2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Around Hokkaido 2400km その4 | トップページ | Around Hokkaido 2400km その6 »

2018年9月 1日 (土)

Around Hokkaido 2400km その5

<8.17(金)>

羅臼リスタートは5時だったか? 今夜の宿も一緒なので今日は一緒に走りましょうとヨシダさんと一緒にリスタート。

まずは開陽台を目指す。 


Photo Check7 「Café Kiyodai」の看板

Dsc_2718

展望台に登っている所へタカトリさん登場。 昨日は隣のホテルだったらしい。


タカトリさんの応援にやってきた静岡のまこ母に撮ってもらった写真をタカトリさんとこから拝借。

Fb_img_1535112263175

地球が丸い(*^^*)


しかしまぁ、ホントに昨日の夜来なくて正解。(元の予定では午前中に知床峠を越えて、開陽台は午後通って、根室に泊まる予定だったのだが…。)


中標津のホテルでヨシダさんがドロップバッグの入れ替え返送をしている間、タカトリさんとホテル近くのセコマで休憩。


ヨシダさんがやってきた所で私も根室のホテルでドロップバッグの入れ替えと返送があるので先行させてもらう。


根室半島に近づくにつれ風がますます強くなる。 昨夜は台風並みの嵐だったと聞いたのであのまま根室のホテルへ強行しなくて本当によかったとつくづく思う。


PC8 セブンイレブン根室敷島町店

Dsc_2734


少し前から気づいていたけど、サドルが剥けた画像もここでアップしたっけな。

Dsc_2735

サドルがめくれたの~(T_T) お尻の皮はまだ全然大丈夫だというのに。。 連日の雨のせいよね? でもサドルってこんなにチャチかったの??


PCでSNSを見て、ヨシダさんの落車骨折を知る。ショック。 なかなか追いついてこないなぁとは思っていたけど、まさかそんなことになっていようとは。。一緒にいたタカトリさんが病院に付き添ってくれたらしい。


爆風のホテルの玄関先でドロップバッグの中身を入れ替えるも何か飛ばされそうで押さえるのに必死。ドアの内側で作業させてもらえばよかったが、昨夜キャンセルしているしなんか申し訳なくて外で作業したのが間違い? 根室に泊まるの楽しみにしていたのに残念。


ヨシダさん、タカトリさんと一緒に根室のどりあんのエスカロップを食べようと話していたので、ショックで寄る気になれず(タカトリさんはしっかり食べてきたらしい)、そのまま先へ急ぐ。

20180901_060010

もう爆風すぎて時々飛ばされそうになりながら納沙布岬到着。


Photo Check8「望郷の岬公園」門碑

Dsc_2737


ここまで来たら、一応納沙布岬の碑もね。

Dsc_2739

もう風が強すぎて、一刻も早くここから離れたい。 …なのに、シャッターを押してと現れた男性がいて、 「え? 私が押すの??」「もうこのカメラどこ押せばいいかわかんないっ!!」と半ば切れ気味に対応したのは申し訳なかったか? もうとにかく全力でここから離れたかった。


早く根室から離れたい一心でトイレに行きたい気がしていたのにコンビニに寄り損ねたまま気づいたら根室の市街地から出てしまっていた。


『北海道、どこにでもあると思うなコンビニと自販機』を再度噛みしめることになろうとは…。結局浜中町のルパン三世近くのセコマまでコンビニ(=トイレ)なかった。


どこだろう? 途中の夕焼けがキレイだった。

Dsc_2747


暗い中、また海岸線のアップダウンが続く。あぁもういい加減にしてほしい。

集中が切れて何をどうしたのかわからないが、下って登る所で突然クランクが回らなくなった。

え? 何?? 枝でも巻き込んだ???  暗いし自転車を立てかけるような場所もないが、ヘッドライトでクランク回りを確認してみる。

特に枝とか巻き込んでるようでもないし…。 クランクは回らないがホイールは回る。


何? 何?? なんだろう???

よくよく見てみると…。 ん? なんかチェーンの位置おかしくね? とりあえず立てかける所を探して目の前の登りの途中にある看板の前まで押し登る。


看板に立てかけて再度チェック。 どうやらチェーンがスプロケの外側に落ちかけていたようだ。内側に落としたことはあるけれど、外側に落とすって何をしたんだろう??

とりあえずチェーンの位置を戻したらクランクも回るようになってホッとした。

真っ暗な中でつぶやいている場合でもないので、これは初めて書いた。


アップダウンにやられながら、やっと浜中町に着いたー!!

Photo Check9 「ルパン三世」の看板

Dsc_2749

浜中町はルパン三世原作のモンキーパンチ氏の故郷なんだそうだ。

近くのセコマにはコラボ商品のステッカーや等身大?パネルがあった。

Dsc_2750

Dsc_2752


すっかり遅くなってしまったが、今夜の宿まであと少し…の所でタカトリさんが追いついてきた。「めちゃくちゃ飛ばした~!!」 って言ってたけど、ヨシダさんの救護もしてから追いかけてきたというのにどんだけ速いねん。


一緒にチェックインできてよかった。 民宿なのでホントは20時までに入ってって言われていたのだが、ごはんはおにぎりでもなんでもいいってタカトリさんが言ってくれていたので、おかみさんがおにぎりとお味噌汁を用意してくれていた。

20180817221812

今回宿のごはんを初めて食べたかも。おにぎりとお味噌汁おいしかったー!!



<8/18(土)>

朝起きてみたら晴れているのが不思議だった。 不思議に感じるほど今回は毎日天気が悪かったのかと改めて思った。

Dsc_2753 絵画の一枚のような宿の窓


朝早く出るから、おにぎり作っておいてもらえないかとお願いしておいたら、炊飯器がセットできていなくて慌てて圧力鍋で炊いてくれたそうで、アルミホイルに包まれたまだ温かいおにぎりをいただいた。

ここで食べて行くんなら…とお味噌汁も出して下さって、夕べのごはんの残りでおにぎり作って晩ごはんと一緒に出しておいてくれればいいつもりでお願いしたのに申し訳ない。民宿わたなべのおかみさん、ありがとうございました。



シカって家畜でしたっけ??(笑)

Dsc_2755


タカトリさんが荷物を詰め直している間にどうせすぐ追いつかれるからと先行させてもらう。

気持ちのいいお天気。まぁ日が出ると暑いのでどっちがよかったのかわからないが。


なんか見づらいなぁと思ったらガーミンの液晶画面が結露していた。えぇぇ~これあかんやつやん。 一応買い替え前のを予備としてサドルバッグに入れてあるけど、あっちも動作がアヤシイしなぁ。 …そうこうするうちに結露は消えたが、今回のために最近動作が不安定になったeTrexを買い替えたばかりなのに今後大丈夫かなぁ?


厚岸の手前?の最初のコンビニに立ち寄ったらスズキさんがいた。 なんでまだこんなとこにいるんですか??


厚岸を過ぎた後だったろうか? 場所は定かではないが、後ろか聞き覚えのある声がする。

「クマが出た~!!喰われる~!!!」 と一生懸命逃げようとしたが、アッサリ捕獲される。 ひとみさんと一緒に走っていたリュウさんは遥か後ろにいて知床峠のクマストップにもひっかかたはずなのに、もう追いついてきた~!!! オダックス埼玉のみなさん速すぎる。

20180901_060501


PC9セブンイレブン釧路寿町店

Dsc_2761

ゆりぽん夫妻とマコ母、ひとみさんが応援にやってきてくれていた。先に着いていた埼玉組がPCでゆっくりしている間にちょっと先行。


最終日は釧路に泊まってゆっくりスタートして140kmを悠々走ってゴールのつもりが、浜中町スタートで80km以上プラスされちゃったなぁ。(そもそも最初の計画ではムリがあることにまだ気づいていないらしい)



最終日で気が緩んできたのか、身体もそろそろ無理が効かなくなってきたのか、やたらトイレに行きたくなって駅のトイレやコンビニに立ち寄ったり、お腹が痛くなってガソリンスタンドに駆け込んでトイレをお借りしたり…。


そんなこんなしているうちに、白糠町でいきなりバシュっと音がしてフロントタイヤがバースト(@_@)

Dsc_2763

なんか踏んだ? サイドも広範囲に擦り傷がついている。今回パンクのひとつもしないままだったのに、残り100kmになった今頃になっていきなりハプニングの神ドカーンと降臨??

ハプニングの神はとりさんのとこにお引越ししたはずで、その証拠に?とりさんは1200越えた所でリアディレーラーが壊れてギアをシングル化して走っていると聞いているけれど…。(そんな状態でもゴールまで走り切ったとり。さんすげー。)


話を戻して、

残り100kmでタイヤバーストして非常にまずい状態だけど、慌てず騒がず。

だってタイヤ持ってるもーん(*^^)v

最近はすっかりご無沙汰していているが、ずっとお世話になっているショップの店長に、「けーこちゃん、新しいタイヤに履き替えて遠征する時は古い方のタイヤを持っていきなさい。」って言われた教えを守っていてよかったー。 遠征で新調するのは限界まですり減って使えなくなったり穴が開いているわけじゃないまだ使えるタイヤでしょ ということ。

タイヤが必要になることなんてほとんどないと思うし、重いし邪魔だし…。って思っていて、今までは持って行ってもドロップバッグの中だったりしたのだが、去年の徳島1000でようさんが足摺岬でタイヤをバーストだったかサイドカットだったかした時に、タイヤあるけど中村の宿なので…と、さらに先の四万十川を遡った有人チェックで渡したことがあって、やっぱり持って走らないと意味がないなぁと思った教訓が生きた。


自分が使わなくても、古タイヤなら誰か困ってる人にあげても相手も気を使わなくて済むと思うし。 最近全然パンクしなかったのでチューブもいつから持ってるのかわかんないものばっかりだけど。。

持っててよかった古タイヤ(^^;

小学校の前でのそのそとタイヤ交換している所にタカトリさんが追いついて来てくれて、バースト箇所を特定したり、後片付けを手伝ってくれたおかげで一人でやるより早く済んで助かった。ありがとうございました。

その先も海岸線は爆風向かい風。もうさすがに全然スピードが出ませんが…。

Photo Check手前で先に行ったはずのタカトリさんと一緒になる。



Photo Check10 「十勝川河口橋」看板

Dsc_2775

最後のチェックポイント。 ここからタカトリさん、スズキさん、お名前わからないけどもうおひとりと一緒になり、途中で私が千切れたりしながらコンビニ休憩でまた一緒になったり…。

Dsc_2777

北海道は空も大地も広~い

最後は牽いてもらって4人パックでゴール!!


ゴール:セブンイレブン音更木野大通西店

Dsc_2780

2400kmなんてわけわかんないし、走り切れるとは思っていなかったけど、なんとかゴールできちゃいました。ありがとうございました。




つづく

« Around Hokkaido 2400km その4 | トップページ | Around Hokkaido 2400km その6 »

コメント

ヨシダさんの落車DNFはショックでしたね。
自分のetrexも液晶が結露してましたけど、最後まで不具合なく動作してくれたのでよかったです。
あと、クロスコートでけーこさんの完走をケーキでお祝いするために、先回りしてゴールできるように飛ばしたんですよ?www

>リュウさん

ご本人はご存じないでしょうが、ヨシダさんには精神的に何度も助けてもらっていたので、まさかの知らせにホントにショックでした。

eTrexの結露、結露が消えたらしばらくはちゃんと動きますが、その後壊れたことがあり、今回も心配しています。

世界一が生まれる瞬間に立ち会いたかったので飛ばしたという噂は聞きましたよ~ww

厚岸を過ぎた辺りでリュウさんが追いついたなら、もうちょっと頑張ったらオレも追い付けたかなとか思いつつ。
浜中を過ぎてしばらく走った琵琶浦の辺りでリュウさんにスイッチが入ってアタック始めちゃったからしばらく追ったものの気持ちが切れちゃって観光とグルメに走っちゃいましたからねえ。
お蔭で厚岸と仙鳳趾の牡蠣を食べられたので良しとします。

釧路のPCにいた時に丁度けーこさんのサイドカットの報を知って、厚岸と釧路町で寄り道しなかったら多分一時間以内のビハインドくらいで行けたはずだからタイヤ提供できたよなあとか思った記憶。
それにしても新品タイヤがあそこまで豪快にサイドカットするってのはやっぱり半睡半覚醒状態の時に縁石でやらかしたんかなあとか。
転倒に結びつかなくて何より。
っていうかあの時はてっきりタカトリさんナイス!って思ったのに
オレの感動を返せ(笑)

>とり。さん

後ろからリュウさんの声が聞こえた時、わぁ~!!もう来た!!逃げなくちゃ~!! って思ったけど、アッサリ捕獲されました。ずーっと後ろだと思っていたのになんて速いのかしら。 もちろんとり。さんも(自転車が)手負いでなければ、あちこちの寄り道ポイントに寄るたびに私が先行して、美味しいもの食べたとりさんにびゅーんっと抜かれて…を何度も繰り返したことでしょう。

タイヤのバーストは寝ぼけて擦ったとかじゃなく、あの時はしっかり起きていたし、路肩に寄りすぎたとか道に細長い溝があったとかでもないので謎なんですけどねぇ。。
だいたいキズがついているのはタイヤの右側だし。。

わぁ~、ここでそう来るか~!? って思ったけど、タイヤ持ってる自分に実はちょっと感動してしまいました。

勝手にタカトリさんに感動しているのは知らんっ。

開陽台も行ったわ。(お○っこかけてます)
定番・納沙布岬も当然。
モンキーパンチ氏が浜中診療所でレントゲン助手をしていたのは結構有名な話だと思います。霧多布はビワセ展望台からの景色が圧巻でした。(社会人時代にレンタカーで行った)
十勝川河口橋(かな?)はできる前は渡し船があったはずです。(わざわざ見に行ったし)

>星のおじ様

開陽台は一昨年?初めて行きました。今回も行ったから星のおじ様のマーキング跡が完全に消えるくらい強力にマーキング済みでございます。

モンキーパンチ氏が浜中町の出身だということを今回初めて知ったし、レントゲン助手をしていたのは知りませんでした。 ルパン三世がアニメになってからは最初の水色ジャケットの頃からずっと見ているのにね。

霧多布は今回初めてでしたが、霧が出るのはお盆の頃くらいまでなんだそうです。
霧の中走るのヤダなぁと思っていたので拍子抜けしたけどよかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Around Hokkaido 2400km その4 | トップページ | Around Hokkaido 2400km その6 »

twitter

無料ブログはココログ