2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

BRM927西東京200柳沢峠

トラックにぶつかって1週間もたたないのにまた乗るのか って?


えぇ、まぁ。。 前日に抜糸してもらったので見た目なんともなさそうになったし、走るのにも問題なさそうだし、お天気良さそうだし…。



正直ちょっと鬱々した気持ちが残っていたので、コースも距離も全然違うけど、ブルベの憂さはブルベで晴らさないとね。

20140927

去年とコースは同じ。 200kmブルベなのに獲得標高が4100mを越えるシロモノ。



今回は無事ゴールが第一優先事項なので、わらび餅もパスね。




日が短くなってきたので、朝はまだ暗いうちに家を出る。 スタートの津久井湖城山ダムサイトまで自走。



もうすぐスタート地点に到着ってところで、何かがコロッと落ちた。 何? 慌てて戻ると道路に転がるVOLT300。



あれぇ~? 取りつけが甘かったかな? …とブラケットに差し直したのだが、 スタート後も走行中に落ちたので、先日の衝撃でブラケットが壊れたのかも?

(…と思ったのだが、実は先日の衝撃でVOLT300本体の落下防止のポッチが折れていたようだ。)



顔見知りと雑談しているうちに、ブリーフィング。

20140927_01

ブリーフィング後スタート。



梅ヶ谷峠を下って左折した所で前を走っていたオレンジさんがパンク。 ただのパンクなら私がお手伝いできることないし… と先に行かせてもらうが、実はタイヤバーストだったようで(でもちゃんとタイヤ持参は恐れ入ります)、見捨ててごめんね~(^_^;)



快晴だけど暑すぎず、カラッと晴れて気持ちいい絶好の自転車日和♪



通過チェックの古里のセブンではここ担当のミクロンさんご夫妻に迎えられる。



事故で壊れたスマホが新しくなったものの、電子マネーの設定するのをすっかり忘れていたから、コンビニでピピッと支払いできないのがめちゃくちゃ不便。 便利さに慣れてしまうとブルベ中に小銭チャリチャリ現金で払うのめんどー。



奥多摩湖

20140927_02

を過ぎると、柳沢峠への登り、

20140927_03

丹波山の水場でダバダバ流れる水を頂き、

20140927_04

まだ紅葉には早いけど、なんとなく所々チラチラと色づいた木を眺める。

20140927_05

そーいえば、奥多摩湖の駐車場付近もなんとなく色づいてたよなぁ。



今日はわらび餅を食べに寄らないけれど、お店の前の湧水給水

20140927_06

柳沢峠 着いた♪

20140927_07

肉眼では富士山が見えていたのだけれど、写真に撮ると写らず(-_-;)

これ↑が唯一うっすら写っている1枚。



毎回眠くなる柳沢峠の下り。 今日は大丈夫かと思ったが、やっぱり途中で2、3回は止まらないと意識が飛びそうで危なくて。。それでもいつもよりはまし。



下ったら塩山のPC1。 

通過チェックでもPCでもコンビニに立ち寄ったら必ずトイレを済ませてから買い物することにしているけれど、男性参加者が男女兼用トイレ(中には女性専用を占拠)でクリームを塗りたくっているのか、占領したままなかなか出てこないのは勘弁して欲しいなぁ。。


時間がかかるのならPC以外のトイレでお願いできないだろうか。 まぁそう言う私もクリームは塗らないが、お腹が痛くて時間がかかることもあるので言えないけれど。。



PC1をリスタートした所で貯金20分。 むぅぅ、タイムオーバーDNFになりそう?



シーズン真っ盛りでぶどう狩りに行きたい気持ちを抑えつつ、ぶどう園が連なる間を走り抜け御坂みちへ。



去年は暑くて暑くてひたすらまっすぐな登りに辟易とした御坂みちだが、今年は風があって涼しいので去年のような地獄の登りではなくて助かった。 ただ涼しい風か前から吹いてくる向かい風なのだけど。。(-_-;)


登坂車線って左から追い抜いてもいい車線なんだよね~(をい)って思いたくなるほど去年はビュンビュン追い越しの車が飛ばしていて怖かった登坂車線も今年は秋の交通安全週間の真っただ中だからか怖いほど飛ばして行く車は少なかった。


実際、ピピーっとお巡りさんに止められて、白黒車が待つ脇道の魔界へ連行されている車も見かけたけど。。



御坂みち旧道に入ると車もほとんど通らず。 走りやすいけど他の参加者にも会わないのでまたまた最後尾守り隊か?(^_^;)


御坂トンネルの手前で828さんとNさんに止められ、尾灯点灯。



トンネル抜けたら富士山ドーン♪

20140927_08

絶景絶景♪

20140927_09

…と眺めている場合ではなかった。 先を急がねば。


下りとはいえR139富士みち渋滞で次のPCに間に合うかちょっと心配。


都留文科大前で曲がって、バイパスに入ったらあと少し、急げや急げっ。


都留のPC2でミクロンさん夫妻やようさんに迎えられ、貯金30分くらいでリスタート。


ゆる~いけど、私には時間のかかる雛鶴峠を登ってしまえば、後はほぼ下り基調なのはよく知っているが、間に合うかなぁ?



途中で日暮れ。シュミットのライトとヘッドライトでも十分に明るいが、フロントバッグに仕舞ったVOLT300があればもっと快適に走れるのに。。 煌々と照らす明るさに慣れてしまうともう暗いライトでは走る気がしない。


藤野のくねくね山道はどこも同じに見えて、毎度どこを走っているんだかわからなくなるが、曲がるポイントはバッチリなので、キューシートもGPSも不要。 時々ちゃんとコース上を走っているかGPSで確認はするけれど(^^ゞ



残り1時間弱を残して無事ゴール着♪

20140927_10

ぃやぁ~、間に合ったヨカッタヨカッタ。


ゴールでは亀太郎の旦那さんがお出迎えに来て下さってました(*^_^*)

私が着くと 「さ、これで全員来たから帰ろっ」 って。。。 えぇ坂登れないし走るの遅いですから。




とりあえず、今回は事故なく無事にゴールできました(*^_^*)

AJ西東京のみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました。



『お家に帰るまでがブルベです』   が、帰りが眠くて眠くて、お家がひたすら遠かった。。

2014年9月29日 (月)

BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その3

空がすっかり秋の空。 台風どうなったんだっけ? 雨予報だったはずなのに連日暑いくらいのいいお天気。

20140921_08


建物越しなので写真は撮らなかったが今日も夕日がめちゃキレイ。



ちょっと走ってみたかった旧伊勢街道は暗くてよくわからないものの、格子戸のお宅が並んでいてなんとなく旧街道の風情が感じられる気がする。 どうせなら明るい時間にゆっくり走ってみたかったな。



走っているうちにさっきまで鬱々としていたのなんてすっかり忘れてなんか楽しくなってきた。 やっぱりブルベの借りはブルベで返さなくては。



鈴鹿サーキットも暗くてよくわかんないけど、横を通過。



愛西のPC3には何人もの参加者が休憩中。 でも今回会わなかった顔が多いので8時組か9時組の方が多い?

さっきまで7時組もいたはずなのに、眠くて途中で何度も立ち止まっているうちにすっかり先へ行ってしまったようだ。



なんかめちゃくちゃ眠くなってきてフラフラしながら、平針東海健康センターに着いたらお風呂に入って仮眠することだけを励みに眠さに耐えて先へ進む。



が、平針東海健康センターに着いてみたら。。。。。 暗い?



Σ( ̄ロ ̄lll)



9月1日から営業時間が変わったようで金土以外は深夜は営業しなくなったらしい。お風呂と仮眠だけを励みにここまで来たというのに。。。orz



入口近くで仮眠中の参加者1名。 少し離れた所で寝ようとしたが、耳元で蚊がぷぃ~ん と飛ぶのが気になるので、先に進むことにする。




途中で道端に座り込んで寝たりしながら走っていると、夜明け頃だったか後ろからやってきて軽やかに追い抜いていくAさんに遭遇w(゚o゚)w


寝たの? って聞いたら3時間くらい寝たそうだ。 どこで寝たのか聞くの忘れたけど。。


そしてAさんはあっという間に前方に消えてしまった。 速い人は違うよなぁ。。




走っている途中でスーパー銭湯の看板を目にする。 え? 風呂?? どこ???


スマホで検索するがよくわかんない。 お風呂検索アプリがあったら欲しいなぁ。(家に帰って調べたらあった!!)


今回ドロップバッグはせずに、着替えを背負って走ってみた。 大きさがあるとつい荷物を入れてしまうので反射テープをチクチク縫いつけた元トレランザックはすっかり重くなり、背負って走ることにしたのを走りながら後悔。


でもまぁせっかく着替えがあるのだからどこででも風呂に入れるのは嬉しい(*^_^*)




キューシートNo.241「欠町」そばのスーパー銭湯へ

20140922

朝の7時オープンで営業開始までちょっと待たなければならなかったが、もうどうせ時間は関係ないしね。


オープンと同時にご近所さん?が次々とやってくる。平日だというのに、朝風呂浴びに来る人が結構いるもんだ。



サッパリして、走り出そうとしたら目の前を通り過ぎるのは… あれ? コーヘーくん?? なんでまだこんなところに???


マンガ喫茶でゆっくり寝てしまったそうで、焦りながら走り去るコーヘーくん。こんな時間にここにいて大丈夫か? と心配したけれど、その後無事に時間内にゴールしたそうだ。すごいなぁ おめでとー♪




岡崎の通過チェックのコンビニを出た直後にソレは起こった(*_*)


この時特に眠かったわけではないけれど、いいお天気でゆる~い登り坂でふっと意識が飛んだようで。。。


はっΣ( ̄ロ ̄lll) と気付いたら目の前50cmの至近距離にトラックの荷物室が!!




あぁっもうブレーキ間に合わない!! 



左端すぎてハンドル切って逃げる所もなく、ブレーキかけたところでこの距離では激突を免れず、

その時一番強く思ったのは 『自転車守らなきゃっ!!』 ってこと。

もうフレームを割るのは二度とご免なので。。(~_~;)



とっさに前に手を出した!!



…が、緩い登りでほとんどスピードが出ていなかったとはいうものの腐ってもロードバイク、とても手で止められるようなものではなかったようで。。。



★§ΘΨζΠ※Ωφ€!!!



手を出したことで激突は避けられたもののトラックの荷物室にぶつかって転倒落車。



いってぇ~!!(涙)



唇を切ったようで血の味がする。。。 って切ったっていうより、食いちぎった?? なんか肉片がぷらぷらして血が止まりませんが。。


血が止まらずずーっと下唇を吸ったままなので、その後もしゃべりづらいったらもう。。



キューシートを取り付けていたエクステンドバーでトラックのウィンカーカバーを割ってしまったようで、オレンジの破片が散らばっている。



エクステンドバーが曲がっているが可動部分なので問題なし、VOLT300が吹っ飛んで、STIのレバーがちょっと曲がっているけれど、なんとか自転車は守れたようだ。



謝らないといけないし、とりあえずトラックの運転席に回ってみると、ハンドルの上ににゅっと突き出た足が。。(^^ゞ



どうやらドライバーさんは全然気づかず寝ているらしい。


窓ガラスをコンコンして割れたウィンカーカバーの確認をしてもらう。


停車中のトラックに自転車が突っ込んだわけだが、後でなんで事故証明とらなかったんだろう っていうのは嫌なので、一応警察を呼ぶことにする。


が、私のスマホは衝撃で液晶が割れてしまって操作不能になっていて。。 ドライバーさんに110してもらう。。(-_-;)


ドライバーさんがとてもいい方で、勝手にぶつかってきた自転車に寝ている所を起こされて警察の現場検証にも立ち会わされて、いい迷惑なのに嫌な顔ひとつせずつきあって下さって本当に申し訳なかったです。



警察が来るのを待つ間、次々と参加者が通り過ぎて行く。中には事故だと気づいて停まってくれる方もいて、「主催者に連絡しましたか?」 と。 「あ~、そうですね。でもスマホ壊れてしまって。。」 って言うとご自分のスマホで主催者に連絡をとって下さったのだが…。



「けーこさん、DNFしてましたよね?」と言われて、あぁ~!!そうだった。すでに個人的なサイクリング中だった。。 いらぬ連絡をしていらぬご心配をかけてしまった。。(~_~;)



ずいぶん待ってお巡りさんが来て、その後現場検証のお巡りさんがが来て、状況をいろいろ事情聴取。



「自転車で車道を走るのは危ない」というような話をされたが、それ違うでしょ? と思うものの、ここは言い返さずおとなしく ハイハイ と聞いておく。



終わったら続きを走ろかと思っていたのだが…。



リュウさんが連絡してくれたそうで、さっきの通過チェックのコンビニで応援にまわっていたポンチャンといずみさんが様子を見に来てくれて、病院を調べてくれて連れて行ってくれた。



ポンチャンに先導してもらって病院まで走り出したものの、風が唇に当たるだけで痛いし、足もぶつけたようで思うように力入らず、そのまま続きを走るのは無理だと悟る。



保険証持っててヨカッタ。



最初に診た医者には「外科の先生の手が空いたら縫ってもらわないと…」と言われてたが、外科の先生には「壊死するだけだから」と皮1枚か2枚で繋がった肉片を切り取ってもらって、その上で「どっちでもいいけど縫いますか? どうしますか?」と。


縫った方が傷口が小さくなるのでしみるのも血が出るのも少なくなるけど と言われ、「縫って下さい」 と一針縫ってもらったものの。。



「んじゃ、(近所の病院でいいから)金曜日くらいに抜糸してください」 と。



へ? イマドキの縫合で抜糸? 最近は縫っても溶ける糸じゃないのぉぉ?

抜糸が必要なら縫わなかったのにぃぃ。。


とは思ったが、終わってからでは仕方ない。 (抜糸が必要ない糸は唾液で溶けるから使えない と最近教えてもらいました)



大げさな絆創膏を貼られ、病院終了。 ポンチャンたちとお昼を食べに行くことに。



唇の血が止まらないからずーっと下唇を吸ったままで今まで他のことを気にする余裕がなかったが、実はちょっと歯も痛かったんだよねぇ。。



唇は処置されたので、そーっと舌で歯の前面を触ってみる。




うげっ?  割れてる?? ・・・( ̄  ̄;)




1本の前歯に亀裂が入ってますが。。 下先でちょいちょいしているうちに亀裂の端っこの部分がポロリと取れてしまったり。。



ぅおっ!! 平日で良かった。。急いで帰って歯医者に行かなくちゃ。




うどん屋さんでお昼を食べて、本宿の駅まで送ってもらって、いずみさんとお別れ。東海道線で熱海に行くポンチャンとは豊橋で別れて、なんとか歯医者に間に合う時間に帰宅。


ホントにお二人がいなかったら、続きを走ろうとしてエライことになっていたに違いなく、たいへんお世話になりました。感謝してもしきれないほど。ありがとうございました。




で、歯医者でも割れた所が神経に障ってたら神経抜かなくちゃ とさんざん脅されたものの、運よく神経には影響なかったようで、接着剤でくっつけてOKとなりました。 ほんとかよ?




DNFした上にやらかすし、なんかスッキリしないまま終わった東京1000。 またもや1000km以上の完走を逃してしまった。。

参加のみなさまお疲れ様でした。 R東京のスタッフのみなさまお疲れ様です。ありがとうございました。 満足して懇親会に参加したかったのに残念~。




終了後、ゴールに預けていた荷物が送り返されてきたが、配達の黒猫さん、「お名前がないんですが。。」 



あ~!! やってもた。。 (名前を書き忘れたのは私だけじゃなかったらしいけどね。。)








おしまい

2014年9月25日 (木)

BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その2

DNFはしたものの、街まで行かなければどうにもこうにもならないので、とりあえずそのままコース通り走る。


街中に降りてきたものの、眠くてスピード上がらず、適当な寝床を捜してキョロキョロ。


この季節、さすがに夜は冷えるので場所選びに難航。 公民館の入口とか風が吹き込まない所に座り込んでみるが、今度は耳元で蚊がぷぃ~ん っと飛んできたりで、なんか落ち着いて行き倒れることもできず。


スマホで調べて可児でコースから700mくらい外れた所にネットカフェを見つけて仮眠することに。


自転車を外に置きっぱにするのが心配で輪行袋に入れて自分のブースに持ち込み。


ネットカフェに初めて入ったけど、ちょっと仮眠するにはいいかも♪ なかなか快適で外に出るのが嫌になってくるくらい。。


ちょっと寝て、さてこれからどうしよう? ちょうど目の前にパソコンがあるので(笑) いろいろ調べられて便利。


このままコース通り走るのは …時間的にもないな。
せっかく来たのだから、このまままっすぐ名古屋に出て新幹線で帰ってしまうのももったいない。
どうせなら夫婦岩見に行って『赤福氷』を食べて帰ろうか。


路線の乗り継ぎとか調べてみるが、乗り継ぐのがめんどうなので、尾張一宮まで走った方がいいような気がする?


結局3時間ゆっくり過ごして退室。 近くにコメダ珈琲があるようなので、朝ごはんを食べに。


朝から激混みなのには驚いたが、初コメダモーニング♪

20140921_01

20140921_02

憧れの? シロノワールには大と小があるのに驚く。 え? もちろん“大”ね。



コースに戻って尾張一宮から輪行で二見浦まで。



電車の中ではいつになく どよよぉぉ~ん と鬱々ダークネス。

なんでこんなにも走れないんだろう。。あまりにも遅すぎる。。

なんかもうブルベで走るのが嫌になってきた。登れないのも下れないのもヒド過ぎるよなぁ。。 だいたい毎度毎度睡魔に負けるってどうなん? 

今回は230kmそこそこでDNFするなんて全然走ってないやん。。 こんな気持ちのままでは完走者にまじって懇親会なんて出られないよ。。



二見浦で自転車を組み立てて、さぁ走り出そうとすると 目の前をPIPIさんが通り過ぎていく!!

今回先頭で飛び出して行ったっきり会えなかったPIPIさんとこんな所で遭遇するとは(^^ゞ


まずは通過チェックのコンビニに立ち寄る。

20140921_03

そのまま輪行で帰るつもりだったので、スマホの充電器だけ購入。 大容量モバブーを持ってきたのだが、調べ物したりいろいろでさすがに電池切れ。



小学校の修学旅行以来?の夫婦岩

20140921_04

関東の小学校の修学旅行の定番が日光なら関西の定番は伊勢志摩なのだ(たぶん今も?)  なんか記憶に残るイメージより夫婦岩小さいけど。。



夫婦岩を眺めたら、今回一番の目的の『赤福氷』!!

20140921_05 @赤福 二見支店

20140921_06

20140921_07

抹茶のかき氷の中に赤福が埋まってるの(*^_^*)

その存在を知ってから食べてみたかったのだけど、今回念願かなって初『赤福氷』♪



目的も果たしたし、そのまま輪行で帰ろうと思っていたけれど、まだみんな走っているし、DNFだけどここからコース復帰してゴールまで走って懇親会に出るのもいいかなぁ と。



走れればゴールまで走るし、時間がなくなったら途中でワープすればいいし と二見浦からコース復帰して走り始める。








つづく

BRM920東京1000ええじゃないか伊勢夫婦岩 その1

結果から先に言うと、DNFだしやらかしたし。。。

-----

やたら大物が多い今年後半の大物、山梨の石和温泉スタートでお伊勢参りして横浜でゴールする1000kmブルベ

20140920_2

画像はR東京のページより拝借。発表当初のものなので、実際のコースは志摩まで行ったり、大崩海岸ではなく宇津谷峠を通っていたりするけれど、概ねこんな感じ。



7時スタートなので、仕事が終わってから前日入り。



中央本線って高尾より向こうに行くのは1時間に2本くらいしかないのね。乗り継ぎが悪くて八王子で30分も電車待ちしている間にBakkyさんから「八王子駅に忘れ物した参加者のサドルバッグ持ってきて~」って指令が入ったので、連絡通路見て、改札行って、忘れ物センターに行って、ちょっとホームも見たけれど見つけられず残念。。



電車の出る時間で慌てて飛び乗ったけど、レインウェアが入っていたそうで、当初はずーっと雨予報だったから雨が降らないことを祈ったら、ホントに雨降らなかったよ(^_^;)



四方津に笹子に… なんか最近駅の名前を見ながら横の道走ったよ~な名前ばかり(笑)

塩山の手前では車窓から素晴らしい夜景。 …これも最近見たよ~な。。



石和温泉駅に着いて、健康ランドまで近いのは知っているけれど、暗いし自転車広げるのめんどーでタクシー利用の軟弱者で。。



健康ランドでごはん食べて、お風呂入って、明日の準備をしたら食後のデザート♪

20140919_01

『俺の』シリーズ、ついどちらか選べなくて…。 選べない時は両方いっとけ。…でも片方は朝のデザートね。



お部屋に自転車入れさせてくれるので助かるけど、部屋にユニットバスがついていないのはさすが健康ランド(笑)



バッテリーがそろそろ寿命なのか最近数日放置でもすぐ放電して残量ゼロになってしまうDi2のバッテリーの充電器も持ち込んでスタートギリギリまで充電。

20140919_02

前泊だと朝バタバタしなくていいかも♪ でもどーせなら仕事休んでもっと早く着くように出ればよかったかもな。



朝は早めにチェックアウト

ホテルの粋な計らい横断幕(*^-^)

20140920_01_2



受付が始まって、さて並ぼうとしたら…。



れ? れれ?? 財布は???Σ( ̄ロ ̄lll)



さっきチェックアウトした時は手に持ってて、レシートをしまったのは覚えてる。無意識に荷物に入れたのか? 背中のポッケか?? 思いつく場所を捜してみるが見当たらない。



荷物をぶちまける勢いでザックの底までひっかきまわしてみるけど見つからない。。



え~!! お財布がないと前徴収の懇親会のお金が払えない。。 …っていうか、財布がなけりゃスタートできないし、家にも帰れないぢゃん。。



もしや? と、フロントに戻ってみたら、カウンターの上にピンク色が見えた!!



あぁ~、あったぁ~♪


…と喜んだのもつかの間。 お風呂に持ち込めるピンクのラバーがついたホテルのカギだった。。orz



チェックアウトしてスタート受付に行く間、ゴールまで預ける荷物のストラップがホイールのクイックに絡まっていて、それを外そうとしたけど簡単に外れなくて…。

20140920_02



って、あったぁ~!! っつーか、そんな場所に??

20140920_03 (再現画像(^^ゞ)

なんでそんなとこに落ちているかなぁ??




まぁ見つかったからよしとして、受付をしてもらって、ゴールまで運んでもらう荷物を預けて


ブリーフィング

20140920_04

そして車検後1000kmの旅に旅立って行くのだ。



えぇぇ? って思うお初なルートで甲府を抜け韮崎からはR20で富士見峠を越えて茅野。



茅野からは亀太郎の合宿でも通った杖突峠。



合宿の時は前後しながらみんな一緒に登っていたし、サポートカーがあちこちで写真を撮ってくれていたので全然辛くなかった杖突峠だが、一人で淡々と走ると実は結構しんどい坂だったのかも。。 とか思いつつ、合宿の時素通りしてしまった展望台にどうしても寄ってみたくて寄り道。



ちらっと諏訪湖も見えて絶景♪

20140920_05_2

20140920_06

っていうか、今回のコースは前半厳しいというのに、立ち寄るのならなんで合宿の時にしないんだ>自分


杖突峠

20140920_07

高遠の通過チェックでガリガリ君リッチミルク♪

20140920_08

日本の秋の原風景だなぁと思わずパチリ

20140920_09_2

20140920_10

写真を撮ってつぶやいて遊んでいる場合ではないはずなのだが…。



川沿いの細い道があったり、速く走れないけれど変化に富んでて楽しいコース。



ジロウさんが左折せずにまーっすぐ行ってしまったのを見かけて、「ジロウさ~ん!! 道が違うぅぅ~!!」って何度も叫んだけれど、聞こえないみたい(~_~;)

追いかけようにも登りでとても追いつけないので見捨てました。ごめんなさい。(ちゃんとご本人にもすぐあとで謝ったけど) だけど数km先のPC1には私とほぼ同じに到着だからまぁ。。



PC1の5kmくらい手前で1時間後の8時スタートのAさんにも追いつかれた~!!

って思ってたら、そのさらに1時間後の9時スタートのシンさんもいるし。。



みなさん速いというか、私が遅いというか。。。orz




豊丘村のPC1を過ぎたら、飯田峠、大平峠 と続く。

20140920_11

20140920_12

それにしてもまぁ、情けないくらいに登りが遅い。 そして、下りが眠い。。

気持ちいい下りのはずなのだが、毎度下りは眠くて眠くて。。 何度も意識が飛びそうでそのたびに止まって眠気を振り払う。 コースアウトして路肩の藪に突っ込むとか崖から落ちるよりはいいけれど、こんなにたびたび立ち止まっていたらいつまでたっても先に進まない。




大平峠の下りで木立の間からものすごくキレイな夕焼けが見えていたのだが、下りきった頃には茜色が若干残るだけ。

20140920_13

その後は馬籠? 寄ってる暇ないし、もう終わってるし。。


中津川の通過チェックを過ぎたら、今度は蛭川峠へ。



蛭川峠手前で追い抜いていく、見たことのある後ろ姿(^^ゞ



「とり。さん?」



9時スタートだけど、もっと早く追いつかれると思っていたら。。 いろいろ忙しかったご様子。



そーいえば、今回スタッフや参加者で“お城めぐり隊”全員参加してるのね(笑)




しかしまぁ蛭川峠への登りのハンパない傾斜。。 どんどん小さくなるとり。さんの背中を見送りながら、登り始めで早々に押し決定な私。ムリ~!!




峠のピーク手前までほとんど緩くなることのない登りをひたすら押しまくり、当然下りもくねくね激坂なのでゆっくり下るけど、くねくねとブレーキガッツリ握っているおかげで蛭川峠の下りは眠くならず。



下ったら、今度は坂折棚田から市境への登り。 これもキツくて押しまくり。



こんなに押しまくり、ゆっくりではタイムアウト間違いなし。



下った所でシークレットチェック。



MATOさんから託ったというおみやげをまこたさんから渡してもらった♪

20140920_14

思いがけない差し入れ嬉しかったです。MATOさんありがとーございます♪


眠いから奥のベンチに転がってみたり、ちょっと休憩。


すでに大借金生活で、たとえ眠くなくて元気で走れてもとても借金返して志摩のPC2に時間内に着ける気がしない。 行くだけ行ってから… とかいろいろ考えたけれど、ここであっさりDNF宣言することにする。



実は宮城1000も北海道1200も400km未満で眠さのあまりDNFしているので、今回はせめて600kmは走りたい、で、600走ったらそのままゴールへ と 思っていたのだけれど。。



今回は230kmそこそこでDNFってどうよ?







つづく

2014年9月 7日 (日)

『直江津集合』 その2

佐久から小諸へ


前方右手の雲に隠れているのは浅間山?

20140830_06

小諸からR18で上田へ



途中、以前別件で来た場所をふふふ~んと目で捜しながら、まさかその後こんな所を自転車で走ることになろうとは思いもせず(^^ゞ



そして途中で一部SR600Fujiとコースが被る。 むぅぅ大屋のコンビニに寄ったっけ。。 


ついでに記念撮影(笑)

20140830_07

明るいとこんなんなんだねぇ。。

記念撮影をしていたらラルゴさん登場。 私は最初の予定の上田駅で待ち合わせだとばかり思っていたけれど、信濃国分寺駅前で待っていて下さったそうで、スルーしてきちゃったよ(-_-;)



朝ごはんまだのラルゴさんと牛丼屋へ

20140830_08

さっきカップヌードルBIGを食べてなかったか? と聞くなかれ(~_~;)



いつもこんなに牛丼を食べているわけではないが、座って食べられて、サッと出てくるのは牛丼がいいかな と。 さすがにおなかいっぱいだけど。。



途中で岡田隊長さんたちとちょっとご一緒したり、速くて私がついて行けなかったり、で、すぐにまたラルゴさんと二人旅。




眠くて、途中でおやすみなさい休憩したり…(笑) 心地よいおやすみ処を捜すのは慣れてますから(^^ゞ




コンビニで長野限定信州産りんごシュー♪

20140830_09


野尻湖近くで焼きとうもろこし♪

20140830_10

休憩ばかりで進みません。。



新潟入り

20140830_11

写真ではいいお天気みたいだが、実際この時はいいお天気だったのだが、この後で雨に降られる。



直江津近くなると路肩が広くてねぇ。。

20140830_12

直江津300で道端に転がっていたのはたぶんここ? って思う場所があったけど、もうちょっと先かと思って写真も撮らずに通り過ぎてしまった。



あの直江津300は私の中では橋(の横から)落ちた話に次ぐブルベ中の大事件なのだが、ひとつ間違えばシャレにならないので、あまり笑い話として取り上げる気にならなかったり。。


一番の事件?の橋(の横から)落ちた時にひっぱり上げてくれたのがとり。さんなのだが、ほとんど知り合いのいない今回の直江津集合の中で一番よく知る参加者がとり。さんだったりするのもご一興。



後ろに真っ黒な雲があるものの、海方面はお天気な中、先にホテルにチェックインして集合場所の船見公園へ。



集合場所に続々と参加者が集まってくるが、とり。さんいないなぁ と思っていたら、集合時間の18時ジャストに到着するのが見えた。 時間ピッタリ(笑)



こんなに大勢の参加者が。。

81c96c7899ab4dd4e3a781b178c9e0c8 写真勝手にいただきました(^^ゞ




来るまでにさんざん降られたし、絶対見られないと思っていたけど…

20140830_13

沈む直前に雲の間から って奇跡的で感動\(◎o◎)/

これを見にはるばる走ってきてヨカッタ♪




この後宴会。楽しい時間はあっという間に過ぎ、翌日は駅で一緒になって輪行組のみなさんと鈍行の旅で帰宅。




車窓から見るどこまでも広がる新潟の田んぼ。おいしいお米はここからなのね。

20140831_1




そーいえば、直江津300では帰りに閉まりかけた新幹線のドアに挟んでヘルメットを割ったっけねぇ。。

今回はたいしたハプニングもなく無事に終了。



幹事の須黒さん、masaさん、ご一緒して下さったみなさま、どうもありがとうございました。

中でも私のわがまま放題マイペースにおつきあい下さったラルゴさんには感謝感謝です。





-----



今回初使用のエマージェンシーシート、湿ったまま畳んだのがいけなかったのかなんなのか、広げてみたらあちこち銀色が禿げてますが。。

20140831_2

使い捨てにするにはもったいないのでそのまま使うけど、そんなに繊細なの??

『直江津集合』 その1

最近ずーっと晩ご飯とともに電池切れで気づけば朝(^_^;)、なので更新滞りまくり(-_-;)

8月の出来事はほとんどupできていないまま忘却の彼方へ。

8月最終の『直江津集合』だけはなんとか…。


---------


何年も前から知っていて、参加してみたいなぁ とは思っていたけれどなかなかご縁がなかった『直江津集合』に今年初めて参加♪



「直江津に行きませんか?」とラルゴさんにお誘いいただいたのはシルキーさんのあじさいライドの時。


「行くぅ~♪」とお返事したものの…。  


ちょっと待て。確かにその日程だけはピンポイントに空いているけれど、今年の夏は毎週いない予定てんこ盛り状態で、お財布も気持ちも余裕なさすぎ。
秋にもう一つ大物が控えているのでお財布もホントにきゅうきゅう。。
一緒にお誘いを受けたMちゃりさんがお仕事で行かれないのがわかりますますモチベーションダウン。(ソロで走るのは平気なんだけど、ほとんど知り合いがいないので人見知り(笑))


行きたい気持ちはあるけれど、今年はやめておこうか。 でも前から行きたいと思っていて、せっかくチャンスが巡ってきたのだからここで行かんでどうする? と迷う気持ちが逡巡。



余談だが、チャンスの神様は前髪しかないので、来た時に掴んでおかないと、あとから掴もうと思っても遅いんだって。



まぁ実際予定ぎゅうぎゅう過ぎて目の前の予定をこなすのに精いっぱいで、宿だけはお誘いを受けた直後に押さえていたものの、コースとかやっと考え始めたのは10日ほど前になってから(^_^;)

正直に告白すると、1週間前になって(をいっ) やっぱり行こう♪ と思ったわけで。

行くことにしたら、気持ちがちゃんと直江津に行く方向に向くから不思議だ(^_^;)


志賀坂・十石・菅平を通るあの直江津300のリベンジコースもちょっと考えたけど、亀太郎の合宿やSR600でいっぱい登ったからもうこの夏は坂を登りたくなくて、コースをあれこれ考えるのもめんどーで、R20で韮崎から野辺山越えて小諸からR18でいいかな と単純コースで。

ラルゴさんが一緒に走る と言って下さったのだけど、金曜はお仕事休めないそうで、車で上田まで行ってから合流ということに。


金曜日はお休みにしていたからゆっくり寝てからスタート …と思っていたが、「またカレー?」と言われつつ、不在の間の作り置きカレーのルウ買い忘れで買いに行ったり、なんだかんだで、横になったけどゴロゴロしただけで結局寝られず。


15時半頃家を出る。


朝はお天気だったのに、出かけようとすると何やら不穏な空模様。


15kmほど走ったところで思い出した


げっ Σ( ̄ロ ̄lll)
タイヤに空気を入れてくるのを忘れてきたよ。。。


いつもどんな近所に行く時でも空気を入れ直すのに、なんで今日に限って忘れてきたのだろう。


結局、ゲージがないから圧わかんないけど携帯ポンプでシュコシュコやってしのぐことにするが、前輪がふにゃふにゃで、よくぞここまでリム打ちパンクとかしなかったものだ。

少し前から雨が降り始めていたので、ついでにここで上だけレインウェアを着込む。


相模湖駅前からR20へ。 R20に出たら雨は降っていなかったけど、レインを脱いだら降ってくるし、着たら止むし…とコントのようなことを繰り返しながら、コンビニ休憩しているうちに日没。


あれ? 前に逆方向から走った時、R20の笹子トンネルって勝沼から大月に向けて下り基調だった気がしていたけれど、大月から勝沼に向けても下り基調な気が。。。
山をまっすぐぶち抜いて、まーっすぐ平らなのかも?


笹子トンネルを抜けてから勝沼・甲府方面の夜景がめっちゃキレイだった。

20140829_1

スマホのカメラではあのキレイさはわからないなぁ。。



「雁坂トンネルこっち」の看板を見るたびニヤリとしつつ(2週間ほど前すぐ近くでキャンプしていたので)、勝沼は道幅広くて走りやすいなぁ と思いつつ、甲府に入ったら…。


車多くて走りにくいっ。自転車通行不可のオーバーパスに入りかけて慌てて降りたり、なんかもう走りにくぅぅ。。


清里まで登る前に牛丼休憩することだけを励みに韮崎へ。


須玉の予定だったけど、R20をはずれてすぐ牛丼屋に吸い込まれる(^_^;)

20140829_2

牛丼中盛のみ って。。 卵とか味噌汁とかつければよかったかも。いつまでも牛丼初心者なもので。。



お店を出たら雨。



土砂降りではないものの、この先止みそうもないくらいしっかり降っているので、少し進んだ先の店先の灯りでレインウェア下とシューズカバー着用。



ラルゴさんから双葉SAにいるので追いかけるとメールを頂いたのは清里に向けて登り始めたあたりだっただろうか。

登るの嫌だからこのコースにしたけれど、野辺山まで登るんだよなぁ。 いつも下るばっかりで自転車で登ったことがないけれど、そーいえばここってまーっすぐ直登な登りじゃなかったっけ?

コース選びに失敗したなぁ と思いつつ、へぇこら登っていると、後ろにピタッとついてゆっくり登る車が…。。 



ストーカー? …なわけない(^_^;)



ラルゴさんだと思ったが、登り最中で広い路肩もないので止まれずしばらく行って、やっと右側にお店の駐車場を見つけて、ラルゴさんとご挨拶。



とりあえず、清里のセブンで ということで先に行ってもらってノロノロと登り始める。

清里のセブンで今後の予定など話しながら休憩。コンビニに灯りに大量のちっちゃい虫が。。 灯りやサドル・フレームなど白いものにやたらと群がるので、おにぎりと一緒に食べちゃいそうで嫌な感じ。


それにしても、やっぱり清里通過はいつも夜(笑)

20140830_1


フラッシュで光って見づらいが長野入り(清里は山梨なんだよ~)

20140830_2

野辺山からは下り。 いつもは逆方向から登るばかりだけど今回は下り。



が、下り始めると寒くて寒くて。。



指きりグローブで大丈夫なので気温はそんなに低くないと思うのだが、汗だか雨だかで身体がびっしょり濡れているのが冷えて寒い、寒すぎる。。



眠くて途中でちょっと座って休んだら、リスタートがまた寒くて寒くて。。



コンビニでおでん休憩。

20140830_3

まだおでんの季節には早い気がするけど、早めに始まっていてくれて嬉しい。



レインウェアは上下とも着たままだが、どうにも寒い。 必要な時に使わんでどうする?ということで、秘密兵器を引っ張り出した。

20140830_4

エマージェンシーシートをレインウェアの下にぐるぐる巻きにして寒さをしのぐ。



雨なので場所選定が難しいがあちこちでウトウト休憩しながら、佐久でコンビニ休憩。

20140830_05







つづく

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

twitter

無料ブログはココログ