2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 『直江津集合』 その2 | トップページ | BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その2 »

2014年9月25日 (木)

BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その1

結果から先に言うと、DNFだしやらかしたし。。。

-----

やたら大物が多い今年後半の大物、山梨の石和温泉スタートでお伊勢参りして横浜でゴールする1000kmブルベ

20140920_2

画像はR東京のページより拝借。発表当初のものなので、実際のコースは志摩まで行ったり、大崩海岸ではなく宇津谷峠を通っていたりするけれど、概ねこんな感じ。



7時スタートなので、仕事が終わってから前日入り。



中央本線って高尾より向こうに行くのは1時間に2本くらいしかないのね。乗り継ぎが悪くて八王子で30分も電車待ちしている間にBakkyさんから「八王子駅に忘れ物した参加者のサドルバッグ持ってきて~」って指令が入ったので、連絡通路見て、改札行って、忘れ物センターに行って、ちょっとホームも見たけれど見つけられず残念。。



電車の出る時間で慌てて飛び乗ったけど、レインウェアが入っていたそうで、当初はずーっと雨予報だったから雨が降らないことを祈ったら、ホントに雨降らなかったよ(^_^;)



四方津に笹子に… なんか最近駅の名前を見ながら横の道走ったよ~な名前ばかり(笑)

塩山の手前では車窓から素晴らしい夜景。 …これも最近見たよ~な。。



石和温泉駅に着いて、健康ランドまで近いのは知っているけれど、暗いし自転車広げるのめんどーでタクシー利用の軟弱者で。。



健康ランドでごはん食べて、お風呂入って、明日の準備をしたら食後のデザート♪

20140919_01

『俺の』シリーズ、ついどちらか選べなくて…。 選べない時は両方いっとけ。…でも片方は朝のデザートね。



お部屋に自転車入れさせてくれるので助かるけど、部屋にユニットバスがついていないのはさすが健康ランド(笑)



バッテリーがそろそろ寿命なのか最近数日放置でもすぐ放電して残量ゼロになってしまうDi2のバッテリーの充電器も持ち込んでスタートギリギリまで充電。

20140919_02

前泊だと朝バタバタしなくていいかも♪ でもどーせなら仕事休んでもっと早く着くように出ればよかったかもな。



朝は早めにチェックアウト

ホテルの粋な計らい横断幕(*^-^)

20140920_01_2



受付が始まって、さて並ぼうとしたら…。



れ? れれ?? 財布は???Σ( ̄ロ ̄lll)



さっきチェックアウトした時は手に持ってて、レシートをしまったのは覚えてる。無意識に荷物に入れたのか? 背中のポッケか?? 思いつく場所を捜してみるが見当たらない。



荷物をぶちまける勢いでザックの底までひっかきまわしてみるけど見つからない。。



え~!! お財布がないと前徴収の懇親会のお金が払えない。。 …っていうか、財布がなけりゃスタートできないし、家にも帰れないぢゃん。。



もしや? と、フロントに戻ってみたら、カウンターの上にピンク色が見えた!!



あぁ~、あったぁ~♪


…と喜んだのもつかの間。 お風呂に持ち込めるピンクのラバーがついたホテルのカギだった。。orz



チェックアウトしてスタート受付に行く間、ゴールまで預ける荷物のストラップがホイールのクイックに絡まっていて、それを外そうとしたけど簡単に外れなくて…。

20140920_02



って、あったぁ~!! っつーか、そんな場所に??

20140920_03 (再現画像(^^ゞ)

なんでそんなとこに落ちているかなぁ??




まぁ見つかったからよしとして、受付をしてもらって、ゴールまで運んでもらう荷物を預けて


ブリーフィング

20140920_04

そして車検後1000kmの旅に旅立って行くのだ。



えぇぇ? って思うお初なルートで甲府を抜け韮崎からはR20で富士見峠を越えて茅野。



茅野からは亀太郎の合宿でも通った杖突峠。



合宿の時は前後しながらみんな一緒に登っていたし、サポートカーがあちこちで写真を撮ってくれていたので全然辛くなかった杖突峠だが、一人で淡々と走ると実は結構しんどい坂だったのかも。。 とか思いつつ、合宿の時素通りしてしまった展望台にどうしても寄ってみたくて寄り道。



ちらっと諏訪湖も見えて絶景♪

20140920_05_2

20140920_06

っていうか、今回のコースは前半厳しいというのに、立ち寄るのならなんで合宿の時にしないんだ>自分


杖突峠

20140920_07

高遠の通過チェックでガリガリ君リッチミルク♪

20140920_08

日本の秋の原風景だなぁと思わずパチリ

20140920_09_2

20140920_10

写真を撮ってつぶやいて遊んでいる場合ではないはずなのだが…。



川沿いの細い道があったり、速く走れないけれど変化に富んでて楽しいコース。



ジロウさんが左折せずにまーっすぐ行ってしまったのを見かけて、「ジロウさ~ん!! 道が違うぅぅ~!!」って何度も叫んだけれど、聞こえないみたい(~_~;)

追いかけようにも登りでとても追いつけないので見捨てました。ごめんなさい。(ちゃんとご本人にもすぐあとで謝ったけど) だけど数km先のPC1には私とほぼ同じに到着だからまぁ。。



PC1の5kmくらい手前で1時間後の8時スタートのAさんにも追いつかれた~!!

って思ってたら、そのさらに1時間後の9時スタートのシンさんもいるし。。



みなさん速いというか、私が遅いというか。。。orz




豊丘村のPC1を過ぎたら、飯田峠、大平峠 と続く。

20140920_11

20140920_12

それにしてもまぁ、情けないくらいに登りが遅い。 そして、下りが眠い。。

気持ちいい下りのはずなのだが、毎度下りは眠くて眠くて。。 何度も意識が飛びそうでそのたびに止まって眠気を振り払う。 コースアウトして路肩の藪に突っ込むとか崖から落ちるよりはいいけれど、こんなにたびたび立ち止まっていたらいつまでたっても先に進まない。




大平峠の下りで木立の間からものすごくキレイな夕焼けが見えていたのだが、下りきった頃には茜色が若干残るだけ。

20140920_13

その後は馬籠? 寄ってる暇ないし、もう終わってるし。。


中津川の通過チェックを過ぎたら、今度は蛭川峠へ。



蛭川峠手前で追い抜いていく、見たことのある後ろ姿(^^ゞ



「とり。さん?」



9時スタートだけど、もっと早く追いつかれると思っていたら。。 いろいろ忙しかったご様子。



そーいえば、今回スタッフや参加者で“お城めぐり隊”全員参加してるのね(笑)




しかしまぁ蛭川峠への登りのハンパない傾斜。。 どんどん小さくなるとり。さんの背中を見送りながら、登り始めで早々に押し決定な私。ムリ~!!




峠のピーク手前までほとんど緩くなることのない登りをひたすら押しまくり、当然下りもくねくね激坂なのでゆっくり下るけど、くねくねとブレーキガッツリ握っているおかげで蛭川峠の下りは眠くならず。



下ったら、今度は坂折棚田から市境への登り。 これもキツくて押しまくり。



こんなに押しまくり、ゆっくりではタイムアウト間違いなし。



下った所でシークレットチェック。



MATOさんから託ったというおみやげをまこたさんから渡してもらった♪

20140920_14

思いがけない差し入れ嬉しかったです。MATOさんありがとーございます♪


眠いから奥のベンチに転がってみたり、ちょっと休憩。


すでに大借金生活で、たとえ眠くなくて元気で走れてもとても借金返して志摩のPC2に時間内に着ける気がしない。 行くだけ行ってから… とかいろいろ考えたけれど、ここであっさりDNF宣言することにする。



実は宮城1000も北海道1200も400km未満で眠さのあまりDNFしているので、今回はせめて600kmは走りたい、で、600走ったらそのままゴールへ と 思っていたのだけれど。。



今回は230kmそこそこでDNFってどうよ?







つづく

« 『直江津集合』 その2 | トップページ | BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その2 »

コメント

横に表示されているTwitterを見ていたから「やらかした」ことは存じ上げてますが、大丈夫ですか? いくら「超」体育会系とはいえ、大事な顔を傷つけちゃいけませんョ。

> やらかした

なにうやってんすか、隊長(^^;
身動き取れなくなるようなおおごとにならなかったのは不幸中の幸いですが
しばらくはおとなしく養生しておいてください。

命あってのものだねですからねえ。

何ですかこのルートは?
R152は酷道マニア御用達の道(もっともR152の白眉たる林道区間は通っていないようですが)、大平街道も険道マニアにはそれと知られた道。
中津川から伊勢へ行くのに蛭川峠とはえらい回り道で、あんなところに行ったらその先はこれも酷道マニア垂涎のR418では?

いかんです。
体育会の方は(変な道に突っ込まずに)もっと純粋に体育会していただかないと。
(それ以上に体育会と特攻隊は明確に峻別されるべきと思います・・・お体は大丈夫でしょうか?)

>11月のキロさん

明日抜糸してもらいにご近所の病院に行ってきます。ちょっとタラコ唇になっているけれど、絆創膏はってある以外は見た目は普通なんじゃないかなぁ。。

>とり。さん

ゆるーくぶつかっただけのつもりが、結構なダメージ具合に驚いています。
下りの途中でコースアウトして崖下へ…とか走行中の対向車にぶつかる…とかじゃなくてよかったですが。。

>星のおじ様

さすがヘンな道マニアの星のおじ様っ!! よくご存じで(笑)
なんでこんなコースなのかはコースディレクターに聞いて下さい(*_*)

R418? っと調べてみたら八百津で2kmくらい?ちょこっと通るだけで今回のコースではないようですね。
別にヘンな道走るためのコースじゃないですから… …と思いたい。。

飲み食いし辛いですが、唇に絆創膏貼ってある以外はなんともなさそうに見えるに違いない …と本人は勝手に思っております(^_^;)

わーんっ ごめんなさいごめんなさいm(__)m

早々に?コメントにレスしたつもりが、その自分のコメントを承認してなかったよぉぉ。。

> 早々に?コメントにレスしたつもりが、その自分のコメントを承認してなかったよぉぉ。。

けーこさんらしくてとてもいいです。
Good job! Excellent! Great! Splendid!

>星のおじ様

そんなに褒めてくれなくても…(違っ!!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『直江津集合』 その2 | トップページ | BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その2 »

twitter

無料ブログはココログ