2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年3月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月17日 (日)

SR600Nihon Alps その2

0時頃に着いて、ベッドに入ったのは1時頃。 5時まで寝て…と思っていたのに3時間で目が覚めてしまった。ゴロゴロしたりで結局リスタートは5時半すぎ。


朝の下呂駅

B7_2

路面は濡れているけれど、さわやかな朝の光の中を高山へ

 

暗い位山峠を通ってみたかったかも? 通れないので今年はPC8位山峠はありません。

B8


高山のコンビニでガッツリ補給して9時すぎリスタート、乗鞍へ。お天気いいし、ゲートは開いてそうだよねぇ。


ずーっとダラダラの登りが平湯峠が近づいてくると激登りも入ったりしてゲートを通る前にすでに押し歩きが入る。


乗鞍のゲートは無事通過。 通り際に管理人さんに、どこから来てどっちに降りるか聞かれたが、坂の途中で降りたら乗れないので、失礼ながら乗ったまま答える。



平湯峠がすでに標高1684mで、そこから乗鞍岳の2702mまでまだ登るとかわけわかんない。

B_norikura1

B_norikura2

B_norikura3

途中道端で休んだり、何度も押し歩きながらやっと畳平に到着。 お天気に恵まれて景色は良かった♪ 景色を楽しんでいる余裕はなかったけど。 

今回が乗鞍発登頂。 ずーっと憧れだった乗鞍だけど……嫌いになりました(+_+)



PC9乗鞍岳 9/10 15:01

B9

おなかもすいたのでラーメン食べたいなぁ と思ったけど、麺類はそばとうどんだけだったので天ぷらうどんをいただきます。

B9_2

天ぷらはあまり好きではないけど、素うどんとこれしかないから仕方ない。 でもおいしかった~♪


15時半を過ぎると閑散としてきた感じでなんとなく日も陰ってきたし、早く降りなくちゃいけない雰囲気満載。 松本方面へ長い長い下りが始まる。

一般車もいないし、長元坊さんの教えをああだったかな?こうだったかな?と試すには絶好の条件。 

途中で休憩しないと下れないし、カーブの途中でブレーキかけてしまう癖は相変わらずだけど、ブラケットの上から効かないブレーキを握りしめて固まっている状態からは卒業できたかな? 人差し指でブレーキ引くので骨折した指がだんだん痛くなってきたけど。



R158に出たら、たびたびトンネルが現れる。車も横を走っているし、トンネル狭いし怖~いっ。

以前バスで上高地まで行った時に通ったトンネル内で分岐がある所も通るのかと戦々恐々としていたが、さすがにそこはもっと上だったようで、今回は通らずで助かった。


松本市街地に入ると車が多くて走りにくいし、下界は暑い。


明るいうちに着きたかったけど、PCの石碑(「土地改良総合整備事業神田地区 竣工記念」石碑)どこ~??



PC10南松本 9/10 18:32

B10

このへん? とキョロキョロしてみるが、ほんの数十メートル先にあったのに、暗いとお初のオブジェは見つけづらい。



抜け道なのかな?やたらと車の来る道を延々登る。松本や塩尻の夜景(帰ってから地図確認)がとてもキレイだったけど、どこだかよくわからん天空の道は勘弁して欲しいなぁ。


R20に入ってお馴染みの塩尻峠を越えて岡谷へ。



PC11岡谷湖畔公園 9/10 20:48

B11

近くはたびたび通っているけど、お初の場所はやっぱり捜さないとわからない。


さて、この先標高の高い所に上がる前に仮眠しておいた方がいいよなぁ でもそんなに時間はないので2~3時間くらい? すぐ先のルート上に日帰りお風呂とネットカフェがあるけどどっちにしよう? お風呂は22:30終了なのでネットカフェかな。


日付けが変わる前にリスタートはしたけれど、登る前に諏訪大社下社秋宮手前のセブンで補給と補給食調達。



真っ暗な急坂を登り始めたが、やはり途中から押し歩き。 登らされるのは覚悟していたけれど、ここどこ~??


キューシートの項目を一つ見落とし、GPSの地図も暗くて見づらくて、あれ?蓼の海公園見落とした?? とムダに急坂を戻ったり登り返したり…。 暗いと知らない所はホントわからんわ。



PC12蓼の海公園 9/11 01:56

B12

すっかり時間がかかってしまったが、PC到着。横のトイレが電気までついていて輝くインペリアルホテルに見える。



暑い暑いと言いながら登っていたのだが、途中からすごい霧と冷気で、さすが霧ヶ峰は霧だよなぁなどとふざけている場合ではない。 とにかく霧で真っ白なのだ。



ヤバイ
ヤバイヤバイ!! このまま進んではいけない!!



お化けが出そうで怖いとかいうのではない、あれは本能の声? 先に進む気持ちに猛烈にストップがかかる。どこかに避難しなくては。 この先に霧の駅があったはずなので、とりあえずそこへ。


霧の駅へ行っても閉まっているから軒先くらいしかないだろうし寒さをしのげるかどうか? とりあえずトイレに行ってみたら多目的トイレがあった。


占領するのは申し訳ないが、こんな時間に利用する人もまずいないだろうし、来たらどけばいいかと自転車ごと避難して鍵をかけて人心地。



なめていたというより忘れていただけなのだが、標高の高い所を甘く見ていたと横っ面を張られような気持ち。まだそんなに寒い季節ではないけど標高の高い所でしかも夜というのはとてもリスキー。


この先、白樺湖までは走ったことがあるが、これ以上の避難先が思いつかないので、明るくなるまでこのままここで過ごすことにする。 さすがに寒い。



うとうとしたりしながら結局2時間くらい過ごしたようだ。外はまだ霧で真っ白だが明るくなってきたので5時過ぎリスタート。 メリノウールのアンダーウェアを持っていたことをすっかり忘れて寒さに震えていたが、ここで着込んでウィンドブレーカーとレインウェアも着込んで出る。

霧の駅の自販機には温かい飲み物があって嬉しい。

B_kirinoeki


さすがに月曜早朝のビーナスラインには車がほとんどいない。

白樺湖まで下ったら霧がなくなった。もちろん白樺湖のローソンはまだ営業前。


大河原峠は行ったことがないのでどんな所なんだかわからない。知っていたら霧の駅で長逗留しないで進んだかもしれないけれど、今回の選択はあの場でできる精一杯だから後悔はない。



気持ちのいい高原の道を登る。どこまでも登る。ほんとにもうどこまで登るのよぉ~。 とは思うが大河原峠は標高2093mらしいからそりゃ登るよな。



PC13大河原峠 9/11 07:36

B13

初めて来たけどここは登山口なのね。車が何台も停まっていた。


さてここから長い下りを下ったらメインイベントはほぼ終了? その長い下りを一気には下れないんだけど。。


もう少しでR141?と思うあたりで、何かの施設を作っているようで道路が数百メートルにわたって広範囲にドロドロな場所があり、自転車ドロドロ。前をゆっくり走るトラックに行く手を阻まれてスピードダウン。 うぅ~、急いでいるのにぃ~。


PC14佐久市野沢 9/11 08:36

B14

残りは野辺山を越えて60km弱。ほぼ3時間20分で行けるか? ギリギリで行けなくないかもしれないけれど…。


いつも通るのは夜が多いので知らなかったけど、佐久から清里へのこの道(R141)、平日昼間は結構トラックが多い。 道幅が狭いので後ろにつかれたら結構辛い。ムリな抜き方をするトラックはあまりいなかったので助かったけど、道をふさいで申し訳ない感じ。向かい風もきつくて途中から雨も交じってきた。 うーん。ギリギリ間に合わない感じかも?


諏訪から後、途中で補給食は食べたけど、おなかもすいてきたのでこのまま頑張るのはどうだか。 メリノウールのアンダーウェアは下界では暑いので脱ぎたいし。



ここはもうツーリストに切り替えて、コンビニに寄ってゆっくり休憩して安全にゴールを目指すのが得策かな。

ツーリストでいいやと思ったら、気持ちが切れてそこから時間がかかることかかること…。



PC15 ゴール小淵沢駅 9/11  13:18

B15

63時間18分かけてSR600NihonAlpsの旅終了。 申請はツーリストで。



1時間18分くらいどっかでなんとかできなかったのか? という気がしなくもないが、これが実力だから仕方ない。


通行止めで今年は開催できないところを迂回路を作って開催してくれた主催者の心意気に感謝して走りました。まぁあの迂回路ではさすがに恨み言が出ましたが。。



このコース、体力・気力以上に運がとても必要。まず乗鞍が通れるかどうかが明暗を分ける。今回乗鞍だけでなく宿のことも含めて、幸運の女神が何度も微笑んでくれたのに、ちゃんとものにできずで不甲斐ないけれど、最後まで走れたから満足。



時間はかかったけど、ゴールまで走りきれたことに感謝します。ありがとうごさいました。

SR600Nihon Alps その1

SNSでつぶやいてしまったらそのままブログ記事を書く気が失せて放置しまくりのブログですが…。

それでも書き残したくて書きかけのままで放置になっている記事がいくつもあるけれど、これはまぁ置いといて。ホヤホヤの記憶が消えないうちにSR600NAを最後まで書けるかな?

2017.9.9 0時スタートでSR600日本アルプスを走ってきました。

Namap_3

獲得標高1万メートル以上の山岳パーマネントコースのSR600、現在Fuji、日本アルプス、
北関東、四国山脈の4コースがあり、制限時間があるランドヌール部門と1日に規定の距離以上をを走れば時間に縛られないツーリスト部門がある。

私の脚ではランドヌールで走れるのはFujiのコースくらいだと思っていたけれど、今年から規定が緩くなって制限時間が60時間になったので日本アルプスをランドヌールでエントリーしてみた。

今年日本アルプスを走ってみようかなぁ となんとなく思っていて、走るなら日の長い7月に走りたいと思っていたのだけれど、山の冬季通行止めが解除になってもエントリー受付が始まらず、主催者にメールを送ってみたけどお返事なく…。(コース途中に通行止めがあり、走れないのを調べずに問い合わせてくんなよボケってところだろうか)


7月も半ばすぎてから通行止め部分を迂回するコースを作ったからエントリー受付開始するよ とアナウンスがあり、受付が始まったのだが、その頃は6月のブルベ中のアクシデントで左手人差し指を骨折した後で、走れるのか心配だし日も短くなるし、すっかり走る気が失せていた。
でも走りたくなってもエントリーしていないと走れないし、とりあえずエントリーはしておいた。パーマネントコースなのでスタートしなければブルベカードは有効らしいしね。


準備は一応しつつ、行く気がしないなぁ と実は1週間前まで迷っていた。1週間前に諏訪湖600のスタッフ試走をしつつも、行きたくないなぁ と。 一部コースが被るので夜の茅野で暗い中杖突峠方面への分岐を眺めて ないなぁ と思ってた。 
台風でも来ないかしら?そしたら行かない言い訳にできるのに と本気で思ってはいたが、諏訪湖600の試走が終わった後、やっぱり走ろうという気になってきたから不思議なもんだ。
9月8日(金)は通院日で午後はお昼寝できるのでこの日にひっかけて走ることにしていた。パート先が5日間連続夏休み取得を推奨しているのでここに持ってくれば火曜日まで休める。ギリギリ60時間かかっても月曜日の昼なので火曜日はお布団とお友達♪作戦。
 

2017.9/9 00:00
PC1小淵沢駅スタート

B1

今年から新しくなった小淵沢駅は駅前はまだ工事中だがとってもキレイ。 ここから暗闇の中へ走り出す。

R20に出て、なんか先週も走ったよなぁ と富士見峠を越えて杖突峠方面へ。う~、真っ暗。


高遠でちょっとコースから外れてコンビニ休憩。以前に亀太郎の合宿で走ったことがあるので高遠にコンビニがあることもこの先の登りもどんな感じだったかなんとなく覚えているからありがたい。

コンビニでオフロードのオートバイを軽トラの荷台に積んだおにーちゃん?おじさん?二人組に「自転車で??」と声をかけられる。 夜中に自転車で一人で走っているなんて頭おかしいと思われてるんだろなぁ。

リスタートした後、真っ暗な山道を走っていたら、さっきの軽トラが追い抜き際にプップッて合図をしてくれた。誰かと走りたいとは思わないけれど、出会った人とのちょっとした交流は嬉しい。


PC2分杭峠 9/9 04:26

B2_2

ちょっと行き過ぎて慌てて戻る。 PCの看板は道路からちょっと入った所なので亀太郎の合宿で行っていなかったらなかなか見つけられなかったかも。 日の長い時期ならそろそろ夜が明ける頃だろうにまだ真っ暗。


真っ暗な分杭峠で止まるのは嫌だったけど、ここでGPSの電池交換。

いつもは惜しげもなく替えられるエボルタくん(充電池)愛用なのだが、先週の試走途中で買い足したアルカリ電池が入っていて、スタート前に見た時は容量フルだったので、そんなはずないよなぁと思いながら走り始めてしまった。こんな暗いところでバッテリーの容量がなくなったって言われてもなぁ。。

電池交換中、シカはキュッキュッ鳴くし、変な鳴き声はサル? フクロウも鳴いてるし…。動物王国真っ只中な感じ。ひえぇぇ~(´;ω;`)ウッ…


大鹿村とはまさに名の通り?鹿多発。 ったくなんでシカは道路を横切る時ダッシュするかなぁ 当たったらあぶないぢゃん"(-""-)"


しらびそ峠に向けて登り始める頃にはすっかり明るくなっていた。


PC3しらびそ峠 9/9 08:05

B3

亀太郎の夏合宿の時は押し歩いたハイランドしらびそまでの激坂もなんとか乗ったまま登ることができ、下栗の里へ下る。


ケガの後、元々苦手な下りがますますダメダメで、今年の亀太郎の合宿でこれはマズイと思い慌てて長元坊バイシクルツアーズさんに駆け込んだのは実はSR600を走る予定があったから。長元坊さんで上田をツアーライドしながら安全に下るヒントを教えてもらったので、今回嫌ほど下るから実践練習(^^;

獲得標高が1万メートル以上ということは、同じだけ下るのだから、ああでもないこうでもないと下りの練習し放題。


R152に出たら天龍村の迂回路までずーっと道なりまっすぐだと思っていたら、トンネルに入った所で あれ?ルート外れた?? とは思ったものの、トンネル内で位置確認できず。

トンネルの向こうまで行って2km?ほど戻る。バイパスのトンネルができていて旧道は右方向に逸れなければならないらしい。

B_r418_3

キューシートには確かにR152・R418とあるので私がR418への分岐を見落としたのだろうけど、コース決定時になかったバイパスができて道路状況が変わるの困るなぁ。

後で地図を確認したら、トンネルをまっすぐ行っても先でルートに復帰できるけど、その時はR418へ右折することになるので、キューシートだけでは間違えるかも。


天龍村へのK1は現在片側通行で通れるようになっているけど、通行止めのPC8位山峠をなくすので今年は迂回路が正式ルートになる。

登れる人ならさっさと登ってしまうのだろうけど、どこまで登ってもピークに着かない登りをひたすら押し歩く。 短いからすぐ国道に出て自販機で補給できるだろうとと甘く見ていていたらボトルの水がなくなった。こーいう時に限って湧き水もないし、ボトルの底に残った水を少しずつ舐めてなんとかしのぐが、干からびそう。 ムダにハァハァしたら水が必要なので、押して押して押し歩く。


やっと下りになったが、こちらもかなりの傾斜。こんなとここそ下ハンドル…とは思うが、傾斜がキツくて持ち替えられず。

そろそろと下っていたら、後ろから同じくSR600のフレームバッチをつけたランドヌールが現れる。お名前を伺い損ねたが、2時スタートだそうで、この先もっとエグイ所があるから危ないと思ったら降りて押した方がいいですよ~。と言い残し、軽やかに去って行った。

えぇ落ちてる石ころで後輪が滑ったところでさっさと降りて押しましたよ。下りだけど。


やっと普通の道に出たけど集落の中の道なので自販機ないぃ~( ノД`)


PC30阿南町 9/9 12:55

B4

他にもここは中国かと思う怪しいオブジェ多数

B4_2

B4_3

このどれかと記念撮影するのがミッション。ドラえもん?と撮ってる人が多いかな。

集落内の激坂をまた登らされたりしつつやっとR151。 ここは興津600で何度も通った道。いつもは暗くなっているけど、明るい時間に通るのは初めてかも? しかしすぐには自販機ないなぁ。。


コンビニに寄ろうと思っていたけれど、最初に目についた食堂?が営業中だったので入ってみる。

時間もお昼時間をはずしているし、常連さんなのかご主人なのか新聞を読んでるおじさんはいるが、営業はしているらしい。

大盛冷やし中華を頼んで、ピッチャーごと下さいとお願いして水をガブガブ。ボトルにも入れたらあっという間にピッチャー空っぽ。 「まだあるからね~」とおばさんが親切に水いっぱいの新しいピッチャーを持ってきてくれた。 さすがにそんなには飲めませんが…。

大盛冷やし中華いただきます♪

B_chuka

渇きと飢えを癒して生き返った!!


興津600では暗くなってからしか走ったことのないR151だが、昼間はまた様子が違って車も多いなぁ と思いつつ、よくPCに使われていた東鼎のサークルKがファミマに生まれ変わっているのを確認しつつ立ち寄って飯田駅へ。


PC5飯田駅 9/9 15:33

B5

コンビニや大手チェーン店が駅前に全くないことに驚く。 お店がないわけではなく、なんだか昔ながらのお店が軒を連ねるのほほ~んとしたのんびりとした雰囲気が漂う駅前だった。 さっきコンビニに寄っておいてよかった。(この少し先のコース上にコンビニがあるのは知っていたけれど。)


大平峠に登り始める。 ここは伊勢1000の時に通ったよな。

大平宿には宿泊施設もあるようで、そこだけ車もいっぱい停まってた。


なんか前方が暗いなぁ と思っていたら…。

大平峠を前にして突然の大粒の雨!! 慌ててレインウェアを着込んだけれどいきなりのゲリラ豪雨状態。 今日の天気予報で雨降るなんて言ってたぁ??


PC6大平峠 9/9 18:04

B6

大平峠からの下りが眠いのは伊勢1000の時と同じ。

下ったら雨が止んだようなのでレインウェアを脱いだらまた降ってくるのはお約束。

道端でレインウェアを着ていたら通りかかった車が「どこまで行くの?」 「下呂? ムリムリ乗ってきな」と親切に声をかけてくれるが、ここで乗ってしまってはゲームオーバーなのでお礼を言ってお断りする。


眠くなってきたので道の駅に寄ったり、コンビニに寄ったり…。

コンビニから出る方向を間違えて、ゆるい登りとはいえ、せっかく登ってきた道を3kmほども豪快に下ってしまった。また登るのに時間がかかるぅ~。

コースは色を変えてあるのでGPSでルートから外れたらすぐ気づくのだが、逆方向に走ってもコース上なので気づけない痛恨のミス。 めったにミスコースしないし、いつもは間違えても数百メートルくらいで気づくのに今回はミスコースが多いなぁ。


下呂の10kmほど手前でまた降ってきたぁ~(泣)


PC7下呂駅 9/9 23:50

B7

今日は下呂まで。


最初の予定では高山まで行くつもりでホテルを予約していたのだが、どう計算しても私の脚では高山に着くのは明け方になってしまうようなので、スタート前日に恐る恐る下呂駅前のホテルに問い合わせてみたら泊まれるということで、急きょ部屋を押さえた。

ただ遅くまでは営業していないようで、「夜中12時頃までなら起きているけれど…」という話なので、「途中で連絡入れます。なるべく早く着くよう頑張ります。」ということでお願いしていたのだ。 

走り始めて最初のうちは、意外に早く着けるかも? もしかしたら高山まで行けたかも?とか思ったものだが、何のことはない、日付が変わるギリギリに到着。


途中今ココの連絡を何度か入れ、雨に降られてしまったので古新聞をわけて欲しい旨伝えておいたら、大量の新聞紙と汚してもいいタオルまで用意して待っていてくれた。

「先に温まっておいで~」 と宿帳書く前にもう終わっているのに電気をつけてお風呂まで使わせてくれる親切対応。 下呂のお風呂だから温泉♪

客商売とはいえ本当に申し訳ないし、ありがたい。ビジネスホテルプランタンさんにはたいへんお世話になりました。 こんな客ばかりでは迷惑だろうけど。。



ブルベ中に事前に予約しておいた宿に泊まるなんて初めてかも(^^;

隣の部屋からかすかにいびきは聞こえるものの、完全個室で布団に寝るって素晴らしい!!

 

早く寝なくちゃ。おやすみなさい。

 


つづく

« 2017年3月 | トップページ | 2017年10月 »

twitter

無料ブログはココログ