2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« BRM709北海道1200 その5 | トップページ | SR600Fuji その1 »

2014年7月30日 (水)

BRM709北海道1200 その6

さとらんどで朝ごはんいただきました♪

20140713_01


ホテルのチェックインまで時間があるし、さとらんどでウダウダ。



時間はあるし、洗濯したいのでウワンさんたちと洗濯ツアーに出かける。

20140713_02

洗濯が終わったらみなさんさとらんどに戻るのかと思っていたら、そのまま札幌駅方面に行ってしまうそうで、慌てて戻る。



なんだかさとらんど周辺に黒い雲(-_-;)



そのまま打ち上げパーティには出ずに帰ってしまうようさんにご挨拶して早めにホテルへ。



ようさんには帰り道、ずーっと遅い私につきあってご一緒して頂いたおかげで、とても楽しく走ってこられました。 ありがとうございました。



さとらんどを後にしたとたん、ポツリ、ポツリ キター!!



が、ちょっと走ってさとらんどの磁場を抜けると道路もドライで乾いた空気。

全くなんなんだろう。シャーマンパワー?(怖っ)



チェックインは15時なので、早めに着いて通用口?横で輪行準備。

外すもの外して、輪行バッグに納めて…。 トイレで着替えたら、荷物を預けてそのまま札幌駅方面へ。



ウニ丼食べたいなぁ と思ったが、調べて行ったお店は営業時間が終わっていた。

ぶらぶら歩いて海鮮丼

20140713_03

ビックカメラからサッポロクラシックを1ケース自宅に送ったり。。

20140716 2日後に届いたよ(笑)



打ち上げパーティは17時からだけど、早めにサッポロビール園に行こうと札幌駅北口2番乗り場からバスに乗り込む。



座った瞬間寝てしまったようで、ふと気付くとココドコ??状態。



バス停で停まっところで運転手さんに「サッポロビール園に行きますか?」と尋ねみたら、全然違う場所に行くバスに乗ってしまったことが判明。



どうやったら行けますか? と尋ねてみたものの、運転手さんも困っているので慌ててバスを降りる。



片側2車線2車線の大きな通り。 渡ろうとすると信号が赤に変わる。 …で、歩行者信号が青になる前に反対車線のバス停にバスが到着して行ってしまう。。 げげげ~。



信号が青になって渡るけれど、バスは行ってしまった後。 タ、タクシー!!



んが、お客が乗っているタクシーしか通らない。。くぅぅ。






あ~ぁ、最後の最後にやらかしてしまったか。。 ここどこ???





あきらめかけた頃、空車タクシーを捕まえることができた(^_^;)



ココドコですか? って聞いてみたら、札幌刑務所の近くらしい。 札幌刑務所って言われてもわかんないけど、どうやら札幌駅とサッポロビール園の距離より遠い北東の方角にいるらしい。



早めに出たのが幸いして打ち上げパーティの開始時間にはなんとか間に合った。ほっ。

20140713_04

20140713_05

20140713_06

20140713_07


AJ北海道の粋な計らいでブルベカードに貼るシールを頂く。

20140713_08

このピンポイントに雨雲のかかる天気図。。 シャーマン怖い。。。



楽しい時間はあっという間に過ぎ、二次会に行きそびれたので、ウワんさんたちと札幌駅まで歩いて行って、ホテルに帰る。あ、まだチェックインしていなかったよ。。



翌日はゆっくり移動。



札幌駅の空港行き列車ののホームでヨシダさんとウワンさんと一緒になり新千歳へ。



空港で、 あれ? 今、札幌の上だけ雨雲?? 誰? 怖っ。

20140714_01

一緒に海鮮丼の食べ納め(^_^;)

20140714_02


3人で海鮮丼を食べていたら、ユメさんご夫婦もやってきた。



みんなちょっとずつ違うけど似たような時間のフライトらしい。

名残惜しいけど、現実世界に帰らなくちゃ。。





羽田で飛行機から出た瞬間。もわっと暑い(-_-;)

やっぱり北海道は涼しかったのか~。



直接最寄駅まで帰る空港バスは時間が合わなくて、羽田から相模大野まで空港バス。小田急で最寄駅。 

20140714_03

おみやげのチョコが溶けそうなので、さすがに帰りは最寄駅からタクシーで帰る。



タクシー楽ちん♪



楽しく遊び倒した北海道の日々。

今回、パラダイスの時の私の3人の白馬の王子様のおひとり、AJ北海道のHirohoriさんにまたお会いできて嬉しかった。 直前に北海道1200の試走に行ったばっかりで、そのまま車で巡回やら搬送やらスタッフ業務をこなされてお疲れだったと思います。 あんまりゆっくりお話できなかったけど、また来ます♪ ありがとうございました。


本当にAJ北海道のみなさんの運営・おもてなしの素晴らしさには感動しました。


中止は参加者としても残念だけど、一番残念に思っているのは、何年もかけて準備してこられたAJ北海道のみなさんだと思う。 



止めないと行ってしまうから本当に英断だったと思うけど。 事故なく終われたことでまた次につながる? 北海道1200の再開催の話も出たし、あればぜひまた来たいと思う。 今度はちゃんと完走したいな。



AJ北海道のみなさま、ボランティアスタッフのみなさま、一緒に走って下さったみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。



しばらく留守で遊びに行かせてくれた家族にも感謝しなくちゃかな。




みなさま、どうもありがとうございました(*^_^*)





おしまい

« BRM709北海道1200 その5 | トップページ | SR600Fuji その1 »

コメント

パチパチパチ♪

愉しんだBRM北海道1200の日記、楽しく読ませて頂きました。

お疲れ様でした。

次からは私も少しは楽しんでBRM走って見ます^^;

ご無沙汰してます。
1200の中止は残念でしたが、遊び倒してきたご様子に、
さすがというか、そうあるべきと思います。
お楽しみ様でした。\(^o^)/
次は2年後のパラダイス?、それとも4年後の1200リベンジでしょうか。
私も1200リベンジが宿題に残っているのですが、
最近はもっぱら山登りばかりで、でもサイクリングで良いので
オロロンラインから宗谷岬をもう一度走ってみたいなと思っています。

ほんとうにお疲れ様でした。
次の1200knには参加できるように鍛えておきます。

BRM709北海道1200シリーズ、堪能しました(笑)。
次回が開催されたら私も是非参加したいと思います。(^_^)v

SR600 Fujiのブログも楽しみにしています~!

>マトケンさん

レポがすっかり長くなりました。
ブルベが関係なくなったとたん遊びまくり楽しみまくりで帰ってきました。

ブルベ中は余裕ないのですが、それでもそれなりに楽しみをみつけて走らないと続きませんよね。

>ごんちゃんパパさん

パラダイスの時救い出して頂いた(笑)根室には到達できませんでしたが、今回はまぁ仕方ないですね。
来年はないでしょうが、2年後?また北海道に行きたいです。
またご一緒できるといいですね。よろしくお願いします。

>たまけんさん

鍛えなくてもたまけんさんは十分速いですよ~(^_^;)
超長距離は速さより根性の方が必要?(笑)

>オレンジさん

ありがとうございます。 次回開催されたらぜひ♪
SR600Fujiのレポ、早くupしたいのですが、予定満載でなかなか書き終われず、その上睡魔にたびたび連れ去られるので全然進まず。。。
ネタには事欠きませんでしたので、乞うご期待 かな(^_^;)

乗った距離も距離なら、レポートもそれに比例して長く(笑)
いつもほんとうに楽しく、まるで自分が一緒に走ったような気がする迫真のレポに感心してます。
それにしても、よく覚えていらっしゃいますね?私は走る方に専念してしまい、走り終えたら記憶は既に途切れ途切れです^_^; 写真撮ると極端に遅れるし。

>たまけんさん

ありがとうございます。
ネタは鮮度が命 …だけど最近はなかなか即upができません。

写真も校正も後回しで先にダーっと文章だけ殴り書きして後から整える …とかいうこともありますが、イベントの間隔が短いと次の用意もしなくちゃいけないし難しいですね。
すぐ眠くなっちゃうし。。(-_-;)

そんなわけでSR600Fujiになかなか取りかかれません。 あんなことやこんなこと(笑)、漏らさず覚えていられるかなぁ。。

そうだ!SR600Fujiも走られたんでしたね!
レポをのんびりとお待ちしています^^)/

台風中止、残念でした。。
逆にたくさん楽しめたようでなによりです。(^^)
しかし、手厚いサポート体制の北海道1200。
すっかり興味がわいてしまいましたとさ。(^-^)

>たまけんさん

記憶が鮮明なうちにレポ早くしなくちゃね。 …といいつつ、薄れそう。。
しばしお待ち下さい(^_^;)

>黒スコさん

AJ北海道のホスピタリティは半端なく手厚かったです。
ブルベ中止も前半のずーっと向かい風も、最後は遊び倒して帰ってきたので、
すっかり楽しい記憶に上書きされてしまいました(笑)

北海道はいいですよぉ~♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM709北海道1200 その5 | トップページ | SR600Fuji その1 »

twitter

無料ブログはココログ