2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

BRM709北海道1200 その6

さとらんどで朝ごはんいただきました♪

20140713_01


ホテルのチェックインまで時間があるし、さとらんどでウダウダ。



時間はあるし、洗濯したいのでウワンさんたちと洗濯ツアーに出かける。

20140713_02

洗濯が終わったらみなさんさとらんどに戻るのかと思っていたら、そのまま札幌駅方面に行ってしまうそうで、慌てて戻る。



なんだかさとらんど周辺に黒い雲(-_-;)



そのまま打ち上げパーティには出ずに帰ってしまうようさんにご挨拶して早めにホテルへ。



ようさんには帰り道、ずーっと遅い私につきあってご一緒して頂いたおかげで、とても楽しく走ってこられました。 ありがとうございました。



さとらんどを後にしたとたん、ポツリ、ポツリ キター!!



が、ちょっと走ってさとらんどの磁場を抜けると道路もドライで乾いた空気。

全くなんなんだろう。シャーマンパワー?(怖っ)



チェックインは15時なので、早めに着いて通用口?横で輪行準備。

外すもの外して、輪行バッグに納めて…。 トイレで着替えたら、荷物を預けてそのまま札幌駅方面へ。



ウニ丼食べたいなぁ と思ったが、調べて行ったお店は営業時間が終わっていた。

ぶらぶら歩いて海鮮丼

20140713_03

ビックカメラからサッポロクラシックを1ケース自宅に送ったり。。

20140716 2日後に届いたよ(笑)



打ち上げパーティは17時からだけど、早めにサッポロビール園に行こうと札幌駅北口2番乗り場からバスに乗り込む。



座った瞬間寝てしまったようで、ふと気付くとココドコ??状態。



バス停で停まっところで運転手さんに「サッポロビール園に行きますか?」と尋ねみたら、全然違う場所に行くバスに乗ってしまったことが判明。



どうやったら行けますか? と尋ねてみたものの、運転手さんも困っているので慌ててバスを降りる。



片側2車線2車線の大きな通り。 渡ろうとすると信号が赤に変わる。 …で、歩行者信号が青になる前に反対車線のバス停にバスが到着して行ってしまう。。 げげげ~。



信号が青になって渡るけれど、バスは行ってしまった後。 タ、タクシー!!



んが、お客が乗っているタクシーしか通らない。。くぅぅ。






あ~ぁ、最後の最後にやらかしてしまったか。。 ここどこ???





あきらめかけた頃、空車タクシーを捕まえることができた(^_^;)



ココドコですか? って聞いてみたら、札幌刑務所の近くらしい。 札幌刑務所って言われてもわかんないけど、どうやら札幌駅とサッポロビール園の距離より遠い北東の方角にいるらしい。



早めに出たのが幸いして打ち上げパーティの開始時間にはなんとか間に合った。ほっ。

20140713_04

20140713_05

20140713_06

20140713_07


AJ北海道の粋な計らいでブルベカードに貼るシールを頂く。

20140713_08

このピンポイントに雨雲のかかる天気図。。 シャーマン怖い。。。



楽しい時間はあっという間に過ぎ、二次会に行きそびれたので、ウワんさんたちと札幌駅まで歩いて行って、ホテルに帰る。あ、まだチェックインしていなかったよ。。



翌日はゆっくり移動。



札幌駅の空港行き列車ののホームでヨシダさんとウワンさんと一緒になり新千歳へ。



空港で、 あれ? 今、札幌の上だけ雨雲?? 誰? 怖っ。

20140714_01

一緒に海鮮丼の食べ納め(^_^;)

20140714_02


3人で海鮮丼を食べていたら、ユメさんご夫婦もやってきた。



みんなちょっとずつ違うけど似たような時間のフライトらしい。

名残惜しいけど、現実世界に帰らなくちゃ。。





羽田で飛行機から出た瞬間。もわっと暑い(-_-;)

やっぱり北海道は涼しかったのか~。



直接最寄駅まで帰る空港バスは時間が合わなくて、羽田から相模大野まで空港バス。小田急で最寄駅。 

20140714_03

おみやげのチョコが溶けそうなので、さすがに帰りは最寄駅からタクシーで帰る。



タクシー楽ちん♪



楽しく遊び倒した北海道の日々。

今回、パラダイスの時の私の3人の白馬の王子様のおひとり、AJ北海道のHirohoriさんにまたお会いできて嬉しかった。 直前に北海道1200の試走に行ったばっかりで、そのまま車で巡回やら搬送やらスタッフ業務をこなされてお疲れだったと思います。 あんまりゆっくりお話できなかったけど、また来ます♪ ありがとうございました。


本当にAJ北海道のみなさんの運営・おもてなしの素晴らしさには感動しました。


中止は参加者としても残念だけど、一番残念に思っているのは、何年もかけて準備してこられたAJ北海道のみなさんだと思う。 



止めないと行ってしまうから本当に英断だったと思うけど。 事故なく終われたことでまた次につながる? 北海道1200の再開催の話も出たし、あればぜひまた来たいと思う。 今度はちゃんと完走したいな。



AJ北海道のみなさま、ボランティアスタッフのみなさま、一緒に走って下さったみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。



しばらく留守で遊びに行かせてくれた家族にも感謝しなくちゃかな。




みなさま、どうもありがとうございました(*^_^*)





おしまい

2014年7月25日 (金)

BRM709北海道1200 その5

朝5時くらいから起きたり出発したりの気配は感じていたものの、眠い~。


6時半過ぎに起きてきて朝ごはんをいただく。

20140712_01

まったりしていると新得に今は誰も住んでいないご実家があってそこに泊まられたというご夫婦が到着。 あ~、自走で帰ってる女性は私だけぢゃなかったぁ~♪


でもまぁ、あちらはご夫婦で地元の方ということで、道外から来てソロで自走で帰るバカ女は私だけってことに変わりないか。。



コース通りに走って帰るつもりだったが、ようさんが富良野・美瑛を回って旭川から札幌に帰るとおっしゃるのでご一緒させてもらうことにする。



何がなんでもコース通りに帰る必要はないと思っているので、せっかくだから寄り道して遊んじゃうもんね~♪




朝のかなやま湖

20140712_02

途中まではコース通り。 かなやま湖を出てしばらくはチャーリーさん・まこたさん・ぶるさんのアヤシイR東京組と前後して走る。

20140712_03


富良野でコースアウトして中富良野方面へ。


まずは町営ラベンダー園

20140712_04

満開はもうちょい先かな?

20140712_05

ラベンダー畑はちょっと小高いので富良野を一望する景色が素敵。

20140712_06

次にファーム冨田へ。


さすがに町営ラベンダー園より大賑わい。



途中、気になるポスターを見かけて迷わずメロン館から(^_^;)

えぇ、もちろん気になったのはコレ↓

20140712_07

ソフトクリーム入り半切りメロン(*^_^*)


おもしろいシステムで、まずはフルーツ売り場で700円出して半切りメロンを買って、新たに300円を握りしめメロン持ってソフトクリーム売り場に並んで、ソフトクリームイン。 

写真ではよくわからないが、メロンとバニラのミックスソフト。



ゆでとうきびもいただきます♪

20140712_08

『ホワイトショコラ』という品種でとても甘くてんまんま~(*^_^*)



お腹を満たしてからラベンダー鑑賞

20140712_09

20140712_10

20140712_11


香水館の裏あたりでアヤシイ自転車を発見(笑)

20140712_12

みなさんどこへ行ったのかしら??



富良野を後にして美瑛へ。


ちょっと手前だけど美瑛ちっくな?景色

20140712_13


美瑛でまさかの雨。 またかよ~(~_~;)



美瑛に行ったら寄ってみたい所があったので、お願いして寄り道してもらう。


写真を取り損ねたけど『美瑛選果』

パラダイスウィークの時にA」北海道のHirohoriさんに「美瑛選果」がお勧めと伺ってずーっと気になっていて。。 

パラダイスの時も通りすがりに目に入ったけど、大雨のさ中でとても立ち寄るどころではなく、今回も雨がポツポツする中で(^_^;)



ちょうどお昼時、ちょっとお高めなレストランだけど「ここで食べちゃおうか?」なんて話していたけれど、「予約がない方は…」とお断りされる。 残念。

もしかして、ジャージ姿の汚い格好だから?



売店でお世話になっている整体の先生に 新築祝いと新装開院祝いと出産祝いとお中元を兼ねて? メロンを送る。 おいしいメロンだったそうで、ヨカッタ。

先月の施術の翌日 「昨日の今日ですが、生まれました」 とメールを頂いた時はぶっ飛んだけど。。



話がそれた。



隣のラーメン屋は混んでいるので、その隣の蕎麦屋へ

からみ餅そば

20140712_14


残念ながら雨で観光するどころではなかったけれど、美瑛を後にし、旭川へ。



富良野から旭川へはまんまパラダイスの最終日と同じコース。



旭川の健康ランドの所で曲がって、その少し先でタイヤと格闘してひぃひぃ泣きながらパンク修理したのこの辺だったはず。 タイヤと格闘中にピヨ~ンっと飛んで行った私のタイヤレバーが埋まっていると思われる畑の横も通った(笑)



パラダイスん時は大雨でどこが路肩だかわかんないくらい水があふれていた旭川市街地を通ってそのまま山方面に行ったけど、どこからどう山に入ってったんだっけ??

気になるので今頃になってルートラボを引っ張り出してきて、眺めてみる。



今回は旭川からR12で札幌に向かう。 R12はブルベで使いたくないと伺ったような気がするが、なるほど、交通量多いし、長いトンネルもあって確かにブルベでは使いたくないかも。



深川の道の駅でソフト休憩

20140712_15

滝川から新十津川を通ってコース復帰してさとらんどを目指す。



まだ坂道は無理だけど、平坦な道を走りながら、前日ようさんにレクチャーされた話を思い出し実践を試みる。



ようさんにずーっと遊んでもらって、マンツーマンで個人レッスンを受けているような贅沢な時間を過ごしながらのサイクリングはとーっても楽しかったです。ありがとうございました



中止が決まって、即帰った人、札幌まで鉄道やレンタカーで移動して遊んだ人、自走で帰った人、各々それが一番だと思う選択をしたのだから各々それでいいんだと思う。 



まだブルベ続行中、足寄から北見向かって走りつつ、北見でDNFしたら札幌まで自走で帰ろうと思っていた。 納沙布岬を端折るので、さすがに先頭より先を走っている …はず?



 …なので、先頭にどこで抜かれるかなぁ? なんて思っていたので、中止になっても自走で帰ることには全ためらいがなかった。だって北海道までサイクリングしに来たんだもん。


せっかく北海道に自転車で走りに来たのだから、遊び倒しながら走って帰れて私は満足。



おかげで前半は雨で向かい風で全然進まなかった記憶が楽しい記憶にすっかり上書きされてしまった(笑)



無事さとらんど着

20140712_16

往路はコース通りで札幌から北見まで386.2km。 復路は北見からかなやままで222.1km。

富良野~旭川経由で帰って、なんだかんだで全部で800kmちょっと走ったことになるらしい。


帰りは時間に関係なく遊びながらだけど、実際にブルベ中に走ったのは1200kmに対して400kmに満たないとは。。 去年の宮城1000といい、超ロングなブルベは眠くて400前後しか走れないのだろうか? 今後の課題だな。



さとらんどに着いたら、近くの健康ランドでお風呂♪



健康ランドでそのまま泊まってもよかったのだけど、「明日は雨」 とか言われると、朝から雨に濡れながら健康ランドを出るのも嫌なので、そのままさとらんどに帰ってきて椅子を並べておやすみなさいzzz





つづく

2014年7月24日 (木)

BRM709北海道1200 その4

結局朝7時過ぎまでぐっすり。

起きてみたら、同室のお2人が戻って寝ている。 あれ?


休憩所に行ってみたら、あれ? あれあれ?? 先に進んだはずの人たちが。。。


私が寝た後、天候悪化が深刻なので北海道1200そのものが中止になったと知る。


えぇぇぇっΣ( ̄ロ ̄lll)


納沙布会館まで到達した人が2人? 別海に20人? 美幌峠で寒さをしのいでいた人たちが20人ほど?(人数間違えてたらすみません)


北見以降はとんでもない天気だったらしい。すでに北見まで戻っている人たちもいるが、まだ戻ってこれない人たちも。。


朝までぐーっすり眠り呆けていられたし、結果的に北見でDNFして正解だったかも。。 北見以降の惨状に遭遇できなかったのは怖いもの見たさでちょっと残念?ではあるけれど。。


重い決断を迫れられ、参加者を回収し、スタッフのみなさんにはただただ頭が下がります。
主催者が中止を宣言しないと悪天候でも突っ込んでしまう人たちばかりなので、中止は英断だと思うけど、何年もかけて準備をしてきたAJ北海道のみなさんにとってはどれほどの苦渋の決断だっただろうかと思うとホントにもう何と言っていいやら言葉がない。


BakkyさんとT編集長は美幌峠で足止め中にさっさと帰りの飛行機を変更してそのまま帰るらしい。
PIPIさんもユメさんたちと札幌まで行って、ユメさんたちは観光。PIPIさんはそのまま帰るそうだ。 ゆりかさんたちも札幌まで行って観光だそう。



私はもうこれ以上飛行機の取り直しをするのは嫌なので、予定通りの便で帰るつもり。


かなやまのPCもさとらんども当初の予定通りの時間で運営して下さるということなので、のんびりコース通り走ってかなやまで休んで札幌を目指すつもり。


せっかく北海道までサイクリングしに来ているのに、走らないともったいない(^_^;)




一夜あけると太陽が顔を出し、ホントに天気がもう一日ズレていたらなぁ と心底思う。

20140711_27

20140711_28



走り出して、北海道らしい景色を堪能

20140711_01_2

20140711_03

20140711_05

20140711_06

20140711_08



今回は利用しなかったけど、気になる道端の素敵なドア付ホテル♪

20140711_07



まぁ今回は雨も降っていたけれど、キタキツネに齧られて病気をもらうのは嫌なので、さすがに北海道では道端では寝られないかなぁ。。 (エキノコックスは発症したら有効な治療法がないらしい)



ヨシダさんとご一緒のNさん?と一緒に陸別の道の駅でソフト休憩

20140711_09

morouさんも追いついてきて、しばらくご一緒させてもらう。

20140711_10

20140711_11


足寄で豚丼? 



morouさんと一緒に足寄の道の駅に着いたものの、まこたさんお勧めの店は調べたらもうちょっと先…だけど、15時までなのでギリギリ間に合う?? な時間に走り出したものの、間に合わず、また足寄の道の駅に戻る。



結局、道の駅併設?のお店で豚丼を頂く。



遠赤外線で豚じゅうじゅう

20140711_12

20140711_13

この豚丼がめちゃんまっ(*^^)v ラワンブキの佃煮やきんぴらがあったり、たいへんおいしゅうございました♪

牛乳は横のお店で調達。んましっ♪




ここでウワンさんが別海組と一緒にレンタカーで札幌に向かったと知り愕然とする。


ウワんさんはきっと自走で帰ると思っていたので、まだ後ろに走っている人がいると思って安心していたけれど、もしかして私たちが最後??


走って帰る参加者がいなければかなやまの休憩所はさっさと締めてスタッフさんは早く帰れるのでは? とご迷惑をかけている気がして急に申し訳なく心配になってきた。 

自走で帰っていることをちょっと後悔。…だからと言って、このままかなやまの休憩所に行くしかないのだけれど。。



この後、先を急いで早く札幌の親戚のお家に着きたいmorouさんは先行。



足寄の激坂を登った所からパラダイスの時は足寄湖をショートカットしたと勝手に思っていたけれど、今見てみたら、同じルートで上士幌へ。



途中でお腹が痛くなってきた。とてもヤバイ痛さ。。 ト、トイレ~!!



コンビニは上士幌まで行かないとなさそう。 思い余って途中の牧場に飛び込むが、人がいない。。 検疫の問題もあり、部外者があまり奥まで立ち入ってはいけないと思うのでトイレを求めて先に進む。



上士幌の街まで大丈夫かなぁ??



途中、道端にドライブイン発見っ♪

営業中の看板を見つけて、お客が誰もいないドライブインに駆け込む。



トイレをお借りしてセーフっ。



そのまま帰るのもなんなので、牛乳を注文。

20140711_16

やっぱり本場の牛乳はんまい♪ (…でも実はお腹をこわすのは牛乳が原因かも。。)



士幌の街でようさんに追いつかれる。やっぱり顔見知りに会えると嬉しい。



北見で自転車屋さんに応急処置してもらったのは知っているけれど、応急というよりかなりちゃんと直してもらったそうだ。


速いようさんにつきあってもらうのは申し訳ないけれど、もうブルベは関係なくなっているので「んじゃ、一緒に行きましょ♪」と私のゆっくり走行にお付き合いいただく。



聞けばまだ後ろを走っている方もいるそうで、ちょっと安心する。




士幌から瓜幕に向かう途中で日没

20140711_17


写真を撮ってばかりで進みませ~ん

20140711_18

素晴らしい夕日

20140711_19


実は右手の山にはとてもおどろおどろしい雲がかかっていたのだが、極力そっちは見ない。。



ヨシダさんとNさんとも一緒になり、狩勝峠を登る前にセイコーマート休憩。



やっとセイコーマートの豚丼に巡り会う♪

20140711_20

お昼も豚丼を食べなかったか? と聞くなかれ(^_^;)




狩勝峠の登り、ゆっくりな私の合わせてもらうのは本当に申し訳なかったけれど、ようさんから理系的な考察によるペダリングについてレクチャーを受ける。 私が思いもしない視点のお話。なるほど。。




雨が心配された狩勝峠も行ってみたらいいお天気。さすがに夜で景色は望めないが、遠くに見える灯りは帯広の灯り?

20140711_21


月がまんまる?

20140711_22

写真は撮れなかったけど、月と雲のコントラストがとても美しくて怖いくらい。



狩勝峠から長い長い眠い下りを下って、今度はかなやま湖に登る。



月とかなやま湖もとてもとても素晴らしい。



やっとかなやま湖の休憩所着。



先に札幌に向かったと思っていたmorouさんが起きて待っていてくれて、今夜はかなやまに泊まるらしい。




自走で戻ってくるバカ女は私くらいのようで、休憩所もシャワーも女性用はおひとり様貸し切り状態。




戻ってくるのはご迷惑だったんじゃないかと心配したけれど、そんなことは微塵も感じさせないスタッフさんたちのおもてなしぶりに感動。

20140711_23

耳栓?(笑)


スープカレーおいしかったです♪

20140711_26

シカ肉ソーセージやらおいしいものいろいろ

20140711_24

ここでいただいたメロンが今回の北海道で一番おいしかった(*^_^*)

20140711_25







つづく

2014年7月22日 (火)

それも日常?

ピアノの調律師さんが来るんで、クーラーをつけようとしたんだけど。。。



リモコンを押してもスイッチが入らないと思ったら、コンセントが差さってなかったよ。


 …クーラー極力使わない派なので、通常コンセントは抜きっぱなしなので。


今度こそ! と思ったけれど、スイッチ押しても反応せず。。


なんせほとんど使っていないので、電池切れかな? と電池を入れ替える。


今度こそ!! …が、反応せず。。


入れ替えたの机の上に放置しっぱなしのエボルタくんだからなぁ と、今朝充電したばかりのエボルタくんを引っ張り出す。


今度こそ!!! …が反応せず。。。






???




あっ Σ( ̄ロ ̄lll)







それDVDレコーダーの簡易リモコンぢゃんっ・・・( ̄  ̄;)

            …そっちは普段使わないからさぁ。。 言い訳。

BRM709北海道1200 その3

夜が明けてきたけど、お天気がいまいち~。

20140710_01


眠くてタラタラ走っていたら、私より30分後スタートのT編集長が後ろからやってきて、PC2のかなやま湖スポーツセンターまで先導して頂く。


話しながら走っているのに、たびたびセンターラインを踏むってどゆこと?(-_-;)



「最後に登らされますよ~」とスノーシェッド下のキツイ傾斜を登ってPC2着。



ふぅやれやれ。。 貯金全く増えず。 逆に食いつぶし?



センターの2Fに上がるなり、餃子スープを出していただき、おにぎりもいただきます。

20140710_02

早く寝なくちゃ って思うけど、ゆっくりしか食べられず。。

お腹を満たして仮眠室へ。

20140710_03


レインウェアも着たまま、時間がないのでタイマー20分で眠りに落ちる。


あぁもう時間に余裕がな~いっ(~_~;)



リスタートしてかなやま湖を下る。お天気いまいちなのは変わらず。

20140710_04

これから狩勝峠。パラダイスの時は逆から登ったけど、緩い登りがダラダラダラダラ長い。

そして向かい風。登るにつれて雨が結構な降りに。



狩勝峠山頂

20140710_05

TwitterやFBには『霧で真っ白』と書いたが、ホントは叩きつけるミストシャワーで真っ白と書くべきだったかも。。



眺望も何もあったもんじゃない状態なので、さっさと下る。



路肩の白線横のボコボコを踏むとガガガッと衝撃が。。

20140710_06

この後、センターラインのボコボコも何度踏んだことか。。。(-_-;)

慌てて一瞬目覚めるんだけど、キケン~(~_~;)



下まで下ると雨は小雨に。 時々パラパラしつつもあまり降っていない状態になったかな。


でもレインウェアは着たまま。

途中で暑くてレインウェアを脱ぐとまた降ってくるし…。 ずーっと着てろってことかしら?



士幌のあたりでユメさん夫妻と前後したりしつつ、足寄の街を抜けた所で足寄のPC3。



ここでリヤディレーラーが壊れて取り外したまま走っているようさんに会ったり、ワタリさんに会ったり…。



眠くてペース上がらず、次のPCで時間が足りなくてDNFかなぁ という私を「絶対間に合うから」とワタリさんが激励してくれ、しばらくご一緒するが、やはり気づくとセンターラインを踏んでいる状態ではなぁ。。 先に行って下さ~いっ!! とみるみる小さくなるワタリさんの背中を追いかけながら陸別を過ぎ、美園峠へ。



やっと登って、下り始めたら寒い。 そして眠気でたびたびセンターラインを踏むか横のラワンブキの茂みに突っ込みそうになる。

20140711_04 翌日撮影




下る途中で日が暮れたが、下りきった所で道端に素敵な物件を発見♪

20140711_02 翌日撮影

冬期も使用可の『緊急避難所』 だそうで、中はトイレあり、トイレの前にベンチあり、ドアが閉まって暖かい。



北見のPC6までもう少しだけど、あまりにも眠いので中のベンチに座ってしばしウトウト。タイマーセットは20分。



さて、そろそろリスタートしようとしている所に怖々中を覗いているランドヌールが2名(笑)

どうやら人がいるのでびっくりしたようで、手を振ったら、中に入ってきた。

ちょっと言葉を交わして私はリスタート。

あとで気がついたのだが、お一人は確か同じホテルだったよね? (ミートハンターさんと後で知る)



北見に向けて走り始めて、しばらくしてPIPIさんが追いついてきた。

リアディレーラーの調子が悪く、Di2のバッテリーを浪費するのでバッテリーも赤ランプでピンチ。メカトラDNFかなぁ と。



失礼ながら、北見の街が意外に大きくて驚きつつ、PIPIさんに牽いてもらって街を抜け、PC4北見自然休養センターへ。



あまりに眠くてフラつき具合が酷過ぎ、この先納沙布岬まで行って帰って400km以上を無事に走れる気がしない。 



着いたのは21時45分頃(ブルベカードの時刻は21:52)で、クローズタイム(まで30分あるけれど、お風呂に入ってゆっくり仮眠して…って時間はないので、残念ながらここでDNFを宣言。



あとは朝までここでぐっすり寝てコース通り札幌まで走って帰るつもり。 北見から先を端折ったので、どこで先頭に追いつかれるかなぁ?




割り当てられた部屋には先に2人寝てらっしゃった。うるさくしないように…とは思うものの、思考力低下で配慮が至らずちょっとドア開たまま荷物の中身を捜したりで、外の音がそのまま入ってうるさかったかも。 ゴソゴソして申し訳なかったです。



お風呂でサッパリした後、トン汁にご飯を入れて頂きながら、DNFを決めた顔見知りなみなさんとまったりウダウダと過ごす。 

20140710_07

ミフネさんが根室手前で『来るなっ』ってツィートしているのをみんなで見ながら先がかなり悪天候なのを知る。



部屋に戻ったらお2人ともすでに出られた後。



布団にもぐりこんだのは日付が変わる前だったと思うが以後記憶がないまま朝までぐーっすりzzz





つづく

2014年7月19日 (土)

BRM709北海道1200 その2

寝たのは2時過ぎだけど、起きたの8時頃。 もっと寝ていたいのに目覚ましがなければちょうど6時間くらいで目が覚めるのは何時に寝ても一緒?


ベッドでゴロゴロ。 TwitterのTL見たり、コメントにお返事したり、ダラダラと過ごす。

お昼にホテルの近くでラーメンを食べて

20140709_01

一旦ホテルに戻って自転車でスタート受付をしてもらいに会場に向かう。


しばらく走って… れ? なんで背中がスースー??


Σ( ̄ロ ̄lll)


ドロップバッグを忘れたよぉぉ~。(ドロップバッグはスタート直前ではなく、スタート受付時
間内に預ける)


慌ててホテルに引き返す。 何しに行っとんじゃい? とバカすぎる自分に呆れ果てつつ。

予定より遅くなって会場着。

20140709_02

マヤさんやチコリンさんがいるぅ~♪ 顔見知りの応援スタッフさんにご挨拶。 チコリンさんはすでにAJ北海道のヒトだっけ?(笑)


受付時に注文してあった記念ジャージを受け取る。

20140709_08 

2014079_09


受付後車検。そーいえば、AJ北海道はライトを点灯してみせなければならないんだったっけ(^_^;)

が、前輪を回してもハブダイナモライトが点灯せず焦る。

え? なんで?? なんで???


…って、自動点灯モードにしてあるから明るい時間にライトが点くわけないぢゃん・・・( ̄  ̄;)


無事に受付と車検を済ませ、部屋に戻って寝ようと思ったら…。


げっ? お掃除中??Σ( ̄ロ ̄lll)


『Don't disturb』の札が見当たらないなぁ とは思っていたけれど、出がけにフロントで一言言って行くのを忘れたよ。


お部屋の中、思いっきり散らかしっぱなし、脱ぎっぱなしのヒドイ状態すぎて恥ずかしい。。

そして貴重な仮眠の時間ががががが。。。



夕方には出るから と、中途半端な状態で終わらせてもらって、ベッドへ。


…が、寝られないのよねぇぇ。。


夕方からホントに雨が降るのかなぁ? と時々カーテンの外を眺めたりしながらベッドでゴロゴロ。


全然降る気配なんてなかったのに、本当に途中から降り始める。


TwitterのTLにもあちこちで降られているつぶやきが。。



寝られないなぁ と思っていると、スマホに電話がかかってきた。

ん? 011 って札幌市内の番号??

出てみたら札幌駅近くのホテルからで、「今日来ないんですか?」と。 


きゃぁぁっ!!


実は今回さとらんどに近いホテルともうひとつ札幌駅近くのお昼寝プランのあるホテルを押さえていた。 

で、やっぱり札幌駅近くより、会場近くを取って、札幌駅近くのホテルはキャンセルしたのだが、キャンセルしたのは後泊分だけで、9日分は消し忘れていた…と(-_-;)



まったくもう、スタート前からあれやこれやハプニングが小出しに襲ってくる。



雨がちょっと小降りになっている所でチェックアウトしてちょっと早めに会場に向かう。



すでにフリーフードコーナーがオープンしていて並んでいる後ろにつく。

20140709_07

パリプレストがあるぅぅ~♪♪

20140709_03

歓談しつつ、腹ごしらえ

20140709_04


オープニングセレモニー  

20140709_05


改めて今回のブルベの規模の大きさとAJ北海道のみなさんがどれだけの時間、手間と労力をかけてて準備されてこられたかを感じます。 こりゃめいっぱい楽しんで走らないとバチが当たる(^_^;)



コースは札幌から納沙布岬の同じコース折り返しで1200km。制限時間は90時間。

1200pre

                                  地図はAJ北海道のページより拝借


公式には21:00スタートだが、全員一斉でスタートするわけはなく、10分刻みでグループが分かれる。 受付で選んだのは20:30スタート組。 キューシートの公式時間よりすべて30分前倒し。



スタート準備をして、時間になったら、順番にブルベカードに出走サインをもらってスタート。

20140709_06

で、2030組のスタートが始まったとたん。一旦上がっていた雨がポツリポツリ。。。


あぁ、もう絶対シャーマンがいるぅぅっ・・・( ̄  ̄;)


さて、走り出そうとしたら、反射ベストねじれていたり、サイコンのカウントを0にするのを忘れていたり…。 ったく、何をやってんだか。。




最初は前を走るBakkyさんの後ろを離れ気味に、次第に後ろにくっついて30km/hで走る高速トレインに乗っけてもらって快調に飛ばす。



が、45kmほど走って月形を過ぎたあたりだっただろうか、自分が眠気でフラつくのを感じで列車を降りる。 以後はのんびりちんたら。



途中ですーさんと会って話したり、やっぱり眠くてついて行けなかったり…。


すーさんは「ギックリ腰が。。。」とか言いながら走っている。

調子悪くても自転車に乗っていたら治る とかわけわかんないし。。(^_^;)



もう少しで上芦別のPC1?ってあたりで、おなかがすいて。。

KOMAさんに「おなかすいた~!!」って叫びながら、追い抜く。



スタートして100km過ぎたPC1に到着は1時半前。 貯金は1時間半ちょい。 ずーっと向かい風と雨と眠さでペースいまいち。 






つづく

BRM709北海道1200 その1

帰ってきてからボーっとしている間に時間が過ぎて。。。(^_^;) 

まだ記憶が鮮明なうちにレポって思うんだけどなかなか。。


-----

私にとって今年最大のイベントの北海道1200ブルベ。 
エントリー開始は1月20日。なんと私の誕生日だよんっ。

当然のように日付が変わる瞬間に電波時計片手にエントリーに挑む。 さすがに瞬殺ではなかったものの15分で満員御礼状態。 日本国内枠の募集は100名。 1200kmですよ1200km,っ!! 頭おかしい人多すぎ。。

こんなに早く売り切れるとは思わないからエントリーをしくじった人も多かったけど、キャンセル待ちで救済された人も多かったみたい。


夜スタートなので、当日現地入りで計画。 行き帰りの飛行機と後泊とスタート前まで仮眠するつもりで同じホテルを抑えたのは2月初めだったか。。

詳細がわかる前にとりあえず押さえたものの、その後スタート受け付けは13:00~19:00(スタートは21:00。これはエントリー前に公示あり)とかいろいろわかるにつれて、前日移動で前泊にすればよかったな とちょっと後悔。
でも今更飛行機取り直すのもなぁ。。(早割なので。。)


…と思っていたが、直前になって台風襲来情報を聞いた瞬間、前日入りを決意。


たぶん9日(水)はまだ関東には来ないとは思うけど、万が一飛行機欠航とかになったら困るし。。 ホテルも前泊の予約が取れそうなので変更変更♪


3日前の飛行機の取り直しはとってもとってもお財布に痛かったけどやむを得なし。
2月に取った早割の往復運賃より、取り直した片道運賃の方が高い(;へ:)


前日8日はたまたま交代で休む出勤調整の強制無給休暇日が割り当てられていたのだけれど、これも5月になって割り当てられたもので、当日移動のつもりだったので前日にゆっくり準備ができていいや 程度にしか思っていなかった。

この強制無給休暇が先月終わりには「7月は忙しいから…」と取り消しになり、「やっぱりそれほど忙しくないから…」と復活したのを知ったのは前日7日。

仕事だと思っていたから、家に帰ってごはんの準備してから移動…とか考えて、20:35羽田発の便を予約したのに。。。 もっと早い便でもよかったんぢゃんっ(T△T)

まぁ、休みでゆっくり家のことを片づけてから出られる とポジティブに考えることにする。


着替え等リュックに詰めて先にホテルに送った。 北海道へは札幌宛てでも中1日必要なことを知り、ギリギリぶりにちょっと焦ったり(^_^;)

荷物を送ってしまえば、あとは小さいリュックに細々したものとリチウム電池を詰めて自転車を運ぶだけでいいはずだ。

今回初めてリヤディレーラーを外して輪行する。 今までは専用のディレーラーパットを使っていたのだけれど、いろいろ先の予行演習として(笑)

店長にみっちりと特訓してもらってリヤディレーラーの嵌め外し、たぶんOK? ハブダイナモのライトも外してハンドルのドロップの間に固定。


家でしっかり輪行バッグに詰めてしまうので、駅まで担いで行くしか。。。


あれ?いつもどうしてたっけ?

そーいえば、いつも夫にお留守番に帰ってきてもらっていて、駅…どころか羽田まで送ってもらってたんだよなぁ。。 今回も週末はお留守番に帰ってきてもらうことになっている。 よくできた旦那様に感謝。


数日前に最寄駅駅前から出る空港バスを予約しようとして、「自転車は…」と断られるが、飛び込みで荷物が少なければ行けるんじゃね? とえっちらおっちら駅前まで自転車を担いで行く。


最寄駅まで1km以上。 自転車重いよぉ~。 さすがにこの移動が今回一番きつかったかも。


空港バス乗り場で自転車って言うと えぇ~ っと嫌な顔はされたけど、他のお客さんの荷物が少なければ乗せてくれそう。


が、その空港バス、通常は1時間ちょいで羽田に着く予定なのだが、「今日は保土ヶ谷バイパスの工事の影響で大渋滞でいつつくかわかりません」って言われて…。


15:40の空港バスだから、めちゃくちゃ時間がかかっても20:35のフライトには間に合うと思うが、ホントに着かなかったら困るので、電車で行くことにする(-_-;)


小田急・相鉄・京急を乗り継いで羽田空港。17時頃着。


こんなに早く着いてもなぁ~。 と、とりあえず自転車を預け、身軽になって晩ごはん?
あ、ちなみに輪行バッグは12kg。


黒ゴマカツカレー

20140708_1




早めに保安を抜けて…。
実は飛行機の預け入れ荷物にリチウム電池が×って、直前まで知らなかった(^_^;)


えぇぇ~、前に北海道に行った時もDi2のバッテリーつけたままで預けたけど何も言われなかったよぉ~。 と思いつつ、調べてみるとモバブーもその他リチウム電池も機内持ち込み手荷物ならOKだけど、容量によっては制限があるなんて今回初めて知る。

えぇ~、直前に容量の大きなモバブーを2つも買ったというのに。。。

とりあえず、リチウム電池関係は全部身の回りリュックに詰めて… …って結局何もチェックされなかったけど、いいのか?


搭乗口前でボーっとボーっと。。
大型テレビで夕方のニュースを眺める。

20140708_2


えぇぇぇっ!!! 北海道で地震???Σ( ̄ロ ̄lll)

台風といい地震といい、ランドヌールの集結は天変地異を呼ぶのか?

いや、ホントに今回の参加者の中には天変地異を呼ぶシャーマンがいるらしいけど。。(どうやら香港の代表らしいが。。)


搭乗口近くでくるくる回るバームクーヘンが気になる。 

20140708_3

時間もあるので、ホッとバームクーヘンとビア♪

20140708_4

飛行機は途中ちょっと揺れたけど、たいしたことなし。22:10到着予定だったけど、少々送れて飛行機は無事に新千歳到着。

JRで札幌に向かう。前回は空港バス利用だったけど今回はJRで。JRの方が速いけど、それでも1時間ちょいかかるのね。

札幌からさらに地下鉄に乗り換えて予約ホテルへ。


前回パラダイスウィークの時も押さえていて結局キャンセルしたけど、今回は丘珠空港近くのホテルを利用。


出歩くには札幌駅近くのホテルの方がいいけれど、スタート&ゴールのさとらんどから札幌駅周辺まで約10km。 パラダイスの時はゴールしてから帰るのがとってもしんどかった。ここならさとらんどまで約5km。


予定より遅れて日付が変わりそうな時間にチェックイン。


フロントの感じのいいおじ様が「ここがスタート&ゴールに一番近いですからね♪」とニヤリ。


近くのセイコーマートに食糧買い出し。ついでに会員カードも作る(^_^;) 前回作っておけばよかったと何度思ったことか。。


部屋に戻って自転車の組み立て。


リヤディレーラーを取り付けようとして… 


あれぇ~? プーリーの位置ってどうなってたっけ???
深夜、ディレーラーを片手にしばし悩む。


お店で特訓してもらった時は外したまま素直につければよかったけれど、ねじれたチェーンはどうなっていたのやら。。。


しばらく悩んで、どうやらプチプチで包んで固定する時にくるんっと一回転したことに気づく。

くるんと回して無事取り付け完了。

20140708_5



シャワーを浴びて、やっとプシュっとできます♪

20140708_6

すでに深夜も深夜2時ですが。。。




つづく

2014年7月 7日 (月)

お針子修行  ミシンなんか大っ嫌いっ・・・( ̄  ̄;)

グレゴリーのリアクター、今は廃番の古いトレランザックだが、バックのメッシュポケットが大きくて軍手とかポンポン放り込んでおけるので、自転車用に転用しても重宝。


そもそもトレラン用なので軽くて丈夫(^v^)


自転車用に背負うといっても、普段はザックもウエストポーチも何もない方がいいのだが、超長距離とか荷物がある時に登用。


一昨年の北海道パラダイスウィークの時はクロックスのサンダルとDi2充電器等充電器、ゲージ付の携帯ポンプなど背負って走ったっけ(^_^;)


今は長距離の時はsuewさんのサドルバッグを使っているので、ザックはなくてもなんとかなるといえばなんとかなると思うのだが。。

実際、今年のFlecheの時はザックなしでもなんとか…(笑)

2014fleche



リアクターには反射材がついているのだが、小さいのでブルベで使うには反射ベストの下に背負う。
休憩時など降ろすにはいちいち反射ベストを脱がなければならないのでとっても不便。


海外ブルベで調達してきた大きな反射材をつけている人もいるが、そんなもんは市販されていないので、反射ベストの上にザックを背負う人は反射材の取り付けに各自いろいろ工夫されている。



リアクターに反射テープを縫いつければ、反射ベストの上に背負えるのになぁ と思って早幾年月(汗)


今年こそは とホームセンターでおあつらえ向きの反射テープを買ってきたのは冬だったはず。


Flecheにまでに…とお針子修行を始めたのは春先だったか。。?


『針と糸を持ったら熱が出るから…』と公言してはばからない私だが、やむを得ない場合はお針子さんやりますっ!


でもミシンがねぇミシンがねぇぇ。。


ハギレで試し縫いする時にはちゃんと縫えるのに、いざ反射テープを縫いつけようとすると下糸が絡まるし、針目が飛ぶし… 


針と糸が大好きな方にはなんの苦もない作業だと思うが、公言通り私にとっては苦行以外の何物でもない。


何度も何度もやり直し、何度も何度も下糸が絡まり。。。とうとう放り投げたっ!!(-_-;)



そのまま放置すること数ヶ月。。。 いよいよ必要に迫られる。 
夏休みの宿題は最悪新学期が始まって提出日までにやればよしの精神ここに至る といったところか。



  …しかし今からミシンと向き合う時間があるんだろうか。。??



そうだ!! ミシンを使わなくても手縫いチクチクでもいいのでは?
(接着剤で貼り付けるという手もあるが、それは嫌なので。)



放置したままのザックを手に取り、そのまんまのミシン糸を切っていくが、何重にもかかっていたり、みょーに針目が細かかったりで、ミシン糸を取り除くのに一苦労。


深夜にチクチクチクチク。。 …とても出発2日前の夜とは思えない。。早く寝ろよっ!
作業が終わったら、すでに外は明るい午前4時。。




とりあえずこんな感じで。。

20140707

手縫いでは弱いので簡単にほつれることも考えられるが、その際は安全ピンの応急処置でとりあえず今回は乗り切ろう。


実際に使うかどうかは、行ってからホテルでスタート準備している時に決めよう。


台風も心配なので当日のフライト予定を変更して明日の夜飛ぶことにした。。
(あぁ、お財布に痛い出費。。(T△T))



明後日、水曜の夜から私にとっては今年最大のイベント BRM709北海道1200 がスタートします。 楽しんで(苦しんで…かも?)きますっ!!




って、ブログなんてupしてないで準備しなくていいんか? って内なる声が聞こえる。。



こんな間際になって、まだ準備途中なのに、土曜日から突然部屋の大掃除を始めてしまい、今朝はごみ袋3袋分も捨てたし。。 



楽しみなイベントなのに現実逃避? 
早く準備を終わらせて睡眠フルチャージにしたいところなのに。 ったく・・・( ̄  ̄;)

2014年7月 2日 (水)

潜入!! 圏央道 厚木PA

仕事の帰り、ちょっと寄り道。


…の話の前に。


狭い上り坂の車止めを避けたら日傘が横の壁に接触して転倒。 

自転車の傘立ては便利だけれど融通がきかないので、接触すると傘の骨がバネのようになって、傘が折れるかこちらが倒れるか。。 (前に生垣に接触した時は傘が根元から折れた(~_~;) 接触する相手は壁や生垣なので相手にダメージはない…らしい。。)

スピードは出ていないが狭い坂道なので、倒れたママチャリにヘンな風に足を挟まれてなかなか起き上がれず・・・( ̄  ̄;)

ペダルで圧迫されたので右足脹脛が肉離れっぽい痛み。。 北海道までに早く治さなくては。。



話を戻して。


28(土)に圏央道の相模原愛川IC~高尾山ICが開通した。

これで中央道にも関越道にも埼玉方面にも行きやすくなるはず?


開通に伴って厚木PAもオープン。
厚木PA(外回り側)をちょっと覗きに行ってみる。

20140630_1_2

B-1グランプリの… とうたう割りにはご当地のシロコロが見当たらない。

20140630_2

内回り側にはあるのだろうか?


ウッドデッキは気持ちいい休憩スペース。

20140630_3

でもまぁ見える景色は田舎だけど。。


個人的見解だが、食べたいものもないし欲しいものもないし、新しいからキレイだけど、なんだかなぁ。。
あ、トイレチェックするの忘れた Σ( ̄ロ ̄lll)
オープンしたての土日はめちゃ混みだったらしいけど、所詮PA、しばらくしたら落ち着くだろう。


先日の西東京600の帰り、様子が変わっているけど暗くてどうなっているのかよくわからなかった相模川のなんちゃってサイクリングロード(歩道?)

20140630_4

サイクリングロード(歩道?)脇の植え込みはもちろん、草ぼうぼうだった河川敷道路一本分くらい刈り取られている。 夜目になんで水たまり? って思ったのはこういうことだったのか。。

歩道?  下にもなんか道ができるらしい。



R246をくぐるあたりから草ぼうぼう

20140630_5

夜目にはもっと草ぼうぼうでとても通れないイメージだったけど、単に背の高い雑草が当たっただけだったようで、昼間見たらそれほどたいしたことないかも。


ずいぶん以前に 「信号少なくて(車で)走りやすい」 と教えてもらった相模川沿いの道は気づけばいつの間にか圏央道の側道になっていて、まさかあれから何年もたってそこを時々ロードなちゃりで走ることになろうとは思いもせず。。 

そもそもママチャリ以外の自転車に乗っていることも驚きだけど。。

いろいろ様変わり。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

twitter

無料ブログはココログ