2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その3 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その2 »

2016年8月13日 (土)

3度目の正直 SR600Fuji その1

っとその前に、北海道1200でリアディレーラーがもげたORBEAぶーちんだが、実はフレームエンドの変形が予想以上に酷く廃車となってしまった(;へ:)


ショップの店長に御尽力いただき、全く同じフレームに乗ることになりました。

Img_20160803_160614

奥のが二代目ぶーちん。 同じ年のモデルで色も一緒。見た目が全く同じなので、フレームが変わったことに誰も気づかない …というより、乗ってる本人が一番気付いていないというか忘れているというか…。


なんとかSR600Fuji出走に間に合わせていただきました。 店長ありがとー♪



--------



SR600Fujiにランドヌール部門で3度目の挑戦。

2013年は雷ゴロンで軽井沢でDNFして逃げ帰り。(今考えたら、軽井沢からなら距離あるし、きっと渋峠を越える頃には雷もやんでたんじゃないかと思うけどなぁ)


今日本に3つあるSR600のうち、私がランドヌールで完走できるのはFujiだけだと思うの。


そんなわけで、3度目の正直なるか?

Sr600fuji_map


8月5日(金)22:00スタートで申請しているので、今回は(笑)早めに高尾駅へ。


フロントフェンダーがやたらとタイヤに擦るので気になる。


調整したつもりでも走ってみないとわからないし、走っているうちに下がってくることもあるし、フレームが変わったことを本人は忘れているけれど、取り付け位置が微妙に違うのかも? 後ろはタイヤとのクリアランス十分なので問題ないようなんだけど。。


えぇいっ、「泥除けなんてなくてもいいやっ」 なんかめんどーになってきて、高尾駅から送り返すつもりで途中からフロントフェンダーを持って走る。



高尾駅に着いたらフロントフェンダーを送り返すためにいの一番で駅前のコンビニへ。



っと、 「あれ? とり。さん??」


なんとサプライズお見送りに来てくれていたとり。さんをサプライズされる前に見つけてしまったよ(笑)

Img_20160805_212941

まさかのお見送りありがとー♪♪ 思ってもみなかったので素直に嬉しい。

Img_20160805_214033

とり。さんに見送られて、22時高尾駅スタート。



成木街道とか名栗のあたりとか、なんか怖い感じがしてあまり好きじゃないんだけど、思わぬお見送りに心ほかほかと暖かく、無事に走りぬけることができました。



名栗のあたりかなぁ、まだ集落の中なのに、いきなり目の前7~8mを2頭のシカがダッシュで横切ったのにはビビったけれど。



ローリング族っていうのかしら? 山伏峠に登りながら音だけ響いてきたけれど、ちょうど休憩中だったのか、走り終わったのか、巻き込まれることなく無事PC1の撮影。


PC1山伏峠 8/6 0:37

Img_20160806_003715

さすがに3回目となると下見バッチリ?(笑) ここもあそこも通ったことあるよね~。 と思いながら途中のコンビニ休憩も予定通り。



PC2めがね橋 8/6 5:50

Img_20160806_055014

明るい時間のめがね橋しか知らないので、ここを暗い時間に通ると写真撮れるんだろうか?と思っていたのだが…。 (暗い時間はやはり暗いらしい。写真撮るのに一苦労かも。)



軽井沢からの登りと草津への登りが何気にキツくて泣きそうなのは何度走っても同じ。



草津からの通行止め区間は解除時間に通り抜け成功だけど、駐停車禁止の場所の間近で工事のための片側通行ってさぁ 待ってる間に止まらなきゃなんないんだけどいいのか?



日差しが暑くて熱中症になりそう。 でも止まったり日陰に入るとあっという間に汗が冷えて寒いくらい。 暑かったり寒かったり、もうどないせぇっちゅうねんっ。



絶景♪

Img_20160806_114933

ホントはもっと登ってきた道がうねうねしている写真を撮りたかったのだけど。。




PC3日本国道最高地点 8/6 12:39

Img_20160806_123911


懐かしのインディーくん&マーカスくん?

Img_20160806_124737

って思ったら本物はこっちだった。 あれ↑は誰??

Img_20160806_124854

Img_20160806_132213

懐かしの渋峠ホテルでカレーライスをいただきます。

Img_20160806_130335

煮詰り過ぎたカレーのドロドロ感がちょっとツラかったり。 

胃袋は問題なく消化してくれたけど、コンディション次第でお口が受け付けてくれないものが実はいろいろあるのです。 揚げ物系は☓。でもそばやうどんじゃ足りないし…。 和食のどんぶり系が一番?



涼しい志賀高原から下ったら灼熱の山ノ内が…と思っていたら、パラパラと雨が降り出した。


アメミルで見てみると…。

Screenmemo_20160806140243_2

あれ~? 降ってるのここだけぢゃんっ。


道の駅に着く頃には雨もやんでいたけれど、灼熱地獄に着く前にちょうどいいおしめりだったかも。




PC4道の駅北信州やまのうち 8/6 14:22

Img_20160806_142230



おしめりを浴びても暑いものは暑いっ!!

道の駅で思わず目に入った りんごのかき氷練乳がけ  いただきますっ。

Img_20160806_143316

ジュレっぽくなった紅玉りんごが入ってます。 暑いのでかき氷がとても嬉しい♪


十分水遊びしてリスタートしたはずが、小布施とかやはり暑くてすぐにカラカラ。


途中で公園見つけて、水浴びジャブジャブしてから菅平への登りに挑みます。



前回西日にこんがりローストされた菅平への登り、暑いのは暑いけど、途中から何気に頭上にちょっと黒っぽい雲が…。

さっきのピンポイント雨雲とか、新たなシャーマン術でも身に付けたのか?

でもまぁ、山の向こうのでっかい積乱雲から時々ゴロゴロ音が聞こえるし、ここで降られるのは嬉しくないんだけど…。 ドキドキ



PC5菅平高原 8/6 17:42

Img_20160806_174135

今回は押し歩きなしに着いた~♪


合宿の練習から帰る学生がウロウロしてるので、早く下っちゃおう。



…というわけで、明るいうちに上田着。


ホテルは取れなかったので、ネットカフェへGO!



しばしおやすみなさい。










つづく

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その3 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016Hokkaido1200 納沙布岬ver. "EAST END OF THE WORLD" 2016.7.15~18 その3 | トップページ | 3度目の正直 SR600Fuji その2 »

twitter

無料ブログはココログ