2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月22日 (金)

今夜これから特急大阪帰省

これから…っていうか、下の子が塾から帰ってからね。



まさかこんなに長く長距離移動しなければならないとは思っもいなかった子供の歯科矯正帰省。


3年くらい…のつもりが、10年越えたし。。


子供の歯科矯正は長くかかるものだけど、こんなに長く遠方から通うことになろうとは思っていないし、歯医者の先生だってまさかこんなに長い期間通い続けてくるとは思っていなかったに違いない。 すでにやめられない惰性。


すでに全部永久歯になってるけど、いつまで通うのやら。。
上の子は歯科矯正終了宣言はもらっているけれど、下の子は先々インプラントしなければならないようだし、終了にはしてくれなさそう。。




今日は塾から帰ってくる時間が早そうだし、いつもより早く出られるかな。


なので、今回の大阪滞在時間は24時間くらい?




夫がいないので片道500km弱を往復運転するのがなぁ。。  
でも大阪での運転は全部夫に任せる。(夫大阪に単身赴任中)





ブルベ中の居眠り運転と違って、鉄の箱は走る凶器だから。。。
そして眠くてたまらない時には近くにPA・SAがないのはお約束?(汗)
一人じゃないので、車中で絶叫するわけにもいかないし、
さて、どうやって眠いのをしのごう(~_~;)

2014年8月15日 (金)

キャンプ3日目

山梨・雁坂トンネル近くのキャンプ場で、ボーイ隊の夏キャンプに奉仕中。
私はいちおベンチャー隊(高校生)の担当なのだけど。。最近週末は自転車で遊んでばかりなのでお仕事なぁ~んもしてないけどね(^0^;)


ボーイ隊長に別件でお世話になったので、「今度体で返すよ」と行った手前(^^;)、ボーイのリーダーサイトの厨房奉仕と活動中のお留守番に来たようなもん。

うちの子たちは自宅でずーっと作ってきたカレーを食べ続けてんのかしら(^^;)


夕べ、トレッキングシューズ脱いだり履いたりするのめんどくさいから、全て済ませて寝るだけにしてテントに戻ったら…。


あれ?モバイルブースターは?


スマホの電池の残量がないので目覚まし鳴らないと困るしなぁ。。


予備のモバブーはあるけどUSBケーブルがない。。
車の中に落としてきたかな? どちらにしても車に行けばケーブルあるんだけど…。


ってことで、雨の中、トレッキングシューズを履き直して、まずはリーダーサイトのテントのウォールをわざわざ上げて中に忘れてないか確認してから駐車場の車に取りに行ったよ。


リーダーサイトにも車にもなくて、ケーブルだけ持ってテントに戻ったよ。


持ち帰ったケーブルで予備のモバブーを繋いで充電しながらザックの中を見たら、捜していたモバブーが出てくるのはもはやお約束( ̄0 ̄)


蚊に刺されまくりなので、昼間買い出しついでに個人的にスキンガードを買ってきたのに、これもザックの中から出てきたよ。

あぁもう早く帰りたいかも。。

2014年8月12日 (火)

SR600Fuji その4

白樺湖から蓼科へ登り始めると前方に黒い雲。

20140727_18


えぇ~、また~(~_~;) って慌ててレインウェアを着こんだけれど、ポツポツっときた程度で結局降りそうになかったので途中でレインウェアは仕舞いこむ。



夜だったら絶対見落としそうなPC8女の神展望台 7/27 13:36

20140727_19



R299の途中から麦草峠へ。 

下から登るよりマシかなぁと思ったけれど、やっぱり麦草峠は登っても登っても着かないよぉ~。




PC9麦草峠(メルヘン街道最高地点) 7/27 16:01

20140727_20


ここからのダウンヒルがまた眠い。

20140727_21


昼間に自転車で野辺山を登るのって初めてかも。 日差しがあちい~。



R141から東方向に見える山ってなんだっけ?

20140727_22





PC10JR鉄道最高地点 7/27 18:14

20140727_23


残り160kmちょい? 志賀草津道路の通行止め区間を通りぬけた所、菅平の登り、途中で何度も心折れたけれど、ここまでたどり着いた。 でも残りを7時間弱で走れるか?  

元気で眠くなくてゴールまで登りなしの下り基調ならいざ知らず、現実的にランドヌール部門の制限時間52時間(SR600のランドヌール部門の制限時間は50時間だが、累積標高が10000mを越えると500mにつき1時間プラスされる)には間に合わないと判断。

元々あわよくばランドヌール、間に合わなければ即ツーリストに切り替えのつもりだったので、ここでサックリとツーリストに切り替える。

この時正直、認定はどうでもいいからここまで来たら最後まで走ろうという気持ちしかなかったのだけど。



韮崎までは長い長い下り。…だからダウンヒルは眠くなるんだってばっ。



須玉手前でコンビニ休憩。

韮崎の道の駅で椅子に座ってしばらくウトウト。



交差点名はブルベで見たことがあるけれど、たぶん走ったことのないルートを通って、途中の公園でウトウトしたりしつつ芦川駅へ。




PC11芦川駅 7/27 22:02

20140727_24

さて、河口湖まで登らなきゃ。 と精進ブルーラインに向けてなだらかに登り始める。


途中に集落はあるけれど、ほぼ何もないさびしい登り。

精進ブルーラインに合流する所に農産物直売所があって、トイレと自販機があると思っていたのだが、行ってみると板が打ち付けてあって、自販機もない。



お腹すいたよ~。

芦川駅の手前のコンビニでちゃんと補給すべきだった。。


水も乏しいし、どうしようかと思っていたら、ちょっと登った反対側に自販機が数台まとまっている所を発見♪ あぁ、夜道のオアシス(^_^;)



飲物はもちろんだが、お腹すいたので、アイスの自販機でチョコモナカを買ってお腹に納める。 これでもないよりまし。 ようかんとか手持ちの非常食も投入。 

前半はあれだけコンビニに寄り倒したのに、疲れてくると補給の判断がいい加減になるようだ。 それでもまだ最後の非常食、最後の水一口は残すのは習性。山じゃないんだから、アスファルトの上で遭難することはまずないと思うのに(笑)



精進ブルーラインから若彦トンネル方面に分岐。

ますます真っ暗~。 さすがに3日目の夜ともなると、ちょっとウトウト程度ではごまかせないので芦川の集落の片隅でゴロンと転がって1時間ほど爆睡。

しばらく進んでまた1時間ほど爆睡。

もう時間は関係ないので、目覚ましもかけず寝たいだけ。…だけどいつまでも寝てられないので先に進む。



若彦トンネル手前がまた斜度キツイんだよなぁ と思いつつ、若彦トンネルに突入したのは02:57。 ひゃぁ~、時間も時間だし、なんか出たらどうしよぉぉ~(怖っ)

河口湖に向けては下り基調だが長い長い若彦トンネル。



「お腹すいたぁ~!!!」と絶叫しながら走り抜ける。



河口湖の手前にコンビニなかったっけ? あれ?勘違い?? 24時間じゃなくて見落としたかな? お腹すいたぁ~ って思いながら、旅館街までコンビニなし。



もうすぐ船津三差路 ってあたりでやっと湖畔にコンビニの灯りを発見♪



食べて飲んでやっと一息。



富士山方向を見ると、ポツポツ見える大きな灯りは山小屋でその間をずーっと連なっている光の線は登山者のヘッドライトの灯り? ヘッドライトの灯りが線ではなく結構幅広い帯?

御坂みちから赤富士通り、富士五湖方面はR138を走ることが多いので通ったことのない富士吉田の道を走って、最後にぐいっと登って、どこに出るのかと思ったら富士吉田の道の駅を過ぎたあたりからR138に合流。 結局私が眠くなる両側林?の道は走るのかぁぁ。





明神前で曲がったら、一応諏訪明神の看板前で一枚。

長池親水公園に向かうが…。



河口湖ではあんなに灯りが見えていたのに、山中湖から見る夜明けの富士山はご機嫌斜めなのか隠れてしまっていた。 ちょうどいい時間なので、晴れていれば朝日に赤く染まる富士山が見えるまで待つつもりだったけど。。

20140728_02




なので、PC12山中湖諏訪明神 7/28 04:27

20140728_01

最終PC終了で、後は高尾ゴールを目指すだけ。



石割の湯前のコンビニでゆっくり朝ごはん。

20140728_03

後は道志みちを下って…。

って、まず山伏峠の下りが眠くて眠くて、何度も止まって休憩。



道の駅どうしで冷たい水で顔を洗おうと思ったら、トイレの水道から出る水はお湯ばかり。。

蛇口ひねったらお湯が出る仕様になったのかぁ~ って寝ぼけ頭で思っていたけれど、なんのことはない、よく考えたらタンクに汲み置きの水が温かかったってだけの話かな。


仕方がないので、流水オブジェの冷たい水でアームカバーを濡らしてリスタート。


腕が涼しいおかげで眠気が飛んで、下り基調の道志みちもなんとか眠くならずに走ることができる。 あぁでも暑くなってきたし、頭のBuffを濡らしたい。。 途中に水場でもなく民家でもなく、湧水がパイプからダバダバ流れている所あったよなぁ どこだっけ?? とずーっとキョロキョロ。



あったぁ~♪

20140728_04

Buffを洗ってビショビショにして被る、ついでに水浴び。 頭からも水掛けちゃえ。 …あぁこれで涼しく下れる?(*^_^*) っていうか、涼しいとダウンヒルも眠くないのか?




月曜早朝の道志みちは車もほとんど通らないし、実に快適♪

うっかり宮ヶ瀬方面に曲がって帰ってしまわないように気をつけなくては(笑)



すれ違った1台の自転車が止まってこちらに来るようなので、知り合い? って思ったら、ブログをご覧いただいている方だそうで、SR600に挑戦中なのもご存じで、驚きの遭遇w( ̄▽ ̄;)w

こんなロクでもないものをご覧いただいているとは。。恐縮です。 聞きそびれたが、そのTさん、どこまで行かれる所だったんだろ?



青山で曲がって三ヶ木を過ぎると、さすがに月曜の朝なので交通量が増えてきた。ちょうど通勤の時間帯よねぇ。。



日差しも強く、暑くなる中、高尾ゴール着♪ 7/28 08:59

20140728_15


ノロノロ走って途中で寝まくって、ツーリストに切り替えて、ちょうど60時間でなんとか完走(*^_^*)



無事に渋峠を通るのが今回最大のミッション。 …って行程の1/3で終了か(笑)



あちこちでゆっくりで寝まくったおかげで、渋峠も美ヶ原もビーナスラインも麦草峠も明るい絶景を楽しめました。朝日に染まる富士山に会えなかったのだけがちょっと残念。






素晴らしいコースを用意して下さったオダックス埼玉のみなさんに感謝です。どうもありがとうございました。





さて、お家へ帰ろう。 あぁもう、自分が臭すぎて許せないっ!! 



ランドヌール部門での認定にこだわらなくて、時間と財布に余裕があるなら、このコースは泊まりながらゆっくり景色を楽しんで走った方がいいよなぁって思う。



  …ランドヌールでの認定にこだわりはなくても、財布と時間の余裕が。。(^_^;)










おしまい

2014年8月11日 (月)

SR600Fuji その3

渋峠ホテルの標高が2,152m(ちなみにPC3の日本国道最高地点が2,172m)から一気にPC4の標高569mまで下る。



ダウンヒルヒャッホー? いやいや、私はダウンヒルは眠くなるのでダメなのだ。



たびたび意識が飛びそうになって、そのたびに道端に止まって首回したり肩回したり…。



標高が下がるにつれて、暑い、暑いよ~。

途中で気温35度の電光掲示板を見たよ~な・・・( ̄  ̄;)



眠いし暑いしお腹すいたし、やっとのことでPC4の道の駅到着。




が、写真を撮るべき看板が見当たらないΣ( ̄ロ ̄lll)



え? あれ? どこ??




今回下調べ不十分で、実はプリントアウトしてきた写真は暗くて撮影背景の対象は木の看板らしいが何が写っているのかよくわからない。木の看板があるにはあるが、どーもそれじゃない気がするし…。
(SR600Fujiのサイトに行って拡大すればそれが『道の駅北信州やまのうち』と書かれた木の看板だとわかるのだが。。)


プリントアウトしてきたPCの写真を片手にウロウロ。 



屋外でパン販売中のおじさんにPCの写真を見せて、「この看板どこですか??」と尋ねる。

「あぁ、その看板は白アリにやられて春先に金属製のものに変わったんですが、ちょっと待って…」 とPC一覧の写真を持って店の奥に行ってしまった。

しばらくして 「責任者が話をしたいというので、ちょっとこちらへ…」 と(汗)

恐る恐る行ってみると、別に咎めるとかいうことではなく、何にどう使われているのか知りたいということだったので、サイクリングのチェックポイントとして通過の証明写真撮影に使わせて頂いている旨を話して放免。 あぁびっくりしたぁ~。



PC4道の駅北信州やまのうち 7/26 15:08

20140726_19

現在は↑の金属製の看板に変わっています。



道の駅でそばソフトとりんご・クリームチーズのおやき休憩

20140726_20

20140726_21



帰ってからプリントアウトしたPC一覧をよくよく見ると『木製の看板に代わり金属製の看板があります』って赤字で書いてあったんだけど。。 写真の後ろの緑のテントも注意書きの看板も同じなのに、暑くて頭がボーっとしているので場所が特定できていなかったよ(汗)



ソフトとおやきではちょっと補給不足なので、暑くてボーっとしながら小布施でコンビニ休憩。



菅平へ登り始めるが、西日が容赦なく半端なくとてもツライ。

反対車線の歩道に自販機休憩に行くと、日陰で涼しい風がそよそよ吹いているというのに、登り側は殺人的。

アスファルトからの照り返しと、西日にこんがりローストされて、気力もすっかり干上がってしまい、キツイ登りに押し歩く。 眠い。。



日が落ち始めて多少暑さは和らいだものの、すでに登る気力が。。

乗ったり降りたり、眠くて蛇行したり。。



眠くても適当な寝る場所がないんだよなぁ。。 と、工事休止中のパイロンの内側にしばらく横になってみたり…(汗)

車のタイヤと同じ高さには寝ないのがポリシーなのに。。



もう菅平で終了でもいいかなぁ と思いながら真っ暗な中を押し歩いていると、前方から来た車が横でスッと止まる。



さきっき追い抜いて行ったけれど、この先もまだまだあるし、心配で戻ってきて下さったそうで、自転車バラせば乗せられるから乗りませんか? とご親切に言って下さる。




ありがたいお言葉。しかもなんという絶妙なタイミング(^_^;)




…が、待てよ。

ここで乗ってしまったらホントに終わりだ。





仮に乗せてもらったとして、どこかの駅で降ろしてもらったとしても、輪行袋ないしなぁ。。

そう、今回出がけバタバタで捜しきれず緊急用の手のひらサイズの輪行袋を持ってきていないのだ(^_^;) これでは無理にでも走って帰るしかないでしょ。




ご親切な申し出に感謝しながも丁重にお断りして、引き続き押し歩く。




もうちょっと傾斜が緩くならないと乗れな~い(-_-;)

R406のぐねぐね折り返しが始まってやっと乗って走れるようになった。あたりはすでに真っ暗。暗すぎる~。




やっとPC5菅平高原(須坂・上田市境)に到着 7/26 20:35

20140726_22

あたりは泊まりの観光客や合宿の学生の楽しそうな雰囲気であふれていて、とても休憩する気になれず、そのまま上田に向けて下り始める



が、眠い。



途中でバス停という名の素敵な道端ホテルに吸い込まれ…。

ベンチで2時間ほどゴロゴロしていただろうか。 寒くて目が覚める。


本州の道端ホテルにはドアがないからなぁ。。(でも上田まで下ると道端ホテルにもドアがあった。が、防犯のためだと思うけど電気が点いているので中で寝るのはいかにも不審者すぎてどうかなぁって感じだけど。。)



リスタートして走り出したものの、下りのはずなのにどこまで行っても登りが続くんだけど。。

と、GPSの地図をよくよく見たら、逆方向。 菅平に戻ってどーするっ(^_^;)



実はこの後も同じことをやってるし、バス停で寝た後は進行方向をよく確認しないと危険だ。




そーいえば、PIPIさんと初めて会ったのは小諸から走ってきて逆コースで上田から菅平に登る途中だったっけなぁ とか懐かしく思い出しながら上田へ。



お腹がすいたのでコンビニ休憩後リスタート。



信濃国分寺仁王門どこ? キューシートのコメントに『進行方向右側にバス停があり…』とあり、バス停のあたりから道路反対側の国分寺史跡公園の中に入って捜すがわからず。 

えぇぇ~? ホントにどこ?? 史跡地図を見ながらもう一度道路に出て…。



あΣ( ̄ロ ̄lll) さっき道路を渡った左側に仁王門あった♪




PC6信濃国分寺 7/27 00:31

20140727_01

ここもね。PC一覧の注釈をちゃんと読めば『進行方向左側』って書いてあるのにね(-_-;)



先に進むが眠くて、またもや道端ホテルに吸い込まれ。 …でも横はR18なので大型トラックが通り過ぎるたびに振動と爆音でゆっくり寝られず。



コンビニ休憩ばかりだけど大屋でコンビニに寄ってまたすぐ次のコンビニへ。
コンビニ休憩多すぎっ(-_-;)



そして眠くて先へ進めなさすぎ。 またもや道端ホテルに吸い込まれたり…。



道端ホテル=バス停 もいいけれど、夜は暗くてわからないが、ベンチが埃だらけだったり、朝になってタイツやスカートが白く汚れていて驚く。 昼間ならとても寝る気にならないような所に転がっているのかも。



振り返ると2回目の夜明け

20140727_02



今日も暑そう? まだ早朝でそんなに暑くはないけれど。。 

20140727_03




眠くて眠くて大屋から美ヶ原への登り口の武石観光センターの所までどんだけ時間がかかったことか(-_-;)


美ヶ原への斜度にビビりつつ、ひぃこら登り始める。 天気はいいけど風が強い。 しかも冷たい強風で、高原の涼しい風なのか、これから雨が降る風なのかよくわかんない。


写真では風の強さはわからないけれど、木がワサワサ揺れまくり。

20140727_04

20140727_05

20140727_06



白樺が日に映えて美しく、遠くの山々まで眺められて絶景。

20140727_06_2

ここを走るなら晴れた日中がいいよね。



素敵な眺めの中、前方に何やらメルヘンチックな建物が。。

20140727_07




PC7道の駅美ヶ原高原美術館 7/27 08:06

20140727_08

道の駅なので高原美術館に行ってみたけれど、時間が早いのでお店も開いておらず、湧水を汲んで、トイレに行っただけで先へ進む。

20140727_09

お天気はいいけど、ホント風が強い。

20140727_10

9時を過ぎて、開いているドライブイン?を見つけてソフトとおやき休憩。 おなかすいた~。

20140727_11

時間がたつにつれ、車も増えオートバイが集団で走っていたりで走りにくくなってきた。



途中、そばを通る和田峠? あれ?登ったのって何のブルベだったっけ? 今でもどこにあるんだか位置がいまいちよくわからなかったり(^_^;)




晴れたビーナスラインの景色は素晴らしい

20140727_12

20140727_13

20140727_14

が、写真には写っていないが車も多くなってきて走りにくいったら。。



冷たい風は雨の前兆? と心配が当たったのかよくわからないが、霧ヶ峰手前でポツポツ降り始めた雨がすぐに本降りに。


車は多いし、路肩は狭いし、で、霧ヶ峰の駐車場にたどり着くまでレインウェアを着るのもままならず、ずぶ濡れでトマト販売のテントの片隅をお借りして雨宿り。



雨はますます土砂降りのゲリラ豪雨状態。ひょえぇぇ~。

レインウェアの上下を着こんだが、寒い。。



まさかのゲリラ豪雨は長く続かず、しばらくして止んだので、車の中で待機のトマト売りのおねーさんにお礼を言ってリスタート。



白樺湖が見えてきた~♪

20140727_15

20140727_16


白樺湖のローソンにも問題なく営業時間内到着♪ 

ちょうどお昼時間で観光客で店内はごった返していたけれど。

20140727_17


武石口から野辺山まで他にコンビニはないので、、ここを営業時間外に通過予定なら事前にそれなりの食糧を仕入れて走らなければいけないし、白樺湖のソーソンに営業時間内(07:00~21:00)に到着して補給できるかどうかは結構重要。








つづく

続きを読む "SR600Fuji その3" »

2014年8月10日 (日)

SR600Fuji その2

高尾駅スタート証明の入場券の時間は7/25 21:07

20140725_01

ちょっと遅刻スタートだけど、スタート時間から30分以内にスタートすれば…のBRMのルールと同じでいいのかな? まぁとりあえず行くしかない。

取るものもとりあえずで飛び出してきて、高尾も慌ててスタートしたので、あきるので最初のコンビニ休憩。

旧満地トンネルは出るんだっけねぇ? 結構好きだったのになぁ。。 でもまぁ無事通過。




夜走るの嫌だなぁ と思った成木街道も名栗のあたりも 『渋峠を通れる時間に通らなくては』の気持ちで通り抜ける。

もしかしたら、このあたりに住んでる人は夜の道志みちを通るの嫌だなぁ と思っているのかも。 道志みちなら真っ暗でもどんな時間でも親しみを持って通れるんだけどなぁ(笑)

さぁ、これからPC1の山伏峠 …と思ったら、登り口で赤いライトセーバー(笑)を持った工事現場警備のおじさんに止められる。

「この先は工事のため通行止めで、自転車もダメです」 と。

えぇぇっ!! こんな所で止められるとは。。 まさかのストップに 「自転車ダメですか? 押し歩きでもダメですか??」 としつこく食い下がる。 こんな所で止められてなるものか。
現場に確認してもらって、自転車は通ってもよし の許可をもらえたので、お礼を言っていそいそと通る。

工事現場はほんの少し先、土砂崩れか所の修復工事らしい。 夜中に御苦労さまなことだ。 作業まっただ中というより、これから作業という感じだったのでお礼を言いつつ、自転車に乗ったままで通らせてもらった。

山伏峠への登りは真っ暗。 ブルベで何度か通ったことはあるもののいつも昼間だから、これが見えたらあとどのくらい…の目印がよくわからない。

もう少ししたら『山伏峠』の標識だよなぁ …と思っていると、目の端に白いものが。。。



んんん??    標識っ??



山伏峠の標識がどのなものでどのくらいの高さか知っていてよかったよ。
GPSにポチった場所は数百メートル先だったので、危うく見落とすところだった(^^ゞ


PC1山伏峠 7/26 00:21

20140725_02

フラッシュを焚くと標識の文字が光って写らないし、フラッシュなしではブレてフレームバッチがよくわからないし、ライトを足に挟んだり… 夜に目標物とフレームバッチを一緒に写すのは難しい。 何枚か撮って一番まともなのがコレ↑。

まーっ暗だし、必死に写真を撮ろうとしているこんな光景を見られたら絶対ヘンな人だけど、そーいえば通行止めで車も来ないんだった。。


何枚か写し終わったら長居は無用。慌てて秩父方面へ下る。


まだ集落にも行きつかない途中で、真っ暗な中、反対側の通行止めの警備員さんがいた。

お仕事とはいえ、こんな真っ暗な中に一晩中いるの嫌だよなぁ。。

秩父で2回目のコンビニ休憩。
夜スタートは苦手だけど、昼間と違って暑くないので走りやすいなぁ。 去年は暑くてスピード上がらない上にやたらと自販機ストップしまくってたっけ。

秩父から群馬・藤岡へ
藤岡でやたらアップダウンのある広域農道ちっくな道を走った記憶があるが夜で暗いからなんとなく走りぬけた。

途中でコンビニが…っと思ったあたりにあったよあった。嬉しいことに24時間オープンだよ♪
藤岡西平井でコンビニ休憩。

20140726_01

灯りにつられて外にはメスのカブトムシが2匹。飛び上がったりガラスに当たって落ちたり。

20140726_02

コンビニ休憩ばかりだが…(笑)


リスタートして走り始めてすぐ、膝の裏にチクリと嫌な感触。


へっ? 慌てて触ってみると、固くて丸いものが。。。




嫌ぁぁああっ!!


さっきのカブトムシが足を登っていたらしい。 問答無用で払い落す( ̄^ ̄)



夜明けの妙義山

20140726_03

五料でコンビニ休憩後、碓氷峠へ。

明るくなるのは嬉しいのだが、日が照ると暑くなってきて、道端の流れで水浴びしたい衝動。

20140726_04





PC2めがね橋 7/26 06:00

20140726_05

去年は雨の中登った碓氷峠も雨がなければ楽しい。

朝の軽井沢

20140726_06



中軽井沢でコンビニ休憩したら、さて、軽井沢からの登りがなぁ。。 以前ブルベで逆コースから下った時、ここは登りたくないなぁと思ったんだよなぁ と、思いつつ、エッホエッホ登る。

以前お邪魔した社宅友達の別荘どのへんだっけ? 確か別荘地の一番上で道路から見えるんだったよなぁ。もしかして見えるのかも?? そんな当時、まさかその後近くを何度も自転車で走ることになるとは思いもせず。。


途中で志賀草津道路の通行止めに関するお知らせが

20140726_07

よしよし。 大丈夫そうだ(*^^)v


北軽井沢を羽根尾まで下って大津から草津への登り。


以前、草津まで車で行って、渋峠まで自転車で走ったことはあるけれど、自転車で草津まで登りたくないなぁ って思ったっけ。


日差しを遮るものがないので暑いし、傾斜はキツイし、草津までの登りがしんどい。


草津手前だけど、たまらずコンビニでガリガリ君休憩

20140726_08

草津に着いたら、そのまま志賀草津道路を登る。 途中で『通行禁止!!』って言われたらどーしよう と思ったりしつつ、ロープウェイも動いているから大丈夫なのかな?


殺生河原のあたりは熱く感じ、太陽の熱で熱いのか地熱で熱いのかわからないけれど。。


若干ガスっていて、せっかくの眺望が霞むのが残念。

20140726_09

20140726_10

20140726_11

問題の湯釜近く。 この霞んでいる↓向こうが湯釜?

20140726_12



さすがに白根レストハウスは閉鎖中。

がんばってもゆっくりしか登れないけれど、やっと通行止め区間終了。振り返って1枚。

20140726_13

万座道路との三差路に係員さん?が待機。 日差しを遮るものもない中お疲れ様です。。



はぁぁ~、今回最大のミッション終了。


ここで一気に気持ちが切れて、止まったままなかなか先に進めず。しばらく休憩。

なんとかノロノロと山田峠を登り始めるが、今まで以上にノロノロ。

次のカーブを曲がればもうすぐPC3だと思われるのに、素敵なベッドを見つけてついゴロリ。。

20140726_14






やっと着いたよPC3日本国道最高地点  7/26 13:27

20140726_15

さっきの万座三差路からここまでなんと1時間もかかってしまった。。(-_-;)


渋峠ホテルで2匹のもふもふわんこが出迎えてくれる。

20140726_16

焼き立てパン休憩と国道最高地点到達証明を頂く。

20140726_17



ついでに? 練乳いちごソフトもいただきま~す♪

20140726_18










つづく

2014年8月 5日 (火)

SR600Fuji その1

昨年は雷ゴロリで軽井沢から逃げ帰った(^_^;)SR600Fuji

Static

                                オダックス埼玉のページより借用

だって渋峠で雷遭遇は絶対嫌だから。。


今年は去年の敵討ちに行かねばのぉ。


GW直前に志賀草津道路の冬期閉鎖が解除され、そろそろいつ行くか考えないと。 


…と思っていたら、6月に入ってすぐ、草津白根山の火山活動による渋峠通行止め。 い
や、正確には渋峠は通れるのだが渋峠手前の志賀草津道路が一部通行止めに。。。



えぇぇ~、今年のリベンジは無理かなぁ と思っていたのだが、6月半ばに日中のみ通行止め解除になった。



SR600とは距離は600kmでも累積標高は10000m以上になる山岳パーマネントのコースで、ルートは厳しい。ランドヌール部門とツーリスト部門どちらか選んで出走者が日程を決めてエントリーするのだが、エントリー手続きは出走予定日の4週間前までに終わらせなければならないので、今日決めて明日出るわけにはいかない。



いろいろ週末予定てんこ盛りなので、7月25日21時出走でエントリー。正直てんこ盛りすぎてここしか日がないというのが実情かも。

Sr600fuji



先の予定の北海道1200の方が最優先だったので、北海道から帰って余韻が冷めた頃、やっと準備開始。



パーマネントなのでコースは去年走ったのと一緒なのだが、若干追加?コメントがあったりして、最新版でキューシートを加工し直してはいたのだが…。


実は北海道の準備が終わった所でプリンタが壊れた(^_^;)


印刷しないことにはキューシートの準備ができないし、何より印刷したキューシートを見ながら、GPS流し込み用のポイントポチポチができない。(去年のと同じでも、予習がてらGPSのルートを今年は今年で作り直す)


どっかいじったら(殴る蹴るではない)復活しないかしら? と思っていたが、どーにもならないようなので、安いのでいいや とプリンタを買いに走ったのが出発の2日前。



そこから印刷して、自転車取り取り付け用はラミネート加工して…。


時間押せ押せで用意をしていたら…。




前日の24日、草津白根山の火山活動レベルが上がったということで、日中も通行止めになってしまった。。Σ( ̄ロ ̄lll)



えぇぇ~、明日スタートなのに、どーすんの??



問い合わせ先の群馬県中之条土木事務所に直接電話して聞いてみる。


が、なんせお山が相手なのでいつ解除になるかわからない という回答。


あっさりあきらめる? 『もしかしたら』を賭けて通れないの覚悟で行くだけいってみる? あぁどうしよう。。

まいったなぁ 前日の通行止めじゃ、日程の変更もできないし、だいたいこの夏はもう変更できる日がないし…。


プチパニック状態で、思わず「延期できないかなぁ」 なんてつぶやいたら 複数の方から
「ランドヌール部門のスタート日時変更は出走の1週間前まで」とお叱り?を頂いた。

もちろんそれは重々存じているのですが。。 なんとか通れる日にできないかという心の叫びからつい。。



再度申請し直すとしても、4週間前には申し込み手続きを終えないといけないし。。



スタート前にランドヌールからツーリストへの変更もできなくて、ランドヌールで申請したら申請日時に走りださないとDNSになり、申請日時に走り始めて規定時間を越えて完走した場合はツーリストで認定される とinainaさんからも詳しく解説を頂く。



とりあえず翌日の様子次第で行くか行かないか考えようということで、引き続き出発準備は続けるが、モチベーションダダ下がりで全然はかどらず。

通れないの覚悟で行くだけ行ってもいいけれど、成木街道とか名栗のあたりとか夜通るの嫌だなぁ。。 
通行止め解除の時間を狙って渋峠を昼間に通るために、高尾スタートは夜なので、名栗のあたりを夜通る予定には変わりないのだが、夜に通らずに済むのなら通りたくないなぁ という気持ちが先行してますます準備はかどらず。


走るつもりなら早く寝なくちゃ なのに、深夜…どころか明け方近くなってからやっと就寝。



当日は通院のため休みを取っていたので、帰ってから午後は昼寝しまくるつもりで病院から早く帰って来ようと思っていたのだが、診察終わって薬局で薬ももらって、さぁ帰ろうというタイミングで、前から気になっていたことを調べてもらおうと午前中の診察受付ギリギリの病院に戻る。



そんなこんなですっかり遅くなってしまったが、昨日の土木事務所の話ではしばらく通行止めは続きそうな感じだったので、すっかりその日の出走はないつもりで、行かないんならお休みは有効に使った方がいいよねぇ という気持ちでいっぱい。



夕方もう一度土木事務所に電話してみるつもりで、16時に目覚ましをかけてお昼寝。


目覚ましを止めてしまったようで、目が覚めたら17時半すぎ・・・( ̄  ̄;)



もう出ないよなぁ と思いつつも、土木事務所に電話してみたら… 出てくれたっ♪


「渋峠…というか、志賀草津道路の通行止めどうなりました?」 と寝ぼけ眼で聞いてみたところ。



「一応明日は8:30~17:00でゲートを開けるつもりです」 と。




はいぃっ?? なんですとっ!!! \(◎o◎)/!!!




突き動かされるように飛び起きる。
行くのなら余裕をもって18時には家を出るつもりだったのに、すっかり行かないつもりなので、まだ出発準備も終わっていないし、何よりいない間のごはんも作ってないんですがぁぁ~(汗)


食材だけは買ってあったものの、いない間いつもカレーなのもなんなので、家にいるなら違うものを作ろうと思っていたのに、大慌てで カレー、カレー、もうカレーしか作れないっ!!



よくぞダラダラでも昨日のうちにキューシートとGPSの準備だけはしておいたもんだ。



緊急用の輪行袋が見当たらないけれど、サドルバッグにレインウェアその他をつっこみ、フレームバッチを取りつけ…。



ブルベのレギュレーションが揃っていて、ブルベカードとカメラとキューシート・GPSがあれば最悪なんとかなるだろう と思うことにする。



マンションの玄関を出たのが19時40分頃。 高尾駅まで28kmほど?自走。 21時スタートに間に合うかなぁ。。?






つづく

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

twitter

無料ブログはココログ