2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2017年 今年走ったブルベを振り返る | トップページ | Around Hokkaido 2400km その2 »

2018年9月 1日 (土)

Around Hokkaido 2400km その1

リュウさんとみぃさんにそそのかされ、とり。さんに触発され、揺るぎないヨシダさんの姿勢に背中を押されてエントリーしたAround Hokkaido 2400km、無事に走りきることができました。
ありがとうございました(*^^*)

------


2018年の夏は北海道でどえらいイベントがあるらしい と前々からささやかれていた北海道2400km&クローバー1200km。

2400は8/10 06:00帯広スタート、8/19 05:11音更ゴールクローズ

1200は8/15 06:00音更スタート、8/19 00:00音更ゴールクローズ

2400は北海道の形にぐるーっと走って2400km。主催者からはノーサポート、ノードロップバッグ、ノーオーバーコントロールなので(実際には車2台でスタッフのおふりがコース上あちこちをずーっと巡回して下さったけれど)、道中のドロップバッグも宿泊も自分で手配しなければならない。

2400_3

クローバーはオーバーナイトコントロールの音更の宿を拠点にクローバーーの形に1200km走るもの。

1200day_3

北海道を地図の形にぐるーっと走ってみたい気持ちはあるけれど、2400なんて途方もないし想像もつかない。 現実的なのはクローバー1200?(その1200だって完走できる保証はない) 来年のPBPエントリー優先権もかかっているので、可能性の高い方を選ぶのがいいのかなぁ?

他にもいろいろ思い悩むことがあって、私ってこんなにメンタル弱かったっけ?と思うほど昨年の末頃は鬱々としていた。
一応どちらでも対応できるよう、飛行機は両日程で事前に押さえてはいたけれど。


エントリー直前のブルベでヨシダさんに会った時、「どっちにエントリーします?」と聞いたら、「そんなの2400に決まってるでしょ」と即答。

そりゃそうだよね。認定とかいろいろ姑息なことを考えず、どうせなら走りたい方を走ればいいや。 いろいろモヤモヤしていた迷いがスーッと消えていった瞬間。

これで腹は決まった。距離はわけわかんないけど、どちらかというと北海道の形にぐるーっと走ってみたい。



傍らに電波時計を置いて臨んだエントリー。質問項目に「昨年走った600km以上のブルベ名は?」とあって、慌てて隣の部屋に放置してあった少し前に届いた去年の徳島1000のブルベカードを捜しに走った。 600はいくつか走っているけど、日時とか名前なんて覚えてないし~。

無事エントリーを終えて、1200は瞬殺で埋まったろうなぁ と1200のエントリーサイトが部屋タイプごとにキャンセル待ちオンパレードなのを確認。その瞬間、ishimaさんの「2400終わった!!」の呟きを見た。 うそぉ~!!! こんなあほな距離そんなにすぐ埋まるん???

どうやら1200は3分。2400は4分で終了したらしい。


無事エントリーできたら、後は準備して走るだけ。
時々一緒に呑んだりする仲間を集めて勉強会と称する会をリュウさんが開いてくれて、コースの様子、宿泊地や持ち物など貴重な情報をもらえたことは感謝の極み。

今回は私には珍しく全部の宿を事前に押さえて、2日分ずつセルフドロップバッグを送り付けた。



さて、いよいよ出発間際 ってところでこともあろうに台風が関東直撃コースでやってくるとは…。

ANAからも『天候不良が見込まれるので手数料なしで払い戻し&早割りチケットも1回に限り変更可』のお知らせメールが届く。 台風の実際の進路や速度はどうなるかわからないけど、航空会社も直撃欠航の方向で動いてるってこと?

えー?飛行機飛ばなかったら行けないかも。戦う前にDNS? とか思っていたら、お仲間のみなさんは、新幹線だフェリーだ となんとしてもスタートに立とうとあれやこれや手を尽くしているのがSNSで伝わってくる。

そうだよね。スタート地点に立てなかったら今まで準備したことは何の意味もないよね?
かと言って、新幹線やら今更手配するのは…。 と、ここで仕事上で大きな責任のないパートの反則技、どうせなら前倒しにして飛んじゃえ~!!

幸いこの時点で前日(8/8)の便には空席がまだ数席残っていた。慌てて昼便を押さえたものの、振り替え方がよくわからなくて、とりあえず一旦ノーマル運賃でカード支払い。(後で空港カウンターで返金手続きをしてもらえた) 帯広の宿も前泊後泊とは違う宿だけどなんとか押さえることができた。

あとは長期お休みでひんしゅく買ってるに違いない職場にひんしゅくついでに前倒しさせてもらえるようお願い。もう『ごめんなさいっ!!』で済ますしかない。


<8.8(水)>

台風等天候不順が見込まれるとタクシーが予約できないのを今回初めて知った。

『約束の時間に配車できないかもしれないので』という理由で当日であっても予約を受けてくれない。 走っていないわけではないので、早めに「今から乗るからタクシー寄越して」って言えば、待ち時間はあるけど、空いてるタクシーがあるなら頼むことはできるけど。

最寄り駅からの空港バスは自転車積み込みを前に断わられたことがあるし、時間的にも何があるかわからないので自転車の入ったOS500を担いで電車乗り継いで羽田空港へ。


台風の進み具合が予想より早くて前日の方がヤバイんじゃないかとドキドキしたが、一応なんとか飛んだ。(1日3便の羽田-帯広便、8日の夕方の便は天候不順で欠航になった。)


実際台風の進み具合が早くて元の8/9の昼便も予定通り飛んだのだが、そんなのあの時点ではどうなるかわからないから、一日前倒しで飛べたことはラッキーだとしか思えない。


エントリー峠も高かったが、スタート峠も厳しすぎる。


お顔は見たことあったけど、ご挨拶するのは初めてのこうもりさんと飛行機一緒で帯広までの空港バスも一緒だった。 ん~、私はお顔を存じているくらいなのに、あちらはこちらをご存じなのってなんだかなぁ(^^;


ホテルにチェックインしたら帯広フリータイム。
まずは元祖豚丼のぱんちょうの豚丼を食べに行く。 夕方早い時間だったので待ち時間なしで入店。

20180808170258_5

一番多い7枚盛りの『華』いっときます♪


その足で六花亭本店(あまりにも奥ゆかしすぎる店構えで気づかず前を素通りしてしまった)へ

Dsc_2611_2

喫茶室は時間外で閉まっていたが、店内の一角に購入してそのままサービスコーヒーで頂けるコーナーがあって、作って3時間限定のサクサクパイとマルセイアイスサンドをいただく。

20180808175704_2

サクサクパイめちゃんま~♪



夜はホテルのサービス夜泣きそばをいただいて、帯広食べまくりの1日を終える。

20180808213436_2



<8.9(木)>

ゆっくりチェックアウトしてホテルを移動。

前後泊の東横INN帯広は部屋に自転車を入れさせてくれないので、ロビーの片隅を借りて自転車を組み立て、夕方のライダーズミーティングまでぶらぶら。

帯広駅で到着したishimaさんに出会ったり、ishimaさんが赤カメラくんの到着を待つ間、MZさんと二人がかりで今回のスマホを使ったトラッキングソフト?の入れ方を伝授してもらったり…。(せっかく入れたのに、スタート前にいじって非表示にしてしまったようなので、めんどーなのでそのまま)


とりさんに教えてもらった帯広駅のぶたはげの豚丼食べたり

20180809123213


ishimaさんに教えてもらったクランベリーのポテトセット食べたり…。

20180809132108_5

めちゃんまっ♪  今まで食べたスイートポテトの中で一番おいしいと思う( *´艸`)



夕方小雨ぱらつく中、ライダーズミーティングと車検が行われるとかち館へ。


車検が早く済んだから、一旦ホテルに自転車を置きに戻ってライダーズミーティング。

Dsc_2628


ブルベカードが長~い(@_@;)

Dsc_2626


ライダーズミーティングの後は距離感の壊れたみなさんと楽しいひと時。

Dsc_2629_3




つづく

« 2017年 今年走ったブルベを振り返る | トップページ | Around Hokkaido 2400km その2 »

コメント

おおお、怒涛のBlog更新!

そうだ!
クランベリーのスイートポテト食ってねぇぇぇぇ!!!

>11月のキロさん

最近は残しておきたい長いのしか書かなくなってしまったけど、自分の備忘録でもあるので(^^;  
ホントは走ったブルベ一つ一つ書きたいのだけど、立て続けにエントリーしているとブログ書いてると次の準備が間に合わないんです~。

>とり。さん

めちゃくちゃ美味しいスイートポテトでした(*^^)v
帰りの帯広空港で今回メロンととうもろこしを食べるの忘れたことに気づいた私。あうーん(T_T)

あ、更新されている。
油断していた・・・

>星のおじ様

ふふふ。

最近ブログのために写真を撮らなくなってしまったので、写真に紐づけられた記憶をあてにして書けなくて、記憶が鮮やかなうちに一気に書いて一気にアップです。

地図は★を押せば別ウィンドウで開くようにしたつもりなのにできてないとこがあったり、言い回しが二重になっているとこがあったり、修正したいところもありますが、とりあえずはこのままで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年 今年走ったブルベを振り返る | トップページ | Around Hokkaido 2400km その2 »

twitter

無料ブログはココログ