2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その1 »

2016年7月28日 (木)

2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その3

足寄からまずぐいぐいっと登る。 あぁ、ここを登るの3回目だっけ。 北海道で自転車に乗るたびに登ってるよね(^_^;)

登ってしまえば、士幌のあたりはフラットじゃなかったかな? 



細かい雨が強くなったり弱くなったり…。強めの霧雨と言ってもいいかもしれない。



ガスったり、雨だったりすると見づらいのでアイウエアを外していることが多くて目が傷ついているのか、雨がやたらと目にしみて痛くて目が開けていられない。


バイザーBUFFのバイザーを調整しても、モロに目に直撃する感じ。


眠いし雨降ってるし、たびたび道端に止まって自転車にまたがったままハンドルに突っ伏してマイクロスリープ。



たびたび止まるので全然進まない~(;へ:)



そこへ通りかかったぜっとさん一行に救われて、おしゃべりしながら走ったら目が覚めた。


鹿追だったかな?に宿をとってるぜっとさん一行と別れて狩勝峠へ。
一緒に走っている間は飛んでた眠気がまた…。


でもかなやま湖のPCに行って寝たいので、そのまま狩勝峠を登り始める。



深夜なのにたびたびトラックが通るので、そのたびに路肩に寄るが左車線のど真ん中をふらふらと登る。



台湾からの参加者と一緒になったり、待っててくれたり…。 遅いから先に行ってよ~。




頂上手前の覆道で自転車を押し歩くウワンさんに遭遇。今回は最初からメカトラで調子よくないらしい。


ピークでトイレに寄ったらひらまつ監督に会った。

夜中の2時とか3時で、霧雨の降る中登っていると誰にも会わないのに、ピークには何人かいる不思議。

 …でもトイレに行っている間にトイレの横で寝ていた参加者以外は誰もいなくなってしまった。


狩勝峠からの下りがまたたいへん。

眠いし寒いし痛くて目が開けていられないし…。眠くて何度センターラインを越えただろう。

その度に道端に止まってハンドルに突っ伏す。


今回は狩勝峠前後が一番辛かったかも。


去年から眠気のコントロールを一番に気をつけているつもりなのに、600より長い距離になるとまだまだ修行が足りんな。




下ったセブンのイートインでちょっと休ませてもらってからかなやま湖のPCへ。


幾寅から右折ではなく、その少し先で左折して、かなやま湖にかかる鹿追大橋を渡ってPCに向かうのは私には初めてのルート。



PC8かなやま湖スポーツ研修センターに着いたのは、すっかり明るくなった5時前。
深夜に着くつもりだったのになぁ。。



ここで念願のエゾアムプリンに会えた~♪ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

20160718_1_2

1日の生産量は少ないと聞いているのに、この大きさで各人に提供するためにスタッフさんたちは何日分のホールプリンを用意してくれたんだろう。(賞味期限内でも製造してからの時間で味が違うらしい) 感謝していただきます♪



プリンもおいしかったが、メロンがまた秀逸。んますぎ~(*^_^*)



仮眠所でギリギリまで寝るつもりが、結局1時間ちょっと寝ただけでギリギリまで寝られずにカレーをいただいて8時半頃リスタート。


…でもリスタートの時間は5:00スタート組クローズの時間なのでそんなに早いわけじゃないか。




PCを出て下り始めてすぐ後輪に違和感を感じて確認したらパンクしていた。


リスタートする前にタイヤは確認したので、短い距離の間に何かを踏んだらしい。


あ~ぁ、PCならフロアポンプあったかもしれないのにぃ~。 でもまぁ歩いて押し登って戻るには距離があるので、その場でパンク修理のチューブ交換。




下った先のT字路で右折して富良野方面に走ったことはあるけれど、今回のコースは左折して占冠方面へ。



占冠の道の駅は大陸からの団体バスが着いたばかりのタイミングでトイレが長蛇の列。




リスタートしたら再び登り。 ユメさんが男性2人を牽いて坂を登る姿は凛凛しいなぁ と思いながら 「お疲れ様~っ!!」 っとユメさん夫妻をパスしたら、しばらくして夫妻の後についていた男性参加者が追いかけてきた。



よくよく見たらL氏だぁ~w( ̄▽ ̄;)w



実はL氏とは顔見知り。去年のPBPですでにタイムアウト後の時間にゴールまで眠くてフラフラしながら走っているところ拾ってくれたフィリピンチームの人で、しばらく一緒に走ったが、あまりの眠さに私が横の側溝にダイブした時に、「もうお前はここで寝て行け!」と自転車を牧草地の片隅に運んでくれたのも彼。

今回、スタート前だったか途中のPCだったか忘れたが挨拶したので参加しているのは知っていたけれど、まさかまたここで会うとは思わなかった。




私はひとりで走りたいのに~ とは思ったが、




コースがよくわかっていないようで、一緒に行きたそう。 

パッと見GPSやコースのわかるものを持っているようでもないので(ホントは持ってたかもしれないけど未確認)、PBPのようにいたるところに矢印が貼ってあるわけでもないし、初めての日本ブルベらしいので勝手がよくわからないだろうからしょうがないなぁ と一緒に走ることにする。



このL氏、私の英語がつたなすぎてうまくコミュニケーションとれないからか、やたらと並走したがって困る。 一度は通りかかったパトカーに 「並走しないで!」 とスピーカーで注意されるほど。

横に来ての並走はやめても、右斜め後ろじゃなくて完全縦列で走って欲しいんだけど。



そんなこんなでやっと日高峠を越えた~!! これで峠は終了。



「もう峠はないよ~♪」 と 下っている途中で、後輪からカランカランと…。



え? 何??



慌てて止まって確認するとこんなことに…。

20160718_2

リアディレーラーがもげ、プーリーがあり得ない方向を向いてますが。。



なんでこんなことになるのだろう? キレイな路面の緩い下りで巻き込むようなものは何もない。



「当たった?」 とL氏に聞いてみるが、それしか原因は考えられないよなぁ。。



L氏がシングルギア化してくれようとするが、フレームにガッツリ当たって後輪回らず。



1050km走って、残り150km。残りは下りと平坦のはずなのにこのタイミングでこれ??

もう唖然とするしかない。



「だからひとりで走りたかったのにぃぃ~!!」と心の中で絶叫したが、一緒に走ることにしたのも自分なのでしょうがない。




--------

事故現場特定のため、帰ってからGPSのログから確認してみたのだが、

Genba

ホントに残りは下って平らでゴール前にちょっと登るくらいしかないねぇ。。

--------




双方とも落車しなかったのでケガがないのが不幸中の幸い?


ちょうどスタッフ巡回車が通りかかってくれたので、L氏には先に進んでもらうことにして私はここでDNF。



ったく、たぶん完走間違いなしのこのタイミングで走行不能って、ハプニングの神の『生かさぬよう殺さぬよう』の絶妙すぎる差配が怖すぎる。


疲れてはいたけれど、どこも痛い所はなくまだまだ走れる脚もあったけど、走行不能じゃねぇ。



事故はあるものだから仕方ないけど、このタイミングには恐れ入る。もうホントに唖然とするしかない感じ。



その後L氏は無事に完走したようなのでよしとしよう。 せっかくフィリピンから走りに来ているのだから嫌な思いなく気持ちよく帰って欲しいと思うばかり。



前回ジャージをゴールさせられなかったのは残念だけど、しょうがないねぇ。。




これを書いている今も悔しさとか怒りとかは何もない。ただただ唖然とする感情しか湧いてこない。




AJ北海道のみなさんとボランティアスタッフのみなさんにはたいへんたいへんお世話になりました。参加者のみなさんもお疲れ様でした。


真っ白な美幌峠と狩勝峠は嫌いになりそうだけど、お天気に恵まれた納沙布岬の景色はすばらしかったです。 本当にありがとうございました。






おしまい

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その1 »

コメント

そういう事でしたか。。。

自分も基本は単独行動派(ペースを合わせるのが苦手)なので心中お察しします。

個人的にはレース用機材でロングライドは怖すぎるので少しでも丈夫な車両を、という事でMTBで走っていたりする訳ですがロードでもクロモリフレームであればエンドが折れるリスクはかなり減らせるかな~とは思います。

いやいや、今回のハプニングはちと笑えないですね。
(いつもは笑ってたのかよ! という突っ込みはナシで)

拙者が思うにはこれはハプニングの神の仕業ではなく、体育会の神が降臨して「もう一度チャレンジせよ」と言ったのだと思います。
来年、完走録を期待しています!!!

>ニャンコさん

ファットバイクは頑丈そうですもんね。 ってタイヤがか(^_^;)
たまにトレインに乗っけてもらったり、知り合いと一緒に走ることもあるかもしれませんが、
フレッシュ以外のブルベではもう他の人と一緒に走るのはごめんだなぁ と。
ひとりで走るのが気楽でいいです。

>星のおじ様

いつもは笑ってたんですか??(-"-)

今回のはちょっとまだ笑う気になれません…というか、唖然としたところで感情がストップしたままです。

今回は前回のリバイバル版なのでイレギュラーですが、北海道1200は4年ごとだそうで、
次回は2年後だそうです。
次回…行くのかなぁ、たぶん行くんだろうなぁ。。

ご無沙汰してます、ごんちゃんパパです。
パラダイス時の根室の白馬の騎士です(笑)

速報でDNFとなっていたので、気になっていたのですが、
ゴール直前の機材トラブルとは、厳しい運命でしたね。
また、宿題が残ってしまいましたね。

それにしても別海も、根室も素晴らしい景色ですね。
あのときは深夜で何も見えず、牧場には牛ではなく、鹿がたくさんいましたっけ。
そして道路上にはキタキツネの群れ。
懐かしく思い出します。

パラダイスから4年がたち、自転車からも遠ざかってしまいましたが、
北海道1200は私にとってもDNF組。
今でも大事に宿題としてとってあります。
あと数年で定年退職なので、その時はあの時のコースをのんびりと
2週間くらいかけて走ろうかと、今はそれが目標となっています。

今はいろいろあって、なかなか自転車復帰ができませんが、
時間ができたら、200kmくらいのブルベなら、また走ってみたいと思っています。

では、また。
気をつけて走り続けていってください。
陰ながら応援しています。

あらら という結末だったのですね。
でもまぁ大きなケガもなく、良い面だけを思い出に。
なんでもハプニングは付き物ですからね、特にけーこさんだもの。

ボッチの世界にようこそ…(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ
フレームが凹んでも走れるクロモリ最強ですよ。

>ごんちゃんのパパさん

実は根室から白馬の騎士に引っ張り出してもらったのはどこだったかなぁ? 通るんだっけ?
…と思いながら根室を走ってました(^_^;)

たま~にですが、ブログ拝見してます。 最近はお山と畑ばかりでもうブルベは走られないのかなぁ? と思いつつ。

パラダイスはそれなりに過酷だったはずですが、今となっては素敵な思い出しか残ってませんね。 でもあの時のいろいろがその後の指針になっているかもしれません。

旭川のあの豪雨のおかげで、ブルベ中のたいていの雨は『あの時よりまし』と思えるし(笑)

またどこかでお会いできるといいですね。

>11月のキロさん

最後のひとことが気になりますが。。(-"-)

ケガはなかったのですが、実は自転車がかなりの重症で…。 まぁその話はそのうちに。

>チャーハンさん

えー、私は基本ボッチですよ(^_^;)
修理のできるクロモリはいいですよねぇ。

> 次回は2年後だそうです。
> 次回…行くのかなぁ、たぶん行くんだろうなぁ。。

模範的体育会員のけーこさんは絶対に行くと信じています。
それに、行けるうちは行った方がいいと思います。

実はおじ様はこの6月に引退後初めて試合に出ました。もちろん公式戦ではなく普及活動でのExhibition Matchですが。
「普及活動」なので(こう言っては申し訳ないのですが)腕前的にはたいしたことない人とのゲームでしたが、10代20代の「テクニックは?でも、走り負けしない人」に混じるのは50代のオッサンがしてはならないことだったと痛感しました。本当に死ぬかと思いましたから・・・
   『やれるうちにやっておかないと、後で後悔してもどうしようもない』

>星のおじ様

それは『○○の冷や水』というのでは?(^_^;)
知力戦略では負けないでしょうから、そこは鍛えて若者に負けない体力も養わなければなりませんね。


おかずは好きなものは先に食べる派 だって、途中で地震が起こって皿が飛んだら食べられないし…。(まぁ、いつも絶対最初とはいわないけれど、一番最後まで大事に残したりはしない)
やりたいことはやりたい時に なので、たぶん行くんでしょうね。

でもLEL(London- Edinburgh-London4年に一度開催1400km、次回は来年)は、まずはPBPを完走してから行きたいので次の次かなぁ(^^ゞ

このエントリは何度か読み返していますが
難度読んでも何とも言えない複雑な気分になるのでなかなかコメントし辛かったです。

読めば読むほど自分に置き換えて感情移入してしまうので
ご本人が(表面上かも知れませんが)割り切ってサバサバしているのに外野が騒いでもなあって感じで。
それにしても怪我がなかったのは僥倖だったかもしれませんね。
懐は痛んでも、お金で済むことなら身体が痛い思いするよりよほどまし。
心の方はまた別なのでしょうが、ひとまずSR600Fujiをランドヌールで完走できましたしね。

>とり。さん

我が事のように感じて下さり恐れ入ります。
もうね。この件に関しては完全に感情がストップしたままというか、あれよあれよという間にその後の展開が早すぎてついていけないまま今に至るというか。。

まぁ考えてもネガティブなことしか考えないんだったら、なーんにも考えない方がよくて、それでなんとかなるんだったら、もう感情は置き去りにしたままでいいや ということに。

まぁ現在、新しいフレームで問題なく走れているわけで、まぁいいや とお気楽に思うことにしています。

あ、でも前以上にブルベ中に他の人と一緒に走るのは苦手になったかも(^_^;)
でもまぁflecheだけは別物として割り切っているので大丈夫かな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その1 »

twitter

無料ブログはココログ