2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« BRM919埼玉1000アタック八甲田 その3 | トップページ | BRM919埼玉1000アタック八甲田 その5 »

2015年10月11日 (日)

BRM919埼玉1000アタック八甲田 その4

ちょっと短いけど1時間半ぐっすり寝てリスタート。


洗濯ものは途中のコンビニから送り返した。(健康ランドで送る袋がないとかなんとか言われたもので…。 スタッフバッグに入れてまとめてあるんだけど。)


ついでに背中のリュックも送ってしまいたかったが、それを送ってしまったら細々したものを入れる別のものを今回持ってきていないので仕方ない。



市街地を抜けて秋田港から海沿いに北上。 暗いしなーんにもないし淋しい。 まぁ深夜だし仕方ない(笑)



通過チェック2ローソン男鹿船越店

20150919_27

20150919_28

今回途中から眠気覚ましはリポDをやめてコーヒーにしてみる。 コーヒー飲みながら寝てしまえるのだけど、そのコーヒーも次々摂ったら眠気覚ましになるかもなぁ とちょっと実験。



この先から霧がひどくてひどくて…。


今地図を見ていて思ったのだが、そーいえば、ここって八郎潟だったところを干拓したんじゃなかったっけ? それって深い霧と関係あるのかな?


深夜だし霧が濃すぎるし、止まるのはちょっと怖い気もするが、眠くてたびたび道端でハンドルにつっぷして眠気を逃す。



夜が明けてきたけど相変わらず霧がひどい。

20150919_29

20150919_30


眠くてコンビニで休憩してばっかりなので、全然前に進まな~いっ(~_~;)



八森岩舘 鹿の浦? でイーチョさんと一緒にパチリ

20150919_31

とっても景色がステキ♪

20150919_32

これから海水浴ですか?

20150919_33

このあたり、右手の山は白神山地になるらしい。 いつか行ってみたいけど、ここまで来るのがたいへんだ。



五能線を撮りにあっちにもこっちにも鉄な人がいっぱい。

20150919_34

お天気いいし、海も穏やかで絵になりそうな撮影日和だからねぇ。


20150919_35

20150919_36

20150919_37



途中からイカ焼きの看板が目につくようになる。


最初に見つけた道の駅は行列していたので、次に目についたお店にピットイン。

20150919_38


食べている途中で『生うに丼』の張り紙が気になり、「生うに丼すぐできますか~?」と聞いてみる。


ちょっと早いけど、コンビニ飯ばかりじゃなく、時間があるならたまにはおいしいものを食べたいな。


「生うに丼より、値段一緒だし五色丼の方がお勧め」と言われるままに五色丼を注文。



待っている間にここが千畳敷だと気づく(笑)

20150918_39


すぐに運ばれてきた五色丼

20150919_40

お味噌汁が美味しかった~♪


五色丼はホタテが肉厚でめちゃんまでした(*^_^*)

20150919_41



PC6サンクス深浦関店

20150919_42

道草グルメのせいか、グダグダ走っていたせいか、よくPCで顔を合わせていた人たちは先に行ってしまったみたい。 ほとんど人がいないけど大丈夫か?(^_^;)



穏やかな日本海

20150919_43



今回初めて知ったのだけど、青森はイカ王国らしい。

20150919_44



眠くてボーっとしながら広域農道を走っていたけど、十三湖 ってこの広域農道の外側にいっぱい湖があったのかぁ。(今頃知るこの事実)


そして潟みたいな所を渡る橋と湾の入り口

20150919_46

20150919_45

この潟みたいなのに十三湖って名前がついてるけど。



ひと山?越えてこどまりの道の駅から前方を眺める。

20150919_47

前方のあれが龍飛岬? って思ったけど、日本海側からじゃ龍飛岬は見えないのね。



『たっぴみさき』で変換すると『竜飛岬』って出るんだけど、現地の表記はあちこち『龍』の字に直してあった。



近づくにつれ、前方はるか上の方にガードレールのようなものが見える気がするし、ルートラボでもここだけ標高がやけに突出してなかったっけ?



もうエグイエグイ激坂を途中から押して登る。 こんなとこ乗ったまま登れな~いっ。



途中にお猿の群れがいた。

20150919_48



見晴らし台から龍飛岬を見下ろして1枚。

20150919_49


ここから激坂を下って龍飛岬。

20150919_50


横にある歌詞が書かれた石碑?をポチっとすると『ごらんあれが龍飛岬北のはずれと~♪』と石川さゆりが大音響で流れるのだけど。。



灯台まで行った人たちもいたけれど、これ以上激坂を登ったら腰が壊れるので、このまま下る。

20150919_51



ルートラボを引く時、どうしてもここのルートが引けないと思っていたのだが、(勘違いしていてホントはちょっと手前で右折するのが正解らしい)

Photo_2 ちょっと加工してみました(^_^;)

ここ『階段国道』になっていて、車輪のついたものは通行不能ということでルートラボではルートが引けないのかもしれない。


ここを自転車抱えて降りてみるとかせめて写真を撮るとかそんな心の余裕がなかったことが今になってちょっと悔やまれる。



津軽海峡も海は穏やか。あっちに見えるのが下北半島?

20150919_52



三厩(みんまや)って義経伝説の地なのか。



漁港でイカ釣り船を初めて間近で見た。 電球がいっぱ~い。

20150919_53

漁師さんが、今夜これから漁だって。



PC7サークルK今別

20150919_54




ひと山越えて陸奥湾・青森湾と走る頃にはすっかり暗くなっていた。


海辺の集落がずーっと続き、眠いけどちょっと寝るような場所もなく…。 止まっていると海からの風が吹きつけて寒い。


海沿いでリュウさんと一緒になり少しの間牽いてもらった。 道端で止まっていると心配してたびたび声をかけてくださるのが申し訳ないけれど、 何しろ前科があるもんで。。(-_-;)




途中からなんとなく路面が濡れているのが気になっていたけれど、青森市内に入ったあたりからポツリポツリ降り始めた。


どーせすぐ止むだろう とそのまま走っていたら結構本降りになってますが。。


慌ててそばにあったフェリーターミナルに逃げ込む。


アメミルでチェックしてみたら、青森市に薄い雨雲がかかっていて、もうちょっと東(って八甲田?)にオレンジやピンクの塊が見えますが。。


八甲田は南東になるんだけど、この時キャプチャーして画像を残しておけばよかった。


雨の最中に八甲田を登ったイーチョさんは土砂降りだったって言ってた気がするけど。。


このままフェリーターミナルで寝る? って一瞬思ったものの、今夜の寝床に決めてた漫画喫茶に向かう。



まだなんとなく小雨が降ってるし、雨の中自転車を野ざらしにすることを考えると急に弱気になりホテルを探した方がいいような気がしてくる。


そうだよなぁ 盗難の心配を考えるとホテル代は保険代だと思えば決して高いものではないかもしれない。


試しにPIPIさんがキャンセルしたルートインに問い合わせてみると1室空きが出ているらしい。


一瞬お願いしようと思ったが、おフランスやらあれやらこれやら使い過ぎでお財布は真っ赤っ赤だし、ここで2時間程度のために7500円はやっぱり出せない。。

試しに見えてる別のホテルに問い合わせてみるも満室。


では当初の予定通り漫画喫茶に向かおうとしている所で宿捜し中の髭坊主さんとご一緒することになる。



青森市内にネットカフェの類は2件あったんだけど、1件はまさに直前の20日に閉店してしまった。 そちらの方が手前なので、これから行こうとしている漫画喫茶を過ぎると何にもなくなってしまうので危険。。 ちょっとルートを外れれば健康ランドもあるが、ポツリポツリき始めた頃通り越してきてしまったし。


漫画喫茶に着いてみると、2名ならカップルルームしか空きがないそうで。。


ん~、いくらなんでもさっき初めてそこで会った方とご一緒するわけにもいかんだろう。

「それはちょっと~」とほぼ同時に口から出たのはなんかおかしかったが、「一人なら部屋あるんですか?」 って聞いたらレディースルームには空きがあるらしい。



髭坊主さんには申し訳ないが、私はここで休むことにして、「この先のルートインに今なら空きがあるらしいですよ」とお伝えしたもののどうされたか気になっていた。 (結局ルートインで寝られたようでよかった。)



ドリンクコーナーで飲み物と食べ放題のソフトクリームを調達し、一応弱虫ペダルの最新刊を持ってお部屋へ。

20150919_55


パソコンもあるし、漫画喫茶とネットカフェはどう違うんだろう?



さっき雨に濡れたせいで冷房がやけに寒く感じられる。 小さな膝かけ程度しかないし寒いまま寝るのはマズイよなぁ。



ここでふと思い出した。そうだ!! リュックにエマージェンシーシートを入れたままだ♪

20150919_56

今回唯一 「リュックぶらぼー♪♪」 って思った瞬間。



耳栓・アイマスクもあるし、エマージェンシーシートは暖かいし、しあわせ~(*^_^*)

気持ちよく、おやすみなさいzzz









つづく

« BRM919埼玉1000アタック八甲田 その3 | トップページ | BRM919埼玉1000アタック八甲田 その5 »

コメント

五能線は撮るより乗る鉄道だと思います。
十三湖の名の由来は諸説あって不明らしいですが、室町時代までは十三湊(とさみなと)という貿易港で栄えたところだそうです。
今別というのは新幹線の駅(奥津軽いまべつ駅)が出来る予定の町です。
いやいや、懐かしい地名がいっぱい出てくる♪

>星のおじ様

確かにあのお天気で五能線に乗ったら気持ちよさそうな行楽日和でした。
乗ってよし撮ってよしなんでしょう。 ホントにカメラ抱えた鉄な人が多かったです。

なんせお初の地なのでわけわからず通り過ぎてますが、いろいろ楽しそうですね。
今別から山方面?に入った所で工事していたのはその関係?(違うかも)
晴れて暑いくらいの日に走ったから明るく好印象(龍飛岬手前の激坂以外)な東北く北のはずれですが、真冬で吹雪いてたら全く違う印象なんでしょうね。

陸奥湾沿いで声をかけさせてもらった者です。

平地なのにかなり低速でふらふらして走っていたので、かなり眠たかったのではと。。。


無事で完走おめでとうございます。

>のぶさん

すみません。お返事遅くなりました。

あれを御覧になったのですね。
眠いとグダグダなのです。八甲田1000はかなりマシな方だったはずなのですが。。
マシじゃない時はどんななんだ? …と聞かないでやって下さい(-_-;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM919埼玉1000アタック八甲田 その3 | トップページ | BRM919埼玉1000アタック八甲田 その5 »

twitter

無料ブログはココログ