2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« SR600Fuji その3 | トップページ | キャンプ3日目 »

2014年8月12日 (火)

SR600Fuji その4

白樺湖から蓼科へ登り始めると前方に黒い雲。

20140727_18


えぇ~、また~(~_~;) って慌ててレインウェアを着こんだけれど、ポツポツっときた程度で結局降りそうになかったので途中でレインウェアは仕舞いこむ。



夜だったら絶対見落としそうなPC8女の神展望台 7/27 13:36

20140727_19



R299の途中から麦草峠へ。 

下から登るよりマシかなぁと思ったけれど、やっぱり麦草峠は登っても登っても着かないよぉ~。




PC9麦草峠(メルヘン街道最高地点) 7/27 16:01

20140727_20


ここからのダウンヒルがまた眠い。

20140727_21


昼間に自転車で野辺山を登るのって初めてかも。 日差しがあちい~。



R141から東方向に見える山ってなんだっけ?

20140727_22





PC10JR鉄道最高地点 7/27 18:14

20140727_23


残り160kmちょい? 志賀草津道路の通行止め区間を通りぬけた所、菅平の登り、途中で何度も心折れたけれど、ここまでたどり着いた。 でも残りを7時間弱で走れるか?  

元気で眠くなくてゴールまで登りなしの下り基調ならいざ知らず、現実的にランドヌール部門の制限時間52時間(SR600のランドヌール部門の制限時間は50時間だが、累積標高が10000mを越えると500mにつき1時間プラスされる)には間に合わないと判断。

元々あわよくばランドヌール、間に合わなければ即ツーリストに切り替えのつもりだったので、ここでサックリとツーリストに切り替える。

この時正直、認定はどうでもいいからここまで来たら最後まで走ろうという気持ちしかなかったのだけど。



韮崎までは長い長い下り。…だからダウンヒルは眠くなるんだってばっ。



須玉手前でコンビニ休憩。

韮崎の道の駅で椅子に座ってしばらくウトウト。



交差点名はブルベで見たことがあるけれど、たぶん走ったことのないルートを通って、途中の公園でウトウトしたりしつつ芦川駅へ。




PC11芦川駅 7/27 22:02

20140727_24

さて、河口湖まで登らなきゃ。 と精進ブルーラインに向けてなだらかに登り始める。


途中に集落はあるけれど、ほぼ何もないさびしい登り。

精進ブルーラインに合流する所に農産物直売所があって、トイレと自販機があると思っていたのだが、行ってみると板が打ち付けてあって、自販機もない。



お腹すいたよ~。

芦川駅の手前のコンビニでちゃんと補給すべきだった。。


水も乏しいし、どうしようかと思っていたら、ちょっと登った反対側に自販機が数台まとまっている所を発見♪ あぁ、夜道のオアシス(^_^;)



飲物はもちろんだが、お腹すいたので、アイスの自販機でチョコモナカを買ってお腹に納める。 これでもないよりまし。 ようかんとか手持ちの非常食も投入。 

前半はあれだけコンビニに寄り倒したのに、疲れてくると補給の判断がいい加減になるようだ。 それでもまだ最後の非常食、最後の水一口は残すのは習性。山じゃないんだから、アスファルトの上で遭難することはまずないと思うのに(笑)



精進ブルーラインから若彦トンネル方面に分岐。

ますます真っ暗~。 さすがに3日目の夜ともなると、ちょっとウトウト程度ではごまかせないので芦川の集落の片隅でゴロンと転がって1時間ほど爆睡。

しばらく進んでまた1時間ほど爆睡。

もう時間は関係ないので、目覚ましもかけず寝たいだけ。…だけどいつまでも寝てられないので先に進む。



若彦トンネル手前がまた斜度キツイんだよなぁ と思いつつ、若彦トンネルに突入したのは02:57。 ひゃぁ~、時間も時間だし、なんか出たらどうしよぉぉ~(怖っ)

河口湖に向けては下り基調だが長い長い若彦トンネル。



「お腹すいたぁ~!!!」と絶叫しながら走り抜ける。



河口湖の手前にコンビニなかったっけ? あれ?勘違い?? 24時間じゃなくて見落としたかな? お腹すいたぁ~ って思いながら、旅館街までコンビニなし。



もうすぐ船津三差路 ってあたりでやっと湖畔にコンビニの灯りを発見♪



食べて飲んでやっと一息。



富士山方向を見ると、ポツポツ見える大きな灯りは山小屋でその間をずーっと連なっている光の線は登山者のヘッドライトの灯り? ヘッドライトの灯りが線ではなく結構幅広い帯?

御坂みちから赤富士通り、富士五湖方面はR138を走ることが多いので通ったことのない富士吉田の道を走って、最後にぐいっと登って、どこに出るのかと思ったら富士吉田の道の駅を過ぎたあたりからR138に合流。 結局私が眠くなる両側林?の道は走るのかぁぁ。





明神前で曲がったら、一応諏訪明神の看板前で一枚。

長池親水公園に向かうが…。



河口湖ではあんなに灯りが見えていたのに、山中湖から見る夜明けの富士山はご機嫌斜めなのか隠れてしまっていた。 ちょうどいい時間なので、晴れていれば朝日に赤く染まる富士山が見えるまで待つつもりだったけど。。

20140728_02




なので、PC12山中湖諏訪明神 7/28 04:27

20140728_01

最終PC終了で、後は高尾ゴールを目指すだけ。



石割の湯前のコンビニでゆっくり朝ごはん。

20140728_03

後は道志みちを下って…。

って、まず山伏峠の下りが眠くて眠くて、何度も止まって休憩。



道の駅どうしで冷たい水で顔を洗おうと思ったら、トイレの水道から出る水はお湯ばかり。。

蛇口ひねったらお湯が出る仕様になったのかぁ~ って寝ぼけ頭で思っていたけれど、なんのことはない、よく考えたらタンクに汲み置きの水が温かかったってだけの話かな。


仕方がないので、流水オブジェの冷たい水でアームカバーを濡らしてリスタート。


腕が涼しいおかげで眠気が飛んで、下り基調の道志みちもなんとか眠くならずに走ることができる。 あぁでも暑くなってきたし、頭のBuffを濡らしたい。。 途中に水場でもなく民家でもなく、湧水がパイプからダバダバ流れている所あったよなぁ どこだっけ?? とずーっとキョロキョロ。



あったぁ~♪

20140728_04

Buffを洗ってビショビショにして被る、ついでに水浴び。 頭からも水掛けちゃえ。 …あぁこれで涼しく下れる?(*^_^*) っていうか、涼しいとダウンヒルも眠くないのか?




月曜早朝の道志みちは車もほとんど通らないし、実に快適♪

うっかり宮ヶ瀬方面に曲がって帰ってしまわないように気をつけなくては(笑)



すれ違った1台の自転車が止まってこちらに来るようなので、知り合い? って思ったら、ブログをご覧いただいている方だそうで、SR600に挑戦中なのもご存じで、驚きの遭遇w( ̄▽ ̄;)w

こんなロクでもないものをご覧いただいているとは。。恐縮です。 聞きそびれたが、そのTさん、どこまで行かれる所だったんだろ?



青山で曲がって三ヶ木を過ぎると、さすがに月曜の朝なので交通量が増えてきた。ちょうど通勤の時間帯よねぇ。。



日差しも強く、暑くなる中、高尾ゴール着♪ 7/28 08:59

20140728_15


ノロノロ走って途中で寝まくって、ツーリストに切り替えて、ちょうど60時間でなんとか完走(*^_^*)



無事に渋峠を通るのが今回最大のミッション。 …って行程の1/3で終了か(笑)



あちこちでゆっくりで寝まくったおかげで、渋峠も美ヶ原もビーナスラインも麦草峠も明るい絶景を楽しめました。朝日に染まる富士山に会えなかったのだけがちょっと残念。






素晴らしいコースを用意して下さったオダックス埼玉のみなさんに感謝です。どうもありがとうございました。





さて、お家へ帰ろう。 あぁもう、自分が臭すぎて許せないっ!! 



ランドヌール部門での認定にこだわらなくて、時間と財布に余裕があるなら、このコースは泊まりながらゆっくり景色を楽しんで走った方がいいよなぁって思う。



  …ランドヌールでの認定にこだわりはなくても、財布と時間の余裕が。。(^_^;)










おしまい

« SR600Fuji その3 | トップページ | キャンプ3日目 »

コメント

アップしている時間を見ると普段から余り眠らない方ですか? それが下りの眠さになって現れているのでは?

>ラルゴさん

宵っ張りで、昔からメールの送信時間がヘンだと言われていますが…。

ブログ、特に長編もののレポの場合は、全体のバランスもあるので「下書き」である程度一気に書き上げて、書き漏れを付け足したり、誤字脱字がないかチェックしてからアップしています。 
実際にはアップした直後に誤字や言い回しがヘンなのを見つけて再度修正していることが多いのですが、アップした時間に書き上げているわけではありません。

落ち着いてパソコンに向かえるのはやっぱり夜中が多いかな。
気が付いたら寝ていて、朝早く起きてアップするというのも多いですね。
だからヘンな時間なのかも(^_^;)

睡眠不足が続くと強制終了(笑)するので、眠りが足りないわけではないはずです。
ダウンヒルで眠くなる原因ではないと思いますが。。

いつも楽しいレポ有難うございます。
SR600Fujiシリース、堪能しました。
責任者との面談あり人情ありとけーこさんには、
本当にハプニングの神様がついてますね(笑)。
私は来年皆さんがPBP走っている時に
ひっそりとSRFujiにチャレンジしようかな?

>オレンジさん

ご覧いただきありがとうございます(*^_^*)

ん?来年のPBP中に挑戦??
SR600のコースは全部そうかもしれませんが、景色が素晴らしいので、
お財布と時間に余裕があればツーリストでゆっくり走るのがいいかもしれませんねぇ。

…と言いつつ、また走るならランドヌールでエントリーしていたりして。。

なんか今年はアチコチ通行止めで判断が難しいですね。
私も道志の下りは眠くなります、なんででしょうね。

お疲れ様でした。

今回も愉しいレポありがとうございました♪

とにかく一度けーこさんの後ろをスタートからフィニッシュ迄一緒に走って見たい…愉しいだろうね(爆)
(ストーカーではありませんw)

やっぱすげえ。。
あ、走破おめでとうございます!!
昨年途中DNFした自分とは気合い・実力が違いすぎる。。
(私は鼻からツーリストでしたが。。。)
あきらめない姿勢。感服いたしました。m(__)m
(今に見ていろおじさんだって。と、ちょっとだけ思ってみたり・・・(笑)(笑))


猛暑の中 SR600fujiの御無事での完走おめでとうございます。
いつも愉しいブログを拝見させていただいている者でございます。
当ブログにてけーこさんがSR600に挑戦されていることは
存じておりましたがまさかお会いできるとは思わず御挨拶もそこそこに
失礼いたしました。
当日私は富士山を見に山中湖まで行ってまいりましたが
曇っていてしてもならず花の都公園のポピーを見てから
二十曲峠から道坂トンネルを抜けて相模大野まで帰ってきました。
またサイクリング中どこかで お会いした折にはよろしくお願いします。
PS
私の貧脚・遅走が改善された折にはブルベに出たいと夢見ておりますので
その時は御指導よろしくお願いします。

>チャーハンさん
自然相手だから仕方ないけど今年はタイミングが難しいですね。
道志みちなら山伏峠の長い下りとか、柳沢峠とか もう眠くて眠くて。。

>マトケンさん
後ろについて来たらたいへんなだけですよ~(^^;)
たいへんなのはフレッシュでご一緒した方々が証明してくれるはず。。

>黒スコさん 
ありがとうございます(^^)
去年は軽井沢から逃げ帰ったので、今年はちゃんと走りたいと思っただけです(^^;)

>tomiさん
声を掛けて下さってありがとうございました。
思わぬ所で元気を頂きました(^^)

山中湖まで行かれる所でしたか。あの日は富士山のご機嫌よくなかったようで、お互いに残念でしたね。

またどこかでお会いしましたらどうぞよろしくお願いします。
私が走れるくらいだから、ブルベ走れますよ~。大丈夫!!
  …たぶん(^◇^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SR600Fuji その3 | トップページ | キャンプ3日目 »

twitter

無料ブログはココログ