2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« BRM702西東京200金太郎 | トップページ | 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 »

2016年7月26日 (火)

2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その1

2年前、季節外れの台風(しかもなぜか納沙布岬直撃)により開催途中で中止になった北海道1200のリベンジバージョン。


2年前、あまりの眠さに北見のPCでDNFして、寝て起きてみたらやたらと人が増えていてビックリ。先に進んでいた人たちが戻ってきていたのだが、そこで主催者の英断により中止になったと初めて知る。だって主催者が公式にストップかけないと「自己責任」とか言いながら行っちゃう人多数だもんなぁ。。


その後、天気が好転した北海道を遊びながら札幌まで走って帰ってきたのだが、今度こそ完走して、前回の記念ジャージを札幌にゴールさせるのが今回の私のお仕事と勝手にセルフミッションを決める。

2014hokkaido1200

前回とスタート・ゴールやコースは若干変わったけれど、札幌から納沙布岬へ行って札幌に戻ってくる1200kmの旅なのは同じ。制限時間は90時間。

往路で一番標高が高いのは北見峠(全コース内で最高地点)

Map1_2

復路で一番高いのは狩勝峠

Map2


飛行機輪行ではリアディレーラーを外すようにしているのだが、出発の2日前の夜、念のため外してはめられるか試してみた。外すのは問題なかったのだが…。



あれぇ~? ネジが奥まで入らない…わけないよなぁ??



今までも飛行機輪行で何度かリアディレーラー自分で外してはめているのに、こんなに苦労するのは初めて。



何度やってもディレーラーハンガーの奥まで入らず、ヘンな隙間が開くのがどーしてもわからなくて、だんだん吐きそうな感じに気分が悪くなってきた。もう完全にパニック状態。





…でもしょうがないから寝た(^_^;)  (パニくっても意外と寝られるもんだ)





翌朝ショップの店長にどうしましょうメールを送ってみたが、出っ張りにひっかかっているんでは? と解決法をメールでもらい、帰ってからその通りやってみたが状況変わらず。


明日出発なのにどうしましょう状態で、お出かけ中の店長に無理をお願いして対応してもらう。


たぶん最初に取り付けを試みた時、斜めになっているのに気付かず無理にねじ込もうとしたのか、ディレーラーハンガーのネジが斜めに削れてしまったのが原因だったようだ。 あれだけコジらないように気をつけていたつもりなのに。。



新しいハンガーに変えてもらって一件落着。 再度特訓を受け、リアディレーラーの脱着はたぶん問題ない…はず。






<7.14(木)>

そんなこんなで、前日受付のため札幌へGO!

荷物は送っても自転車は自分で運びたいので、通勤ラッシュを避けるため午後のフライト。


空港バスで行ければ楽なのだが、最寄駅発の空港バスの係員は自転車をとーっても嫌がって何度か乗車拒否されたので最初から電車を乗り継いで羽田まで。



羽田では余裕たっぷりなのだが、札幌に着いてから時間に余裕がない。



国内線なら普通は係員が自転車を担いできてくれるはすだが、ターンテーブルに普通に乗ってOS500が回ってくるので、待っていたら…。

20160714_1

最後の『ご搭乗ありがとうございました』の札が出てきて、 うわっ ロスト?? と焦ったら、私の自転車はすでにカートで出ていたらしい。 焦った~ っていうか、貴重な時間を無駄にしてしまったぢゃんっ。


エアポート快速で札幌へ。


ホテルが駅前なので、チェックインして組み立てる。



リアディレーラーは慎重に慎重に…。 で、先に送った荷物をリュックに詰めて、ドロップバッグを作り、余裕はないけど7.5km離れたつどーむに時間内に着けるだろう とホテルを後に…


  …しようとして、背中が軽いことに気付く。 あぁぁ~、部屋にドロップバッグ忘れた!!



受付は15時~18時なのだが、17時半をすぎてつどーむ着。

20160714_2

つどーむの前で同じく重役出勤のひらまつ監督にバッタリ。



翌朝は、5:00から10分刻みでスタートなのだが、そんな時間に受け付をしているようでは最終の5:40しか残っていなかった。 道中長いからまぁいいや。





<8.15(金)~18(月)>

3時半にチェックアウトしてつどーむへ。


開会式

20160715_1


5:00から10分刻みでスタート。 名前のコールが恥ずかしいような…。

20160715_2



5:40スタートは最後なので、もうほとんど参加者が残っていない中スタート。



まぁ遅くスタートする分、各PCでのクローズタイムは5:00スタート組より40分遅いわけだけど。



お天気上々。やっぱり朝スタートがいいよなぁ。(前回は夜スタートだったので眠くて)


時々トレインにくっついたり、ソロになったり…。 北海道は信号が少ないので巡航速度がそのまんま速度だったりする。



北海道に行く1週間ほど前、調子が悪いのでお店に行ったらそのまんま機種変更にすることになったスマホのおサイフケータイ機能がうまく移行できていなかったらしく、前夜コンビニでiDが使えず困る。

なんで事前に試しておかなかったんだろう? 悔やんでみたが、普段コンビニで買い物しないので仕方ない。 


レジで小銭ジャラジャラモタモタするの嫌だなぁ と思っていたのだが、PC1の深川多度志のセイコーマートでパスモのカードにチャージができたので助かった~。 世の中はどんどん便利になっているらしい。



今回の標高最高地点 北見峠(857m)

20160715_3



PC2遠軽のセブン

20160715_3_2


PC3北見自然休養センター

20160715_4

22時半頃着いているので上々のペース。 お風呂入ってサッパリしてご飯食べてガッツリ寝る。 …つもりが、暑くて寝苦しくてなんだか寝つけず途中で起きたりして結局正味2時間半くらいしか寝てないよーな。到着からリスタートまで全部込みで6時間も北見にいたのに。




4時半頃北見をリスタート。








つづく

« BRM702西東京200金太郎 | トップページ | 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 »

コメント

1200kmって四輪自動車で走れと言われてもドン引きな距離なのですけど・・・( ゚д゚)

なお、北見峠はもう25年ほど前にレンタカーで越えたことがありますから、けーこさんよりずーーと以前にお○っこかけていますのであしからず。

>星のおじ様

ちょっと…というより、ずいぶん頭のおかしな距離ですよねぇ。 私もよくわからず想像ができません。
でも1000km走っても不思議と今回は身体の痛みとか不調は全然なかったんですよねぇ。わけのわからん距離に慣れたんでしょうか?

何度か北海道に行ってますが、北見峠は今回初めてでした。
ちゃんとおじ様のマーキングの上からマーキングし直しておきましたからっ(笑)

行きたかった
行きたかった
行きたかった
…。

仕事の状況が読めなかったからエントリー回避しましたけれど、結果としてはその判断は間違っていなかったので致し方無いですが
それにしても北の大地にいるみなさんが羨まし過ぎて。
あんなにアレな人たちが集まっているのに何で天候が崩れていないのだ!
とか思っていたりもしましたがw

>とり。さん

3回もつぶやくそのお気持ち、よくわかります。。
北海道は逃げないから。 北海道1200は4年に1回開催されるらしいから。(今回のはリバイバルなのでイレギュラー)
そのうちきっと機会がありますよ。
北の大地は走りやすくておいしいものいっぱいで、きっと満喫されることでしょう。

…って、当然おフランスも行くんでしょ?(^_^;)


あ、お天気の件は強力なシャーマンが集まってマイナスの掛け算でプラスになったんではないかと…。
その証拠に次々とゴールしていく中でバランスが崩れたのか最後の滝野は夕方以降激しく雨が降ってたとか。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM702西東京200金太郎 | トップページ | 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その2 »

twitter

無料ブログはココログ