2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« BRM1006近畿1000km 徳島 四国一周 その5 | トップページ | 2017年 今年走ったブルベを振り返る »

2017年10月20日 (金)

BRM1006近畿1000km 徳島 四国一周 その6

ゴールしたのはいいのだが、ゴール受付は眉山を登ってかんぽの宿徳島の会議室まで行かねばならない。 これから眉山を登るとか意味わかんない。。(主催者曰く、ちゃんと意味あるそうです。)


最初こそ乗って登り始めたものの、あまりの激坂に降りて押す。

Dsc_0864



結局2/3は押し登って、最後に緩くなってからまた乗って、かんぽの宿に到着。

Dsc_0865


無事ゴール受付を済ませ1000kmメダルをGET!

Dsc_0867

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

長丁場を支えて下さった主催者をはじめスタッフのみなさま、途中ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

ゴールした時点ですでに全ての記憶が楽しい記憶に上書きされてしまったようだ。



眉山からの下りも当然激下り。 長元坊さんの教えに従って下ったら、そんなに怖い思いもせず楽に降りられた。


ゴールにいたまきよさんたちにご挨拶してホテルへ。

早く着いたらアーリーチェックインを…? とか心配したけれど、何のことはないちょうどいいチェックイン時間になってしまった。


さすがに後泊は上の階o(*^▽^*)o

Dsc_0876


デビルマンも眼下によく見える(笑)

Img_20171010_072410_2


下から見上げるとこんな感じ。

Dsc_0877

ホテルに入る前に自転車用のウェットティッシュで拭き拭きしたので概ねキレイな状態で部屋に持ち込み、まずは輪行準備から。 自転車の準備が終わってからお風呂に入って自分自身もキレイにしてから晩ごはんを食べに出かける。


駅までの間に何軒もあるビストロも気になったけど、スタート前に食べ損ねたうどん屋の姉妹店が駅前にあるようなので、そちらへ。 

うどん県ではないけれど、やはりうどんは食べたい。

Dsc_0872

全国に広がった丸亀製麺のおかげで購入システムのとまどいは少なかったけど、天ぷら食べる出汁が欲しいって言ったら有料で出汁がなみなみと注がれたどんぶりが出てきた。

そーいえば、天ぷらはテーブルのだし醤油を掛けるんだったかと思い至った時はすでに遅し。 だし巻きたまごは美味しかったけど、ついあれもこれもと取りすぎ。 うどんも中盛りで頼んでしまって、こんなに食べ切れる気がしない。

ブルベ中はガッツリ食べるけど、走り終わったらそんなに食べないのに。。(ブルベ中の補給が十分なのでブルベ腹はない)

帰りにたこ焼きを買って帰るのをあきらめ、ちょっと時間がかかったけど、なんとかきっちり完食(*^^)v



翌朝はホテルの朝食バイキングをササっと食べて、駅地下へ。

Dsc_0880

和田乃屋さんの滝のやき餅 焼きたてでいただきました。

Dsc_0882_2

美味しかった~♪



これにてBRM1006近畿1000km徳島 四国一周 終了(*^^)v

ありがとうございました。

« BRM1006近畿1000km 徳島 四国一周 その5 | トップページ | 2017年 今年走ったブルベを振り返る »

コメント

悩ましかったよなあ。
これ最後まで読むと”なんでエントリーしなかったんだろう!?”って悔やむんだけど、やっぱり伊勢だわなあ。。。
って、すんなり認定取れてりゃ格好いいのにまた認定外だし。
わたしの秋は伊勢のためにあるのかもという気がしなくもない。

でもさすがですね。
アレだけの悪天候スタートでもきっちり完走してしまえるあたり凄いわ、ホント。

>とり。さん

四国1000は発表された時点で、今年は絶対コレ走りたい って思ってました。
まぁお財布事情はそれどころではないのですが、無期限家庭内ローンって怖い(^^;)

走りたい気持ちの中に祖父の家の近くを通れるかな?寄ってみたいな? という気持ちが大きかったので、時間なかったらやめとこうと思いながらも寄り道できてよかったです。

スタート時間が遅い分四国勢の中では一番お天気ましだったんじゃないかな? 夜にはキレイな月が燦然と輝いてたし。 書き漏れましたが、足摺岬手前で月光に照らされながら(荒れて)打ち寄せる波を上から眺めるのはホラー映画の中に入ったような怖さはありました。

信号ストップ少ないし、峠もほとんどないし、楽しい1000kmだったと思います。完走率も高かったんじゃないかな。 ま、1000km走ろうって方々はそれなりに走りますよね~。

今回は根性旅のみならずノスタルジックツアーでもあったようで、行けて良かったですね。
おじ様も最近親の実家=祖父母の家が人手に渡るということがあったので、その想いはわかるような気もします。
そういえばけーこさんのご出身校もなくなって廃墟になってるような・・・

それにしてもジャージの中に落とし物した以外はなんかフツーの人の紀行文を読んでいるようで、らしくないなぁ・・・

>星のおじ様

いつも普通の紀行文のはずですが、何か問題でも?"(-""-)"

高知の祖父の家、毎年遊びに行ってたのは小学校の時くらいまでだったと今回気づいて愕然としました。 え~?うちの子たちより小さいの?? と。そのうちの子たちすらすでに成人しているという驚きの事実。

出身校って大学? 夫の大学に統合された後、住宅地になったと聞いてますが、廃墟でまだ存在するんですか?? 入学当時は夜中にコッソリ仁徳天皇陵のお堀を渡って古墳を見てみたいと思っていたものですが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM1006近畿1000km 徳島 四国一周 その5 | トップページ | 2017年 今年走ったブルベを振り返る »

twitter

無料ブログはココログ