2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« BRM709北海道1200 その1 | トップページ | BRM709北海道1200 その3 »

2014年7月19日 (土)

BRM709北海道1200 その2

寝たのは2時過ぎだけど、起きたの8時頃。 もっと寝ていたいのに目覚ましがなければちょうど6時間くらいで目が覚めるのは何時に寝ても一緒?


ベッドでゴロゴロ。 TwitterのTL見たり、コメントにお返事したり、ダラダラと過ごす。

お昼にホテルの近くでラーメンを食べて

20140709_01

一旦ホテルに戻って自転車でスタート受付をしてもらいに会場に向かう。


しばらく走って… れ? なんで背中がスースー??


Σ( ̄ロ ̄lll)


ドロップバッグを忘れたよぉぉ~。(ドロップバッグはスタート直前ではなく、スタート受付時
間内に預ける)


慌ててホテルに引き返す。 何しに行っとんじゃい? とバカすぎる自分に呆れ果てつつ。

予定より遅くなって会場着。

20140709_02

マヤさんやチコリンさんがいるぅ~♪ 顔見知りの応援スタッフさんにご挨拶。 チコリンさんはすでにAJ北海道のヒトだっけ?(笑)


受付時に注文してあった記念ジャージを受け取る。

20140709_08 

2014079_09


受付後車検。そーいえば、AJ北海道はライトを点灯してみせなければならないんだったっけ(^_^;)

が、前輪を回してもハブダイナモライトが点灯せず焦る。

え? なんで?? なんで???


…って、自動点灯モードにしてあるから明るい時間にライトが点くわけないぢゃん・・・( ̄  ̄;)


無事に受付と車検を済ませ、部屋に戻って寝ようと思ったら…。


げっ? お掃除中??Σ( ̄ロ ̄lll)


『Don't disturb』の札が見当たらないなぁ とは思っていたけれど、出がけにフロントで一言言って行くのを忘れたよ。


お部屋の中、思いっきり散らかしっぱなし、脱ぎっぱなしのヒドイ状態すぎて恥ずかしい。。

そして貴重な仮眠の時間ががががが。。。



夕方には出るから と、中途半端な状態で終わらせてもらって、ベッドへ。


…が、寝られないのよねぇぇ。。


夕方からホントに雨が降るのかなぁ? と時々カーテンの外を眺めたりしながらベッドでゴロゴロ。


全然降る気配なんてなかったのに、本当に途中から降り始める。


TwitterのTLにもあちこちで降られているつぶやきが。。



寝られないなぁ と思っていると、スマホに電話がかかってきた。

ん? 011 って札幌市内の番号??

出てみたら札幌駅近くのホテルからで、「今日来ないんですか?」と。 


きゃぁぁっ!!


実は今回さとらんどに近いホテルともうひとつ札幌駅近くのお昼寝プランのあるホテルを押さえていた。 

で、やっぱり札幌駅近くより、会場近くを取って、札幌駅近くのホテルはキャンセルしたのだが、キャンセルしたのは後泊分だけで、9日分は消し忘れていた…と(-_-;)



まったくもう、スタート前からあれやこれやハプニングが小出しに襲ってくる。



雨がちょっと小降りになっている所でチェックアウトしてちょっと早めに会場に向かう。



すでにフリーフードコーナーがオープンしていて並んでいる後ろにつく。

20140709_07

パリプレストがあるぅぅ~♪♪

20140709_03

歓談しつつ、腹ごしらえ

20140709_04


オープニングセレモニー  

20140709_05


改めて今回のブルベの規模の大きさとAJ北海道のみなさんがどれだけの時間、手間と労力をかけてて準備されてこられたかを感じます。 こりゃめいっぱい楽しんで走らないとバチが当たる(^_^;)



コースは札幌から納沙布岬の同じコース折り返しで1200km。制限時間は90時間。

1200pre

                                  地図はAJ北海道のページより拝借


公式には21:00スタートだが、全員一斉でスタートするわけはなく、10分刻みでグループが分かれる。 受付で選んだのは20:30スタート組。 キューシートの公式時間よりすべて30分前倒し。



スタート準備をして、時間になったら、順番にブルベカードに出走サインをもらってスタート。

20140709_06

で、2030組のスタートが始まったとたん。一旦上がっていた雨がポツリポツリ。。。


あぁ、もう絶対シャーマンがいるぅぅっ・・・( ̄  ̄;)


さて、走り出そうとしたら、反射ベストねじれていたり、サイコンのカウントを0にするのを忘れていたり…。 ったく、何をやってんだか。。




最初は前を走るBakkyさんの後ろを離れ気味に、次第に後ろにくっついて30km/hで走る高速トレインに乗っけてもらって快調に飛ばす。



が、45kmほど走って月形を過ぎたあたりだっただろうか、自分が眠気でフラつくのを感じで列車を降りる。 以後はのんびりちんたら。



途中ですーさんと会って話したり、やっぱり眠くてついて行けなかったり…。


すーさんは「ギックリ腰が。。。」とか言いながら走っている。

調子悪くても自転車に乗っていたら治る とかわけわかんないし。。(^_^;)



もう少しで上芦別のPC1?ってあたりで、おなかがすいて。。

KOMAさんに「おなかすいた~!!」って叫びながら、追い抜く。



スタートして100km過ぎたPC1に到着は1時半前。 貯金は1時間半ちょい。 ずーっと向かい風と雨と眠さでペースいまいち。 






つづく

« BRM709北海道1200 その1 | トップページ | BRM709北海道1200 その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM709北海道1200 その1 | トップページ | BRM709北海道1200 その3 »

twitter

無料ブログはココログ