« 2021年7月 | トップページ

2021年8月

2021年8月11日 (水)

SR600Oirase その3

<7.31 Sat.>

4時頃リスタート。どなただったかSR600Oiraseの十和田湖畔でクマを見たって書いてたのを見たような…。こんな時間に通りたくなかった。もちろんクマ鈴もガラガラ鳴らしているけれど、お腹空いたし暑いし坂しんどいし、「お腹空いた~!! しんどーいっ!!」と超不機嫌な大声で叫びながら進む。あまりに不機嫌なオーラに恐れをなしてクマが出てこないよう願いつつ。

 

十和田湖ってカルデラ湖なのね。外輪が高い。もう登るの嫌~。

 

PC8 道の駅「虹の湖」489.5km 7/31 05:46

Img_1399

レストハウスは休業中。まぁ早朝なので関係ないけど。

 

朝から霧がすごい。

Img_1401 Img_1403

けあらし? って思ったけど、けあらしは冬の寒い時期の現象らしいのでただの朝霧。

 

6時頃に起きるっておっしゃってたので6時に黒石温泉の昨夜泊まるはずだった宿に到着。

Img_1406_20210809162501 玄関で大きなこけしがお出迎え。

源泉かけ流しの温泉に入ってサッパリ、出して下さった朝ごはんがめちゃくちゃ美味しかった。

Img_1409_20210809162501

2回おかわりしたけどおひつのごはんを食べ切れず残してしまった。ラップもらっておにぎりにしてくればよかったかな?

送った荷物を入れ替えて8時頃リスタート。 もっとゆっくり来たかったな。そしてここから登り。

もう押し歩きまくりで嫌になる。それ登れるやろ?と思うような坂も押し登る。。 暑い。

自販機を見つけて駆け寄りゴクゴク休憩。山のかあさんの店?の向こうの”八甲田のわき水”がめちゃくちゃ冷たくて美味しかった。

Img_1411

絶景の城ヶ倉大橋 …でも高いところ苦手なので写真だけ撮ってとっとと退散。

Img_1412 Img_1413

名前だけ知っている酸ヶ湯温泉に泊まってみたいな。 っていうか、最初は酸ヶ湯温泉に予約を入れていたのだが、黒石温泉にも着けないのに酸ヶ湯温泉になんか着けるかー!!

 

PC9 傘松峠 517.6km  7/31 11:12

Img_1418

さっきまでの暑さが嘘のように傘松峠の手前から曇ってきて傘松峠は真っ白。もしかして雲の中?

 

両側ブナ林の中を下るのはとても気持ちいいが、路面ガタガタで手が痛いし、長い下りは苦手なので何度も止って休まないと下れない。

Img_1419 Img_1420

 

そして今回のタイトル奥入瀬渓谷

Img_1422Img_1426Img_1429_20210809181501

実は今回奥入瀬渓谷をとても楽しみにしていたのだが、観光客と車が多く路面も悪くて、何より時間の余裕がなくていまいち楽しめず残念。来るなら平日がいいな~。

奥入瀬渓流は十和田湖から流れ出していることを今回初めて知る。いや目にしたことはあっても身に着いた知識として頭に入るのは初めて。奥入瀬渓流を遡るので当然のように十和田湖外輪山まで登る。

 

 

残り3時間で60km。ギリギリ行けるかな~? って思ったものの、十和田湖を離れて迷ヶ平への登りで盛大に押し歩きに入った所でランドヌールでの完走はあきらめる。この登り、木がうっそうとしていて、ブンブンブンブン虫がたかり放題。いくらオラオラオラァ~っとおにやんま君を見せびらかしても効果なし。ハッカスプレーを振りかけまくってもブンブンブンブンしつこくたかられる。それ登れるやろ?と思うような傾斜も押し歩いているので格好の餌食に違いない。

下りに入っても度々道端に止まって休まないと下れないし。下りヒャッハー!で下っていける人が羨ましい。

 

 

PC10 キリストの墓 578.3km 7/31 14:56

Img_1430

ラストPC。 この写真を撮っている時に、キリストっぷののぼりが片付けられるのを目撃して、「待って待って~!!」と開いているのがレアなショップ”キリストっぷ”に滑り込む。もうランドヌールの制限時間に間に合わすよう頑張るよりレアなキリストっぷの方が大事!!w

 

吟味する暇もなく、目についたものを掴んで購入。

Img_1525edited

 

残り約30km。下界に降りてブンブンたかる虫はいなくなったがルートは広域農道でアップダウンは多いし、市街地が近づくにつれ交通量が増え、コースディレクターを呪いながら走っていたのはナイショ?だ。

 

ゴール 八戸駅東口 609.2km  8/31 16:47

Img_1434

ランドヌールの制限時間である60時間を47分オーバーしてゴール。そのビミョーにオーバーする47分って…ww

 

申請が無事認定されれば、ランドヌールではなくツーリストでの認定となります。 ランドヌールでもツーリストでも完走の重みは一緒とはいうものの、他の認定でランドヌールでの認定が必要なものがあったりするわけで…。

 

コースと景色をゆっくり楽しんで走るなら最初からツーリストで走った方がいいよなぁとは思うものの、あわよくばランドヌール、走ってみて間に合わなければツーリストでいいやと思っているので当然の結果。登れないし下れないのでまぁこれが実力でしょう。 あそこでこうすればよかったとかこれがどうこうと言い訳を始めたらきりがないので、すべては私の走力がないから悪いの一言。押し歩きと虫ブンブン以外はケガもなく全コース走ることができたし高い所以外は常にせせらぎが横を流れているイメージで楽しかった。

 

<8.1 Sun.>

朝になって突然蕪島神社に行くことにした。前から行ってみたいと思っていたけど、電車を調べたら朝は鮫駅までは結構本数があるようなので急遽決定。

Img_1446 コレコレ!! 鮫駅のサメオブジェが見たかった!!

Img_1454Img_1457Img_1459

もっと早い電車で来ればよかったと思ったけど、早い電車だと神社が開いてなかった。離れた所で雨宿りしていたら開けて登っていく人がいて、観光客が勝手に?って思っていたら、後で聞いたら開けたのは神社の神職だったみたい。

Img_1460 Img_1462edited

ウミネコの繁殖地でフンが…と聞いていたけど、雨が降っていたから少な目? それでもミャーミャーうるさい。右の茶色いのはまだ子供らしい。

 

八戸に戻りながら、ふと2013年の宮城1000をDNFしてinainaさんに拾われて帰る時、八戸から新幹線に乗るために久慈から乗った電車が八戸線だっただろうことを思い出した。その時、鮫駅ってなんやねん? って思ったような記憶を唐突によみがえる。

 

そして今回の目的地八食センターへ。

まずは朝のおやつ、”漁師盛り生うに丼”をいただきます。そして生牡蠣も♬

Img_1496  Img_1500

 

帰りの新幹線の車内誌は8月号になっていた。

Img_1504 Img_1506

行きの7月号の沢木耕太郎氏のエッセイがちょうど黒石温泉の話だったので興味深く読んだけど、もう8月なのか。。

 

<8.2 Mon.>

八食センターから送ったカキとホタテと背負って帰った八仙といちご煮せんべい汁と一緒にいただきます。

Img_1515 Img_1516


いちご煮は久慈駅で電車待ちしている時にinainaさんに「いちご煮って知ってる?」って教えてもらったのを思い出す。乳白色の汁に沈む黄金色のウニの姿が朝もやの中に霞むのいちごのように見えることから名づけられた漁師の浜料理がルーツらしい。こんなお土産を見つけたので買ってきた。

Img_1520

 

それにしてもお尻の筋肉痛が全くないのは、いかに登らなかったかの証拠。そして手首付近と手のひらがボロボロなのはいかにブレーキを握りまくったかの証拠。登れない下れない象徴やね。

SR600Oirase その2

<7.30 Fri.>

4時リスタート予定で起きて、何気なく写真をチェックしていたら…

 

 

げっ!! スマホのアルバムにPC4小岩井農場の写真が保存されていない!!!(実はPC3早坂峠も!!)

 

 

いつもは複数枚撮るのに、虫に刺されまくるので1枚しか撮らなかったのにぃ~。でも今から撮りに行くのは嫌ぁ~!!

一瞬血の気が引いたが、こんな時のためのSNS掲載。慌てて写真を拾いに行く。PCの証拠写真をSNSにアップしておくのめちゃくちゃ大事。

 

 

出ようとしたら雨がザーザー降ってきた。雨雲レーダーで降ってる範囲は小さいようなので30分遅らせて、作っていただいたおにぎりを食べて、雨が上がった4時半頃リスタート。

 

Img_1361 Img_1362

 

PC5 宝仙湖(男神橋) 289.5km 7/30 05:54

Img_1364

 

あちこち路面が濡れていた昨日と違って暑い。虫もブンブン寄って来るけど、おにやんま君効果なのかそんなにしつこく追われることもなくすぐ離れていく。そして傾斜がキツくなってくるとたびたび押し歩き。もう登るの嫌~。(SR600を走りに来ておいて何を言うのか?)

 

SR600のためにつけた32のギヤを封印というのは精神的に結構ダメージだったようで、たとえナメクジのようなスピードでも押し歩くよりはるかに速いのに登る気力が…。

 

当然どこにでも自販機があるわけではないので、湧き水にも手を出す。

Img_1368

 

昼間にそうそう出てこないだろうとは思うものの、今回はしっかりクマ鈴をガラガラ鳴らしながら。

Img_1369

 

今回のコース上には温泉が多いのであちこちで湯気立ち上るのを見かけた。

Img_1371

 

道路標識を見て、ここでアスピーテラインに登らずにまっすぐ行ったら今夜の宿の黒石温泉に早めに着けるだろうに…。と何度も止まって考えながら、押し歩きながらアスピーテラインを登る。

 

 

死んだオニヤンマは見たことがあるけれど、オニヤンマが生きて飛んでるのをここで初めてちゃんと認識して見た気がする。オニヤンマって普通に飛んでるんやねぇ。

 

 

もうひたすら押し歩きながら登るアスピーテラインはSR600日本アルプスで押し歩きまくった乗鞍のトラウマを思い出す。景色も何気に似ているような。。

Img_1372

Img_1373  Img_1375  

最後の見返り峠の直登をエイっと勢いで登ってホッとした所で下る方向を間違えた。2km?なかったかもしれないけど、押し登るのは時間がかかる。

Img_1378 Img_1379  とう

 

 

PC6 藤七温泉 335.2km  7/30 12:38

Img_1384edited 

 

下る途中で軽食なら食べられそうなお店を見つけて止まったが、地熱研究所だったかな?なんか怪しげな看板が気になってスルーしてしまった。SR600のコースってお山ばっかり繋いで作られているから補給場所がな~。

 

 

ちょっと街中っぽい所に入ったところでごはんが食べられそうなお店を発見♬

Img_1389 Img_1386 Img_1388

おろしハンバーグ定食おいしかった~。何よりもアイスコーヒーで生き返る~。 お店のおかあさんがお好きらしくて猫グッズがいっぱいで癒されるぅ~。

 

座ってしっかりごはん食べるの大事。この後しばらくはランチパワーで頑張れた。

Img_1390 Img_1391

空は雲がモクモクで暑い。途中でやたらと「アスピーテラインこっち」の看板を見かけるのは、間違って下りかけたのがアスピーテラインの続きで、下っていたらルートの先に出てくるようだ。(そのまま下っていたらPC6藤七温泉を通らないのでアウト)

 

 

ここ何年もパンクなんてしたことなかったのに、ついうっかり穴に落ちてガンっとなったところでパンク。ちょうどすぐ先のガレージ?のシャッター前の日陰をお借りしてパンク修理。周りは炎天下でオアシスのような日陰だった。

Photo_20210808194801 

場所はどこだったのかGooglemapで探してみたら、ちょうど花輪線と高速道路が交わる先の380kmあたりでまさに軒先をお借りしたガレージを発見(*'▽') 

パンク箇所と原因を探すのに手間取ってしまったけど、異物を踏んだわけじゃなくリム打ちパンクみたい。いくら空気を入れても入らないと思ったらバルブから近い所で1cmくらい裂けていた。

 

安比川沿いはとても気持ちよかったけれど、山方面に入ると木がうっそうとしていて虫がブンブン集まってくる。押し歩きが入るともう格好の餌食。薄暗くなってくるし、いくらオラオラ~っとおにやんま君を見せびらかしても暗くなると効果なし。田子町ってこの辺? 牧場もあるのでとにかく虫が多い。

 

やっと国道に出て少し先でトイレと自販機のあるパーキングで休憩。宿にもかなり遅くなりそうな連絡を入れる。「どのへんですか?」と言われても~。ここどこ?

 

押し歩きまくりながら、次々に出てくるスノーシェッドにPC7のスノーシェッドどれだよぉ~!!と毒づきながら進む。

 

PC7 秋田県境 437.8km  7/30 20:27

Img_1394

やっと着いた。そしてこの先霧っぽくて視界が悪い中を下る。野生動物が飛び出して来ても困るのでひたすらセンターライン寄りを進むけど道がよくわからん。

 

行き過ぎかけて、慌てて鋭角に右折して今度は登り始める。雨で土砂が道路に流れ出した所にボーっと突っ込んでコケそうになったりかなり集中が切れてるのを自覚。押し登り切った所で発荷峠の文字を見つけて、名前は聞いたことがあるけれど、ここがそうなのか~。と思うけど暗いからよくわからん。

 

下った所で多目的トイレを見つけて吸い込まれる。宿まで30kmくらいだけどこの先のキューシートの標高698mが気になる。登るの? 避難できる所があるなら避難した方がよさそう。22時すぎなのでこのままでは日付けが変わってからの到着になりそう。それではあまりにご迷惑なので、宿には朝になってから宿泊費を払いに行くから寝て下さいと連絡して籠城を決める。必要な人が来たらもちろん出るけど、夜中に多目的トイレが必要な人が来るとも思えないのでお借りして籠城。 あぁ宿の予約があるのにどーして帝国ホテルのお世話になってしまうのだろう。。

 

つづく

SR600Oirase その1

2021.7.29~31でSR600Oiraseを走ってきました。

Map

八戸をスタートしてまずは南下、小岩井農場の名前は知ってるけどこんなとこにあるんやねぇ(…と言いつつ、実は日本地図上のどこなんだかいまいち把握していない)とか思いつつ、八幡平アスピーテラインや十和田湖、八甲田、奥入瀬を走って八戸に戻ってくる累積標高10,636m(これがACP申請値らしい)の山岳コース。ランドヌールでエントリーしたので制限時間は60時間。

 

<7.28 Wed.>

八戸って青森県なんやねぇ(通過も含めて今まで3回も行ったことがあるくせに今更何を言う?)、仙台よりもずっとずっと遠いのか~。仕事終わってから移動していたら寝る時間が減るので休みをもう1日プラスして前日移動。荷物持って自転車持って東京駅に行くまでがまず遠い。

Img_1289_20210807110701   Img_1293edited

自転車を新幹線の車両最後尾に無事押し込んだら牛タン弁当をいただきます。

 

八戸駅前のホテルに着いたら自転車を組み立てて出発準備。背負ってきたザックのの底からチューブの詰まったツールボトルがコロコロと…。Img_1298

GW前の岡山1200から帰ってきてからずーっとザックの底に隠れていたらしい。うーん。。これは『持って行け』という神の啓示か。。予備チューブは携行荷物に2本、2日目の宿に送った荷物にも1本入れてあるのだが。。。結局使わなかったけど、これを無視したら途中で必要になる気がして置いていけず。

 

ドラッグストアを目指してテクテクお散歩。行ってみたら同じ敷地内にスーパーも百均もあってラッキー♬ お店で食べるのもいいけれど、行った先でスーパーのお弁当やお惣菜を買ってきて食べるのも楽しい。

戦利品祭り

Img_1299

去年から待機している正規品のおにやんま君1匹だけでは心もとないのでメルカリ手作り品を2匹追加。安全ピンは持ってきたけど百均でビニールテープを買ってきたのでセコセコと内職。

Img_1302 Img_1303 Img_1304

 

<7.29 Thu/>

八戸駅スタート 7/29 04:00

Img_1306

夏至の頃ならもっと明るいんだろうな。。

走り始めてすぐの橋の上でこの空なら十分明るいって言えるかもだけど。

Img_1308

直前までの台風の影響で小さい雨雲があちこちにあるようでたびたび路面が濡れている。まだ早朝だし気温低くて涼しい。

Img_1309

PC1 平庭峠 77.5km 7/29 08:54

Img_1313

峠は峠なんだけど、ここで左折してさらにもうちょっと登る。

実は家を出る時に自転車を右に倒しまして…。クランクを回してみて大丈夫そうだと思っていたけど、またしてもリヤエンドを曲げてしまったようで、一番軽いギヤに入れるとスポークがカラカラ当たるので軽いギヤは封印。 岡山1200の時よりマシな感じだけど、写真撮ったり自販機に寄ったりするたびにチェーンも落ちるので地味にジワジワとメンタルが攻撃される。

SR600のためにスプロケを11-32にしてもらったのに意味がねぇ~~っ!!

 

下りに入ると台風の雨の影響か落ち葉や枝がいっぱい。踏んでこけないように慎重に。

 

途中の集落で道端からにゃんこが左右を見回すこともなくトコトコと道路に出てきた。このままではモロにこちらの進路に当たるなぁと用心しいしい進んでいたが、こちらに全く気付く様子がない。かなり近くなってから「アブナイ!!」って叫んだら、その声で初めて気づいたようでビビッてもと来た方にダッシュで逃げ去った。 ったくどこのおぼっちゃんかおじょうちゃんかは知らんがあんなに全く警戒心がないようでは車に轢かれるんじゃないかと心配になる。

 

 

PC2 安家洞 118.8km 7/29 11:41

Img_1316

道々キョロキョロしてきたけれど、PC1からここまでお店はもちろん自販機もなし。グーグルマップで安家洞の横にお店があるのを見た気がしたのだけれど、なくなっていた。道路工事中で10mくらい先に工事の作業員用?の自販機がひとつあるだけでなーんにもない。その自販機もゴミ箱がないので空き容器は持って走るしかない。水がないのでボトルにスポドリっぽいのを入れるしかなく、その後水を入れても継ぎ足しなのでこの日はずーっとその味が消えず。

 

PC2の先から工事でダートになるので大正橋で渡って対岸を進んでもよいと公式にアナウンスがあるので大正橋を渡る。この大正橋の所にお店があったが、ちょうどおじさんが自販機に補充している所だったのとそこに行くまでダートなのでスルーしてしまい後悔する。

 

 

見回してももう自販機に巡り合えうになく困ったなぁと思いながら走っていると、個人商店の看板が目に入る。一旦はスルーしたものの、戻ってみたらお店を畳む予定なの商品がほとんどないガランとした店内で「冷えてないから…」と恐縮されつつもオレンジジュースを売ってもらい、お水は外の水道を使っていいから とボトルに水をいただいてホッと一息。

Img_1319

補給食はまだあるけどお昼どうしよう?と思いながら一山越えた集落で地元スーパーを発見♬ お願いしてトイレもお借りして水と食料を補充してやっと人心地。そこから6kmほどで道の駅三田貝分校があるのをチェックしていたのにすっかり忘れていたし、十分に補給したのでスルー。後から調べたらちょっと面白そうな道の駅だったみたい。

 

PC3 早坂峠 162.5km 7/29 15:45

Img_1358

自販機もトイレもあるけど、お店は開いていない。水道で水遊びしてから下る。

 

過ぎ去った台風の影響なのかここまでも時々路面が濡れていたり、遠くで雷が鳴っているのが聞こえたり…。雨雲レーダーをチェックしたら、盛岡のあたりが真っ赤で雷ビカビカしていたり…。今回かすめるだけで市街地は通らないはずだけど、あの中を走るのは嫌だなぁ。。と思ったり。

 

PC4 小岩井農場 230.2km 7/29 19:30

Img_1357

暗いしGPSの地図を頼りにやっとたどり着いたけど、虫がすごくて写真撮ってSNSにアップする間に刺されまくり。 

 

逃げるようにリスタートして国道に出た所でコンビニ休憩。トイレの鏡を見たら、小さめのGのような大きな虫が2匹もジャージの上を這っていて嫌ぁああ~!!!

Img_1323

この日初めてちゃんと座って食べるごはんがコンビニごはんとは。。

そしてここまで路面が濡れていてもなんとか降られずにきたのに、ここからしばらくガッツリ雨雲に捕まる。

 

途中で雨雲から抜けたみたいだけど、田沢湖に着く頃ピカっとキター!!

この日の宿は田沢湖。SR600で何人もお世話になっているようで、変な時間に着くことも、変な時間に出ていくことも、「できたらおにぎりを…」なんてお願いにもハイハイと快く受け入れて下さる。自転車を食堂に入れてもいいように新聞紙を敷いて下さっていたようだが、雨でドロドロになっていてさすがに申し訳ないので鍵だけかけて玄関を入った所に停めさせてもらう。 遅くに着いて早くに出て行くので、いたずらも盗難も大丈夫だろう。 途中で何度も押し歩きが入るのですっかり遅くなってしまった。

宿に着いてから雨が降っていたようだけど、お風呂に入っておやすみなさい。

 

つづく

« 2021年7月 | トップページ

twitter

無料ブログはココログ