_^;)

人と走るのはどちらかというと苦手。 超マイペースなので好きな所で停まって写真を撮ったり飲み食いしたり、フリーダムだから。。

何より私に合わせてペースを落として走ってもらうことに申し訳なく思うし、私もお気楽好き放題に走りたいから。
なので程よいペースで走っている方の後ろに離れ気味につかせてもらうことはあるけれど、わざとタイミングをずらしたり、知り合いと一緒になっても先に行ってもらったり…。
短い距離をグルメなどでご一緒する時は目的が違うので 申し訳なく思いつつも甘えてしまうのだけど、長距離のブルベになると各自の認定も懸るから話は違う。

覚悟を決めてずーっと一緒で頑張れるのはFlecheくらいかな? あれは同一行動が大前提だから、最初からそのつもりだし、FlecheにはFlecheの楽しみがあるので楽しい。 ご一緒して下さるメンバーにはご迷惑をおかけするけれど。。



PBPなどで海外に行くと女性一人でフラフラ走っていると 「あそこの国はどうなってるんだ?」と非難されるとか小耳にはさんでいるので、ちょっと気になる~。

2014年6月27日 (金)

BRM621西東京600諏訪湖 その1

AJ西東京初正式開催の600を走ってきました。 


去年秋のトライアル600は走っていないので、お初の600コース。 いやぁ~キツかった。。
私の中ではあの鳥坂600に匹敵するしんどさだったかと。。

20140621_2

町田~中伊豆~沼津~身延~韮崎~諏訪湖~市川三郷~身延~芝川~朝霧高原~山中湖~道志みち~町田 



-----



前日は偶然出勤調整でお休みだったのだけど、諸事情によりゴロゴロお昼寝しそびれる。


夜も早寝し損ね、2時起きなので、せめて4時間寝られれば… と思っていたら、1時頃帰ってきたヨッパライに起こされるし。。(本人は静かにしているつもりでもガサガサしてたら起きるってば)




いくら日が長いといってもまだ暗い3時すぎに家を出る。それでも町田に着く頃にはすっかり明るい。

20140621_14_2

スタッフのみなさんや、距離を間違えてたそうで珍しく(失礼っ)ブリーフィング前に受け付けを済ませたとり。さんや、常連のみなさんにごあいさつ。



ブリーフィング

20140621_01

装備チェック後、スタート。最初はだんご状態。


そんな中、後ろからびゅーんっとやってきて、あっという間にはるか前方に消えていくとり。さん(^_^;)



西東京いつものコースで江ノ島へ

いつものコースとはいえ、私はいまだにキューシートとGPSの地図が必要かも。。

20140621_02



江ノ島で通過チェックのクイズポイント

20140621_03



今回初の試みで、『クイズの答えをメールで送れ』との指示。

答えを送信するアヤシイ面々

20140621_04


リスタートしようとしたら、嬉しいサプライズ♪

誰か手を振る人がいるなぁ と思っていたら、AJ神奈川のT中さんでした(*^_^*)

偶然だそうですが。。 ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい



江ノ島クイズポイントで適当にバラけたようで、以後マイペースに一人旅♪



PC1がほぼ140km地点なので、途中で休憩しないわけには…。 ということで、スタートから70kmくらいの小田原でコンビニにピットイン。

どうせなら…とFlecheの時の最終PCで休憩(笑)

20140621_05


伊豆のトンネル迂回は熱海の最初んとこだけでいいらしい。


上を見上げると熱海城(笑)

20140621_06

いや、もちろんホントの城じゃないのは知っているけれど。。



伊東で「前を行くピンクのハデな亀太郎ジャージはけーこさん?」と声をかけられて、振り返るとぶるさんだった。 端っこに『BAR Madame』って入っているのには私もその日の朝に気づいたんだけどね(^_^;)


ぶるさんと飲み会以外で会ったことない~ って思っていたけれど、去年の宮城1000で釜石のPCで会ってるらしい。 そーいえばそうかも~。 その辺の記憶がけっこう曖昧。



そこへ突然横の道から現れるとり。さんw( ̄▽ ̄;)w



なんでも膝が痛いそうで薬局に寄り道していたとか。。(それでも時間が合わないと思っていたら、その前に早川漁港でしっかり朝ごはんだったらしい)



膝が痛いとかなんとか言いながらも冷川峠への登りが始まったとたんにぶるさんと一緒にはるか前方に消えて行ったけど。。



ヘロヘロノロノロと峠道を登る。 カンカン照りではないけれど、蒸して暑い。



真っ暗な夜に逆方向から下ったことしかないので、昼間見たらこんな風景なんだなぁ と伊豆のうっそうとした山を眺めつつやっとたどり着いた冷川トンネル。

20140621_07


峠を越えたら修善寺まで下る …はず?



下って横瀬で右に曲がったら、伊豆熊坂のPC1まであと少し。
PC1のローソンにはイートインコーナーがあって嬉しい。




クローズ時間までのマージン約2時間。 私にしてはまぁまぁのペース。 まぁここまで140kmほどあるからこんなもん?




PC1を出たら、途中から ん? ここ別のブルベん時のコースよね? な場所を通り、沼津から富士川へ。



途中で無性に飲みたくなるカルピスソーダ(^_^;)

20140621_08

ん?? あれ???  沼津あたりでGPSが地図を表示していないことに気づく。


コースはピンクの線で表示されていて、現在位置は小さい三角矢印でピンクの線の上に乗っかっているのだけれど、地図がないのでコース以外の道その他地名がない。。 
沼津周辺はどこだかわかるからいいようなものの、知らない場所では 全くのここどこ?状態だよ。。


沼津から富士川に向かう松林のK380は眠い。いつも眠い。。なので苦手。

一瞬ウトっとする横を車がスレスレで通り過ぎ、「×▼♯◎♭◆□Ωω!!」と言葉にならない叫びで何度叫んだことか。。



富士川を渡って右に曲がったらまもなくPC2。
PC2のマージンもほぼ2時間。



ここでもとり。さんがあとから現れて驚く。 沼津でかき揚げ丼を堪能してきたそうで。。

あの丸天のかき揚げ丼をブルベ中によく食べられるなぁ とその胃袋に驚嘆してしまう。

満腹なのでもう寄り道しない なんて言いつつ、まだまだ寄り道するくせにぃぃ。。



あちこちであじさいがキレイ

20140621_09

ここはちょうど富士川沿いにあじさいが植わっていて素敵

20140621_10

夏至の夕方、やっと顔を出した太陽。

20140621_11

晴れてはいるけれど、ずーっと明るい曇り空でそれまで太陽を見た記憶がないよ~な。

走っている時はそれほど感じなかったけど、波高島で富士川を渡る時、川下からかなりの風が吹いていることに気づく。

登っても下ってもいつも向かい風と言われる富士川沿いだけど、夕方北上する分には追い風になるらしい。

延々と富士川沿いを北上し、途中から高速道路(中部横断自動車道)の側道を北上し甲斐双葉のPC3に着く頃にはすっかり真っ暗。

ここでのマージンほぼ3時間。

ガリガリ君梨の向こうでほほ笑むアヤシイ人(^_^;)

20140621_12



PC3を出たら、七里岩ラインへ。

ブリーフィングでトライアル600の参加者が口をそろえて「入り口が間違いやすい」「まさかこっちじゃないよなぁ な凶悪な上り坂」と注意してくれていたおかげで、なんとか間違えずに七里岩ラインに入る。


結構な登りがあちこちにあるけれど、家や畑が結構あって住宅地? GPSを見ると帰りのルートが並行しているのでR20に並行して走る尾根道なのかなぁ?? 暗いからよくわからない。(後で聞いた話によると昼間に通ったら景色最高らしいけど。。)


前方から来る車のヘッドライトを見て、まだまだ登るんだなぁ とげんなりしたり。。。


結構凶悪な七里岩ライン(T△T)


小淵沢からR20へ。 R20に合流してすぐの蔦木の道の駅に寄る。 いつも素通りなので立ち寄るのは初めてかも。


眠いのでちょっと寝る場所を捜して。。 


屋内にトイレがあって、その前に長いベンチが…(*^_^*)


2人ほど座ってお休み中の参加者あり。 私も座ってしばし目を閉じる。  トイレの前だけど(笑)


一瞬くらいは意識が飛んだかな? 15分ほどでリスタート。



富士見峠を登り始めた所で、ポツポツ降ってきた。



富士見峠でほぼ300km。ちょうど半分(*^^)v

20140621_13



上だけレインウェアを引っ張り出したのはどこだったかな? ポツポツ雨が降る中、諏訪湖へ下る。







つづく

2014年6月19日 (木)

捨てないけどね(^_^;)

新しい猫目フロントライト↓が届いたのは昨日。


今朝、ふと見ると一昨日まであんなにレンズに水滴ビッシリだったはずのDOSUNのライトのレンズがクリアに。。

20140619

えぇぇぇ~、うっそぉ~(^^ゞ




新しいライトが来たし、いつまでも水滴ビッシリのままでは捨てられると思ったのかも。。。

2014年6月18日 (水)

雨の日の代償

20140618

お財布が痛い。。。(;へ:)

2014年6月15日 (日)

ビールゼリー

雅藤の父の日スイーツ

Dsc_1262


うん。確かに後味にビールの味がする  …かも。。

でっかい焼きそば弁当

大きさ比較のため、横に置いた箪3電池 …が小さい。。

Cimg9011

中にはそばが2段鎮座

Cimg9013

お湯も500ccくらいじゃ足りません。 あとで見たら700ンccって書いてあったかな?

使ったお湯を一部利用する粉末スープまでついている。

とにかくすごいボリュームです。


当然カロリーも。。 堂々の 1169kcal Σ( ̄ロ ̄lll)

Cimg9012

おいしかったぁ~♪ もちろん完食(*^^)v



Mちゃりさん、ごちそうさまでした♪(*^_^*)

開成町のあじさい祭ポタ

Mちゃりさんから「土曜日、シルキーさん主催の開成町の紫陽花ライドに行くよ~」 と連絡をもらった。

「週末までに退院予定だけど、自転車が退院したら~」ってお返事したら、Mちゃりさんたら店長に確認の電話まで入れて下さったそうで。。(^_^;)

最近たびたび自宅内行き倒れ状態なので、金曜日に引き取ってきた“ぶーちん”のDi2のバッテリーだけは充電したものの、他は何の準備もできないまま、気づいたら朝だった。。

尾灯をつけて、外したままのバッグ類を戻して。。 最低限のものだけつけて、空気を入れたらもう出かけなくてはいけない時間。。 あぁ、朝はいつも余裕がないの(;へ:)

ンドル回り、最小限。久しぶりにフロントバッグなしなので、上からタイヤが見える(笑

20140614_11

 
軽くなっているはずなのに、よくわかんないのがなんだけど。。
bicisport前で第一集合、本体集合は二宮のローソン。

20140614_01 

お久しぶりの利布創さんから手作りのマカロンポーチを頂きました♪

20140614_13

中もこんなのでかわいいの

20140614_14

ちょうど緊急用の500円玉を入れるのにいいサイズだけど、使うのがもったいない。。
SSRな人、DBKな人、しまだ組な人。。。 お見送りの方も含めると20名以上。。 すごっ。

C704469cf9468159c950f565c660ed34 写真提供:シルキーさん

何人もの方から 「ブログ見てます」 と声をかけて頂くが。。。

お恥ずかしい。ロクなこと書いていないブログだというのに。。

先々週の灼熱地獄と先週の滝行が嘘のような晴れ渡った空♪ …でも風がそよそよ吹いて絶好の自転車日和。

今週茂木600に出てる人たちは気持ちよく走れているだろうなぁ いいなぁ。。

(…と思っていたけれど、実際はシャーマン大活躍で茨城だけ雨降ってたいへんだったらしい)

R1親木橋から山方面に向かい、酒匂川の土手を走ったりしつつ、開成町のあじさい祭会場へ。

会場は人がいっぱい、まずは隣のハナアオイまつりの会場へ。ランチの集合時間を決めて、一旦解散。

あぁ、よく見かけるこれがハナアオイなんだ。

7cc71023939e72d6b38f0fb762a4ffa4 写真提供:シルキーさん

20140614_02

 

ちょっと寄り道してきたMちゃりさんから、Mちゃりさんお気に入りのメンチカツを頂く♪20140614_03

ほんのり甘くてこれはおいしいっ!!
その前のコンビニ休憩で飲んだ飲むヨーグルトが効いたのか、実はメンチを食べてる時以外はロクにお花を愛でるどころではなく、トイレにこもってばかりだったりするのだが。.
再びあじさい祭会場へ

E51cf7d60ca2d9c7f9820d76a4b60946 写真提供:シルキーさん


20140614_04
雨の中自転車に乗りたくはないけれど、あじさいはやっぱり雨が似合うのかも。。 今日はお天気良すぎてあじさいが霞んでる。。

214061401 写真提供:しまださん

 

集合写真より、集合写真を撮ろうとしている人たちの方がおもしろいかも(^_^;)20140614_05

 

 何人いたんだっけ? 総勢十数名でランチ♪

85bec997017acee9d9406f57bbba6c8b 写真提供:シルキーさん 

20140614_06 

ランチの後はジェラートを食べに。。 
山北町のヘルシージェラートさん
このジェラートは『なでしこJAPAN 紅茶&桜』

20140614_07 

 他にもおいしそうなジェラートがいっぱい。 

ちょっとわかりにくいけど場所を覚えておいて、山北方面に行ったら寄らなくては。。

お店の外には自転車がズラーっと 壮観!!

20140614_08 

そろそろ帰ろうかなぁ? という時、お店のご主人から 「新商品の試作を食べてみて~」 とキウイの甘露煮を頂く。

20140614_09 

もうもう、めちゃんまっ♪♪

梅の甘露煮も味はこんな感じかな? きっと梅より固めで歯ごたえあり。酸味があって甘くて、キウイって聞かなければわからないかも。

100g(6個くらい?)1500円で販売予定で、キウイの甘露煮を入れたジェラートも発売予定だそうです。

キウイの甘露煮の入ったジェラート食べてみたぁ~い♪   

っというわけで、また行かなくちゃ。 場所は山北高校の近く って覚えておいて、記憶をたどればなんとかなるかな?(^_^;)

新松田から輪行する林檎さんたちを見送り、別ルートから帰る利布創さんを見送り、人数減りつつ、中井のブルックスでアイスカフェラテ休憩。

20140614_10

28884ef7ed63bac523471c38bc474c9a 写真提供:シルキーさん

いつも素通りで初めて立ち寄ったけど、店内には足湯があるのに驚いた!!

リベールさんとazukiさんは足湯でくつろいでいてちょっとうらやましかったり。。でも靴を脱いだら履きたくなくなるし~。

外のテラスも気持ちよかった♪

え?あ?お?? こっち??? と、覚えきれないしまだ道を走って、徐々に解散。

最後にお店に向かう店長と遭遇(^_^;)

店内一掃セール中(嘘)

20140614_12

MちゃりさんのORBEAとリベールさんのCOPPI、私のORBEA。並べてみたら、3台とも同じ色づかい(笑)

お名前を覚えきれないけれど、顔見知りが増えました。
遊んで下さったみなさま、企画して下さったシルキーさん、ありがとうございました♪

2014年6月12日 (木)

BRM607埼玉400日光&ビーフ その2

大田原のPC3で、コースの半分弱終了。 ここから一旦常陸大宮に行ってから帰る方向で。 



PCで一緒になったさとう隊長からこの後のコースのレクチャーを受ける。



PC4まではゆるい丘があって、PC4のあと、ビーフラインは間に集落を挟んで前半後半に分かれているけどこっちからは下り基調だから楽勝 と。



ライト点灯はPC3の前だったか後だったか。。そんな時間。



PC3を出ていざ走り出してみると、ゆるい丘? どれが?? なんか登りがいくつもある気がするんですが。。。



常陸大宮のPC4。


さぁ、今回のタイトル名でもあるビーフラインはこの先だ(^_^;)

広域農道らしいアップダウンが始まる。 

近くを走っていたさとう隊長に「どこが下りなんですかっ??」って叫んだら


下り基調だから…」って返ってきたよ。




登りでチェーン落ち1回。 ビーフラインは明るい時間に通ったら、もっと気持ちいい道なんだろうか? 暗いからよくわかんない。


那珂川の大桂大橋を越えた所で、再びビーフラインの表示があり、再び暗い道が前方に続く。


えぇぇ? 集落って聞いてきたのは途中にあった小さな集落のことじゃなくて、街の間違いでは??


あぁもう、牛が嫌いになりそうだ。。
ビーフラインって結局どこからどこまでなんだろう? と下調べ不十分を露呈。 笠間までかな? それを過ぎたらその先は道祖神峠だよ。。


曲がる所を見落としてミスコース。 すぐ気がついて戻ったからよかったけど、コースアウトをチェックするのは完全にGPS頼り。



たびたび睡魔に襲われるが、雨なので今回はさすがに道端のどこででも寝るわけにもいかず。。 途中、椅子がいっぱいあるバス停を見つけて椅子に座って15分。一瞬意識が飛ぶくらいで寝てないけどそれでも少しまし。


道祖神峠は以前茂木600に出た時に通ったことがあるが、やたらとしんどかった覚えがある。実際には登って下って20kmくらいだろうか? 




今回は雨降ってるし、ガスってるし、ソロだし、時間も時間なので、何やら見てはいけないものが見えてしまったとしても不思議ない気がするが、怖いとかいうより何より、とにかくここを越えないと帰れないのだから、何としてでも越えて行くしかあるまい。



へぇこら登って、やっとピーク到着。 あとは下れば今回の懸念箇所は終了。 …なはず?



街まで下って、眠いのでバス停横のベンチで寝ようと思ったら、横に屋根ありドアつきベッド?つき、自転車持ち込みで室内管理可の『待合室』という名の豪華物件を発見♪♪



とりあえずタイマーセットは15分にしてベッド?(木のベンチともいう?)に横になる。 が、途中で近くの自販機のガタンっていう音で目が覚めてしまった。 とりあえず15分いっぱいはごろごろして過ごす。せっかくの豪華ホテルなのに利用時間が短いのは残念だが、先を急ぐことにする。



巡回中? パトカーが停まっていて、おまわりさんがレジでいろいろ事情を聞いている風だったのはかすみがうらのPC5だったかな?


自転車が何台も夜中に走っているけど何? って話なんだろうか?



PC5を出る頃には空が白み始め、常総市のPC6に向かう途中で夜が明けた。



眠くてペース上がらず。。 今回も睡魔に負けてしまうのか?


眠さの管理は初年度から変わらず最大の課題。 どうしたらうまくコントロールできるのだろう?

ブルベの前週は寝だめ週間にして早く寝て寝だめしようと思ったこともある。 が、私のベストな睡眠時間は6時間くらいらしく、9時に寝たら3時、10時に寝たら4時にに起きてしまうのだ。 そのままそんな時間から起きていたら結局毎日眠さが取れなくて寝だめ週間失敗。

寝不足気味でも眠気を封じ込むスイッチが入ればいいのだが。。



眠気封じスイッチ、ボクのははどこにあるんだろ~?(^_^;) ♪ とでも歌ってみるか。



今にも降り出しそうな雲を見た瞬間、降る前に!! という強い思いだったり、要は気合の問題なのだと思うが。。


時計を見るとまだ時間はあるものの、あまりにちんたら走っている場合ではない時間。


真っ暗な道祖神峠を越えてきたというのに、こんな所でタイムオーバーになるわけにはいかない   …と思ったら、そこで眠気封じのスイッチが入ったようだ。やった(*^^)v



途中でかなりの土砂降り。 今回、強弱はあるものの、結局最初から最後まで雨に降られっぱなし。



土砂降りの中、ふと我に帰る。 



今まで雨が降っても気にせず走ってきたが、雨ならDNSでもいいんではないだろうか? と。 



雨の中でも走ることに問題はないが、フレームは炭なので錆の心配はないものの、パーツは錆びるものもあるよなぁ。 ついているものひとつひとつ決して安いものではないので水没させて買い直すのは馬鹿らしい気がするし。



途中、道路の低い所が川になっていたりで、あふれる川の中を走行するようでどこが路肩だかわからなくなった一昨年の北海道パラダイスウィーク最終日の降りっぷりを彷彿とさせる。 

あの時の降りの方が酷かったけど、あの時は雨が降っていない時間帯もあったよなぁ。。 今回のように最初から最後まで降っているのは初めてかも。



PC6を出てしばらく行ったら、往路と同じコースを走ってゴールに向かうだけ。


眠気を封じ込めても、車が来ないような場所では時々瞬間的に意識が飛ぶので、土手から落ちそうになったり…。

20140608_01

行きに撮りそびれた醤油工場

20140608_02



江戸川?

20140608_03

水量増し増しで普段は水のない所に生えていると思われる木が、水の中からブロッコリーのように突き出していてシュール。





そして24時間55分でやっとゴール着♪

20140608_04 写真提供:クロサワさん




ゴール受付で出走者リストを見たら、DNSの嵐だった。そりゃそうだよなぁ ある意味正しい選択ではないかと思うけど(^_^;)



無事ゴールに帰って来れました。オダックス埼玉のスタッフのみなさま ありがとうございました(*^_^*)



ブルベは距離が長いので普通どこかで雨が止むタイミングがあるのに、こんなに最初から最後まで降られたのは初めてかも。



途中のPCで、どなたかが、 滝行と今回と浴びた水の量とでは浴びる量が多いのはどっちだろう? なんて話しているのを聞いたが、 先週は灼熱地獄で今週は滝行かぁ。。 ブルベはホントに身体に悪いお遊びだ。



車で思いっきり寝てから帰宅。 バスタオルを持って行っていくるらいなのに、なんで着替えを持って行かなかったのかなぁ。。 ビショ濡れだけど、着替えられないので、車に常備のフリースの膝かけ毛布を巻いて冷えないように。。



なので今回も風邪引かず(*^^)v



帰ったら、まずドロドロの“ぶーちん”をお風呂へ。 すでにチェーンに錆が浮いている。洗って拭いて、油を差そうとしたら、後輪からチャプチャプ音。



秋にホイールを変えてから1回もパンクしていないので、初めてタイヤをはずす。



前のホイールの時のパンク修理の苦労は何だったのかと思うくらい、すんなりタイヤの嵌め外しができて嬉しい。 これなら出先でパンクしても苦労しなくて済みそうだ。


自転車につけているものを次々外す。 バッグ類も洗って干す。


携帯ポンプは口にラップを巻いていたが、そんなもんでは足りず、本体からジョバジョバと水が滴り落ちる。水を抜いて、干して、復活…するかな?


GPSもライトも電池を抜いて、蓋を開けて乾かす。
ライトのガラスの内側に水滴がいっぱいついているΣ( ̄ロ ̄lll) 

20140608_05

最初はスイッチもおバカになっていたのだが、何度か触っているうちにスイッチは変えられるようになった。

防水じゃなかったのか?? とは思うが、雨に降られっぱなしで中に水が入ってしまったらしい。


これが猫目ならメーカーに分解掃除?に出せるかもしれないが、DOSUNはどーしたもんかなぁ。。


ドライヤーで乾かそうとしてみるが、ガラス内側の水滴は取れず。 今は使えてもそのうち電源が入らなくなりそうで、やはり買い替えなくてはならないのだろうか?



GPSのラミネートフィルムも表面がモロモロしてきた。

20140608_06

ラミネートフィルムをポチったのだが、間違えて2か所に発注をかけてしまったよ。。



あぁいらぬ出費。。 やはり雨ブルベの代償は少なくないらしい(-_-;)



--------


追記
レインウェア着用の時は腰みの(サイクルスカートとかいう名前も。。)は外そう。 トイレのたびにレインウェアの中にしまうのがめんどくさいし、ビショビショで重い(-_-;)


追記2
夜以降、寝床を捜してキョロキョロしていたのだが、誰も寝ている人を見かけなかった。
雨の中なので、さすがに私も道端では寝られないなぁ とは思ったが、 ここならいい寝床では? と思う場所にも全く自転車や参加者を見かけることはなく、ファミレスやコンビニにも停まっている自転車を見かけることがなかった。
みなさん寝床のクオリティーが高いのね。
…というか、私が遅すぎて、誰か寝た人がいても撤収後だったのかも。。(^^ゞ



追記3
フロントライトは結局買い換えることに。。 
販売会社にメーカーに送って分解掃除してもらえないか問い合わせてみたところ、結露だから使用しないで放置しておけばそのうち乾いて問題なくなる って回答をもらったんだけど、どう見ても結露っていうより、水入ってるんじゃね?な状態。
次のブルベには間に合わないので、試しにそのままDOSUN使ってみるけど、北海道1200に使うのはさすがに不安なので。。
あぁ、お財布が痛い(;へ:)
2014.6.15

BRM607埼玉400日光&ビーフ その1

オダックス埼玉のブルベはアタック小田原城には毎年参戦していたものの、あれは半分地元みたいなもんなので、ほぼ初めての埼玉のコースと言ってもいいかも。 初めておぐらさんのとこに参加できました♪



見ず知らずの土地で見ず知らずのコースだというのに、前週は神奈川の興津600なので、そちら優先で、興津600が終わるまで準備は全く手つかず。



いざルートラボでコースを引こうにも、スタート直後は名無し信号の細かい右左折が多くてよくわからない。あまりにも時間がないので、今回だけはネットの海からどなたかが引いてくれたルートラボのコースを拾ってきて、ガーミンの地図に流し込んだ。その後、キューシートのポイントをポチポチ打っていく作業はいつも通り。


梅雨入りしてあいにくの雨予報。 前に買ってあった泥除けをつけようとして……。 あれぇ?どうすんだっけ?? 
しばし悩むも、前夜にすることじゃないな と思い、泥除けなしで後ろの人ごめんなさい ということにして、さっさと寝る。


家を出る時から結構な雨。後で知ったけど、この時うちの近辺は警報出てたんじゃなかったかな?


東名高速から首都高、今回やっとうちの古いナビでは案内してくれない大橋JCTを通る。
大きな立体駐車場のらせんスロープを思わせる大橋JCTを下ると長い長い山手トンネル。
ここで火災や事故が起こったらどうなるのかな? 渋滞ん時はどうしてるんだろう?? いらぬ心配をしながら埼玉へ。


スタートの出羽公園に着いたのは6時頃? 雨はほとんどなし。 降ってないうちに準備してしまおう と取りつけるもの取りつけて、空気を入れて、そのままズボっと車の中へ。
長距離を移動する時は安定が悪いのでひっくり返して前輪をはずすが、停めておくだけなら自転車をそのまま入れておくことが可能だと最近知った(^_^;) 横に自転車を入れて寝られる遠征車は便利♪


8時スタートなので受け付けが始まるのは7時。 それまで車の中でゴロゴロ。

雨だねぇ。。

20140607_01

すーさんに見つけてもらってご挨拶。 今回の参加者に顔見知りはほとんどいな… って、あーっ!! さとう隊長? あぁ、だから雨なのか。。ぼそっ。



ブリーフィングも人が少ない。 雨だからねぇ。。



雨で曇ったり見え辛かったりするのがストレスなので、今回はアイウェアはレインウェアの胸ポケットにしまう。 そして結局そのまま最後まで出すことがなかった。



出走サインをもらってスタート。



ルートラボを引こうとして、よくわからなかった所も先行者を追いかけて走るうちに大通り。

狙ってついて行ったわけじゃないけど、最初のうちはすーさんの後ろをくっついて走る形に。すーさんも後ろにいるか時々気にして下さっているようで申し訳ないような。。



野田駅のあたりでやたら醤油臭がすると思ったら、そうか、あの醤油会社の工場があるのか!(^_^;)



走り始めてから気がついたのだが、そーいえば600の翌週にブルベを入れない って決めてたマイルールは?? 

ブルベ初年度茂木600の翌週の直江津300で道端で寝転倒やらいろいろやらかして、私の中では橋(の横)から落ちる事件に次ぐ大事件の戒めとして、600の翌週はお休みを固く決めていたというのに。。

まぁ前週は結局300ちょいしか走れてないし、初年度の頃よりは経験も積んだので、走り込み具合によってはそろそろこのルールは撤廃でもいいのかもな。



今回のコース、PC1がいきなり104km先になる。 どこか途中で休憩しないとさすがに一気に走るのは無理。



道の駅思川にピットイン。 トイレに行っている間にすーさんもやってきたので一緒にうどん休憩。



しょうが肉うどんを注文したら、こんなすごいのが来ちゃったよ(^_^;)

20140607_02

食べて出たら、黒スコットさんがお見送りに来てくれてたよw(゚o゚)w

20140607_03 撮影:黒スコさん

予定があってのDNSだそうだけど、黒スコさんも走ればよかったのにぃぃ~。



それにしても、鹿沼のPC1まで遠いなぁ。。



PC1の手前でさわやかに挨拶して追い抜いていくオレンジの影が。。


え? って思っていたら、「今のクロサワさんだよ」 とすーさんが教えてくれた。


さすが速いなぁ。。 1時間後にスタートしているはずなのに、PC1に着く前に捕まってしまったよ(-_-;)



PC1をから日光へ。登り基調。雨止まず。

キューシートに『峠越え』って記載があったから覚悟はしてたさ。

20140607_04 デジカメのレンズが水滴で。。orz

でも明確な峠だけじゃなく、山道のアップダウンがいくつも。。 げろげろ~。


ひんひん泣きながら、人生初日光。

20140607_05JR日光駅


今もそうなのかは知らないが、関西の小学校の修学旅行の定番といえば伊勢志摩だったが、関東のそれは日光らしい。


うちの子たちの修学旅行も当然のように日光。「修学旅行のおみやげに買った木刀は学校に着くまで預かります」なんてお達しをもらってきたものだ。 

今回のコースでは日光の駅前は通るものの、修学旅行で行くような所は通らないけれど。。


東武線の日光駅の方? 名前を呼ばれて振り向くとすーさんが帰る所だった。 今回あまり体調がよくなくて、翌日用事があるので日光までで帰るかも って言ってたからなぁ。。 



すーさんに見送ってもらって駅前を通過。


日光駅前から今度は大田原方面へ向かう。PCは4kmほど先。


PC1こそ100kmオーバーだったものの、後は概ね4、50km程度でPCが設定されている。


大田原のPC3まではなだらかに下り基調だったかな? でも依然雨は降り続く。





つづく

2014年6月11日 (水)

BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その3

翌週のブルベの準備最優先で、ちょっと間が空いてしまいましたが。。


-----


飯田東かなえのPC3を出て走り始めたものの、眠くて…。



しばらく走ると左手にファミレスがあって、すぐ右にネットカフェがあったはず…はず? 見落としたのかお店が変わったのかネットカフェは見つけられなかったけど。



まぁどちらにしても寄る予定はないけどね(^^ゞ



PC3の次のポイントは58.5km先の「沢上」の交差点。 ここまでが眠い眠い。。



途中眠気でフラつくたびに、芝生の上や駐車場のすみっこなど、何回行き倒れただろうか。長くてもせいぜい15分くらい? どうせなら細切れではなくまとめてもっと長い時間休めばいいのだが、ちょっと休めば大丈夫な気がして出ちゃうんだよなぁ。。



途中、立ち寄った道の駅?には先客が2名、寝袋型のエマージェンシーシートでみの虫状態。


ん? KUOTA? ひとりはもしかしてよっしーさん??



途中で夜が明けた。 立ち寄ったコンビニのレシートによると上伊那の飯島らしい。 全然進んでないぢゃんっ(-_-;)



夜が明けてしばらくすると朝日に赤く染まる山々が。。
中央アルプス?

20140601_01



登る朝日

20140601_02


伊那のあたりは去年真っ暗な中で走ったのを覚えてる。今年はすっかり明けてしまっているけれど。。



去年は善知鳥峠の歩道で寝てたっけ、で、塩尻で夜が明けたんだったよなぁ と去年の記憶がよみがえって、チクチクとメンタルに攻撃をしかけてくる。



GPSの地図を眺めながら、伊那でコースアウトして杖突峠を越えれば茅野に出るんだよなぁ。 DNFを宣言すればショートカットしてそれもありかなぁ。。 とか思ってみたり。

杖突峠への道を過ぎても、もうちょっと北にもう一本?諏訪湖へ向かう道(有賀峠っていうのね)があるよねぇ。。うぅむ。

DNFショートカットコースを考えているうちに、やっと「沢上」の交差点を通過♪ さぁ次は善知鳥峠を越えて塩尻だ! 

少し走ると塩尻まで23kmの表示(21kmだったかも。。?)  まだ善知鳥峠があるけど、概ね1時間ちょいあれば着けるかな? ガンバロー!!



…と思った次の瞬間なのに、あぁどうして眠くてフラつく?



陽が昇るにつれて暑くなってきた。 塩尻から先のルートは単調で去年も眠くて眠くてたまらなかったのを覚えてる。 暑さと眠さでボーっする中、無事に安曇野のPC4にたどり着けるかなぁ?



事故救援時間をプラスしてもらえれば、ギリギリ間に合わないことはないような気もする



が、ギリギリ間に合うかもしれないからガンバレ!! と自分を奮い立たせることがどうしてもできないふがいなさ。



何よりも、ガンバロー! って思った次の瞬間に眠気てフラついていることが危険すぎる気がする。 



この先無理やり進んだとして、眠気てフラついて、車と接触事故やトラックに轢かれるとか、1つのブルベに救急車を2台も呼ぶことになってはいかんだろう。



思わず通りすがりの散歩中のおじ様に「ここの最寄駅ってどこですか?」と尋ねてみる。


宮木駅だと教えてもらうが、それは何線? って聞いたら飯田線だそうだ。


えーっ 1時間に何本あるのか知らないが、飯田線に乗るより中央本線から乗りたいかも。



塩尻までは行こうかと進みかけたり、駅の方に行きかけたり、杖突峠から行こうかと戻りかけたり、有賀峠から行こうかと考えたり…。



その場で10分以上、くるくる くるくる 回っていただろうか。



とりあえずDNFの連絡を入れる。 眠くてフラつくので… と言った瞬間、一番近い駅から輪行で帰るべきだと決心が固まる。



GPSの地図を見ると、ちょっと先に行けば辰野駅があることに気がついた。 辰野駅って中央本線じゃなかったっけ?



どうせ乗るなら辰野駅からにしよう。



道行く人に道を聞いたりしつつ、なんとか辰野駅到着。



コンビニで食糧を…と思ったのに、駅の周りにはコンビニも何もなし。えーっ?(-_-;)




お試しで入れてみたことはあるけれど、初使用の緊急用輪行袋。 

20140601_03

薄っすい生地なので、手のひらサイズでコンパクト。 最近はフロントバッグに常備している。 ショルダーストラップつきなので、運ぶのは楽。

今まで緊急用に持っていたパンダーニの輪行袋は厳しくチェックされたらどうなの? って思うと、緊急時に乗車拒否されても困るので買い換えた。


20140601_04

車を置いてきているので興津へ戻る。 


興津までの経路を調べてみると甲府で乗り換えて、あの身延線を端から端まで乗ることになるらしい。 電車に乗っているだけで5時間とは、自走するより早いとは思うけど、そんなに乗るくらいなら自転車で走っている方がいいなぁ。


ホームの端っこで待ってたら、電車が短くて、慌てて移動。




乗りこんでみたら、よっしーさんとバッタリ。 飯田線から乗り継いできたらしい。



中央本線でも辰野から一本というわけではなく、岡谷で乗り換えなくてはならないらしい。

めんどくさいなぁ と乗り換えてみたら、Iさんも一緒になった。あれぇ~?

3人で一緒に帰る。



甲府で乗り換えて身延線。 ブルベでさんざん横を走る身延線。

誰か参加者が走っていないかな? とキョロキョロ(^_^;)

車窓から見る富士川沿いの日差しが殺人的に暑そうだ。

20140601_05

こんな中を走ってゴールに向かうみなさんはたいへんだ。。


身延線終点富士駅でよっしーさんとIさんは東海道線に乗り換えるが私は富士駅で下車。


途中でさくらえびを食べてこようと思って(^_^;)



富士駅と富士川駅を勘違いしていたが、富士川を渡るか渡らないかの違いだけ。




時間が遅くなったので、由比駅近くの桜えび茶屋へ。



うどんそば売り切れでごはんもののみ。 そう聞いて帰っていく人が何人もいるくらいなので、桜えびのかき揚げには麺類の方がいいのかな?



桜えびのかき揚げ定食

20140601_06

桜えびがサクサクでんまんま♪



ホントは由比の宿場町でくらさわやに寄ってみたかったのだが、後で横を通ったらすでに営業時間が終わっていた。



途中で甘夏とびわを調達

20140601_07

甘夏は100円。

びわはちょうどどこかへ出す売り物? を箱詰め中だったようで、「欲しい」って言うとちょっと困った顔をされた。 売り物にならないのでよければ、こっちの方がおいしいから と譲ってもらったけれど、100円じゃないのかぁ。。



DNFの連絡済みだけど、ゴールには立ち寄る(^_^;)




走行中のINGさんがゴールするまで時間がありそうなので、健康ランドのお風呂でのんびりしまくり。



サイコンの走行距離は336km。



600km走るつもりのところの300kmちょいだからダメージはほとんどないけれど、ぬる風呂でアイシングしまくり、ジェット水流で膝やら脚やらマッサージしまくりで、身体をすっかりほぐしたら、後は車で寝まくり。




ゴールしてお風呂でサッパリしたINGさんに起こしてもらって、渋滞が解消したころ高速道路に乗って帰宅。

いつもは眠くてたまらない帰りの高速道路だが、INGさんとずーっとしゃべっていたおかげで眠くならずに済んで助かった。 INGさんはとても眠そうでつきあって頂くのは申し訳なかったのだけど。。




AJ神奈川のみなさま、参加のみなさま、お疲れ様でした。 ありがとうございました。




今年はWSRのつもりで臨んだ一つ目の600だったけど、DNFで終わりました。

申し訳ないけれど、ホンネを正直に言えば、接触事故がなかったら暑さにやられながらもヘロヘロでゴールできていたのかもしれないなぁ と思わないわけではありません。



塩尻まで1時間強? って思った時点で塩尻にいたらきっと先に進んでいたでしょう。 その結果ゴールできたのか、眠さで事故って救急車を呼ぶハメになったのかは仮定の話なのでわかりません。 が、眠さに負けて事故っていた可能性はかなり高いと自分では思っています。



DNFは接触事故云々より、眠さを封じ込められなかった自分自身の修行の足りなさでしょう。 もっと修行を積めってか?(^_^;)



少し時間がたったけど、お怪我された方はまだ痛いかなぁ?大丈夫かなぁ? と心配です。



病院に付き添った後、しっかり完走されたべいさんはすごいです。改めて尊敬します。見習わなくちゃなぁ。。

2014年6月 3日 (火)

BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その2

スタート受け付けをしてもらって、自転車を組み立てて、ブリーフィング。



今回は部屋いっぱいの参加者(^_^;) 顔見知りも多数で挨拶しきれない。 

20140531_01

来る途中も御殿場は霧でちょっとガスっていたけれど、気温が高いのか出走時間近くなっても靄った感じはなくならず。 えぇぇ?晴れる予報じゃなかったのぉぉ?


まぁ、おかしな人がこんだけ集まっているんだから、雨が降っていないだけマシ。


装備チェックと出走サインをもらったらそれぞれにスタート。



ブルベでお馴染みのコースとはいえ、キューシートの2行目がいきなり23km先ってどうよ? って感じだけれど。。 ブルベ初参加の人がいたら(600だからいないよね?)誰かについて行かないと困るだろうなぁ。


長丁場だから最初っからマイペースで早々にソロ。 気づけば列車と列車の間に入っていたようで、いちごロードは前後に誰も見えない状態。




さすがに早朝のいちごロードはお店も開いていない。

20140531_02

っていうか、いちごの季節以外はここのお店ってどうなっているんだろう?



いちごロードが終わる頃、後ろの列車に追い抜かれる。




今回は大崩海岸が通れないので宇津野谷峠へ。



このあたり、同じではないが、びみょ~に今年のFlecheのうちのチームのコースと被っていて懐かしい。


Flecheの時はR1のトンネルを使ったけど、宇津野谷峠はきっちり峠道へ。

20140531_03

この苔むし感、やっぱり夜は通りたくないかも。



岡部から焼津方向に戻る感じで本来の?コースに戻りR150で御前崎へ。



トロトロソロだが、時々集団に吸収されたり、千切れたり。。


ちょっと暑いけど、それなりに気持ちよく調子よく走っていたのだが、御前崎の手前10kmほどの所で(ルートラボで引いてみたら9.1kmらしい)、後ろから来たグループに吸収された感じで走っていたら、後輪に衝撃。



ん? と思った瞬間、後ろでガシャーンッ!! と。



慌てて振り返ると落車されている方が。。



メガネが壊れているし、ディレーラーがもげている。



道路わきに寄せてみて、落車された方は右おでこに大きな青タンができているけれど、骨折とかはないようで、とりあえずは大丈夫な様子。




つい半年ほど前も私の後輪に接触したランクルさんが落車して大腿骨を骨折したばかり。




急ブレーキかけたり、急ハンドル切ったりはしていないつもりだけれど…。なんでこうも続くのか??


危ないから私の後ろは走らないで!! …できれば前を牽いてくれると。。。 


…などと冗談を言っている場合ではなく、接触した当事者としては放って行くわけにもいかないし、そのすぐ後ろにいた方とつきそう。



メガネが壊れているので走行続行は無理かもしれないけれど、もげたディレーラーをつけられれば最寄駅まで走れるだろうか? と、私が持っていた予備のハンガーで後ろの方(あとでAJ北千住の時に同じテーブルだったべいさんだということに気づいた(^_^;))が試してみてくれている間に、近くに見えるコンビニに最寄駅はどこになるのか聞きに行く。



ちょうど菊川駅と島田駅の真ん中になるようで、どちらに行っても40km(40kmって聞いたつもりなんだけど、20kmの聞き間違えだったかも)あるらしい。 地図で確認したら間に金谷駅もあるんでは? でもどこの駅にしても20kmほど離れているのは間違いない。



お礼を言って戻ろうとしていたら、「観光地図しかないけれど」 と追いかけて地図まで持ってきて下さった。 親切な店員さんだ。



戻ってみると、ディレーラーハンガーは使えなかったらしいし、ケガをした方は同じことばかり言うようになってきたそうで、心配だからやっぱり救急車を呼ぼう ということになった。



電話してみて、「R150の御前崎手前で…(落ち着いて考えたら、手前ってどっちの手前やねん?)」と場所説明をしようとして、せめてさっきのコンビニに店名をちゃんと見てくればよかったと思っても後の祭り。



電話を代わって、グーグルマップで現在地を確認したべいさんが的確に場所説明をしてくれて救急車がやってきた。



その間にスタッフ本部にも連絡。



そんなこんなしている間に通りかかる参加者が何人も足を止めてくれる。その中にはスタッフで一緒に走っていたAさんIさんたちも。



やってきた救急車に誰か一緒に…ということで、すぐ後ろで状況を見ていたから とべいさんが一緒に行ってくれることになり、申し訳ないけどお願いする。



自転車を本部から回収に来てもらえるようお願いしたので、スタッフさんたちと2台の自転車を安全に預かってくれる所を捜してちょっとウロウロ。



さっきのコンビニ裏のフェンスの中で預かってもらえることになってよかった。



快くOKしてくれたさっきの店員さん(もしかしたら店長さん?)に感謝。 お店はセブンイレブン牧之原波津東店さん、親切な対応ありがとうございます。



ケガの具合は心配だけど、そこではそれ以上どうしようもないので、走行を続行させてもらってPC1へ向かう。 事故からちょうど1時間くらい経過。


御前崎のPC1に着いた時にはまだ残っている参加者もいたけれど、出る時は最後。



スタッフさんたちと一緒に出ようとしたのだけど、信号にひっかかるし、キューシートをひっくり返すの忘れていたり、で、最後尾でリスタート。



御前崎は相変わらず風が強い。そしてそれは当然のように向かい風(;へ:)



R150からルートは掛川へ。



トンネルを抜けて、駅への下り坂の途中で掛川城が見える。ベストショットを捜して下っているうちに見えなくなるのは経験済みなので急いでデジカメを引っ張り出す。

20140531_04


2013年Flecheでお城めぐり隊スタートの駅前コンビニ。

20140531_05

ビル改装中でコンビニ見えず(^_^;)



おなかすいたなぁ と思いながら走っていると、お茶ソフトクリームののぼりが目について、吸い込まれるようにお茶屋さんに。。(笑)

ソフトクリームのつもりだったのに、メニューを見た瞬間お茶かき氷に変更♪

20140531_06

お茶屋さんのお茶かき氷♪ もうサイコー♪♪


あ、図らずも時計が。。(-_-;)

20140531_06_2

救護時間は救済されるとしても、最後尾で寄り道をしていていいのか?>自分


暑さでお店のワンコもぐでぐで。

20140531_07

PC2に向かう途中、何度かべいさんから経過連絡があり、検査の結果、ケガをされた方はどこも異常はないようでホッと一安心。



ご本人は痛くてたいへんだと思うが、大事にならなくて本当によかったと思う。



あとはべいさんの無事コース復帰を願って、こちらも一生懸命走らなくては。



天竜のPC2でも最後尾守り隊。


天竜川は個性的な橋がばかりなので、いつかひとつひとつ写真を撮りながら走るのもいいかもな。

20140531_08

気温がどんどん上がって、空には真夏のような雲。 暑いぃ~。

20140531_09

今年も途中で湧水をジャブジャブ浴びながら

20140531_10

去年は明るいうちに新野峠を登って下って、阿南のアップダウンに辟易としているうちに日が暮れたけど、今年は新野峠を登っている間に日が暮れる。


新しのでファイバーフレアの輝きも明るい。

20140531_11



峠はすでに真っ暗

20140531_12



阿南のアップダウンに苦しめられながら、やっと飯田東かなえのPC3に到着。



着いたら、コンビニのフェンス沿いにゴロゴロと仮眠者が並んでいてギョッとしたが、空いた所に転がっているうちにだんだん人が少なくなり…。



そのうちべいさん到着♪ 


さっきまでみなさんそこらへんの暗闇に転がってましたよ。 と言うと、べいさんもゴロン。



無事にコース復帰されていてよかった~(^v^)







つづく

BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その1

去年に引き続き、今年も走ってきました。 結果を先に言うとDNFですが。。


400と同じく今年も発着は沼津に戻らず興津からスタート。 

クラシックコースながら毎年若干コース変更あり? 天竜川沿いに北上して安曇野の先で折り返して諏訪湖通って富士川沿いに戻ってくるのは一緒だけど。。

20140531

興津スタートで時計回り。 わかりにくいけど赤い線が走行済みで、ピンクが走れなかったルート。




-----

スタート2晩前、夜中に電池交換をしていたら、ポロリとリヤライトのスイッチがもげたよ(^_^;)

20140529_2

へぇぇ、スイッチはこうなってるんだぁ~。 …などと感心している場合ではない。


慌てて落ちたスイッチを捜し出して穴に戻してみるが、接触具合か押し加減で一瞬点灯するものの電源が入らない。

20140529_1



悠長に直している時間があったら睡眠時間確保が優先。 そろそろ買い替えを検討中でもあったので、翌日は仕事の後、自転車用品を扱っているお店をはしご。

いつものお店で とは思うのだけど、確か今店頭にあったキャットアイのは点灯時間が私が欲しいものより短かったよ~な。 ネットで検討したものを取り寄せてもらうにしても、なんせ今は時間がない。



お店をはしごして、考えて考えて、最初の店に戻ってやっぱり今までと同じファイバーフレアを購入。




ファイバーフレアは雨に弱い とか言われているけれど、今までさんざん雨に降られても私は水没もトラブルも経験なし。 

小さくても目立てばいいんだけど、やっぱりあのシートステー丸々一本分の大きさは捨てがたい。



新品のファイバーフレアはゴムがしっとりもっちり♪



ファイバーフレアを取りつけ、自転車と荷物を車に積み込み、さて、不在の間のご飯の用意もしなくては。

「またカレー?」と思われているに違いないが、今回は2晩分なのでめったに作らないシーフードカレーにしてみよう。 

   …とかやっているうちに貴重な睡眠時間がどんどん短くなっていく。

1時半起き予定なので、それでも4時間寝られれば …と思っていたけれど、布団に入ったのは10時すぎ。しかも寝入って1時間くらいでスマホのメール着信音で目が覚めてしまった。

主に携帯メール主体の主婦の中には「夜遅くにメールするなんて」などと言う人がいるが、メールは基本24時間OKだと私は思っている。 ただ、やっぱり夜中に着信音はマズイかな? と最近は思うようになって、夜中はパソコン宛てしか送らないように気をつけているが、今回は23時なので、普段なら問題なく起きている時間。

目覚まし時計の他にスマホの目覚ましもスヌーズにした上10分刻みでセットしているので音を消すわけにもいかず。。

しばらくして、他の人からさっきメールへの返信メールの着信音がまた鳴るし。。。

なかなか寝付けずに考えていて、「そうだ! こんな時は機内モードにしておけばよかったんでは??」 と思いついたけど、後の祭り。





今回はINGさんと一緒に行くので、座架依橋の吉牛で待ち合わせ。


圏央道から高速に乗り込む。 確か去年開通したこの区間はお初なので、え? お? ここ? とおっかなびっくり。



すぐにいつもの東名高速に接続。



前回は富士ICで降りたが、ETCなら富士川SAのスマートICで出られるんですよね? ということで、少し時間の余裕もあるし、ダメなら興津で降りればいいや と試しに富士川SAで降りてみることに。


漠然と富士川沿いの道に出てくるんだと思いこんでいたので(それは上りSAやんっ)、こっちでいいの? え?え?えぇぇ? っといきなりの珍道中ぶりを発揮しつつも、ブルベでおなじみのK396東海道へ。



スタート受け付けの始る5時頃バイパスから駿河健康ランドの駐車場に到着。



帰りも基本的には一緒に帰るつもりだけど、私はのんびりマイペースで走るので一緒に走らなくていいですよ~ 途中でなんかあったら待たずに先に帰って下さいね~ とゆるい約束で、INGさんとは以後別行動。





本編がなかなか始まらないけれど。。。




つづく

続きを読む "BRM531沼津600クラシックあらため今年も興津600 その1" »

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

twitter

無料ブログはココログ