2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2018年今年走ったブルベを振り返る | トップページ | BRM1024鹿児島1000km1000km 九州全県制覇 その2 »

2019年11月15日 (金)

BRM1024鹿児島1000km1000km 九州全県制覇 その1

久しぶりすぎてIDもパスワードも確認しないと入れないし、ココログの仕様も変わってる~。IDとかパスワードが書かれたニフティから送られてきた紙も20年たって経年劣化でボロボロだ。。

 

最近は遠征や超長距離しかレポート残せなくなってしまっているけど、この夏のおフランスPBPでのDNFの精神的ダメージがひどすぎてちょっと鬱気味。考えても仕方ないのに、「(眠い以外は身体も自転車も問題ないのに)なんで途中でやめたんだろう?」をずーっと引きずってた。たぶんDNFレポートも書けないし、書かないかな。

PBPを目標にしていたわけではないけれど、前回のPBP後は眠気対策には気を使ってきたはずなのに、この4年間何をしてきたんだろう?

 

帰国した翌朝にマンションから飛び降りがあったのもいけなかった。朝5時半にピンポン鳴って、警察に「何か見てませんか?聞いてませんか?」と起こされて、こっそり上から血だまりを覗いて、飛び降りたら楽なのかな? とちょっと病的なことを思ってみたり。

ニュースにもならなかったし、結局マンションの人なのか通りすがりの人なのか、その後どうなったのかは分からずじまいだけど。

 

そんなこんなで半日で終わる200はいいとして、400以上はもう走れないかも? と思いつつ、すでにエントリー済みのブルベを消化するシーズン後半。AJ神奈川のBRM928八ヶ岳一周400kmはある意味試金石だった。途中でちょっと走るのが嫌になった時間もあったけど、なんとか完走できたので本来は私の今年のメインである九州一周ブルベを走る気持ちになった。

 

そう、私にとっては今年はPBPがメインではなく、この九州一周ブルベが今年のメインだった。

2017年四国一周、2018年北海道一周、ぐるっと一周マニアとしては2019年は九州一周ブルベが開催されると聞いてこれは行かねばと早々にエントリーしたものの、まずはスタート・ゴールの日置ってどこ? どうやって行くの?? という所から。

Img_6085

 

2019.10.23(水)

空路鹿児島へ。ちょうどお昼時なので搭乗待ちの間にお弁当。

Img_5892 おこわもっちり美味しかった♪

 

前々日に今年初冠雪した富士山。上空からだと帽子が斜め半分w

Img_5894edited

最寄りの宿はどうやら伊集院のホテルAZになるらしいと教えてもらって予約したのだが、他にも参加者と思しき人たちが多数宿泊(^^;

自転車組み立てて、サドルバッグをつけようとして…。 

げっ、オルトリーブのアタッチメントつけっぱだったよ。。フロントに行けばプラスのドライバー貸してもらえるかなぁ?

…と思ったが、持っててよかったレザーマン♪

Img_5900edited

出かけようかと思ったけど、雨が強くなってきたし、晩御飯はホテルのバイキングをいただきます。そう、関東は晴れていたのに鹿児島に着いたら雨。駅からホテルまで数百メートル歩く間はラッキーなことにちょっとパラつく程度だったけど、夜になって本格的に降り始めた。

Img_5901

 

10.24(木)

ホテルをチェックアウトしたのは3時頃だったかな? 一山?越えて海側に出るはずなんだけど…? スタート地点の山内製菓まで13kmくらい。

参加賞として黒砂糖いただきました。そこはさすがにお菓子屋さんの自社製品。道中の補給食として美味しくいただきました。

Img_5904_20191103173401

エントリーリストには知った名前が何人もあったはずなのに、出走した知り合いは3人だけだった。しかもその3人とはその後一度も会うことはなく。。 

ブリーフィング

Img_5917

「試走してません。通れなかったら各自で解決してください。これから海外出張なのでDNF等の電話は他のスタッフへ」とおっしゃる主催者。

えぇぇ~? 通行止めとか何かあったら迂回路捜すなり自分で解決するしかないのは当然としても、試走しないっていうのはありなの? 2週間前からの認定試走は無理でも、自転車でなくても車でもいいし、長いから分けてでもいいからキューシート通り走れるか下見は必要なのでは?

そもそもキューシートもRidewithGPSのキューシートそのままだと思われるし、フェリーの航行距離をそのまま入れていたのを指摘されたのかフェリーの距離はカウントしないキューシートに変更したのも1週間前だし、1000kmブルベなのにそんなんでいいのだろうか?

 

うちのクラブと比べてしまって激しく ??? がいくつも浮かんだが、今回は参加者として走らせてもう身、他クラブには他クラブの考え方があるだろうからそこはどうこう言うことではないかもしれないけど。

 

スタート時には雨がますます激しくなってきた。 予報ではお昼頃には止むんだっけ? ランタンルージュはキレイだよなぁ。。

 


途中で雨が上がって確か水俣のPC1でレインウェアを仕舞ったと思う。

途中どこだったか書き留めるのを忘れたし写真撮ってる場合じゃないけど、小さいけどなんかブレストの橋に似てるなぁ と1枚パチリ。

Img_5922

とにかく有明フェリーに乗るまでは当社比必死で走るしかない。本数が少ない上に乗船時間が45分もあるのでできる限り前の便に乗りたい。

 

有明フェリー近くは大型ダンプとかが多くて走りにくかった。 フェリー手前のPC2に熊本のけーこさんがお出迎えに来てくれていた♪ 差し入れ嬉し。
Img_5935_20191115025401 陣太鼓大好き♪

この時間だと15:35発のフェリーには乗れそうだ。速い人はお昼頃のフェリーに1人?ひとつ前の14時台には4人乗ってって行ったらしい。そもそも私の設定時間では16:15に乗れたら御の字。16:55発がいいとこかなぁ。頑張って15:35はあり得ないなぁと思っていたくらいなので正直その前の時間は調べていなかった。調べていたら14:55発に間に合わせられたのだろうか?

 

フェリーを待っていると、続々と参加者が集まってくる。 ある意味ここがボリュームゾーンだったのだろうか。待っている間に熊本のけーこさんが再度見送りに来てくださって、お庭で採れた柿をいただく。 柿おいしかったー♪

Img_5933edited

フェリーを降りてから、参加者団子だったのだが、少し先を行く参加者を追いかけてついていったらそれがI元会長だった。

堤防道路は右側の土手が高くてて向こうが見えないせいか、堤防の上にいる感覚がないまま走り抜ける。

 

諫早で土砂降り雷雨に遭ったりしながらも、目が大人になりすぎて、暗くなるとキューシートもGPSも見づらいし、土地鑑が全くないのでルートをよくご存じのI元会長の列車に乗っけてもらって助かった。ソロでちょっと気を抜くと高速道路の入口に入りそうになるし、交通量の多い幹線道路はキューシートもGPSも確認している時間がないので本当に走りにくい。

 

キューシートにデカデカと『シークレット』と書いてあるのが私にはどうにも解せなくて、フォトチェックと書くべきなのでは?と思うのだが、長崎のめがね橋で写真を撮らなくてはならない。 めがね橋直前のルートはどうも自転車通行不可の区間だったようで、地元の人から「自転車は走っちゃダメ」と言われ、コース外へ。I元会長がめがね橋はあっちだからこっちから行けば…と先導して下さったから助かったけど、土地鑑ないとどっちへ行っていいのかもよくわからず困ったに違いない。 キューシート通りにコースが走れるかどうか試走はやっぱり大事よね。

Img_5936_20191115025601

I元会長の列車からはこの後千切れてしまったけど、同じ列車に乗ってたTさんたちと時々ご一緒したりしながら先へ。

ライトアップされた女神大橋の写真を撮る余裕がなかったのは残念。



ほぼ300km地点のPC3の近くに宿を見つけて予約していた。

ちょっとコースを外れてPCから2~300mほど離れた宿にチェックイン。あらかじめお部屋に自転車を入れさせてくれないか頼んでおいたので、どうぞどうぞと言って下さったが、さすがに畳の部屋にドロドロの自転車を入れるのは気が引けるので自転車は鍵かけて部屋の外の廊下へ。

料理旅館というより民宿? 浴衣も冷蔵庫もないが、お部屋にユニットバスがついているのは嬉しい。すぐチェックアウトするけど、しばしおやすみなさい。

 

ホントはもう20kmほど先の宿に当たっていたのだが、0時過ぎるかもと伝えるとお断りされた。24時間対応のビジネスホテルなら深夜の2時に着いくのもありかもしれないけれど個人経営の宿は遅くても普通に起きてる時間に着かないと迷惑だよな。 眠くなる前に早めに宿に入って休んで、宿泊代だけ払っておけば深夜に勝手にチェックアウトして出られるように鍵を開けておいてもらえばいいわけで、私の寝付きが悪いのがネックだけどいい勉強になったし、まだ走れるのに宿に入ってしまうのはもったいないけど眠くて宿になかなかたどり着けなくてムダにする時間を減らせるのでいいかもしれない。

 

つづく

« 2018年今年走ったブルベを振り返る | トップページ | BRM1024鹿児島1000km1000km 九州全県制覇 その2 »

コメント

おや、帰国早々ご自宅のマンションで大変な出来事が発生したんですね。
そりゃ気分も滅入るわ。

さすが常に(?)にレザーマンを持ち歩いているけーこさん!
危機管理は万全…とは、言い過ぎか。

>11月のキロさん

コメント投稿があったら携帯に転送される設定も消えたようで、コメントに気づくの遅くなりすみません。

こんなにメンタル弱かったっけ?? と自分でも呆れるほど今回の凹み具合は長くて深かったです。まぁ書きませんが、いろいろ心に重いものが複雑に絡んでいたようで、フンっと一掃してしまう力が足りませんでした。
日にち薬と日置1000で見つけた解決の糸口で気持ちはすっかり通常モードに浮上です。

前はもっとお安い同じくらいの大きさのプライヤーがフロントバッグに入っていたのですが、小さいハサミやナイフも欲しくてちっちゃいレザーマンが今はフロントバッグに入ってます。 
以前は普段からブルベ仕様だったけど、最近普段はフロントバッグをつけてないことも多いからドライバーが必要になったらホームセンターに駆け込まなくては(^^;

レザーマンもビクトリノックスも飛行機移動の時はうっかり機内持ち込み手荷物に入れないよう気を使いますねぇ。

もうここにお帰りにはならないのか、とおもいつつ開いてみれば、なんとほぼ1年ぶりの更新が!

九州はあまり行ったことがないので興味深く拝読。
あまりハプニングが無いようで残念です、などと「世界のけーこさん」に向かってそんな失礼なこと言ってはいけないかな?(笑)

>星のおじ様

最近はホントに年一イベント分くらいしか更新できてませんが、ここを捨てたわけじゃないですよ~。
ちゃんと寝ればハプニングは起きないのです(ホントか?)

まぁ細かい日々のあれこれは横の小窓で随時流してますが。。(直近では三島で改札に輪行袋担いで行ったらもう上り電車がなかったとか。。)

毎度アカウントとパスワードを確認しないとここへ入れないとか、コメント欄に書き込みがあったらスマホに転送される設定を復活させないと…とか不都合もいろいろ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年今年走ったブルベを振り返る | トップページ | BRM1024鹿児島1000km1000km 九州全県制覇 その2 »

twitter

無料ブログはココログ